検索は「fcast」「嵐視聴率」「視聴率速報」

【木21:BG~身辺警護人~第2弾】2020 関東関西高視聴率 感想


【AD】

【木村拓哉】 グランメゾン東京 さんタク 教場
【最新回の見逃し配信はTVerドラマ】
BG~身辺警護人~|テレビ朝日
2020年6月18日に木曜21時スタート
「日ノ出警備保障」を買収した大会社の“利益優先”方針に疑問を感じた島崎が、「弱き者の盾になる」という使命を貫くため、組織を抜け、私設ボディーガードとしてクライアントを警護していく。
【予告】

【キャスト】
島崎章 木村拓哉 組織から独立した私設ボディーガード
高梨雅也 斎藤工 身辺警護課所属。
菅沼まゆ 菜々緒 身辺警護課所属。メンバー唯一の女性ボディーガード。
沢口正太郎 間宮祥太朗 身辺警護課所属。就活戦線に失敗し、警備会社に。
笠松多佳子 市川実日子契約担当医
小俣健三 勝村政信 身辺警護課の課長。
劉光明 仲村トオル 「日ノ出警備保障」を買収したIT系総合企業「KICKS CORP.」の社長

【早期購入特典あり】BG ~身辺警護人~ Blu-ray BOX(B6クリアファイル付)
TCエンタテインメント (2018-09-05)
売り上げランキング: 100


【スタッフ】
脚本:井上由美子
監督:常廣丈太 七高剛
プロデューサー:内山聖子 三輪祐見子 川島誠史 秋山貴人 太田雅晴 田上リサ

【2020 BG~身辺警護人~第2弾視聴率】
01 6/18【17.0】個【9.4】総合【24.1】関西【16.2】47歳でフリーに…!? 一人きりの危険な任務 氷点下70度の密室で…凶悪犯の命を守れ!!
◇脚本 井上由美子◇監督 常廣丈太
瞬間最高視聴率は午後10時13分の21.3%
02 6/25【14.8】個【7.9】総合【22.7】関西【16.1】最強バディ始動…! 誘拐発生!?盲目の天才ピアニストを守れ!!
◇脚本 井上由美子◇監督 常廣丈太
03 7/02【14.4】個【7.9】総合【**.*】関西【14.4】狙われた女医!手術までの24時間警護!!
◇脚本 井上由美子◇監督 七高剛
04 7/09【14.4】個【7.8】総合【**.*】
◇脚本 井上由美子◇監督 常廣丈太
05 7/16【**.*】個【*.*】総合【**.*】
06 7/23【**.*】個【*.*】総合【**.*】
07 7/30【**.*】個【*.*】総合【**.*】
【AD】


01
ゲスト 松野信介 … 青木崇高 坂上司 … 神保悟志
あれから2年以上が経ち、島崎章(木村拓哉)ら民間ボディーガードがかつて勤めていた会社は、劉光明(仲村トオル)率いる外資系大企業に吸収合併されていた。VIPの警護しか受けない劉の経営方針に反発し会社をクビになってしまった章は、過失致死罪で服役中の松野信介(青木崇高)が出所した後の警護依頼を一人で引き受ける。警護中、様々な脅威にさらされるなか、突如、章の元同僚・高梨雅也(斎藤工)が現れて…!?
感想
今回の第2弾、かなり作りがわかりやすくなって、個人的にはいいな。何と言っても、島崎章が高梨雅也いうバディと組んで、物語が二人で展開するのは、わかりやすい。前回は、チーム戦だったが、今回のほうが、島崎章というヒーローよりを楽しめる構造になっていた。島崎と高梨が組むって、最高!あの低温室に閉じ困られた島崎を、彼が残した私物をみて。異変があったことを察知して、高梨が救いに来た展開なんてたまんないな。やっぱり、島崎といえども、なにがおこるかわからないので、相棒って必要不可欠!最強のふたりがバディになってくれただけで、このドラマは面白いのに!完全に仲村トオルさんが演じる劉光明が、悪役に徹してくれてるのもいいね。本当に、わかりやすい構造で、ドラマにのめり込める!しかし、途中から、あまりに松野信介との行動が把握されてるので、彼がマスコミにリークしてるのはわかったが、それでも、彼を守り続け、松野に、僕の未来を守ってくれてありがとうって、BGとして最高の賛辞だったのかも。それに、あの高梨が、あっさりとKICKSガードを辞めて、島崎の車に乗るっていうのも、本当にワクワクする。何しろ、主役俳優ばかりの前回よりも、配役のバランスも優れていて、本当にスッキリ。こりゃ、かなりいい感じかも。
02
守尾恵麻 … 川栄李奈 守尾美和 … 谷村美月
会社をクビになり、個人で「島崎警備」を立ち上げた島崎章(木村拓哉)。後を追うように高梨(斎藤工)も会社を辞め、バディとして再始動を決めた二人。そんな章たちのもとに、目の不自由な天才ピアニストとして脚光を浴びる守尾恵麻(川栄李奈)の警護依頼が舞い込む。しかし依頼は「自殺行為を繰り返す恵麻を護ってほしい」という前代未聞の案件だった。たった二人で警護に挑む章たちだが、恵麻の命が狙われる事件が発生し…!?
感想
今回、強烈なバディを」結成した島崎と高梨が守りきったものは、守尾姉妹の夢って、今までにないものだったかもしれない。前回シリーズとは違い島崎章と高梨という二人で、危機と立ち向かうこととなった今シリーズの設定は、ドラマをかなり見やすくしてる。ある意味、BGはドラマ「相棒」的な作りになったような感じはする。けど、その結果が、リアルなお金に現れてるとことがちょい違うとかも。姉美和の依頼によって、目の不自由な天才ピアニストを守ることになった最強コンビだけど、恵麻は自ら命を経とうとしてしまうところが、今までの話とは全く違う。しかし、これなら誰からも狙われるわけではないと思いつつも、いきなり、襲われる展開になったりと、興味を引く。さらに、恵麻を調べ上げ、あの教会のピアノの前で、姉妹で弾かせるとは単なる用心棒じゃなく、二人の心を再び強く結びつける「島崎警備」の仕事っぷりは、36万8000円では、安すぎるくらいだ。けど、その請求書をさらっと出すところが、高梨の良さかも。島崎にはできない芸当という気もする。多分、話が進むたびに、関係性が強固になって行くような期待を抱かされる2話だった。
03
私設ボディーガードとなった章(木村拓哉)と高梨(斎藤工)のもとに、外科医・笠松多佳子(市川実日子)が警護依頼を持ち込む。依頼は、多佳子の病院に入院中で、世間から多くの恨みを買う悪徳投資家・道岡三郎(豊原功補)の警護。敵を挑発する言動が原因で、大手警備会社も手を引くほどの人物だ。章と高梨は葛藤しながらもたった二人で警護にあたるが、そんな中、道岡の執刀医である多佳子が何者かに襲われる事件が発生し…!?
感想
今回の話、画面から強烈に緊張感が伝わってくる物語になってような雰囲気が伝わってくる。今回の依頼は、悪徳投資家・道岡三郎だったが、彼が不特定多数の人々から恨まれ、人を死に至らしめたという事実の中で、自らもある部分では、その罪を認めることていて、誰かに裁かれようとすす部分があるということで、危険に前のめりになろうとしてるというところは、前回の守尾恵麻と似てれが、けど、自分にとっての敵と思えるカズが違いすぎる。あらゆるところから、恨みを持った人間が、迫ってくるのだ。露骨に、警護してる島崎を妨害しようとしたりしてくるし、高梨に無駄に話しかけたりもする。そんな人がんたちに囲まれながら、二人だけのチームは、道岡を警護していくので、緊張感が生まれる映像になるのかもとか思いながら見てた。しかし、道岡をリハビリしようとしてる湯川にまで狙われてることを、絶妙なタイミングで、沢口正太郎が島崎に伝えるところなんか見せられると、「島崎警備」に必要不可欠な人材じゃんとか思ってしまう。しかし、外科医・笠松多佳子が狙われたりと、依頼人に以外に守るので、島崎は八面六臂の活躍だし、精悍な島崎と高梨の並び好きだな。出来は、今回の話、かなりのものだし、制作側も作っていて、楽しいだろうとは思ってしまった。
04
生田大輔 … 岡田義徳 生田洋次 … 平泉成 谷口守治 … 丸山智己
 章(木村拓哉)と高梨(斎藤工)は生田という男性から救出依頼を受け、現地へ。しかし監禁の事実はなく、高校2年生の時から20年間引きこもっている生田はすぐに来てほしくてうそをついたと返答。依頼内容は同窓会がある小学校までの警護で、タイムカプセル内の色紙を事前に回収したいという。さらに、「自分は狙われている」と言う生田に、父はいら立ちを隠さない。そして警護当日、親友・谷口が生田に声を掛けてくる。その頃、「KICKSガード」では、まゆ(菜々緒)が劉(仲村トオル)により執行役員に抜てきされる。
感想
今回の話は、このボディーガードを巡る話でも、引きこもりにまつわる親子の話が成立するんだという意外性はあるものだった。要人警護なんて、日本最小の島崎警備には、依頼が来ないとはいえど、個人で、襲われることもなさそうな引きこもりの人間を同窓会のために警備するという特殊すぎる事情だが。もしかしたら、こういう警備も、実際依頼はあるのかも。家から、一歩が踏み出せない男は、かつての親友に、仕掛けた行為で、恨みをかったことで、外出のたびに襲われてたことで、この依頼が成立したという特殊要因が、玄関からの一歩が踏み出せなかった。その自分自身んも一歩を踏み出すためには、どうしても、彼は、ガードしてもらう必要性があったんだな。それ故に不安を待ちながら、歩いて、学校に行くことに価値があり、自分の大切な記憶を、自分の手で守ることに意味はあった。こんなことに8万と、思いそうになる話だが、島崎が守った記憶は、生田にとっては大いなる価値があったのかもしれない。なんとも変化球な話だったが、中盤だから、ありなのかも。
05
角田凪子 … 成海璃子 岩田一也 … 三宅弘城
私設ボディーガードの島崎章(木村拓哉)と高梨(斎藤工)は、元同僚の沢口(間宮祥太朗)からの依頼で、ストーカー被害に悩む沢口の彼女・凪子(成海璃子)の警護を引き受ける。KICKSの社長秘書を務める凪子を警護する中で、章と高梨は古巣のKICKSに乗り込むことに。事件の真相に近づいた時、驚くべきストーカーの正体とその裏に隠された秘密が明らかに!さらに、多佳子(市川実日子)の過去に最終章へとつながる衝撃の事実が…!?
関連記事



コメント

コロナのストレスが吹っ飛んでいく爽快なストーリーだった!
井上由美子さんの脚本、わかりやすくてやっぱり好きだな。

木村拓哉さん斎藤工さんの痛快なセリフのやり取り、バディーとしての関係もハッとするくらい決まっているかと思えば、クスッと笑える時もあり楽しい。

ゲストの青木崇高さん、最初から犯人ではないと思っていたけど、未来ある終わり方で良かった。

グランメゾン東京も、一匹狼になった主人公が過去の仲間を集めていく流れだったけど、また、これもそんな感じ?
斎藤工さんがいれば、あとは新しい仲間で新たにBGするのもいいと思うけど。

とにかく給料含め、安定した大手企業は魅力だけど、金は守れても命守れないという名言は、まさにその通り。
心のある島崎は辞めて正解!
また付いてきちゃう高梨も、キターッと感動した。2作目は、ますます楽しみなドラマになりそうだ。

コメントの投稿

非公開コメント

最新コメント
データ取得中...
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
プロフィール Profile

管理人

Author:管理人
性別 男性 20歳以上
ペット 猫
趣味 ドラマ 映画 


free counters
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ

サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。