★★更新日/番組★検索は「fcast」「嵐視聴率」「視聴率速報」

【恋はDeepに】視聴率推移 4話UP 感想 あらすじ 石原さとみ


【AD】
カテゴリー【石原さとみ】高嶺の花 アンナチュラル
☆Amazon Music200万曲 ☆Prime Video
★TVerドラマ
恋はDeepに|日本テレビ
日本テレビ系 2021年4月14日(水)よる10時スタート!
前代未聞の「ヒミツ」に満ちた運命の恋の行方を描くラブコメ

【キャスト】
渚海音 - 石原さとみ海洋学者の女性。
蓮田麟太郎 - 綾野剛 リゾート開発企業「蓮田トラスト」の御曹司。
宮前藍花 今田美桜 魚オタクの海洋学者・渚海音の友人
蓮田榮太郎 渡邊圭祐 倫太郎の弟。蓮田三兄弟の三男。
蓮田光太郎 大谷亮平 蓮田三兄弟の長男・光太郎。蓮田トラストの次期社長
鴨居正 橋本じゅん 研究室室長。教授。海音の叔父。
【スタッフ】
脚本 - 徳尾浩司
演出 - 鈴木勇馬、岩本仁志、伊藤彰記
チーフプロデューサー - 加藤正俊
プロデューサー -枝見洋子、畠山直人、鈴木香織(AX-ON)、山口雅俊(ヒント)
音楽 - 菅野祐悟
【視聴率世帯:個人:総合】
01 4/14【10.5】【5.7】【20.3】史上最強ラブコメ!海を愛する女とツンデレ御曹司の運命の恋…彼女のヒミツとは!?
【演出】 鈴木勇馬【脚本】 徳尾浩司
02 4/21【*8.9】【4.8】【】僕を助けた君は一体何者!?敵対する二人の運命的な恋が始動!
【演出】 鈴木勇馬【脚本】 徳尾浩司
03 4/28【*8.3】【4.7】【】女の過去が明らかに!?加速する運命の恋にツンデレ炸裂!新たな恋のライバル登場
【演出】鈴木勇馬 【脚本】 徳尾浩司
04 5/05【*8.6】【4.8】【】まさか妻子持ち!?二人の“恋”の歯車が狂い出す!
【演出】 岩本仁志【脚本】 徳尾浩司
05 5/12【】【】【】タイムリミットはあとわずか…
【演出】  【脚本】 徳尾浩司

【AD】



01 海を愛する海洋学者・渚海音なぎさみお(石原さとみ)は、星ヶ浜海岸に巨大マリンリゾートが建設されることを知り、海に暮らす魚たちの暮らしを守るため、なんとか止める手立てはないかと考える。一方、リゾート開発を進める蓮田トラストの御曹司で、三兄弟の次男・倫太郎(綾野剛)は、父・太郎(鹿賀丈史)にロンドンから呼び戻され、星ヶ浜での開発の陣頭指揮を任される。!!


脚本は、私の家政夫ナギサさんやおっさんずラブが代表作の脚本家だけど、一話を見た感じは、まだ面白くなるのかどうか?よくわからない。渚海音の秘密って、海洋生物と話せることなんだな。ヤドカリと言い争うというところからもしかしたらとは思ったが、この秘密が、二人の恋にどう作用するのか?彼女と対峙するロンドン帰りのツンデレ御曹司・蓮田倫太郎は、海?魚?に何らかの思いがあるらしい。しかし、渚の能力によって、倫太郎は、救われる。この事が大きく物語を動かすのかも知れない。彼が溺れてるなんて。誰も気づくはずもない場面で、彼は救われたことは、倫太郎にとっては謎だもん。しかし、巨大マリンリゾート開発を挟んで、対立する二人の関係性は、どの方向に向かうのか?そして、蓮田光太郎は、渚に、倫太郎にどんどん意見をぶつけろというこの真意は!?まあ、石原さんも結婚されたし、ラブコメじゃなく、仕事ドラマに移行したほうがいいとは思いつつ、もう少し見てみないと、よくわからないで、次回も見てみます。



02 海で溺れた倫太郎(綾野剛)を助けた海音(石原さとみ)。翌日二人の間には気まずい空気が…。 ホテルを誘致するため、CEO・デイヴィッド(小手伸也)の説得に動き出す倫太郎。CEOは海中展望タワーに興味を示すが、海音はそれを阻止しようと画策。そんな海音に光太郎(大谷亮平)は手を貸すが、その狙いとは? その頃、研究室を訪れた榮太郎(渡邊圭祐)が藍花(今田美桜)にリゾート開発本部との交流会を提案して…。


2話まで見てみると、ラブコメというよりも、ラブファンタジーかな。そう考えると、物語がしっくりしてきた。完全に溺れて記憶さえなかった倫太郎を、器具無しで、あの海底から救えるとなると、海音は、その美しさから、人魚とでも思わないと、納得できない。それに、海に打ちあげられ、鴨居正に救われた流れに、家で飼ってる魚と話してる姿。履歴書に、全く学歴が掲載されてなことを考えると、彼女は人間ではないんだな。そして、人間たちが行おうとしている開発を食い止めようとしてる感じだな。しかし、それだとしても、海中展望タワーを作ることよりも、干潟埋め立てとかの問題を問うたほうが、よほど海洋生物の思いを代弁してる気もする。しかし、海音は、ちょこちょこと、彼女なりの動きをしてるように見えるが、何の戦略もなく、蓮田トラストの思うがままに、進んでる。企業の中に入りこんでも、個人的には限界があり、役所を動かすか?世論を誘導しないと、なんともならないのにと思いながら見てしまう。こう言うのって、いくらラブコメでも、もっとリアルな活動しないと見せ場がないような。


03 倫太郎(綾野剛)と心が通じたと思った矢先、マリンリゾートへのホテル誘致が決まったと聞き、動揺する海音みお(石原さとみ)。そんな中、開発予定地である山の一部に、まだ手に入っていない土地があることが発覚。土地所有者の雪乃(堀田真由)に、土地を売る気持ちはないと聞き、安心する海音。再び冷たい態度に戻り、海音を戸惑わせる倫太郎だが、海音には倫太郎が海を壊すようなことを本当に望んでいるとも思えず……。そして倫太郎は、何か海にトラウマを抱えている様子で……
ゲスト 堀田真由 泉里香


この作品、「前代未聞の「ヒミツ」に満ちた運命の恋の行方を描くラブコメ」と言う謳い文句だが、やっぱり、ラブコメと言う感じもしないし、海音みおは、倫太郎に惹かれてるというのは、見えてくるのだが、肝心の倫太郎が、彼女には好奇心を持ってるみたいだが、それが、恋とは言い難いように見えるところが、イマイチなのかも。前回の話で、彼女に触れたときに、感じた熱は、尋常じゃなく冷たかったことから抱いた疑問。彼女は何者なのか?ということにしか興味をいだいてないようにしか見えないのは、今ひとつ、物語を盛り上げない。それに、海洋の環境のことばかり話してるようで、海と森の関係性に関して、薄い認識だったりするのが、なんだかな~。俺ごときでさえ知ってることを、海洋開発しようとしてる能力高めの倫太郎が知らないなんて、とは思ってしまう。何しろ、ここに来てやっぱり思うのは、キャラ設定の無理かな。次回の予告でも言ってたが、やはり、みおは人間ではないらしい。そんなファンタジー設定で良かったのかな。本当に、二人の海でのシーンとか、いいんだけど、いかんせん、二人の恋の話が進まないのもイマイチ。次回はライバル登場だが、盛り上がるのか?


04 ホテル誘致の決定に憤慨した海音(石原さとみ)は、倫太郎(綾野剛)が買収で問題の起きた土地の所有者・雪乃(堀田真由)の元に向かったと知り、後を追う。土地を手放すのをやめたという雪乃から理由を聞いた海音は大満足。一方、説得できない倫太郎は光太郎(大谷亮平)に責められ、海音が邪魔なら外せと言われる。そんな中、倫太郎の親友で広報部の鶴川(藤森慎吾)が海音に意外な事実を伝える。


ぼくも、色んな作品を見てきたけど、ラブストーリーに、環境問題とか絡めると、、話題がそっちに行きがちで、本題がつまらなくなる。さらに、母親を巡る兄弟の対立とか、跡目争いとか、色々と盛り込みすぎるのが、日テレドラマだな。その問題も、簡単に、一話で片付くようなものでもないし、その話に引きづられて、いくら美しいキスシーンがあっても、おまけみたいな感じになってしまう。それに、加えて、主人公は、私人間じゃないって、こりゃやりすぎだよ。もう何が見どころだんだろうと、見てるほうがわからない。色々と、家族にまつわるは足があってもいいが、一つの問題が一話で解決しないと、見ていて面倒だ。それが一気に噴出した4話は、視聴者のことなんてお構いなしに、話が色々と展開する。もう少しシンプルな作りにしないと、日テレドラマて、なんだかな~と思ってしまう今回の話だった。

05
関連記事
【AD】



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新コメント
データ取得中...
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
月別アーカイブ
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ

サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。