★★更新日/番組★検索は「fcast」「嵐視聴率」「視聴率速報」

【水22:私たちはどうかしている】全視聴率 最終話


【AD】
カテゴリー【浜辺美波】アリバイ崩し承ります
☆Amazon Music200万曲 ☆Prime Video
★TVerドラマ
私たちはどうかしている
7月期水曜22時ドラマ
浜辺美波&横浜流星W主演のラブミステリー!15年前に起こった老鋪和菓子屋「光月庵」主人の殺害事件を巡り、過酷な運命に翻弄されながらも惹かれ合う2人の物語を、今作が初共演となる浜辺と横浜のW主演でお届け!ドラマの世界に登場する、数々の和菓子、着物、和室など、日本文化「和」の美しさも見どころのひとつ。
 
【登場人物】
★花岡七桜(21)浜辺美波 修業中の和菓子職人。和菓子職人だった母親の才能を受け継いでおり、人の心を掴む、斬新で思いやりのある御菓子を作る。
★高月椿(21)横浜流星 老舗和菓子屋・光月庵の跡取り息子。 創業400年の歴史をもつ光月庵を継ぎ、より愛される店にすることを志す。
高杉真宙 城島裕介 「光月庵」の見習い職人。素直で明るい好青年。
山崎育三郎 多喜川薫 七桜の前に突然現れた謎の男。しゃれた着物を着こなす伊達男。
中村ゆり 大倉百合子 七桜の母。七桜が5歳の時、和菓子職人として「光月庵」に住み込みで働くようになる。
鈴木伸之 高月樹 椿の父。「光月庵」の先代当主。心優しく真面目な性格で、和菓子職人としても優秀だった。
佐野史郎 高月宗寿郎 「光月庵」の大旦那で椿の祖父。老舗を守る使命感が強い。
観月ありさ 高月今日子 「光月庵」のおかみで椿の母。もともと加賀御三家・鳳家の令嬢で、大旦那に見初められ樹の妻となる。

【AD】
【視聴率】
01 8/12【*9.6】個【5.0】関西【9.5】総合【17.0】美しくスリリングな和菓子の世界の幕開け!波乱に満ちた2人の運命が動きだす――!
脚本 衛藤凛 演出 小室直子猪股隆一
02 8/19【*7.8】個【3.9】関西【*.*】総合【14.8】光月庵に乗り込んだ七桜に、様々な試練が立ちはだかる!そして、椿と大旦那の驚くべき確執とは…!?
脚本 衛藤凛 演出 小室直子 猪股隆一
03 8/26【*8.2】個【4.3】関西【*.*】総合【15.3】七桜の正体を暴こうと暴走する今日子!二人三脚で茶会に挑む七桜と椿を阻む壁とは!?
脚本 衛藤凛 演出  猪股隆一
04 9/02【*8.4】個【4.5】関西【*.*】総合【15.4】七桜は正体を椿に明かすのか!?城島が七桜に急接近!今日子と手を組む訳とは!?
脚本 衛藤凛 演出  明石広人
05 9/09【*9.2】個【4.8】関西【*.*】総合【15.7】椿に全てを打ち明けようと決める七桜。そして、二人の運命を揺るがす残酷な事実とは…!?
脚本 衛藤凛 演出  水野格
06 9/16【*9.6】個【4.8】関西【*.*】総合【16.5】ついに正体を明かす日が…!そして、七桜の裏切りを知ってしまった椿は…。
脚本 衛藤凛 演出猪股隆一 明石広人
07 9/23【*9.3】個【4.9】関西【9.0】総合【16.1】七桜と椿が運命の再会!交錯していくそれぞれの想いとは…!?
脚本 衛藤凛 演出明石広人
08 9/30【*9.6】個【5.3】関西【9.3】総合【17.0】全ての謎が明かされる!和菓子対決と恋
脚本 衛藤凛 演出
【メーカー特典あり】「私たちはどうかしている」DVD-BOX [オリジナルポストカード(2枚組)付き] 
【スタッフ】
原作者・安藤なつみ
脚本衛藤凛
演出 小室直子 猪股隆一 明石広人 水野格
原作:安藤なつみ「私たちはどうかしている」(講談社「BE・LOVE」連載)
プロデューサー:西憲彦 鈴間広枝 松山雅則
【あらすじ】
9月16日放送分(第6話)
 大旦那・宗寿郎(佐野史郎)主催の茶会当日、椿(横浜流星)の元婚約者・栞(岸井ゆきの)や多喜川(山崎育三郎)ら客が集まる。七桜(浜辺美波)は茶会の日だけ鍵が開けられる樹(鈴木伸之)の部屋から手掛かりを得ようとしていた。城島(高杉真宙)はそんな七桜の力になりたいと申し出る。一方、宗寿郎の決意に焦る今日子(観月ありさ)は大旦那と口論に。やがて、七桜にある記憶がよみがえる。
感想
今回までが、前半の展開という感じで、次回から、大きく話の展開が変わっていくみたいだ。姿を消した七桜は、多喜川薫 の力を借りて、新進気鋭の和菓子屋『花がすみ』を出店し、光月庵と対決姿勢を示す展開になるみたいだが、母の無念、彼女を目の敵にしている今日子を、どん底に叩き落すには、今までのような、椿との甘い関係を続けてるようでは、駄目だと言う思いを抱えて、行きていくことを誓ったみたいだ。しかし、今日子を高月樹 は一度も抱くこともなかったとは、驚きだな。それで、椿が生まれたら、完全にどこぞの男との子どもであるのに、彼はその事実を完全無視して、大倉百合子との愛を育んでたとは、プライドが高すぎる今日子が、怒り狂うし、殺人を犯してもおかしくないような気がしないでもない。その上、今回は大旦那・宗寿郎も見殺しにしようとしてしまうし、桁違いの狂気の女担ってるというのは、面白い。けど、あまりにも火の回りがおそすぎるのには、ちょっと驚くし、家事に気づかないのも、「私たちはどうかしている」と各々思わないのかなとかは思った。しかし、復習編から、本格的なドラマが展開されそうなので期待はしたい。

第7話 9月23日放送
 常に光月庵の和菓子が選ばれていた選定会で、他店のものが選ばれた。今日子(観月ありさ)に詰め寄られた椿(横浜流星)は、次回は自らが作った菓子で臨むと宣言。そんな椿の周囲に、過去の当主殺害事件を調べる記者が出没する。記者は今日子を疑っていた。一方、七桜(浜辺美波)は栞(岸井ゆきの)と遭遇。動揺を隠せない七桜を、多喜川(山崎育三郎)は思わず抱きしめる。やがて、七桜がつらい過去を思い、夢への決意を新たにする中、今日子は選定会に向けて不穏な動きを見せる。そんな折、菓子の試作を続ける椿に異変が現れ…。
感想
ついに、来週が最終回ということになったが、誰が高月樹を殺したのか?その犯人が、椿の父親なのか?椿の証言で、あまりに衝撃だった父と大倉百合子の接吻を見ることによって、彼は寝ることが出来なかったという記憶が、母が犯人ではないということだけは彼の中では確信があるらしい。果たして、悪を貫き通した今日子は、誰と組んで、光月庵を乗っ取ろうとしてるのか?その候補者が映し出されたが、果たして誰なのか?けど、それよりも気にかかるのは、椿と七桜の恋の行方と大晦日の最終決戦だ。熾烈な戦いの中で、どんなお菓子を生み出して、二人は激突するのか?最終回にかかる期待は大きい。しかし、椿の体を心配しながら、七桜は戦うことになり、栞もまた二人の関係の尊さの中で、嘘をついてまで、結婚しようとする愛の行方も気にかかる。しかし、今七桜を本当に支えてるのは、多喜川だもんな~しかし、彼の意思だけは今ひとつ見えないが、七桜にどんな思いを描いてるのか?それが、どうなってしまうのかお気にかかるところ。欲に駆られた今日子以外は、本当に愛を貫き通そうとしてるけど、その先に見えるものはなにか?最終回に期待。

【最終回】9月30日放送 第8話
 和菓子作りで椿(横浜流星)と対決することになった七桜(浜辺美波)。試作に励むが、栞(岸井ゆきの)に関する今日子(観月ありさ)の言葉に動揺は治まらない。今日子が目的のため策を巡らす中、多喜川(山崎育三郎)は焦りを募らせる七桜を支え続けていた。そんなある日、七桜の店を城島(高杉真宙)と栞が訪ねてくる。一方、自らの記憶が気に掛かる椿は、七桜に関する話を聞く。
感想
このドラマも最終回となったが、原作の方は、終わってないので、あくまでも、テレビドラマのオリジナルの最終回であって、原作とは全く違うらしい。誰が、あの夜に、高月樹を刺したのか?まさか、多喜川とは、全く思ってもない人物だった。全く彼の家族も描かれてないし、彼の口から話されることもなかった。七桜のことを大切に思ってるのは、彼女の母親への思いの延長線上だと思ってたが、そんな単純なものではなかったんだな。さすがに、犯人候補とされて職人さんや溝口真之介ではないとは思ったが、今日子が指図できる人物がいたのかと思ったら、樹を多喜川が殺したのは偶発的だなんて、わかるはずもない。動機がないと、わからないよ~。しかし、最終回まで見ると、本当に「私たちはどうかしている」というのは、今日子と多喜川だったと言うことかな。七桜は、母んことを大切に思い、そして一人の幼馴染の男性を愛しただけで、事件さえなければ、普通に人を愛してるだけ。椿も同じだ。破滅的な人生を、嫉妬に狂った今日子はひたすら狂気、最後は、何のために生きてるのか?誰も理解できないカンジダし、多喜川は、彼女によって人生を狂わされてしまったが、唯一の救いは七桜と出会った事かも。それゆえに彼はもう一度、夢を見たのかもしれないと考えるとなるほどな気もするのだが、多喜川の展開は、なにもないところからどんどん最後に湧き出てきて、本当に意外すぎた。しかし、こうなったのは、樹と大倉百合子が結婚できなかったことに起因してると考えるのなら、二人に反対した大旦那の罪は重いとも言えるのかもしれない。
関連記事
【AD】



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新コメント
データ取得中...
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
月別アーカイブ
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ

サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。