★★更新日/番組★検索は「fcast」「嵐視聴率」「視聴率速報」

【金22:タリオ 復讐代行の2人】前半視聴率 感想


【AD】
カテゴリー【浜辺美波】アリバイ崩し承ります
☆Amazon Music200万曲 ☆Prime Video
★TVerドラマ
タリオ 復讐代行の2人
NHK総合 2020年10月9日(金)スタート 毎週金曜 22:00~全7回
浜辺美波×岡田将生 痛快でポップな復讐エンターテインメント!正義感の強い元弁護士(浜辺美波)と怪しげな詐欺師(岡田将生)がタッグを組み、事情を抱えた被害者からの依頼を受けて悪人に復讐する、1話完結の新シリーズ。「タリオ」とは「同害報復」の事。
【登場人物】
浜辺美波 白沢真実 元弁護士。司法試験予備試験の制度を利用し、20歳にして弁護士となった。法律の知識は確かだが、世間知らずで頭が固い。ひょんなことから詐欺師の黒岩とバディを組み、復讐代行を請け負うことになる。
岡田将生 黒岩賢介 自称・経営コンサルタントの詐欺師。頭は切れるが詰めが甘く、詐欺師としてはもうかっていない。真実とは何かとマウントを取り合う。


【AD】
【視聴率:あらすじ:感想】
01 20/10/09 脚本:蒔田光治 演出:木村ひさし
【**.*】元弁護士と詐欺師バディの復讐劇
ゲスト 三浦涼介 白石糸 本田大輔 
 司法試験予備試験の制度を利用して弁護士になった真実(浜辺美波)は、法の知識は確かだが頭が固いため、勤務先の法律事務所で仕事をもらえずにいる。ある日、真実は事務所の‘お荷物案件’を担当することに。大手ゼネコンの御曹司・財津(三浦涼介)から性被害を受け、泣き寝入りを強いられた依頼人の依里子(白石糸)は、インターネット上で見つけた復讐代行業者を頼ったが、入金後も復讐に着手する気配がないという。詐欺を確信した真実は、依里子に業者を誘い出すよう指示。現れたのは、黒岩(岡田将生)という詐欺師で…
感想
4作連続主演ドラマという浜辺さんは、「ピュア! 」「アリバイ崩し承ります」は、彼女が謎を解きあかす作品だったが、今回は復讐がテーマだけど、気楽に見れるポップな作品というのは、ピュアとかアリバイと共通してるような気もする。事件は、なかなか重い話で、女性が強姦され、相手の財力によって、泣き寝入りさせられた事件を、真実は被害者救済、黒岩は金儲け目的に互いを利用し合い事件を解決するという物語だった。互いの足りないところを補い合い事件解決するストーリーは、気楽に見るには丁度いいかも。故に、話はさほど難しいことはなく、依頼人の依里子が受けた被害を、どうやって立証に、認めさせ、復讐し目的である金をせしめるか!二人の力量が試される話であるが、話の前半は、白沢真実が詐欺師の黒岩とバディを組み、復讐代行を請け負うことになるのか?の経緯が説明されていて、事件本体が多少あっさりしたものになったので、財津が連れ込んだときの映像が見つかれば、全て解決するので、それを持ってる人物を特定し奪えばいいだけ。そのために、協力者を得るというのが問題だったが、協力者が腹を決めたら、話の展開は早かった。それ故に、急展開で、いまいち味わいがなかったが、次回から、話がもっとまとまったものになると信じて、期待したい。

02 20/10/16 脚本:蒔田光治 演出:木村ひさし
【**.*】炎を操る女教祖にマミクロ絶体絶命
ゲスト 伊藤歩 竹原ピストル
「復讐代行業」の噂を知った和紙職人・谷村(竹原ピストル)が訪ねてくる。彼の村では昔からある宗教が信じられているが、今の教祖(伊藤歩)は信者にお布施を強要。貢献度が低いとたたりがあると脅していた。谷村は熱心に貢ぐ妻を止めようと忠告。だが教祖に責めさいなまれた妻は心労から病に倒れ、亡くなったという。真実(浜辺美波)と黒岩(岡田将生)は教祖への復讐を依頼される。
感想
今回の話は、どう考えても。脚本演出の二人が大きく関わった「トリック」な感じの話で、それも20年前のビックマザーの話を、2020年に、今風に蘇らせた話かな。しかし、あのときの教祖菅井きんさんだが、今回は伊藤歩さんって、偉い違いだ。それに、ビックマザーの話は、3話完結なので、この話では、かなり展開が早い。それに、どうやって、真実が教祖の仕掛ける奇術を暴くかと思ったら、化学の基本書とは!上田先生の本ではないんだな。彼女がこの村で作り上げてきたまやかしの権威は、真実の法律家としての力が、破壊したりしてるところは、独自色があって好きだな。あの話を、基本としてるのなら、誰が教祖と裏で組んでるのかというのは、黒い和菓子かけた罠で、わかりやすかったが、あの産廃の不法投棄も事件解決に関わってるところとかも、面白い要素だった。まあ、トリックに比べるとインパクトは弱めだが、このコンビならではの雰囲気は、楽しかったかも。二人のコンビも、連携が良くなってるような。

03 20/10/23 脚本:瀧本智行 演出:山本透
【**.*】父の敵を討ちたい! 9歳少女の復讐
ゲスト 神保悟志,唐橋充,三浦誠己,古川凛
パワハラで父を失った娘の復讐話。真実と黒岩のもとに、小学生の女の子(古川凛)から依頼がくる。父親(三浦誠己)が転職した会社でパワハラにあい、命を落とした、お金はわずかしかないが復讐してほしい、という。父への想いから他人事とは思えず、真実は先方の会社に乗り込む。
感想
脚本家、瀧本智行さんって、あまり記憶になかったが、山田孝之さん主演のdeleの演出、そして弁護士のクズの脚本家らしい。言われてみれば、そんな雰囲気もあったような。話自体は、パワハラを受け、自殺という道を選んだ父親の復讐を9歳の娘が、タリオコンビに頼む話だが、意外と定番のような話だったが、少女が、この復讐を誓ったのには、彼女が父親についた嘘の後悔から、始まってた。それが、しかし、思い悩むひとりの男を助けることになるという展開には、このドラマの復習の本質があるような。けど、このドラマって、二人の主役を使い、毎回、自分たちが描きたいような物語を、描きたいような場面で、造り手が展開させて、楽しん出るような気はするかも。亡くなってしまた父は帰っては来ないが、どうしても、彼女が打ち明けたかった。いじめで苦しんでる人たちを救えず、傍観者になってた自分が、父に胸を張って、生きるために、あの真実に渡した思いの詰まった金で、傍観者からの脱出の資金だっったかもね。それを受け取った真実は正攻法で立ち向かうが、黒岩は一捻りあり。そして、小気味よく復讐をやり遂げる。意外と小気味よく、わかりやすく作られてるような感じで良かったかも。
【スタッフ】
【脚本】蒔田光治、瀧本智行、渡辺雄介、徳永富彦
【演出】木村ひさし、山本透
【制作統括】- 川田尚広(東宝映画)、髙橋練(NHKエンタープライズ)、岡本幸江(NHK)
【プロデューサー】 - 山田兼司(東宝)、北野拓(NHKエンタープライズ)
音楽プロデューサー - 岩崎太整
音楽 - 流線形、一十三十一
関連記事
【AD】



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新コメント
データ取得中...
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
月別アーカイブ
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ

サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。