★★更新日/番組★検索は「fcast」「嵐視聴率」「視聴率速報」

【レッドアイズ 監視捜査班】視聴率 前半あらすじ 感想 亀梨和也 


【AD】
カテゴリー【亀梨和也】 レッドアイズ FINAL CUT
☆Amazon Music200万曲 ☆Prime Video
★TVerドラマ
レッドアイズ 監視捜査班|日本テレビ - 日テレ
2021年1⽉期⼟曜よる10時~10時54分
愛する人の命を奪われた元刑事×天才的な頭脳を持った元犯罪者たちが、国内に500万台あるといわれる監視カメラを駆使して凶悪な連続殺人鬼に迫る、スリリングなサイバークライムサスペンス
 
【出演者】KSBC=神奈川県警捜査分析センター
伏見響介 亀梨和也 KSBCの特別捜査官。恋人を殺害した連続殺人鬼を追っている。
島原由梨 松下奈緒 KSBCの指揮官。冷静沈着で有能。伏見の捜査一課時代の先輩で、伏見を呼び戻す。
長篠文香 趣里 KSBCでビッグデータを解析する情報分析官。
湊川由美子 シシド・カフカ 伏見によって集められたKSBCの民間捜査員。身体能力が高く、銃器の扱いにも長けた元自衛官。
小牧要 松村北斗 KSBCの民間捜査員。どんなシステムでも一度で使いこなす天才ハッカー。
山崎辰二郎 木村祐一 KSBCの民間捜査員。元有名国立大学の犯罪心理学専攻の大学教授。
【スタッフ】
脚本… 酒井 雅秋 福田 哲平 まなべ ゆきこ
音楽… カワイヒデヒロ
チーフプロデューサー …池田 健司
プロデューサー… 尾上 貴洋 茂山 佳則 (AX-ON)
演 出…水野 格 長沼 誠 ほか
【視聴率世帯/個人/総合】
01 1/23【12.4】【7.3】【19.3】復讐に燃える元刑事!最新監視システムを駆使し殺人鬼を追え!
【演出】水野格 【脚本】酒井雅秋
02 1/30【10.4】【5.9】【17.0】新たな殺人鬼現る! 制限時間内に犯人を確保せよ!メンバーに危機が
【演出】水野格 【脚本】酒井雅秋
03 2/06【*9.9】【5.7】【16.7】第1章クライマックス!幾重もの殺人鬼の罠! あの人物が殺される!
【演出】長沼誠【脚本】酒井雅秋
04 2/13【*9.4】【5.6】【】青いコートの男の正体ついに判明!女性誘拐事件発生! 制限時間迫る!
【演出】長沼誠【脚本】福田哲平
05 2/20【*9.5】【5.3】【】警察を狙った連続爆破事件が発生!明らかになる長篠の哀しい過去!
【演出】水野格【脚本】福田哲平
06 2/27【】【】【】制限時間内に凶悪な強盗事件を阻止し、拉致された捜査官を救えるか
【演出】まなべゆきこ 【脚本】茂山佳則

【AD】
【あらすじ】
01

ゲスト:ミスターちん 藤井武美  メドウズ舞良 坂井良平
婚約者を殺された元刑事の伏見響介は、元上司・島原から、最新監視システムを使って解析、捜査に役立てることを目的に設立された「神奈川県警捜査分析センター=KSBC」で特別捜査官として働くことを打診される。 伏見は元自衛官の湊川、元大学教授の山崎、天才ハッカーの小牧らと共に勤務を決める。 そんな中、ある女性の連れ去り事件が発生!伏見たちと凶悪連続殺人犯の戦いが、始まった!!
感想
なんだか、ボイスと似たような司令室だけど、ボイスは、数話で見てみるのをやめたが、このドラマは、次回もかなり見たくなるような展開だった。猟奇的な犯人を追うとか、恋人が殺され復讐心に支配された主人公というのはありがちだが、伏見響介の判断力が的確で、臨機応変なのがいい。彼の行動の一つ一つに、明確な理由があり、それをレッドアイズ=監視カメラをうまく利用しながら、そこから得る情報で、独自の判断で、犯人を追う姿も悪くないとは思った。仲間も特殊だが、スマートな湊川由美子とバディを組んでるもハマってる。それに司令官である島原由梨の声も、理知的で、冷静で心地いい。配役の妙味があるのかも。このドラマは、ラスボスの支配下のシリアルキラーとの度重なる戦いにはなるようだが、次回も楽しみだ。
02

ゲスト:忍成修吾 般若 
 KSBCで働き始めた伏見(亀梨和也)らに否定的な情報分析担当の長篠(趣里)と元ハッカーの小牧(松村北斗)がぶつかり合う中、殺人を告白する電話が入り、犯人に刺され重傷を負った蠣崎(忍成修吾)と女性の遺体が見つかる。一方で伏見の暴走を危ぶむ島原(松下奈緒)は湊川(シシド・カフカ)にあることを頼む。やがて犯人は暗号の新聞掲載を要求。伏見は恋人を失った蠣崎に自らを重ね…
感想
被害者のふりをして、実は、主犯だったという役に忍成修吾さんというのは、いくらなんでもわかり易すぎるキャスティングで、工夫が欲しかった感じはした。彼が生き残るっていう時点で、もしかしたら、こう言う展開かもという感じがする。しかし、意外と展開は面白いし、スリリングだ。中盤から後半かけての流れは、パワフルで興味を引いた。伏見の動きも軽快で心地よかったし、長篠文香と小牧要の関係性の変化も、いい流れになって、心地よかった。しかし、伏見のアクションはいい感じだが、彼になにか特殊能力が覚醒してほしい気もする。彼の判断力は卓越してるのはわかるが、それなにかの能力が開花すれば、さらに、面白さは増すかも。今回は、湊川が蠣崎に捕まる展開ではあったが、湊川が伏見とどう連携して、危機を乗り切るかに期待したい。しかし、今回の蠣崎の目的って、何なんだろう?そこがきっちり見えてこないといまいち興味が惹かれない・
03

ゲスト:忍成修吾 皆川茂夫
 犯人だった蠣崎(忍成修吾)に湊川(シシド・カフカ)が拉致され、自分を責める伏見(亀梨和也)。島原(松下奈緒)は妹のはるか(高橋ひかる)からの連絡を気にしつつも、伏見や山崎(木村祐一)らと蠣崎の行方を探る。一方、湊川は息子・敢太(森島律斗)のことをなぜか知る蠣崎と話すうち、夫を殺害した事件を思い返す。やがて湊川に命の危険が迫る中、KSBCに蠣崎のメッセージが届く。
感想
どうしても、これだけの大事件なのに、伏見、長久手、姉川でしか追わないのか?不思議すぎるのだが、展開はスリリングで面白い。一番の謎だった蠣崎のこの事件を起こした動機だが、意外としっかりしたもので、偶発的とはいえど、彼の恋人が不幸な死を迎えたら、理解できないことはない。裏で、全てを仕切ってる人間がいるのはわかるが、今のところ全く謎だが、KSBCに何らかの報復をしようとしてる人物であることだけは、あのメンバーの写真からも読み取れる。しかし、蠣崎の最終目的が島原由梨って意外すぎた。完全に、湊川由美子をターゲットにしてるとしか思えなかったが、ミスリードして撹乱したのか。しかし彼女の過去もわかったのは興味深かった。しかし、普通に、所轄に協力依頼してたら、島原の夫は、普通に助かったような気がしてならないが、あまり、そこを考えたら、伏見活躍の場が奪われるし、島原の感情が爆発することもなかったので、物語的には悪くなかったのかも。次回はついに青いコートの男の正体だ。、
04

今井朋彦 真壁刀義 塩野瑛久
 夫を亡くした島原(松下奈緒)が早々に復帰する中、誘拐事件が発生。伏見(亀梨和也)と湊川(シシド・カフカ)が捕まえた不審者は山崎(木村祐一)の息子・克巳(塩野瑛久)で、覚醒剤を巡るトラブルで恋人の優希(冨手麻妙)が連れ去られたと分かる。優希の身に危険が及ぶ一方で、自身の詐欺罪により息子と疎遠な山崎は、かつて詐欺で関わった半グレ集団が犯人と知り、驚きの行動に出る。
感想
今回は、どう考えても、、鈍足羊介の真壁さんの走るスピードから考えると、50メートルも走れば、伏見の普段のスピード感から考えれば追いつきそうなのに、延々走ってるのって、意味あるだろうと予想するのだが、あっさり、湊川に捕まるもんなんだな。羊介と伏見の格闘シーンがあると思ってたので、拍子抜けした。島原は、意外に早く復帰するくらいなら、彼女の夫が生きててもいいと思ったけど、夫の死のショックで、怪しい服を着た心理カウンセラー鳥羽と島原が出会うことが、重要なんだな。しかし、その二人を結びつけたのは、刑事部長の奥州って、彼は警察内部の情報を漏らすような人間なのか?今回の事件は山崎の息子・克巳絡みの事件だったが、確かに、犯罪者に仕立て上げた半グレ集団の元締め・神流川一馬が、彼が警察と絡んでるとは思わないことを利用した作戦だったが、意外に、展開は悪くはなかったが、演出にもう少しく工夫はほしいような。しかし、克巳もなんで、自分で覚せい剤の袋を飲み込まないで、恋人に飲ますのかって、意味不明だけど、展開的にはしょうがないのかな。まあ、展開に軽さはあるけど、そこそこは楽しめるんだよね。もう少し見てみようとは思う。
05

 伏見(亀梨和也)や島原(松下奈緒)、山崎(木村祐一)らKSBC周辺の事件に蠣崎(忍成修吾)がことごとく絡むことが判明。その聴取で激高した伏見は捜査一課の長久手(川瀬陽太)らに止められる。一連の事件の黒幕の存在と内通者の可能性に伏見が気付く中、刑事2人が爆発事件の被害に遭う。すると長篠(趣里)の様子に異変が。小牧(松村北斗)の調べで、彼女の過去が浮かび上がる。
感想
伏見!なんで、一人で、それも武器も携帯しないで、重要人物のいるとことに行くんだ!とは思ってしまうのだが、謎の男・真弓に拉致されて、彼の裏に、先生がいることを印象じけたかった?しかし、時々、視聴者を欺くために、各キャラクターが理解不能な行動をしないと行けない脚本だけど、今回の長篠も似た感じだった。普通に、長久手に危機が迫ってることを伝えればいいのに、本当に紛らわしく、外に誘い出して、彼女の兄貴に狙われるって、被害を拡大するだけじゃんとは思うが、そういうところも含まて、だんだん楽しくなってきた。これから先、あんなドローンテロなんて、これから起きそうだし。悲しい兄妹の悲劇は、警察を恨むのには樹分すぎる内容だったかも。しかし、趣里さんは年齢不詳だな。現在、30歳なのに、学生服があそこまで似合うとは驚いた。今回は、ミスリード多発な内容だったが、これからの”先生”との対決モードには期待したい。
関連記事
【AD】



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新コメント
データ取得中...
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
月別アーカイブ
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ

サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。