★★更新日/番組★検索は「fcast」「嵐視聴率」「視聴率速報」

日テレ木曜24 夢をかなえるゾウ2 全13話視聴率 感想 水川あさみ主演 古田新太 動画


【AD】
カテゴリー【水川あさみ】
☆Amazon Music200万曲 ☆Prime Video
★TVerドラマ
夢をかなえるゾウ DVD-BOX 女の幸せ編
公式サイト
小栗旬主演原作2時間ドラマSP
150万部突破の笑いと涙の感動ストーリーこのままやと2000%変わらへん!
あなたの夢のかなえ方教えます
10月2日スタート、木曜後11・58
初回の直前には小栗旬(25)主演の同名タイトルのスペシャルドラマを放送(後8・54~10・48)。同じ日に同じ原作&同タイトルでスペシャル、連ドラが連動するのはドラマ史上初の試み。 
SP***10/02  *8.1%
脚本 - 根本ノンジ 演出 岡本浩一

水川あさみ主演オリジナルドラマ 
キャスト古田新太 橋本さとし 堀内敬子 柏原収史 矢吹春奈
全13話完結
放送回*放送日*視聴率*サブタイトル
第一回 10/02 23:58 *7.1% 究極モテる秘密教えたる!オリジナル“幸せ”課題満載!
演出 岡本浩一 脚本三浦有為子
第二回 10/09 24:28 *4.1% 合コン(秘)必勝法を教えたる!世界の偉人が“モテ”と“幸せ”を考える
演出 国本雅広 脚本三浦有為子
第三回 10/16 23:58 *4.7% 合コンでモテる技教えたる!世界の偉人合コン会議でアナタを幸せに?
演出 国本雅広 脚本三浦有為子
第四回 10/23 23:58 *5.3% ペラっペラな恋愛もコレでOK!ウソをつかないでモテるワザ教えたる
演出 岡本浩一 脚本 山岡真介
第五回 10/30 23:58 *4.9% 明日スグいい女になる課題を教えたる。モテたかったら、悪女になれ!
演出 岡本浩一 脚本 山岡真介
第六回 11/06 23:58 *5.2%今週は悪の教え…他人の不幸はミツの味恨んでモテる強烈劇薬教えたる
演出 爲川裕之 脚本 加藤公平
第七回 11/13 23:58 *3.6% 人を笑わせる極意教えたる!恋の悩みも最悪な人間関係も笑いで解決?
演出 国本雅広  脚本 加藤公平
第八話 11/20 23:58 *5.9% 服を全部捨てるとモテる!?今週アノ織田信長登場でSP課題
演出 国本雅広  脚本 加藤公平 ゲスト生瀬勝久
第九話 11/27 23:58 *4.5% 好きになる秘密を教えたる!恋に悩んで信長くん最終回SP
演出 国本雅広  脚本 山岡真介
第10話 12/04 24:08  *5.1%男がわからないと悩むアナタへの(秘)課題は…男になる!ナンパ教えたる
演出 爲川裕之
第11話 12/11 25:18 *3.3% 今回ついに本当の恋がみつかる!最終回目前究極のモテ課題を教えたる
演出 千葉行利 脚本 山岡真介
第12話 12/18 25:03 *3.6最終回直前!涙の恋に悩むアナタへ特別に…片想いの(秘)ワザを教えたる
演出 国本雅広  脚本 山岡真介
最終回 12/25 23:58 *3.4幸せになる最後の課題の課題出したる!ほな最終回を楽しんでや心ゆくまで
演出 岡本浩一脚本 山岡真介

【AD】

近藤(柏原収史)からプロポーズされ、会社にも戻れることになったあすか(水川あさみ)に、ガネーシャ(古田新太)が出した次の課題は「持っている服を全部捨てる」。が、納得できないあすかは、イライラしながら出勤する。すると、あすかの席には網田(丸山智己)がいた。ますますいら立ったあすかは、網田を強気で追い払う。そして、帰宅したあすかは、ガネーシャの機嫌を取ってなんとか服を捨てずに済まそうとする。が、そこにトイレから突然、刀を持った織田信長(生瀬勝久)が現れる。ガネーシャが呼んだ切り捨て名人だという。信長はあすかに「人生は何を捨てるかで決まる。何かを選ぶためには何かを捨てなければならない」とアドバイスする。
8話課題 感想
1.持っている服を全部捨てる
2.空を見る
近藤がプロポーズしてきたのは、つまり自分の都合というわけか。それでペラッペラなくらいしかあすかを知らなくても結婚しようとする展開だったわけだが、これはありがちな展開とはいえ、この展開で一つハッキリしたことは、網田との絡みがこれからのあすかには重要で、そして彼とどうにかなると言うことか?あすかの自分の考えで、自分らしい生きるために、何処か人頼みだった服を捨てることから、生き方を変えていくここがすべてのターニングポイントの話だったわけだな。
第9話
あすか(水川あさみ)は、網田(丸山智己)が作るCMに主演してほしいと頼まれてすっかりご機嫌に。ガネーシャ(古田新太)から「ボディーガードになれ」と言われても意味が分からず無視する。そんなあすかにガネーシャは、今回の課題は「人をサポートする」だと説明。CM撮影では、理不尽な注文ばかりつけてくるクライアントに我慢できなくなった網田が、この仕事を降りると宣言する。そこで課題を思い出したあすかは網田を引きとめるが、ガネーシャがカレーのおいしさに興奮しすぎて撮影はメチャクチャに。網田と少しだけ仕事の話ができたあすかは、信長(生瀬勝久)からの最後のアドバイスを胸に、昼食もとらず必死で動き始める。
課題
「人をサポートする」
感想
今週は、網田と信長に決着を付ける話だったので、笑いがないのが少しがっかり。信長の生瀬は悪いところは一つもないが、やはり、こういう偉人キャラ自体がどくにも笑いにもならない脚本では、つまらない。何で出てきたのかよく分からない。網田との絡みは、なかなかきれいにまとまっていたが、あすかとの間に何かありそうな感じの展開だっただけに、物足りなさが残る。不満はあるが、次のあすかの女性との恋に期待だ。「男になれ」で男性ホルモン食べまくりとは、それで女性に恋をするって言うのは妖しい関係になると言うことか?
第10話
課題
「男になれ」
「男の夢を聞く」
▽「男の人が分からなくなってきた」というあすか(水川あさみ)に、ガネーシャ(古田新太)は「男になる」という課題を出す。「心が男になる」というモツ煮を食べさせられたあすかは、仕事帰りに男好きのする人気お天気リポーターのチョコたんと食事に行く。”男あすか”は、チョコたんに夢中になってつい格好付けようと、1万円を渡して彼女をタクシーで帰らせる。それが男の美学だとガネーシャはいう。そして、あすかへの次の課題は「男の夢を聞く」こと。やがて、網田(丸山智己)の作業ルームを訪れたあすかは、人に努力を見せない網田の一面を知る。その後、網田と飲みに出かけ、田舎の山に網田城を建てて観光客を呼ぶことが夢だと聞く。
感想
もてる女は、男の気持ちも理解できる?と言うことなのかな。なにしろ、テンポが良くおもしろいし、網田はまだ消滅してなかったんだな。近藤との一騎打ち対決なのか?何しろ、今回も水川あさみがいい弾け方をしているので、単純に笑えるのはすばらしい!
第11話
恋愛に直結する究極課題「楽器をやる」。ガネーシャから“ジミヘンくん”にも貸さなかったギターを渡され、あすかはギターコンテストに出場することに。自称“荻窪のクラプトン”網田を部屋に呼んでギターを教えてもらっていると近藤が花束抱え訪れ、あすかは近藤から皆の前で「どうしようもなく好きです」と告白される。一方、会社の屋上でひとり真剣に練習を続けるあすかを目撃した網田は、あすかの赤く痛々しい指に絆創膏を貼ってやる。思わず網田を見つめるあすか。コンテスト前日も網田は徹夜でギター特訓につきあう。近藤はそんなあすかにラブレターを送り続けた。 “誰かに気持ちを伝えたい”という思いが世の中を動かしていると気づかされたあすかは…。
感想
“誰かに気持ちを伝えたい”、楽器をやることか!あきらめないで、思いを伝えることは大事なのことだからそれを気づいたことで、あすかはだんだん成長して、ガネーシャの存在があやしくなってきている展開なのか。今回は笑いより、人間の成長に重点が置かれて、見応えあり。深夜過ぎる時間に放送したのが残念な話だ。このブログも、良くも悪くも、毎回、更新するたびに、私の思いを伝えるために、書いてるところがあるからな。更新始めなんか、誰もコメントすらなく、思いも何も伝ってなかったけど、少しずつアクセスも伸び、いろんな人がコメントを書いてくれる感じになってきたので、あのときあきらめなくて良かったなと思えるようになった。今回の話は、見ているうちに、あすかに思いが少しだけシンクロした
12話
「好きな人にイタズラをする」というガネーシャの課題に、彼女がいる網田への複雑な思いを抱えながらもイタズラを仕掛けるあすか。案の定、網田を怒らせてしまうが、ガネーシャはそれを失敗と思うなと言い、今度はイタズラに愛を込めた「サプライズする」という課題を出す。偶然網田の誕生日が明日だと知り、しかもその夜に網田と会えるチャンスを得たあすかは、サプライズ誕生日パーティーを準備。ドキドキしながら網田を待つ。ところが「今日は彼女と過ごすから」と網田が約束をドタキャン。「私の恋愛なんて…」とあすかが落ち込んでいると、しばらくして網田が現れる。
感想
サプライズといたずらって似ているようで、似ていない。言葉働きが全く違うけど、どう受け取るかでどうにでもなる。モテることが目標だったのが、すばらしい恋愛が出来る女性になりかけているあすかの運命は、来週にかかっているのか!しかし、l古典的なたらい落としの連発は、古田新太が全部引き受けている所はさすが!あすかは、来週どんな恋愛模様を見せてくれるのか期待しながら、楽しみたい。
最終回
あすかの前から消えていなくなる時が近づいてきたガネーシャに、今度はなんとあすかが課題を出すという。掟破りの“課題返し”は、ガネーシャが課題をこなすまでは消えていなくならないようにとの理由からだった。そして今までガネーシャから与えられたヘンテコな課題を改めて振り返るあすか。ガネーシャがいなくなることが不安で、まだ自分の成長が実感できないあすかは、もっと課題を出してほしいと頼む。真剣なあすかにガネーシャは、ついに最後の課題を出す。それはガネーシャがあすかに、毎日思い残すことのないように生きて欲しい…との思いからだった。そして翌日、忘年会で挨拶をすることになったあすかの前に網田が遅れてやって来て…
感想
最終回だからこんな感じになってしまうのかもしれけど、これていってアイデアはなかったのだろけど、まとまりだけはちゃんとしていたので、成長物としてはいいドラマだった。水川は、来期もドラマで活躍するけど、これからもあすかみたいに成長してくれそうで、楽しみ!
関連記事
【AD】



コメント

第10話。
何気にやっぱ面白いですね♪思い切りの良い水川あさみの演技が最高に笑えます!
コメディー要素だけでなく、人(女性?)にとって大切な事をちゃんと絡ませてあるので感心します☆

コメントの投稿

非公開コメント

最新コメント
データ取得中...
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
月別アーカイブ
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ

サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。