★★更新日/番組★検索は「fcast」「嵐視聴率」「視聴率速報」

【俺の家の話】視聴率 あらすじ 長瀬智也 戸田恵梨香 最終回大幅UP


【AD】
カテゴリー【長瀬智也】俺の家の話
☆Amazon Music200万曲 ☆Prime Video
★TVerドラマ
金曜ドラマ『俺の家の話』|TBSテレビ
2021年1月スタート金曜よる10時~
長瀬智也×宮藤官九郎 TBS連ドラ11年ぶりのタッグ‼令和初タッグで描くのは“濃すぎる家族が織りなす王道のホームドラマ”
【予告】
SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~
彼女が死んじゃった。
【キャスト】
観山寿一 - 長瀬智也 全盛期を過ぎたプロレスラー。父・寿三郎の介護のためにレスラーを引退する。
志田さくら - 戸田恵梨香介護ヘルパー。寿三郎の婚約者で彼から遺産を全て譲ると宣言されている。
観山寿三郎 - 西田敏行 寿一の父。能楽の人間国宝。
観山踊介 - 永山絢斗 寿一の弟。
長田舞 - 江口のりこ 観山家の長女。寿一の妹。
観山寿限無 - 桐谷健太 寿三郎の能楽の一番弟子。寿三郎の芸養子になっている。
プリティ原 - 井之脇海 プロレスラー。
ユカ - 平岩紙 寿一の別れた妻。
【スタッフ】
脚本 - 宮藤官九郎
プロデューサー - 磯山晶、勝野逸未、佐藤敦司
演出 - 金子文紀、山室大輔、福田亮介
編成 - 松本友香
【視聴率世帯:個人:総合】
01 1/22【11.5】【6.4】【19.8】濃すぎる家族の全力介護が始まる!※15分拡大
演出 金子文紀
02 1/29【*9.7】【5.6】【17.5】「後継者決定の舞い!魔性ヘルパーの正体」
演出 金子文紀
03 2/05【*8.9】【5.2】【16.9】親バレ厳禁!! 覆面レスラーでリング復帰
演出 山室大輔
04 2/12【*8.2】【4.6】【16.0】衝撃の告白で一家は大混乱!!
演出 山室大輔
05 2/19【*9.7】【5.8】【17.1】恋と反抗期が渋滞!? 目指せ!家族旅行!
演出 福田亮介
06 2/26【*8.5】【5.0】【16.2】ついに25年ぶりの家族旅行スタート!!
演出 福田亮介
07 3/05【*9.3】【5.3】【16.8】世界一かっこいい! ぼくのお父さん
演出 金子文紀
08 3/12【*8.3】【4.8】【15.7】家庭内デスマッチのゴングが鳴り響く!?
演出 山室大輔
09 3/19【*7.7】【4.3】【15.4】ぜあっ! 家族パワーで奇跡を呼ぶぜ!!
演出 福田亮介
10 3/26【10.2】【5.9】17.9【】最終回「最後に皆さん、家族を大切に!ぜあ!」
演出

【AD】
【あらすじ】
01
 プロレスラー「ブリザード寿」こと寿一(長瀬智也)の元に、「二十七世観山流宗家」で重要無形文化財「能楽」保持者の父・寿三郎(西田敏行)危篤の知らせが届く。父に反発し家を出た寿一は、25年ぶりに家族と再会。弟の踊介(永山絢斗)と妹の舞(江口のりこ)が相続の話をすることに激高し、引退して寿三郎の跡を継ごうと決意する。ところが退院した寿三郎は結婚すると言い…。
感想
金曜日になると、なにしろ、睡眠不足で、ドラマによっては寝てしまいそうになったりするので、朝に見ようかなという思いもあったけど、個人的には、見だしたらかなり楽しめる内容だった。「能楽」の父寿三郎とプロレスラーだった寿一のなんとも言えないか変わり方が、父が子供の頃に死んでしまった僕にとっては、未知の世界。、さらに、そんな父との介護の世界の現実をまっすぐ描いてる。さらに、突然帰ってきた寿一は、「二十七世観山流宗家」を継ぐという難題も抱えてしまう。さらに。謎の女介護界の峰不二子かもしれない志田さくらが興味深い。本当に「後妻業の女」なのかは、謎だが、それが解かれていくのも、気になるところだ。見てる間は、寿三郎と結婚しようなんて、弟の踊介じゃないが、勝手に、後妻業かなとは思った。やたらと、寿一に乱暴な口を利くときもあるので、意外と性格も荒そうだ。しかし、いつ死ぬかもわからない時点で、結婚届は出してないみたいだし、ネットの情報だけだとどうなのかという気もする。この女の正体が、何しろ興味深い。さらに、寿三郎に深い思いがあったりするのかな?かなり面白い展開が待っそうだし、期待!
02
主人公・観山寿一(長瀬智也)は、人間国宝の能の宗家・寿三郎(西田敏行)の介護をするため、25年ぶりに実家に戻ってきた。父・寿三郎は介護ヘルパーの志田さくら(戸田恵梨香)との結婚発表し、寿一は宗家を継ぐために能の稽古に励んでいた。一方、弁護士の踊介(永山絢斗)は、さくらが“後妻業"ではないかと疑惑を深めていく・・・。

03
主人公・観山寿一(長瀬智也)はさくら(戸田恵梨香)に借りた10万円を返すため、スーパー多摩自マンとしてプロレスに出場し、そのせいで父・寿三郎(西田敏行)は病院に運ばれてしまう。そんな寿三郎は残りの人生を楽しむため、さくらとエンディングノートを作るのだった。父の願いを知った寿一は家族に内緒で再びプロレスのリングに立つことを決意する・・・

04
 家族に内緒で覆面をかぶりプロレスに復帰した寿一(長瀬智也)はある日、寿三郎(西田敏行)のエンディングノートに「寿限無のおとしまえ」と書かれていることに気付く。そんな折、外国人や子どもに向けた毎年恒例の能のイベントの時期がやって来た。能を始めた秀生(羽村仁成)は、寿限無(桐谷健太)の勧めで、舞(江口のりこ)の息子の大州(道枝駿佑)と共に参加することになる

05
 40歳の寿限無(桐谷健太)が遅めの反抗期を迎え、寿一(長瀬智也)にも反発した態度を取る。そんな折、寿一は寿三郎(西田敏行)の願いをかなえるため、家族旅行をしようと考え、さくら(戸田恵梨香)や家族に相談。ケアマネジャーの末広(荒川良々)の了解も得て、寿限無にも旅行を切り出すが、寿限無は卑屈になって話を聞こうとしない。寿一はそんな寿限無を、ある場所へと連れ出す。

06
 寿一(長瀬智也)は寿三郎(西田敏行)らと共に25年ぶりの家族旅行に出発。旅行に同行しなかったさくら(戸田恵梨香)は、矢継ぎ早に着信する観山家一行のメッセージを眺めながら、「スーパー世阿弥マシン」のことを考えていた。寿三郎の望みで寄り道を繰り返し、疲れ切ってホテルに到着した一行。ところが、寿一と秀生(羽村仁成)は、寿三郎のさらなるわがままに付き合わされる。

07
 寿一(長瀬智也)はウェブ上で「スーパー世阿弥マシン」に関する記事を発見。その数日後、後輩レスラー・プリティ原(井之脇海)が観山家を訪れ、家族にプロレスへの復帰を隠している寿一は慌てる。一方でさくら(戸田恵梨香)と自分、寿三郎(西田敏行)、踊介(永山絢斗)の関係をどうしたらいいか分からない寿一だが、秀生(羽村仁成)の親権を巡り、ユカ(平岩紙)と話し合いの席に着く。
08
 寿一(長瀬智也)は寿三郎(西田敏行)の指示で、寿限無(桐谷健太)から「隅田川」を教わることに。プロレスは、次の試合で負けたら今度こそ引退だと考えていた。その矢先、寿一は足を負傷し、しばらく車椅子生活を送る羽目に。同じ頃、寿一から‘間違いスタンプ’を受信した踊介(永山絢斗)や夫の長田(秋山竜次)ともめる舞(江口のりこ)、寿三郎とぶつかった寿限無が家に寄りつかなくなる。
09
 寿一(長瀬智也)はさくら(戸田恵梨香)と思いを通じ合わせながらも、頭の中は能とプロレスのことでいっぱい。さくらはそんな寿一が歯がゆく、ユカ(平岩紙)相手に愚痴をこぼす。一方、寿三郎(西田敏行)の現状が週刊誌記者に嗅ぎ付けられ、記事を見た門弟達が新たな跡継ぎを立てて観山家へ押し掛けた。跡継ぎに関する父の真意に惑いつつも稽古に臨む寿一。そこへ寿三郎が現れる。
10
グループホームを抜け出し観山家にやってきた寿三郎(西田敏行)は、3度目の脳梗塞で危篤に・・・。多くの門弟や家族たちに囲まれ、最後の時を迎えようとしていた寿三郎の前に、いままで正体を隠してきた寿一(長瀬智也)がスーパー世阿弥マシンとして現れる。そして「肝っ玉!しこたま!さんたま!」の掛け声で、奇跡的に寿三郎は一命を取り留める。そして寿一は新春能楽会で舞う予定の「隅田川」の稽古に励んでいたー
関連記事
【AD】



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新コメント
データ取得中...
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
月別アーカイブ
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ

サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。