【らんまん】全視聴率/あらすじ 番組最高値更新



CATEGORY【NHK朝の連続テレビ小説】エール
人気ドラマ:【Fcast バラエティ視聴率速報】
【連続テレビ小説】らんまん
期間平均世帯視聴率16.6%
期間平均個人視聴率*9.4%
【らんまんキャスト】
槙野万太郎 - 神木隆之介(幼少期:森優理斗、9歳 - 12歳:小林優仁)植物学の研究者となる。高知の裕福な酒造業の一人息子。
竹雄- 志尊淳 万太郎の生家である酒蔵「峰屋」の番頭の息子。
槙野綾 - 佐久間由衣 万太郎の姉。
幸吉- 笠松将 幼少時から「峰屋」に出入りしている蔵人。
たま - 中村里帆 峰屋」に奉公している女中。
楠野喜江 - 島崎和歌子 自由民権運動を支援している女性。
池田蘭光- 寺脇康文 学問所「名教館」の学頭。
槙野ヒサ - 広末涼子 万太郎の母。
槙野タキ - 松坂慶子 万太郎の祖母。
西村寿恵子 - 浜辺美波 万太郎の妻。
西村まつ - 牧瀬里穂 寿恵子の母。根津で和菓子屋「白梅堂」を営んでいる。元柳橋の芸者。
笠崎みえ - 宮澤エマ[寿恵子の叔母、まつの妹。新橋の料理屋のおかみ。
阿部文太 - 池内万作 白梅堂の菓子職人。
倉木隼人 - 大東駿介 元彰義隊。十徳長屋の住人。
倉木えい - 成海璃子 隼人の妻。
天狗 / 坂本龍馬 - ディーン・フジオカ
語り - 宮崎あおい
【スタッフ】
作 - 長田育恵
音楽 - 阿部海太郎
主題歌 - あいみょん「愛の花」

植物監修 - 田中伸幸
制作統括 - 松川博敬
プロデューサー - 板垣麻衣子、浅沼利信、藤原敬久[7]
演出 - 渡邊良雄、津田温子、深川貴志[7]
制作・著作 - NHK
23/12/30(土) 7:20-85
【6.0】【3.2】連続テレビ小説・らんまん・総集編・前編
23/12/30(土) 8:45-85
【5.6】【3.1】連続テレビ小説・らんまん・総集編・後編
☆Prime Video☆Amazon Music200万曲 人気ドラマ
【Fcast バラエティ視聴率速報】
【AD】


カテゴリー::【NHK朝の連続テレビ小説】エール

【あらすじ:視聴率】
01【15.4】バイカオウレン 渡邊良雄
世帯3⃣16.14⃣15.25⃣15.36⃣15.37⃣15.2
個人3⃣*9.04⃣*8.65⃣*8.46⃣*8.57⃣*8.6
02【15.1】「キンセイラン」
世帯⑩14.7⑪15.1⑫15.5⑬15.4⑭14.6
個人⑩*8.1⑪*8.6⑫*9.0⑬*8.6⑭*7.9
03【15.8】ジョウロウホトトギス
世帯⑰16.2⑱15.9⑲15.2⑳15.5㉑16.2
個人⑰*9.3⑱*9.1⑲*8.5⑳*8.7㉑*9.2
04【15.8】「ササユリ」
世帯㉔15.6㉕15.9㉖16.4㉗15.8㉘15.3
個人㉔*8.8㉕*8.9㉖*9.4㉗*8.8㉘*8.6
05 【14.4】キツネノカミソリ
世帯1⃣14.8②15.3③13.6④14.0⑤14.3
個人1⃣*8.4②*8.6③*7.9④*8.1⑤*8.0
06 【16.5】ドクダミ
世帯8⃣16.6⑨15.4⑩16.1⑪17.5⑫17.1
個人8⃣*9.2⑨*8.6⑩*9.1⑪*9.8⑫*9.8
07【16.3】「ボタン」
世帯⑮17.1⑯16.4⑰16.0⑱15.9⑲16.3
個人⑮*9.5⑯*9.1⑰*9.0⑱*9.0⑲*9.0
08【16.3】「シロツメクサ」
世帯㉓16.3㉔16.8㉕16.2㉖16.2
個人㉓*9.2㉔*9.6㉕*9.2㉖*9.3
09【16.1】「ヒルムシロ」
世帯㉙16.8㉚15.9㉛16.01️⃣14.9②17.0
個人㉙*9.5㉚*9.2㉛*9.11️⃣*8.5②*9.7
10【16.5】「ノアザミ」
世帯⑤16.2⑥15.7⑦16.7⑧16.4⑨17.5
個人⑤*9.0⑥*8.9⑦*9.4⑧*9.5⑨*9.9
11【17.1】「ユウガオ」
世帯⑫16.6⑬16.8⑭16.8⑮17.3⑯17.9
個人⑫*9.1⑬*9.6⑭*9.7⑮*9.8⑯*9.9
12【17.3】マルバマンネングサ
世帯⑲16.8⑳17.1㉑17.4㉒17.9㉓17.3
個人⑲*9.7⑳*9.6㉑*9.9㉒10.1㉓*9.8
13【17.0】ヤマザクラ」
世帯㉖16.2㉗16.5㉘17.0㉙17.6㉚17.9
個人㉖*9.1㉗*9.5㉘*9.8㉙*9.9㉚10.1
14【17.0】「ホウライシダ」
世帯3️⃣16.9④16.6⑤17.2⑥17.6⑦16.9
個人3️⃣*9.4④*9.5⑤*9.5⑥10.0⑦*9.6
万太郎(神木隆之介)と寿恵子(浜辺美波)、いよいよ十徳長屋での新婚生活が始まる。そして、大学も新学期を迎え、波多野(前原滉)、藤丸(前原瑞樹)は新4年生に。万太郎は、高知で採集してきた珍しい植物の標本を徳永(田中哲司)、大窪(今野浩喜)に見せようとするが、突然、田邊(要潤)が制止する。田邊は万太郎に、今後採集してきた植物は最初に自分に見せること、そして、その標本を持って家に来るよう命じる。

15【17.1】「ヤマトグサ」
世帯⑩17.0⑪17.2⑫16.8⑬17.2⑭15.0
個人⑩*9.6⑪*9.6⑫*9.4⑬*9.7⑭*8.5
植物の名付け親になるべく、誰もが認める図鑑を作り始めようと決意した万太郎(神木隆之介)。そのため、昼間は大学で研究、夜は大畑(奥田瑛二)の印刷所に通うことになると寿恵子(浜辺美波)に伝える。寿恵子は了承するものの、万太郎の身体が心配で…。一方、田邊(要潤)は動物学教授の美作(山本浩司)に、実績を出せていないことについて嫌みを言われ、いら立つばかり。そのいら立ちを大窪(今野浩喜)にぶつけてしまう。
⑯【16.3】「コオロギラン」
世帯⑰17.5⑱16.6⑲16.9⑳16.2㉑16.8
個人⑰*9.9⑱*9.4⑲*9.6⑳*9.4㉑*9.5
万太郎(神木隆之介)は植物図鑑の出版を開始し、植物学者の一人として認められていく。一方、田邊教授(要潤)は、トガクシソウの国際学会認定に失敗し、不機嫌を周囲にまき散らす。そんな植物学研究の現状に絶望を感じた学生の藤丸(前原瑞樹)を伴って、万太郎は更なる研究や図鑑作成のために植物採集旅行に出る。身重の寿恵子(浜辺美波)は、予定より早く産気づき、十徳長屋の住人達に助けられながら、無事に第一子を出産する
⑰【16.8】「ムジナモ」
世帯㉔16.8㉕16.8㉖16.5㉗17.3㉘16.5
個人㉔*9.5㉕*9.6㉖*9.4㉗*9.9㉘*9.3
ムジナモの開花から4か月―。徳永(田中哲司)はドイツへと旅立ち、大窪(今野浩喜)は助教授となった。田邊(要潤)は、恩人である森有礼(橋本さとし)が文部大臣になったことで、女学校の校長に就任。槙野家では、寿恵子(浜辺美波)が第2子を授かり、園子が元気に動き回る中、万太郎(神木隆之介)はムジナモの研究に没頭。そしてついに、精密に描かれた植物画と論文が完成。それを見た田邊(要潤)は…
18【16.8】「ヒメスミレ」
世帯㉛16.71️⃣16.3②16.6③17.8④16.8
個人㉛*9.51️⃣*9.2②*9.5③10.2④*9.7
文部大臣・森有礼(橋本さとし)の号令のもと、東京大学の理学部は帝国大学理科大学と改められ、田邊(要潤)がその初代教頭に就任した。一方の万太郎(神木隆之介)は、大窪(今野浩喜)の協力を得ながら、ムジナモ発見の論文を書き直すが、田邊の気持ちは変わらなかった。大学への出入りを禁じられ落ち込む万太郎に、寿恵子(浜辺美波)はいつも通り明るく接する。そして、万太郎はもう一度、田邊の元へと向かうが…

19【16.8】「ヤッコソウ」
世帯⑦16.4⑧17.2⑨17.4④16.6⑤16.4
個人⑦*9.4⑧*9.7⑨*9.7④*9.2⑤*9.2
まつ(牧瀬里穂)に支えられ、寿恵子(浜辺美波)は第二子を出産。万太郎(神木隆之介)、は、赤ちゃんの長寿を願い千歳と名付けた。そんなある日、ロシアからマキシモヴィッチ博士が亡くなったとの知らせが届く。ロシア行きを断念した万太郎は、今、自分がやるべきことをやろうと決心する。まずは大学に寄贈する標本五百点を用意しようと意気込んでいるところに、竹雄(志尊淳)と綾(佐久間由衣)がやってくる。

20【】「キレンゲショウマ」
世帯⑭16.8⑮17.7⑯17.5⑰16.5
個人⑭*9.6⑮10.1⑯10.1⑰*9.6
槙野家にやってきた借金取りの磯部(六平直政)。万太郎(神木隆之介)の研究費で、借金が膨れ上がっていたのだ。磯部の相手をするのは寿恵子(浜辺美波)。万太郎、波多野(前原滉)、藤丸(前原瑞樹)は息を潜めて待つ。寿恵子は、万太郎の研究が将来性のあるものだと熱弁。話に引き込まれる磯部は、なぜか、追加資金をして帰っていくのだった。一方、田邊(要潤)は森有礼(橋本さとし)の暗殺に心を痛めていて…

21【17.1】「ノジギク」
世帯㉑17.3㉒16.9㉓17.4㉔17.1㉕18.5
個人㉑*9.8㉒*9.7㉓*9.9㉔*9.9㉕10.4
田邊(要潤)が亡くなったという知らせに、驚きを隠せない万太郎(神木隆之介)、波多野(前原滉)、藤丸(前原瑞樹)。数か月後、長屋へ聡子(中田青渚)がやってくる。田邊の遺言を万太郎に伝えにきたのだった。一方、寿恵子(浜辺美波)は、家計を助けるため、また図鑑を作る夢をかなえるために、久々にみえ(宮澤エマ)に会いに行く。

22【】「オーギョーチ」
世帯㉘17.0㉙17.3㉚17.9㉛18.1①17.2
個人㉘*9.7㉙*9.6㉚10.2㉛10.3①*9.5
徳永教授(田中哲司)に正式な助手として迎えられた万太郎(神木隆之介)は7年ぶりに植物学教室に戻る。徳永からは教室内の標本を充実させることだけを命じられる。万太郎にとってはありがたい仕事だが、この時、徳永らが目指していたのは顕微鏡の奥の世界。万太郎の研究は古いと大窪(今野浩喜)にも言われてしまう。

23【】「ヤマモモ」
世帯④17.3⑤17.5⑥17.9⑦17.3⑧19.2
個人④*9.8⑤*9.7⑥10.0⑦*9.7⑧10.9
竹雄(志尊淳)と綾(佐久間由衣)の屋台では故郷の味が食べられるとあって、万太郎(神木隆之介)と虎鉄(濱田龍臣)は大喜び。箸休めに出された高知のヤマモモの甘露煮に寿恵子(浜辺美波)も感動するのだった。竹雄は、波多野(前原滉)と藤丸(前原瑞樹)に、いつか新しい酒を造るために醸造の研究をしている先生を探していると話す。話を聞いた藤丸は…

24【】「ツチトリモチ」
世帯⑪16.7⑫17.4⑬16.6⑭17.5⑮17.5
個人⑪*9.4⑫*9.9⑬*9.4⑮*9.7⑮*9.7
寿恵子(浜辺美波)が待合茶屋を、竹雄(志尊淳)と綾(佐久間由衣)が屋台を始め5年。農科大学に通い、酵母菌の研究をしている藤丸(前原瑞樹)は、成果を竹雄と綾に発表する。一方、万太郎(神木隆之介)の元には、新種かどうか検定してほしいと標本が届く。送り主は南方熊楠。ただならぬ情熱に、虎鉄(濱田龍臣)は苦手意識をもつが、万太郎はいつか会ってみたいと喜ぶのだった。
25【】「ムラサキカタバミ」
世帯⑱16.0⑲17.0⑳18.2㉑17.6㉒17.6
個人⑱*8.9⑲*9.6⑳10.3㉑*9.7㉒*9.9
万太郎(神木隆之介)は徳永(田中哲司)に辞表を提出。植物学教室を去る日、佑一郎(中村蒼)が大学へやってくる。翌年度から教授となるのだ。それぞれ別の道を行く万太郎と佑一郎だが、目指す場所は同じなのだと確認しあう。そして時代が明治から大正へと変わる頃、千歳(遠藤さくら)と虎鉄(濱田龍臣)が結婚。万太郎、寿恵子(浜辺美波)は二人の幸せを心から祝福する。

㉕【】
世帯㉕17.3㉖17.3㉗17.4㉘17.7㉙181
個人㉕*9.7㉖*9.7㉗*9.7㉘*9.9㉙10.2
寿恵子(浜辺美波)は渋谷の店を売ったお金で、東京郊外の大泉村に土地を購入。万太郎(神木隆之介)の夢と、万太郎の標本を守るために…。 そして昭和33年、槙野植物標本館を、藤平紀子(宮崎あおい)という1人の女性が訪ねてくる。標本館を守っていたのは千鶴(松坂慶子)だった。標本の片付けのアルバイトだと思って応募したが、分類の手伝いもすると知って紀子は二の足を踏む。しかし家族らの思いを知って引き受けることにする
関連記事



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新コメント
データ取得中...
人気記事順位
スマホ、タブレット QR
QR
月別アーカイブ
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ

サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。