更新日:番組名 /検索は「fcast」/放送日情報掲載

【火22:恋はつづくよどこまでも】視聴率感想 最終回最高値


【AD】


【女優】上白石萌音 山本美月 清野菜名
【最新回の見逃し配信はTVerドラマ】
火曜ドラマ『恋はつづくよどこまでも』
2020年1月スタート 毎週火曜よる10時から
上白石萌音がGP帯連続ドラマ初主演&初ナース役に挑む!!運命的な出会いから、容姿端麗・頭脳明晰だけど超ドSなドクターに恋をし、無謀ながらもまっすぐに想いつづける“新米”看護師、その姿はまさに“勇者”!!

【キャスト】
上白石萌音 佐倉七瀬  猪突猛進な新米看護師。通称・勇者。天堂に恋をして5年越しでナースとなる。お人よしな性格でひたむきに患者と向き合う、誰からも愛される存在。
佐藤健 天堂浬  容姿も仕事の腕も一流で周囲から一目置かれるエリート医師。通称・魔王。患者に対しては真摯に向き合うが、完璧主義者で仕事ぶりには冷徹なところも。

香里奈 天堂流子 天堂の姉。天真らんまんで大の酒好き。見た目は派手でイイ女だが、ノリが若干古い。
毎熊克哉 来生晃一 循環器内科の医師。天堂の同期。優しく穏やかな「魔王」とは真逆の性格のため、あだ名は「魔法使い」。
渡邊圭祐 仁志琉星 新人ナース。七瀬の同期。小児科のナースを目指している。患者からの人気は高い。
蓮佛美沙子 若林みのり 天堂と同じ大学の医学部の同期で、元恋人。いつも周りを笑わせる“太陽”のような存在。
山本耕史 小石川六郎 日浦総合病院の副院長で循環器内科の医師部長。天堂の先輩医師で、指導医でもある。
【制作】
原作:円城寺マキ「恋はつづくよどこまでも」(小学館 プチコミックフラワーコミックスα刊)
脚本:金子ありさ
チーフプロデューサー:磯山 晶
プロデューサー:宮﨑真佐子 松本明子
演出:田中健太
主題歌:Official髭男dism「I LOVE…」


【視聴率】全話平均11.6
01 1/14【*9.9】関西【12.2】総合【17.8】運命の人はドSのドクター!?愛と命と冒険の物語始まる!
脚本:金子ありさ 演出:田中健太

02 1/21【10.5】関西【13.1】総合【19.4】初めての試練! 先生の優しいハグ…
脚本:金子ありさ 演出:田中健太

03 1/28【10.2】関西【11.4】総合【18.6】愛と涙の採血… そして魔王が笑った
脚本:金子ありさ 演出 福田亮介

04 2/04【10.6】関西【9.7】総合【19.7】恋のイレギュラー発生!?
脚本:金子ありさ 演出福田亮介

05 2/11【*9.6】関西【8.9】総合【18.8】彼女就任!魔王と秘密の職場恋愛!?
脚本:金子ありさ 演出金子文紀
【火22:恋はつづくよどこまでも】前半視聴率 あらすじ 感想
06 2/18【10.9】関西【13.8】総合【20.4】 恋の宿敵登場!? 恋敵と出張!? 尾行大作戦!!
脚本:金子ありさ 演出田中健太

07 2/25【11.9】関西【**.*】総合【21.1】初めての遊園地デート♡新たなライバルは わがまま御曹司!?
脚本:金子ありさ 演出 福田亮介

08 3/03【12.1】関西【**.*】総合【21.5】俺のそばを離れるな…ついに告白!
脚本:金子ありさ 演出 田中健太

09 3/10【14.7】関西【**.*】総合【23.5】【好きだ…お前が…好きだ…!】
脚本:金子ありさ 演出 金子文紀

10 3/17【15.4】関西【14.8】総合【**.*】
脚本:金子ありさ 演出 

【AD】


【火22:恋はつづくよどこまでも】前半視聴率 あらすじ 感想
06
 日浦総合病院に突然現れた女性(蓮佛美沙子)は、天堂(佐藤健)の亡き恋人・みのり(蓮佛=2役)にそっくり。天堂だけではなく、みのりを知る来生(毎熊克哉)や茉莉子(平岩紙)も目を見張り、居合わせた七瀬(上白石萌音)はぼうぜんとする。そんな折、天堂が大阪で開催されるセミナーに登壇することに。不安を募らせた七瀬は同行を申し出るが、あっさりと断られてしまう。

感想
若年女子で今期一番のブレーク!~上白石萌音×佐藤健『恋はつづくよどこまでも』の実力~
という記事があったので紹介してみる。テセウスの船と共に、このドラマは、若い女性に人気らしい。毎話ごとに数字を上げてきて、二人の魅力も評判を読んでるみたいだが、某感想サイトなんて見てみると、ボロクソに書いてある。けど、僕の感想では前半から勝手に絶賛しているので、それらを読んでもなんだかな~としか思わないかな。個人的には、このちょっと古めの設定とも思える二人の関係性が、たまらなく好きだし、それに十分答える演技を二人はしてると思う。かつての恋人と瓜二つの彼女の妹と再会しても、天堂に同様というものはあったのかもしれないが、所詮、彼女は愛してた女性とは違う。しかし、佐倉七瀬 は、危機を感じて、大阪出張を尾行するところから可愛い!どんだけ昭和な漫画展開だよと思うが、そこに僕的には、かなり魅力を感じる。二人の恋愛は、先週の時点で、一つの形になったが、天堂は態度を変えないところもいいね。それでいて、疲れ果てた勇者におやすみのキスしたりとベタベタだなと思いながらも、嫌いじゃない。何しろ、見ていて楽しいのだ。昔の恋人の妹は、天堂に告白するのだが、ここまでやっちゃうというくらいベタな展開だが、これは、この展開を気楽に楽しんじゃおうという気分で、次回も楽しみ増したかも。
07
ゲスト 清原翔
 七瀬(上白石萌音)は帰宅中、もめている男女と遭遇する。別れ話を切り出した男性・上条は、通りすがりの七瀬を「新しい彼女」だと発言。巻き込まれてむっとする七瀬だが、上条は七瀬に興味を抱く。数日後、特別室に入院する患者が七瀬を指名。その人物は上条だった。上条は病院に多額の寄付をしている会社社長の息子で、担当医となった天堂(佐藤健)を挑発する。

感想
始まりは、単純に天堂に恋い焦がれる七瀬が巻き起こす恋模様だったが、患者さんとの関わりも増えて、物語は複雑になったきたかな。しかし、普通の女の子が御曹司の美形に、恋されたりと、様相が、ちょっとだけ、花より男子的な展開にも見える。しかし、今回の上条が、七瀬のことを、バカにしたようなことを言ったりするのは、確実に、彼のトラップというのはわかっていても、彼女である七瀬をあんな言われ方をしたら、気持ちが抑えられなかったことはわかる。けど、いつもはクールでも、イザというときは、向かっていくのが、天堂なのかな。多分、上条の周りにはいないタイプの女性だった七瀬。彼にとって、彼女は何者にも代えがたい存在に思えたし、独占したいという気持ちも、七瀬の魅力を考えるとわからないでもないが、この叶わぬ恋はどんな形になっていくのか?この戦いは、彼が訴えるとという展開になったが、次回の展開はいかに!他にも。若林みのりも天堂に、告白したし、酒井結華も来生に心を伝えた。まさに、循環器内科は恋の嵐が吹きまくっているているが、大きな進展はあるのか?残された回数が少ない中で、どう描くのかが、興味はある。続編とかあるのかな。
08
 上条(清原翔)が突然、天堂(佐藤健)から暴力を受けたため訴えると主張する。上条の担当を外れることになった天堂は、七瀬(上白石萌音)に上条を支えるよう頼む。七瀬は天堂の思いを受け、上条のリハビリを献身的にサポート。そんな中、小児用の補助人工心臓の認可が正式に下り、杏里(住田萌乃)の手術が可能になった。天堂はその手術のメンバーに選ばれるが…。

感想
なにしろ、このドラマのキャスティングは、かなりいい。初回で、佐藤健さんと上白石萌音さんの配役にも感心したが、天童のライバルの上条に、清原さんを当てたのも、的確すぎる。アンサング・シンデレラにも起用されてるけど、天童のライバルとして、かなりハマってるように感じれた。少し悪びれているが、どこかに優しさを感じさせる。二人の間をかき乱そうとするのだが、徹底的に悪になりきれなく、そこはかとなく寂しさを表現してる彼は、適役だったと思う。しかし、二人の間を引き裂こうとする上条は、天堂を悪人にh仕立て上げたり、七瀬に僕についてきてくれと願ったりしていたが、その上を、天童は華麗に舞っている。なにしろ、天堂が上条に、僕よりも早く七瀬の良さに気づいたじゃないか、語ったシーンは、おっさんの僕でも、この世界の素晴らしさに、酔ってしまった。男たちにとって、七瀬は、とんでもなく心地いいだよね。あの笑顔で、対応されたら、なんとも言えない。幼かったな勇者が、大きな変貌を遂げて、上条には女神に見えていたのかもしれない。それにしても、認め合う男たちの前から去っていった勇者は、地元の病院で働いていたが、そこに、バックハグで、優しく包み込む天堂!こりゃたまらん!長年、テレビドラマを見てきたので、このタイミングだろうというところまでわかったが、それでも、最高に心地よかった。
09
 病院を辞めて実家のある鹿児島で働き始めた七瀬(上白石萌音)の元に、天堂(佐藤健)が現れた。家族に彼を紹介し幸せな七瀬だったが、ふと、天堂の口から「好き」と言われていないことに気付いてしまう。病院では、来生(毎熊克哉)に思いを伝えた結華(吉川愛)が、平静を保つことができず、ぎこちない態度に。そんな中、七瀬が働く医院の院長・中沢(モロ師岡)が倒れる。

感想
最終回を前にして、先週のバックハグほどのインパクトはないが、天童の七瀬に対する愛の告白は、心動かされるものだった。鹿児島で、再会した二人だったが、ついに七瀬の実家に行って、両親公認でお泊りって、話の展開が早いと思ったが、やっぱり、二人が深い仲にならないところが、ラブコメらしさを貫いていて楽しい。ふすまの先には、4人の目があったりするところが、中高生の頃に読んだラブコメみたいな世界観が懐かしいのがいいのかも。二人が東京に戻り、その後、七瀬が決心し、二人の深い夜が始まろうとしても、流子たちが乱入して、焦らされるのも、心地よくさえ感じる。そして、事故のあった場所でも、自分の体を顧みずに、果敢に戦う七瀬の姿は、心の意味での”勇者”だったのかもしれない。そんな勇者に、王子は、思いのすべてをかけて、藍を誓う姿は、まさに、童話の世界だが、ここまで、きっちり描いてくれると、本当に心地良いほどだ。最終回の展開は、急すぎる感じもするが、どんな決断を勇者がするのか?期待したい。

【最終回】
 朝、天堂(佐藤健)の部屋で幸せな時間を過ごす七瀬(上白石萌音)だが、そこへ突然、流子(香里奈)が仁志(渡邊圭祐)と共にやって来る。流子は天堂と七瀬に対し、一緒に実家へ行ってほしいと懇願。ところが当日、天堂に緊急の仕事が入り、七瀬は流子と2人で実家を訪問することになる。七瀬は緊張しつつも明るく振る舞うが、父・万里が放つ流子への暴言に我慢できず…。

感想
僕が、このドラマの最終回を描くとすると、途中にあった七瀬のバックハグがラストシーンだったかも。そこで終わって、ふたりのしあわせな時間が、流れていくだけで良かったような。私個人的なラブコメに対するこだわりは、あんまり、ラブシ-ンとか多用してほしくない。けど、最終回はキスしまくりというのは、ちょっと残念。もういいだというほど、繰り返されるのは、スタッフの感覚を疑った。何しろ最後の最後まで、天堂はツンツンツンツンデレしてるぐらいで丁度いい。それを最後の最後に、七瀬が優しく包み込むくらいで、いいと思うんだけど、俺だけなのかな。物語中心に、離れても、互い思い合うシーンが流れてもいいのに、別れてる一年という間は、数秒っていうのも、気分が出ない。僕が子供の頃から見たラブコメのシーンを集大成したような最終回になってた。もっと、このドラマなりの七瀬と天童の二人の関係性を物語にふんだんに盛り込んでもらいたかった。本当に最終回って難しいと言ういつもの感想になってしまうが、9話までは物語の楽しさ、上白石萌音さんと佐藤健さんの魅力は、十分描けていたので、良かったかな。 何しろ佐藤さんの主演ドラマが、久々に見てみたいと思うのは僕だけではないとは思う。
関連記事


【AD】



コメント

SNS時代のラブコメ
まあ正直8話9話のラストが最終回にふさわしい感じだったが、最終回は上白石・佐藤のいちゃラブを見たいという視聴者の意見をTBS側が最大限に取り入れた感じか。
最終回ツイッタ―で「恋つづ」が33万件のツイートという尋常じゃない数字を出した。
今はSNSでそのいちゃラブの画像動画をアップして盛り上がるというのがはやりみたい。
佐藤は映画ドラマで何度も主演したことがあるのでこれ位の演技は不思議ではなかったが、上白石はちょっと予想以上に幅のある演技者だった。
去年から新人が活躍するドラマがウケがいいので、主役を若手に切り替える時代かも。
最終回、皆さんの感想とほぼ同じです。
キスの文化がない日本人には、これでもかというキスシーンのてんこ盛りは、受け付けないのかもね。
天堂先生の心を明るく変えた彼女の存在は偉大だけど、Sキャラ天堂キャラ変しすぎてちょっとな。

でも、空港で婚約指輪を渡された時は、やったね!と嬉しくなったし、浮気するなよ。と言わせるまでになった事も、嬉しく思った。バカと返すまで立場逆転してるし、七瀬ちゃんホントに頑張った。

明るくテンポ良く楽しく見たドラマでしたが、私のピークも8話までだったと最終回を見て思いました。
残念
最終回、なんだかなぁ〜って感じで残念です。キリッとしてる天童先生で通してほしかった。勇者ちゃんのおかげで人間らしくなるのはいいけど、デレデレはちょっとがっかり。いくら非現実的なラブコメでも職場でキスで終わるのは引いてしまいました。バックハグで終わった8話が私的にはピークでした。
うーん
設定もキャストも悪くないけど、たしかに天童魔王ほもっと魔王のままでいい。
ハグシーンもキスシーンも、多ければいいってもんじゃない。
気分も上がらず、脚本も視聴者には届きませんでした。
過ぎたるは及ばざるが如し
全くもって管理人さんに同意です!
最終回のキスシーンの多さに 胃もたれ、胸やけ、途中からお腹いっぱいでした。
キュンキュンさせようと狙い過ぎ。あれで女子は萌えるのかな。もう、もはや私は女子ではないかもしれない(今さら?)。
始めは初回でリタイアするはずが、なかなかどうして、面白いではありませんか!

少女漫画が原作とのこと。
どうりでキュンキュンするわけだ!
上白石さん、昔の宮崎美子さんぽくて、回が進むたびに可愛くなって演技力があるせいか、イヤミがなくて素敵な女優さんですね。
何より天童先生、昔の沢田研二さんぽい、色気とキザだけどツンデレっぽさもあり、これまたイヤミなく素敵です。

もう二人の仲は確立されたし、最終回までなんの心配もないけど、たまには仕事のストレスが飛んでいくような、可愛いドラマも悪くないですね。
キャストが主役も脇役もとにかく素晴らしい。名前忘れてしまったけど、小児科の新人看護師さんも、恋愛成就するといいね!
楽しい
全く興味が無くて観ていなかったけれど、2回目の途中から、たまたま観たら、案外面白くて、毎週、観るようになりました
なんか懐かしい様な内容ですが、楽しくて来週が待ち遠しいです
こいつづ面白い
この低予算といわれているドラマで3週連続10%台は凄い。
上白石萌音も演技うまいし国民的女優!?になれる可能性あるな。

毎熊という役者も地味な顔立ちながら演技安定してるな。



あら、面白い。
昨日、たまたま前の番組からの続きで見てしまいました。なんかこういうドラマ久しぶりで楽しかったです。現実味なくて、振り切れてて、ほっこりします。来週も見ようと思いました。
パロディー
う〜ん
ちょっとなぁ、ドタバタなラブコメディとして見るといいのだろうけど、ドジで明るい新人と、仕事できる有能なドSドクターというのも、どこかで見たことある感じで興味がわかない。

それにしても医療ドラマが多いですね。
これは、初回でリタイアします。

コメントの投稿

非公開コメント

最新コメント
データ取得中...
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
プロフィール Profile

管理人

Author:管理人
性別 男性 20歳以上
ペット 猫
趣味 ドラマ 映画 


free counters
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ

サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。