★★更新日/番組★検索は「fcast」「嵐視聴率」「視聴率速報」

【リコカツ】視聴率推移 4話UP  あらすじ 感想 おすすめドラマ


【AD】
カテゴリー【北川景子】家売るオンナの逆襲
☆Amazon Music200万曲 ☆Prime Video
★TVerドラマ
金曜ドラマ『リコカツ』
2021年4月金曜よる10時~
運命的な出会いをし、“交際ゼロ日婚”した二人が早くも離婚!?結婚したのは間違いだった・・・?出版社に勤務する編集者・北川景子と自衛官一家の長男・永山瑛太が送る離婚から始まるラブストーリー!

【キャスト】
水口咲 - 北川景子 本作の主人公。ファッション誌の編集者。
緒原紘一 - 永山瑛太 航空自衛隊・航空救難団のエース隊員。
水口武史 - 佐野史郎 咲の父。大手広告代理店に勤務していた。
水口美土里 - 三石琴乃 咲の母。
鹿浜楓 - 平岩紙 咲の姉。
青山貴也 - 高橋光臣 弁護士。咲の元カレ。
水無月連 - 白洲迅[恋愛小説家。
三本木なつみ - 大野いと 泉潮社の編集部員。咲の後輩。
緒原正 - 酒向芳 紘一の父。元自衛官。
緒原薫 - 宮崎美子 紘一の母。
一ノ瀬純 - 田辺桃子 紘一の航空救難団での後輩。救難ヘリコプターの副パイロット。
【スタッフ】
主題歌:米津玄師「Pale Blue」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
音楽:井筒昭雄
プロデュース:植田博樹 吉藤芽衣 演出:坪井敏雄
演出 - 坪井敏雄
【視聴率世帯:個人:総合】
01 4/16【9.7】【5.3】【19.0】結婚は離婚のはじまり?!
【脚本】 泉澤陽子【演出 】坪井敏雄
02 4/23【9.4】【5.1】【18.2】離婚の準備は偽装夫婦から
【脚本】 泉澤陽子【演出 】坪井敏雄
03 4/30【7.6】【4.3】【】うれし恥ずかし偽装の新婚旅行
【脚本】 泉澤陽子【演出 】鈴木早苗
04 5/07【8.9】【】【】離婚家族が誕生日パーティー?? 恋敵は恋愛小説家
【脚本】 泉澤陽子【演出 】
05 5/14【】【】【】リコカツを超え急接近する2人 リコカツ家族の元で花嫁修業!?【脚本】 泉澤陽子【演出 】
【脚本】 泉澤陽子【演出 】

【AD】


01 5年付き合った彼氏にフラれ、雪山で遭難し、人生どん底の咲(北川景子)は、航空自衛隊の救難員・紘一(永山瑛太)と運命的な出会いを果たす。交際0日婚から幸せな新婚生活が始まると思われたが…自由奔放な家庭で育った咲と、封建的な家庭で育った紘一は価値観の違いから大ゲンカ!新婚早々、“リコカツ"を始めることに…しかし、“リコカツ"しているのは咲と紘一だけでなく…「全員離婚家族」エンターテインメントが幕明ける


初回見ていて驚いたのは、緒原紘一=ゴルゴ13かよ的な風貌だ。僕の弟も自衛官だったりしたのだが、当然なんな行動もしないし、かなり適当な感じで」、殆ど一般人と変わらないが、紘一は航空救難団、当然、彼の仕事の内容なんて言えるわけもないのに、そんなことさえ知らないで、彼と結婚した咲も問題だな。さらに、彼がどんな生活を送っているのかなんて、咲がいくら結婚を焦ったとしても、最低限度知っておくべきことだと思うが、それさえも怠るなんてとは思いつつ。空から舞い降りた戦士とも結婚に向けた熱量が、現実をすっ飛ばしたのは、わからないでもないようなとか考えつつ見ていた。けど、彼らリコカツの話なかりなのかと思ったら、それよりも先に、二人の両親のリコカツが先行して展開とは!は思いもしなかった流れだ。紘一母緒原薫は、早くも出ていくし咲母みどりも、離婚に向けて、証拠集めをしてる状況だった。しかし、咲は、顔だけとか、後輩に言われるのは、本当に心外だったろう。昔ある美人女優さんが、いくらうまく演じても、顔だけと言われるのが、辛かったと言われてたが、北川さんのそんな事言われてきたかもと思えるシーンだった。それを、紘一が言ってしまうなんて、論外だな。謝りもしたが、アレだけでは足りない。しかし、最後の階段落ちのシーンは見せ場だったな。何があっても愛する人を守り抜く思いは咲にも伝わったのかも。リコカツから始まる愛のカタチはどうなのか?も気になる。テンポもよく、キャスティングもかなりいい。紘一に近づく青山貴也の動きも気になるし、期待のダラマかも。


02 リコカツ中の咲(北川景子)と紘一(永山瑛太)の、それぞれの職場での大事なパーティーとBBQのWブッキングが判明!夫婦で出席という条件を満たすべく互いに一歩も譲らない2人は、ついにそのまま当日を迎えてしまう…。一方、紘一の母・薫(宮崎美子)は父・正(酒向芳)の元から失踪、咲の母・美土里(三石琴乃)は父・武史(佐野史郎)の浮気の証拠を掴んだりと、それぞれの両親のリコカツもだんだんと進んでいた


離婚を決意したときから始まるラブコメって、今までも色々とあったけど、その中の夫役の中でも紘一は、今までにないようなキャラクターで、本当い楽しい。咲のことは心の底から愛してはいるけど、普段は表現できない不器用なやつだが、決死のときは、全身全霊をかけて、咲を守るって、美味しいキャラかも。しかし、部下の純は、咲と紘一の初めての出会いの場面を再現しようと、あんな行動に出たんだな。微妙な二人の関係を感じ取っていたのかも。迷える二人の関係は、歩道橋から守ったことと今回の遭難で、今までとは、違ったフェーズに行くのかな?さらに、咲の母美土里もリコカツで、咲たちの家に飛び込んでいったが、武史って、鹿浜楓のと会話からも、いままで、ずっと、浮気しまくってきたみたいだ。こりゃ別れてもしょうがないような。なにしろ、両家揃って、リコカツにというトリプルリコカツ状態の激動のなかで、咲と紘一は、今までいないような愛の形を作り出すのかな。互いに、自分の主張を、巧みに、譲り合いながら、生活をどう続けて、行くのかも、かなり気になる要素かも。


03 リコカツ中の咲(北川景子)と紘一(永山瑛太)の家に、同じくリコカツ中の咲の母・美土里(三石琴乃)が転がり込んできた。困り果てていた矢先、失踪した紘一の母・薫(宮崎美子)が箱根の温泉旅館で働いていると判明、薫を連れ戻すため、二人は新婚旅行と偽り箱根へ向かう計画を立てる。一方、咲は職場で見知らぬ男(白洲迅)に声をかけられる。この時まだ咲は、この出会いが自分の運命を変えるとは知る由もなかった…


3話の結末は、今までとは大きく違って、父親に迫られ続ける紘一を、なんとか救おうと咲が母を思う息子の気持ちを代わりに伝えようと必死に言葉を伝えた。そこには、夫婦としての愛の形ははっきりと見えたような気がしたし、紘一にもその思いは伝わったのかも。そこには、紘一の母が伝えた紘一の真の気持ちが、大きく彼女を動かしたのは確かだろう。あの時、あの瞬間、感じた咲の安堵しきった笑顔は、彼の心を動かし結婚に導いた、あの遭難が、二人の運命を決定づけたことを、咲も思い出したのかも。それほど二人にとってはm大切なドラマだの序章だったんだよね。今回ばかりは二人の母親に混乱させられたり、愛を確かめあった話だったが、美土里さんを演じる三石琴乃の声が、物語の中心にあると、ちょっと混乱するな~アニメドラえもんののび太の母さんの声だったり、ほんとにいろんな声が蘇って混乱はするかも。それに、紘一母薫の思いも伝わったし、バラバラになった家族だけど、結びつきは心のなかにあることを感じれた話だった。しかし、なんで青山貴也は二人のマンションにいたのか?新たなるドラマが始まるのかも。


04 異動した咲(北川景子)は人気小説家・水無月連(白洲迅)の担当に指名され、厳しくも充実した日々を送っていた。一方、紘一(永山瑛太)は咲の元カレ貴也(高橋光臣)と対面してから、彼女への想いに変化が生じ、リコカツの一環として咲の母・美土里(三石琴乃)の誕生会を新居で開こうとを提案する。しかし、貴也だけでなく、紘一を慕う上官・純(田辺桃子)なども勢揃いし、パーティーは思いもよらない結末を迎える…!?


咲の母の離婚には、裏事情があったのか!まだ、彼女の深い思いはわからないが、これまでの夫婦関係を精算して、生きたいように生きようと思ってるのか?わからないが、離婚理由に、乳がんになった自分の思いが、大きく関わってると言うことなのかも。そんな中で、咲の父は、絶望してしまう。彼女が、乳がんにかかったことを知らないと、彼女の心変わりの離婚がなぜであったのかは、わからないし、理由を探してしまうのかも。さらに咲は、深く傷ついた思いを、全身で受け止める思いは、いくら、離婚すると話していても、彼女を守る思いだけは、誰にも負けないんだな。そこから、やり直せる展開になったのは一安心だが、まだ周りの不安定な状況は全く変わらないところに、どんな波乱要因があるのか?それに、二人はほんとうの愛を築いていけるのか?美男美女だけに、周りの人間関係を乗り切るのは大変で、次回も楽しみだ。

05
リコカツを止めると決めた咲(北川景子)と紘一(永山瑛太)の一方で、咲の元カレ・貴也(高橋光臣)と紘一を慕う上官・純(田辺桃子)は二人の離婚届を見つけてしまう。その矢先、紘一の母・薫(宮崎美子)が実家に戻ってくる。しかしそれは、夫・正(酒向芳)に離婚届の判を貰うためだった。そんな正と薫の仲を取り持とうとする咲の元に、実父・武史(平田満)からも連絡が入り、武史を案じた紘一は単身咲の実家へ向かうが…

関連記事
【AD】



コメント

楽しみです。
主人公2人が、なんか可愛くて上手く行く事祈ってます。でも、これから色々とやっかいな事が起こりそう!3話めから見始めましたが、金曜の楽しみになりました。
いいですねー
管理人さんがタイトルの所に「おすすめドラマ」と書いていらっしゃるけれど、私も本当に好きです、このドラマ。

お互い素直に言い出せなかったけれど、まさか第4話で「離婚はやめよう」の言葉が飛び出して良かった!でもまたそれが二転三転するのかな(汗)‥。
オレ様作家からの電話だの、元カレの手に渡った離婚届だの、いけすかない自衛隊のマウント女、これだけでも大変なのに、咲の母と姉はどんな事情があれ人間性を疑うレベルだし。考えただけでも恐ろしいです。

1話では浮いて聴こえた米津さんの主題歌も、2話以降は場面にハマってしっくりくる感じで最高です。
今期、「リコカツ」「イチケイ」「珈琲いかがでしょう」を継続視聴に落ち着きました。
(ネメシスは仲村トオルさんの謎だけ気になって観てるけど)

コメントの投稿

非公開コメント

最新コメント
データ取得中...
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
月別アーカイブ
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ

サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。