★★更新日/番組★検索は「fcast」「嵐視聴率」「視聴率速報」

【金22:恋する母たち】視聴率最終回かなりUP あらすじ キャスト 


【AD】
カテゴリー【木村佳乃】恋する母たち
☆Amazon Music200万曲 ☆Prime Video
★TVerドラマ
金曜ドラマ『恋する母たち』|TBSテレビ 
金曜22時
なぜ、母になっても女は恋に落ちるのか…原作・柴門ふみ × 脚本・大石静新時代を生き抜くすべての人に送るラブストーリー!
【最新予告】


【キャスト】
石渡杏 木村佳乃  旅行代理店で働く夫と一人息子の3人で何不自由ない生活を送っていたが、ある日突然、夫が失踪。
林優子 吉田羊  バリバリのキャリアウーマン。売れない小説家で主夫の夫と、杏の息子と同じ名門高校に通う息子を養う。
蒲原まり 仲里依紗  杏と優子の息子と同じ名門校に通う長男のほか、2人の娘を持つ3児の母。夫は法律事務所の代表。
斉木巧 小泉孝太郎   杏の夫と駆け落ちした女の夫。不倫された者同士、杏とひかれ合う。
赤坂剛  磯村勇斗 優子の部下。優秀なイマドキ男子。
今昔亭丸太郎 阿部サダヲ  100年に1人の天才落語家。チャリティーイベントで出会ったまりに一目ぼれし、強引に誘惑する。
【視聴率】
01 20/10/23【10.5】個【*5.4】総合【17.6】関西【9.4】危険な恋が走り出す…母だって女だもの
演出:福田亮介
02 20/10/30【*7.4】個【*3.8】総合【14.8】部下の壁ドン!与論島の謎
演出:福田亮介
03 20/11/06【*7.8】個【*3.9】総合【14.8】もう我慢できない
演出:福田亮介
04 20/11/13【*7.8】個【*4.0】総合【15.1】 決して許されない恋 現実に引き戻される夜…
演出:吉田健
05 20/11/20【*8.2】個【*4.2】総合【15.4】どうにもならない関係…隠せないそれぞれの本音
演出:吉田健
06 20/11/27【*8.5】個【*4.4】総合【15.9】息子と友達より大事な男
演出:福田亮介
07 20/12/04【*7.7】個【*4.0】総合【15.0】セレブ生活が一変!! 幸せのチャンスを掴めるか…?
演出: 吉田健
08 20/12/11【*8.8】個【*4.4】総合【16.3】3人を翻弄する運命の嵐
演出: 吉田健
09 20/12/18【10.3】個【*5.4】総合【17.8】これが私たちの生きる道
演出: 福田亮介

【AD】
【スタッフ】
原作:柴門ふみ「恋する母たち」(小学館ビックコミックス)
脚本:大石静
演出:福田亮介
プロデューサー:磯山晶 佐藤敦司
主題歌:知らないどうし/松任谷由実

【あらすじ:感想】
01:予告
石渡杏(木村佳乃)は、女手一つで育てた息子が名門高校に合格し、保護者説明会に出席。教室には、林優子(吉田羊)と蒲原まり(仲里依紗)の姿が。杏はまりから「母親たちは、意外とみんな不倫している」と聞き、驚く。3人の母親には、人に言えない悩みがあった。杏の夫・慎吾(渋川清彦)は11年前に人妻と失踪。相手の女の夫・斉木巧(小泉孝太郎)から聞かされた。キャリアウーマンの優子は、小説家の夫・シゲオ(矢作兼)と引きこもりの息子・大介(奥平大兼)を養っている母親。セレブ主婦のまりの悩みは、夫・繁樹(玉置玲央)の不倫。そのまりが、パーティーで出会った落語家の今昔亭丸太郎(阿部サダヲ)から猛アプローチを受ける。

02:予告
杏(木村佳乃)は訪ねてきた斉木(小泉孝太郎)から、11年前に斉木の妻・由香(瀧内公美)と駆け落ちした夫・慎吾(渋川清彦)の情報を知らされ、どうするべきか悩む。一方、食品会社に勤める優子(吉田羊)は、宣伝部の部下・赤坂(磯村勇斗)からの好意に戸惑っていた。また、まり(仲里依紗)は猛アプローチを続ける落語家・丸太郎(阿部サダヲ)からある誘いを受け、動揺する。

03:予告
 鹿児島・与論島を訪れた杏(木村佳乃)は、島でガイドとして働く慎吾(渋川清彦)と再会する。一方、まり(仲里依紗)は変装した丸太郎(阿部サダヲ)と出掛け、彼がわざわざ自分に会いに来る理由を推し量ろうとする。京都では、優子(吉田羊)らが商品のイベントを開催しようとするが、会場でトラブルが発生。優子が中止の決断を迫られる中、赤坂(磯村勇斗)が駆け込んでくる。

04予告
杏(木村佳乃)は「結婚を前提に付き合ってほしい」という斉木(小泉孝太郎)からの申し出に、自分も斉木に好意を持っていることを再確認した。まり(仲里依紗)は繁樹(玉置玲央)から「罪滅ぼしに夫婦2人で温泉に行こう」と優しく言われるが全然うれしくない。まりは丸太郎(阿部サダヲ)に連絡する。優子(吉田羊)も、赤坂(磯村勇斗)のことで頭がいっぱい。会社でも意識してしまう。シゲオ(矢作兼)から「家族のことで大事な話がある」と言われ、優子はなるべく早く帰る約束をするが…。翌日、杏は研に「今度、会ってほしい人がいる」と斉木の存在を打ち明ける。その日の夜、杏、斉木、研の3人は初めてレストランで食事を共にするが…。

05予告
 杏(木村佳乃)は、斉木(小泉孝太郎)に関することで研(藤原大祐)に思わぬ誤解をされ動揺。研と話もできず、やりきれない思いを抱える。優子(吉田羊)には転勤の話が出て、シゲオ(矢作兼)や大介(奥平大兼)との生活は新たな局面を迎えることに。一方、敏腕弁護士としてテレビの密着取材を受ける繁樹(玉置玲央)は、自宅での対応をまり(仲里依紗)に指示。まりは違和感を覚える。

06 予告
慎吾(渋川清彦)が再び杏(木村佳乃)の前に現れた。与論島での離婚話が島で噂になり、妻の耳にも入って家を追い出されたというのだ。慎吾は離婚届けにあった杏の住所を頼りにやって来たのだが、その身勝手な慎吾に怒りを覚えた杏は、母・綾子(夏樹陽子)の連絡先を教え、雨の中彼を突き放す。

07 予告
 斉木(小泉孝太郎)の思わぬ言葉にショックを受ける杏(木村佳乃)は、研(藤原大祐)と心の距離が開き、喪失感にさいなまれる。家族と離れ、千葉で営業部長として奮闘する優子(吉田羊)は、地元で力を持つ食品卸会社社長・塚越(尾美としのり)から、取引の条件として県内居酒屋チェーンの契約を取るよう突き付けられていた。一方、まり(仲里依紗)は杏や優子の励ましを受けて仕事を始めるが…。

08予告
杏(木村佳乃)と斉木(小泉孝太郎)が結婚した。週刊春潮を辞めた斉木は、一級建築士を目指している。犬を飼う生活に憧れていた杏は、彼の家で犬と一緒に幸せな新婚生活をスタートさせ、息子の研(藤原大祐)は、自分の意思で慎吾(渋川清彦)と綾子(夏樹陽子)と一緒に暮らすことに決めた。

【最終回】予告
 杏(木村佳乃)は斉木(小泉孝太郎)に「強くて立派だけどうっとうしい」と言われがくぜんとする。繁樹(玉置玲央)と離婚して丸太郎(阿部サダヲ)と結婚したいと望むまり(仲里依紗)は、娘の奈々(茅本梨々華)が叫んだ言葉に動揺し、杏と優子(吉田羊)に相談。その席で、杏は斉木とぎくしゃくしていることを明かす。半年後。異動が決まった優子はシゲオ(矢作兼)に電話をする。
関連記事
【AD】



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新コメント
データ取得中...
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
月別アーカイブ
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ

サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。