検索は「fcast」「嵐視聴率」「視聴率速報」

【日22:美食探偵 明智五郎】全視聴率 最終回大幅アップ


【AD】

【主演俳優】千葉雄大 
【最新回の見逃し配信はTVerドラマ】
美食探偵―明智五郎―
日テレ日曜22:30 4月期ドラマ 東村アキコ原作
見目麗しく、美味しいものをこよなく愛する探偵・明智五郎を主人公にしたサスペンス。明智は移動弁当屋の小林苺を気に入り、彼女を助手扱いしながら数々の事件に巻き込んでいく。

【キャスト】
明智 五郎 中村倫也 表参道の一等地で「江戸川探偵事務所」を営む探偵。「東京美食倶楽部」を主宰する美食家。
小林 苺 小芝風花 江戸川探偵事務所の向かいでワゴン販売の弁当屋「イチゴ・デリ」を営む女性。
マグダラのマリア 小池栄子 夫の浮気調査を明智に依頼した女性。本名不詳。
上遠野 警視庁の刑事。明智の大学時代の同級生で、明智に誘われて「東京美食倶楽部」に入った。
【スタッフ】
脚本 田辺茂範
演出 菅原伸太郎 水野格
チーフプロデューサー 西憲彦

【視聴率】世帯/個人/総合
01 4/12【10.0】【5.8】【17.3】セックスと食事、大切な夫婦の営みはどっち?
脚本 田辺茂範 演出 菅原伸太郎

02 4/19【*8.6】総合【14.9】愛してる……だから殺す。女ってそういうものでしょ?
脚本 田辺茂範 演出 菅原伸太郎 

03 4/26【*8.6】総合【14.6】美食探偵VS罪深きシェフ❤マリアを巡って火花を散らす!
脚本 田辺茂範 演出  菅原伸太郎  

04 5/03【*8.5】総合【14.5】私の大好きな美味しいもので、この真っ白い冷蔵庫をいっぱいにしよう
脚本 田辺茂範 演出  菅原伸太郎  

05 5/10【*8.4】総合【14.1】料理は人を幸せにできる一方で、時には凶器にもなる
脚本 田辺茂範 演出 本多繁勝

06 5/17【*8.7】個人【4.8】総合【14.4】第1章ラスト〜お見合い毒殺!殺人主婦と炎のキス
脚本 田辺茂範 演出 水野格

07 6/14【*8.3】個人【4.5】総合【13.3】ついに放送再開!地下アイドルの殺人ナポリタン!!
脚本 田辺茂範 演出 菅原伸太郎

08 6/21【*6.6】個人【*.*】総合【12.0】最終話前!!最愛の助手VS連続殺人主婦…運命の選択
脚本 田辺茂範 演出 山田信義

09 6/28【*9.6】個人【*.*】【30分拡大SP! マリア・ファミリーと最終対決!!】
脚本 田辺茂範 演出 
【特別編】
5/24【**.*】個人【*.*】【地上波未放送のオリジナルストーリー! 第一夜】
5/31【**.*】個人【*.*】【地上波未放送のオリジナルストーリー! 第二夜】
6/07【*7.4】個人【4.0】【地上波未放送のオリジナルストーリー! 第三夜】
【AD】


【あらすじ】
06
小市慢太郎、草川拓弥(超特急)、北原里英 / モロ師岡、財前直見
実家の百貨店の将来を案じる母・寿々栄(財前直見)の強引な段取りで、常務の伊達(小市慢太郎)が選りすぐった社長令嬢・紗英(北原里英)と、明智(中村倫也)、そして弟の六郎(草川拓弥)が一緒にお見合いをすることに。しかし、当日遅刻した六郎に代わり、男装した苺(小芝風花)が代役に!お見合いが大混乱の最中、突然明智の前で苦しみだした紗英が急死!その先にはマリア(小池栄子)の歪んだ愛の大炎上が待ちうけていた!
感想
このドラマは、摩訶不思議なドラマだ。明智は、今回の話で、社長令嬢・紗英毒殺事件の真犯人を探し当てたわけでもないし、真犯人に私刑を下したのは、マリアという奇々怪々なドラマだ。しかも、真犯人が明智に仕掛けた火災現場から、彼を救い出したのは、苺ではなく、マリア!複雑なマリアと明智の愛の世界を、傍観者のように、苺は立ちすくみながら、見てるだけだった。あくまで、マリアの前に、苺は圧倒されるだけ!彼女は、明智のパートナーとして、自分にできることを、必至にやり遂げるのだけど、更に、マリアは上を行く行動を繰り返す!二人の世界を、只々、見守りだけの存在になってしまうのか?明智にとってのは彼女は、なんなのか?ここから物語はさらに、進もうとしてるのに、どうにもならない!だな。
07
ゲスト武田玲奈、森永悠希、小池里奈、水谷果穂
地下アイドル“爆音エンジェルズ”のメンバーとして活動する友人・ココ(武田玲奈)からストーカー化したファン(森永悠希)の付きまとい被害の相談を受けた苺(小芝風花)は、明智(中村倫也)にボディーガードを依頼。すっかり明智を気に入ったメンバー達も加わり明智の事務所で共同生活が始まる中、明智はココが摂食障害に苦しんでいることに気づく……。一方、ココのSNSにはマリア(小池栄子)から意味深なDMが届き……。
感想
今回の話は、ココに田畑とトクサツガガガで、苺である小芝風花さんが、共演した面々が、全く違う感じの役で、再共演したのは、ちと嬉しいが、ドラマの展開は、この物語ならでは、またも明智は、ココまでも、マリアの手に渡してしまうことになったのかな?それに。まさかの、仲里依紗さん演じていたれいぞう子が、いきなりの復活。マリア・ファミリーとして暗躍することに。しかも、7話は、8話へとつながっていくらしい。確かにこの時点じゃ、明智は解決するどころか?彼自身も悔やんでいたように、マリアに毒されたココの行動さえも、予想できずただ翻弄されるだけ。さすがに、ここまでのマリアの行動を考えると、ココがマリアという猛毒に、侵されてしまうのは予想できると思ったんだけどね!何しろ、8話まで見て、感想は書いてみようかとは思った。
08
 地下アイドル・ココ(武田玲奈)のストーカー・田畑(森永悠希)がライブ会場で倒れて嘔吐(おうと)。検査で異常は見つからないが、明智(中村倫也)はココの関与とマリア(小池栄子)の存在を感じ取る。さらに、急に退院した田畑の病室でマリアと遭遇。次は苺(小芝風花)を殺すと告げられた明智は、苺に一緒に暮らそうと提案する。そんな中、苺の店にある客(丘みつ子)がやって来る。
感想
ついにこの摩訶不思議なドラマを、来週で終演を迎える。今回も殺人を実行したココは、狂気のマリアファミリーに加わることになり、誰も捕まることはない。明智は何一つ解決することなく、田畑を救うことさえもできずに、彼は無抵抗に死んでしまった。マリアの完全勝利かと思ったら、二人だけの愛の世界を作るかのように、手と手に取り合い奈落の底に落ちていく。敵味方に別れてるようで、到底、苺には手の届かないところに、どんなに彼女が愛を叫ぼうとも、到達できない世界に、二人は落ちていったのか?その落ちていく映像が、安ぽい合成だったのは、日テレ的だな~とは思いつつも、マリアは純粋に、明智との愛を全うしたのか?それにしても、彼女は、明智が大学生の頃から知っていたとは!劇的な物語のラストは、どんな世界が用意されてるのか?最終回も楽しみだ。
【最終回09】
松村雄基、酒向芳、佐渡稔、小池里奈、水谷果穂 / モロ師岡、阪田マサノブ / 財前直見
 マリア(小池栄子)を抱き締め、屋上から一緒に落ちていった明智(中村倫也)。ところが、苺(小芝風花)と桃子(富田望生)が屋上から確認しても地上には誰もおらず、明智とマリアはいくら捜しても見つからなかった。それから、マリアの関与を思わせる事件は全く起こらないまま、半年が過ぎたある日。苺は明智の母・寿々栄(財前直見)から、8月の先進国首脳会議(サミット)で振る舞う和菓子の選定会が扇屋百貨店系列のホテルで開かれると聞く。総理大臣・神無月(酒向芳)や外務大臣・田坂(松村雄基)も出席する会だというが…。
関連記事



コメント

No title
意外によし。
中村倫也は声は言わずもがな風格すら出てる。
テンポも悪くない。
演出は小芝風花を可愛く見せることに全力を上げるべき。
何度でも取り直すべき。
猿回しの猿よろしく、小芝がおもしろおかしいところを全部背負っているがそれが間違っている。
なにもかも小芝にさせるなよ。
例えば無表情にク-ルにやっても笑いはとれるだろう。
小池さんは体の線を回を重ねるごとにぴったり出すぐらいの衣装で唯一無比の悪女を演じきってほしいねえ。
じゃなければ小池さんの意味ないよ。

コメントの投稿

非公開コメント

最新コメント
データ取得中...
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
プロフィール Profile

管理人

Author:管理人
性別 男性 20歳以上
ペット 猫
趣味 ドラマ 映画 


free counters
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ

サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。