★★更新日/番組★検索は「fcast」「嵐視聴率」「視聴率速報」

日テレ木曜24 夢をかなえるゾウ 視聴率 感想 水川あさみ主演 古田新太 動画


【AD】
カテゴリー【水川あさみ】
☆Amazon Music200万曲 ☆Prime Video
★TVerドラマ
公式サイト
小栗旬主演原作2時間ドラマSP
150万部突破の笑いと涙の感動ストーリーこのままやと2000%変わらへん!
あなたの夢のかなえ方教えます
SP***10/02  *8.1%
脚本 - 根本ノンジ 演出 岡本浩一

水川あさみ主演オリジナルドラマ 
キャスト古田新太 橋本さとし 堀内敬子 柏原収史 矢吹春奈
全13話完結
放送回*放送日*視聴率*サブタイトル
第一回 10/02 23:58 *7.1% 究極モテる秘密教えたる!オリジナル“幸せ”課題満載!
演出 岡本浩一 脚本三浦有為子
第二回 10/09 24:28 *4.1% 合コン(秘)必勝法を教えたる!世界の偉人が“モテ”と“幸せ”を考える
演出 国本雅広 脚本三浦有為子
第三回 10/16 23:58 *4.7% 合コンでモテる技教えたる!世界の偉人合コン会議でアナタを幸せに?
演出 国本雅広 脚本三浦有為子
第四回 10/23 23:58 *5.3% ペラっペラな恋愛もコレでOK!ウソをつかないでモテるワザ教えたる
演出 岡本浩一 脚本 山岡真介
第五回 10/30 23:58 *4.9% 明日スグいい女になる課題を教えたる。モテたかったら、悪女になれ!
演出 岡本浩一 脚本 山岡真介
第六回 11/06 23:58 *5.2%今週は悪の教え…他人の不幸はミツの味恨んでモテる強烈劇薬教えたる
演出 爲川裕之 脚本 加藤公平
第七回 11/13 23:58 *3.6% 人を笑わせる極意教えたる!恋の悩みも最悪な人間関係も笑いで解決?
演出 国本雅広  脚本 加藤公平


【AD】

新しく創設されたドラマ枠に水川あさみが、原作のスペシャルドラマ小栗旬主演「夢をかなえるゾウ 」とコラボして、女性版オリジナルの展開で挑む物語。
SPあらすじ
成功を夢見るサラリーマン・耕平(小栗旬)が、ゾウの姿をした神様・ガネーシャ(古田新太)と出会い、人生を変えていく。ある日、耕平の前に「世界の偉人たちを育てた」と豪語するガネーシャが現れた。耕平は、ガネーシャから成功するための教えを受けることに。
SP感想
なるほどと思わせる内容が満載で、なかなか楽しい作品だった。しかし、昨日のうちに感想を書こうと思ったら、どうも書きにくい。水川の連ドラの方が比べると面白かったし、役にもはまっていて、感想がすらすら書ける感じで、こちらの方が好きなんだなと思ってしまった。コメディーで面白かったら、10分もあれば、感想を書いてしまうのに、この作品はできないと言うことは、しっくりいってなかった感じがしたんだよね。それはないか、小栗だったのかな...出てきた数字から考えても。なにか、彼がやる役とは違うんだなと言う感じがするからないか?ガネーシャとのやり取りもそこそこよかったけど、この役イメージとは違うのかも。水川はしっくりしてたのを見て、やはり、小栗にはこういった役は似合わないのかな。

第一話
大手広告代理店に勤務する派遣社員の星野あすか(水川あさみ)は、25歳の誕生日の当日、交際している正社員の坂東剛から大事な話があるというメールをもらう。プロポーズされると期待に胸を膨らませるが、告げられたのは別の女性との結婚だった。さらに、あすかが暮らすマンションが火事になってしまった。仮住まいとしてボロアパートに入居したが、部屋に置かれたままのテーブルにはゾウの形をした奇妙な置物があった。以前は、有名なカメラマンが住んでいた部屋だという。その夜、あすかは「幸せになりたい」と神様にお願いし、「神様なんて絶対にいない」と毒づいた途端、押し入れからゾウの姿をした関西弁の自称神様「ガネーシャ」(古田新太)が現れる。
感想
ガネーシャの教え 
1.爪を切る→手はセンサー、相手を敏感に感じれる状態にしろ!
2.自炊をしろ→自分の内蔵をきれいにしろ!

簡単に結果は出ないが、幸せに確実に近づいていく法則を披露していく今回の話で、最初に出された教えがこれか!これがどう作用していくのかかなり楽しみだ!自分の見てくればかり気にして、相手を感じたり、見逃していた女性がどう成長していくのか楽しみだ。自炊をしろというのは、本当にそう思う。今、家族と住んではいるが、私もかなりの確率で、晩ご飯の用意をしているが、自分の健康を人任せにしないで、自分で作るっていうのは大事だと思う。今のお母さんたちがどうなのかは知らないが、子供には料理をさせた方が、生きる力を伸ばすと思うし、食ってことも考えたりもするとおもう。なかなか、水川が美人なのに負け組感がでていて、女性編もおもしろい感じだ。最後はどんな結論をあすかは出すのかも楽しみだ!
第2話
会社の同僚、ルナに合コンに誘われたあすかは、相手が社長やテレビ局に勤める東大の同級生だと知った途端に浮かれまくる。そんなあすかに対し、自分は神様界の合コン王子だと豪語するガネーシャ。あすかは合コン必勝法を教えて欲しいと頼み込み、ガネーシャは『合コンでボディタッチする』という課題を与える。さらに、あすかはガネーシャが呼んだ世界の偉人3人からハチャメチャなアドバイスを受け、寝不足のまま合コン当日を迎える…。
感想 武田信玄 シーザー マリーアントワネット
ガネーシャの教え
1.左手を使う→今まで見たことのない世界を見てみなさい!
2.合コンでbodyタッチをする→心の距離を測る
次の課題
しかし、水川あさみは残念な女性がはまっていたとは、ナイスキャスティングだな。コメディとして、かなりよくできている感じだな。このごろの日テレドラマは、コメディーならいい線行く感じがする。内容ハチャメチャで、信玄とシーザーがやり合っているのには、がっかりしそうになったが、そこから、合コン展開での水川あさみの弾けぶりがいい!指令が下されるたびに笑った!「外国の偉人が日本語しゃべる」とあすかがつっこんでしまうのもいい感じ。行け!行け!水川。
今回の放送は好き嫌いがかなり分かれそうだけど。
第3話
会話で点数を稼ごうとするあすか(水川あさみ)に、ガネーシャ(古田新太)は「合コンで黙る」という課題を与える。あすかは課題を守るが、取り分けようとした料理をこぼすなど失敗を繰り返し、合コンは台無しに。あすかは何度もトイレに駆け込み、ガネーシャらに相談する。その間にもライバルのマヤはあすかが狙う城嶋と良いムードになっていく。そして合コン終盤、ようやくガネーシャは、「はい」「いいえ」「ありがとう」「ごめんなさい」という最も美しい4つの言葉だけ使用する許可を出す。そして、次の課題は「合コンで全員を好きになる」だった。
感想
ガネーシャの教え
1.合コンでは黙る→相手の必要なことを見抜き
2.合コンで全員を好きになる→一つ一つの出会いを大切にして楽しんでいれば出会いも生まれる
今週も前半は笑わせてもらった。ドタバタコメディー調だが、水川がやり切っているからかわいらしいし、いい感じだ。なかなか、不可能に近い教えの数々だが、合コンだけに使うんではない教えみたいな感じになってきているのが、説教くさくもあるけど、悪くない教えなのでたのしい。来週はモテモテになるのか。楽しみだ。
3.合コンでは2次会に行くな
4.大きいで挨拶をする
第四話
あすか(水川あさみ)はガネーシャ(古田新太)から「この世で一番興味のない異性とデートする」という課題を与えられ、仕方なく田島部長(佐戸井けん太)を食事に誘う。が、ますます部長を嫌いになるばかり。しかも、2人の姿を見ていた同僚の加奈子(加藤理恵)からビンタを食らうハメに。加奈子の不倫相手は部長だったのだ。その後、合コンした近藤(柏原収史)からデートに誘われ、あすかは有頂天に。しかし、ガネーシャからうそをつくと胸が苦しくなる腕時計をはめられ、そのせいで会社では本音を言って上司や同僚との関係が気まずくなり、近藤とのデートも思い通りにいかない。が、自分はうそをついてばかりのダメな人間だと気付いたあすかは、本気で変わりたいと思い始める。
感想
1.この世で一番興味のない男とデートする→人に興味を持とう、人間関係0はまずい
ガネーシャの胸きゅん時計の罠
2.嘘をつくな→嘘をつている自覚さえない。
自分が見える人間になれ!自分なりに考えて自分を変えていく人間に。

偉人がいなくなって、見ていて見やすくなった。深夜番組らしいシンプルな作りになり、話も分かりやすい感じに大きく話が変わった。課題自体が2つになり、じっくりその課題について描いているので、話の内容が伝わりやすいくなったのはよかったと思ったら、やはり脚本家が変わったのがよかったのだな。日テレのコメディドラマは、脚本家がコロコロ変わるので、急に別の作品にになったような感じさえする時があるけど、それがいい方にでた感じで面白かったからよかった。あすかはええ女になれるのか?その試練は、悪女になれ!どんな女に変身するのか・彼女の思い描く悪女ってなんなのかが気になる
第五話
いい女になりたいと思うようになったあすか(水川あさみ)に、ガネーシャ(古田新太)が与えた課題は「悪女になる」こと。「本能のままに行動せえ」と言われたあすかは、会社で部長に注意をし、同僚の不倫をばらしたせいで人間関係が悪化する。本当の自分が分からなくなったあすかに、ガネーシャは次の課題「自分のキャッチコピーを考える」を与える。あすかが自分自身をなかなか言い表すことができずにいると、会社の企画会議中、ガネーシャからキャッチコピーがメールで届く。「中身すかすか」「ペラッペラ女」と欠点をネタにされ、悔しさが込み上げたあすかは、勢いに任せて会社のエースの案をバッサリ切り捨てる。
感想
次の課題 悪女になれ
1.本能のままに行動せえ→相手に反応するのではなく、自分に反応させろ
2.自分のキャッチコピーを考える→自分の目標を立てる

やはり、水川はコメディーだな。水川が演じるあすかの勘違い悪女が何しろおもしろいので、深夜に馬鹿笑いしてしまった!あそこまで、チョイ悪女になったからと言って、あすかが何でもうまくいくのは、どうかなと思うが、見ている視聴者は確実に言っちゃえと思っているし、スッキリする展開だな!ドラマなんだし、あれの方が楽しい!会社と自宅ガネーシャ2元展開だけで、かなりおもしろくなってるし、変わりゆくあすかの姿を眺めるのは楽しい。「世界一の幸せを掴む女」?になれるのかかなり楽しみになってきた!
あなたのキャッチコピーは何とする?
第6話
課題
1.人の不幸を想像する
2.人の悪意を知る
ガネーシャが突如変身したブラックガネーシャは、ゼロから一歩踏み出すためには嫉妬、さげすみなどの悪意が必要だと言う。自分はそんな悪意など持ってないというあすかにブラックガネーシャは「人の不幸を想像する」という課題を出す。渡された"ですノート"によって、自分の中の悪の心を思い知るあすか。さらにブラックガネーシャは「人の悪意を知る」という課題を出す。 今度は"逆ですノート"で「天然うぬぼれ女」「金にルーズ」など、周りから自分への悪意も知ったあすかは、近藤とのデートも逃げ出してしまうほど自信喪失。落ち込むあすかにガネーシャはついに…!?
感想

第七話
網田の機嫌を損ねて、しばらく会社に来なくていいと言われたあすか(水川あさみ)への次の課題は「人を笑わせる」。ガネーシャ(古田新太)が勝手に送ったメールで、同僚たちがあすかを気にして駆け付けてくれるが、あすかが課題を実行して空回りしてしまい、その場は最悪の空気に。しかし、笑いで空気を変えようとするあすかの気持ちが伝わり、今までよりもみんなと打ち解けて話せるようになる。そして、あすかは網田ともう一度きちんと話そうと会社に行くが、理解し合えないまま。その上、網田の大事な仕事相手のスポンサーとぶつかって最悪の事態を引き起こしてしまう。その時あすかがとった行動が思いも寄らぬ展開を引き起こす。
感想
課題
1.人を笑わせろ
その場の空気や人間関係をも変えてしまう笑いを習得したあすかは、どこまでも弾けまくる!話自体は、よくある一発逆転系の展開だったので、オチはイマイチだったが、途中までの水川の弾け方、華子さんが、とんでもないダメ女ぶりの暴走ぶりを、披露したのはおいしい。今回は、前半のドタバタぶりは、なかなか痛快で、人を笑わせて場を和ませるのに必死なあすかがかわいい!後半は、網田との確執が、これまたドタバタ展開でどうにかなる話だったが、これはイマイチかな。けど、土下座をすると見せかけて前回りは、なかなかよかったな!ビリビリド~ンとなったあすかの運命は!
8話
近藤からプロポーズされ、仕事にも復帰したあすかに、ガネーシャが出した課題は「持っている服を全部捨てる」。しかし、どうしても捨てたくないあすかはイライラ、会社では相変わらず網田と衝突する。さらにあすかの前に、ガネーシャが呼んだ切捨て名人・織田信長が登場し大騒ぎ。近藤からフランス赴任について来てほしいと言われるあすかだが、そこに信長が表れ、近藤は逃げ出してしまう。信長に怒るあすかに対し、ガネーシャは追いかけないのは自分が相手を選んでいない証拠だと一喝。「空を見る」という次の課題を言い渡す。あすかが選択に迷った時、空を見上げると…。
8話課題
1.持っている服を全部捨てる
2.空を見る
関連記事
【AD】



コメント

第5話。
管理人さん、ありがとうございます!
面白かった~はじめから笑いっぱなしの展開でした♪
話がスッキリ爽快で、課題も分かりやすいし水川あさみのことを美人だなんて一度も思ったことなかったけど、悪女になった彼女は美人でした(笑)
めっちゃおもしろいんですけど!
もっと早い時間にやっていたら視聴率良さそうなのに。
この時間にリアルタイムで見るのはちょっと難しい
第4話。
管理人さん、ありがとうございます♪
ホント話がスッキリして見やすくなりましたね。私も含めて20代後半以上の独身女性は、多かれ少なかれ思った事のある内容でしょう。。胸きゅん時計でそれを凄く分かりやすく表現していたし笑えるツボがいくつもあって面白かったです!
はじめからこういうストーリーだったら、もうちょっと視聴率よかったでしょうね★
来週も同じ脚本家さんだったら私はリアルタイムで見る努力をします(笑)
『夢をかなえるゾウ』第3話。
管理人さん、動画を載せて下さりありがとうございます♪
合コンなんてもう何年も行ってないけど、、ガネーシャ様の教えにすべて反していたからですかね~上手くいった試しはありません(笑)
視聴率が振るわないのは何となく分かります。挨拶とか美しい日本語を使うとか大事なことだけど、もっと有難い教えを知りたいというか、、『無理だ!無理だ!!』と騒いでる水川さんを見てるのはしんどいですね。
それでも参考にしたい事はいくつかあったし、来週は興味のない人とデートって、、これが幸せになる通り道なの!?かなり気になります★
水川さんと古田さんのからみがおもしろい!水川さんが美人なのにまったくイケテル女性にみえない!本当に残念な女性に見えるのがすごい(^^)v来週が楽しみだ♪
小栗旬って…
小栗旬は実力派の若手ということになっていますが、この作品を観て、ほとほと疑問に思いました。面白い題材なのに、彼の芝居があまりにも馴染まな過ぎて、見ているのが苦痛ですらありました。
思えば映画「隣人13号」で「雰囲気のある俳優だな」と彼を目にとめたのですが、その後の作品で彼の演技力を確認することは出来ずにいたので、舞台「カリギュラ」を観てみましたが、彼の芝居は散々なもので、かなりガッカリしました。舞台と映像とは全く別モノだとわかっていますが、今回のこのドラマですっかり彼に見切りをつけることになりました。このドラマで、彼は実力派どころか若手の中でもかなりヘタな部類なんだということを認識することになりました。残念ですが、雰囲気だけで祭り上げられ、旬を終えたのかもしれませんね。

水川あさみはコメディに才があり、脚本との相性も良かったので、無心で楽しむことが出来ました。今後に期待しています。

コメントの投稿

非公開コメント

最新コメント
データ取得中...
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
月別アーカイブ
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ

サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。