検索は「fcast」「嵐視聴率」「視聴率速報」

【水21:相棒 season 18 】2019視聴率 あらすじ 感想


【AD】

【水谷豊 】劇場版相棒 相棒
【最新回の見逃し配信はTVerドラマ】
相棒 season18
テレビ朝日系毎週水曜 21:00~21:54(2クール)
【キャスト】
水谷豊 杉下右京 明晰な頭脳で数々の事件を解決してきた警視庁特命係の係長。階級は警部。
反町隆史 冠城亘 法務省から警視庁に出向してきたキャリア官僚から、警視庁へ天下りのような形で異動、特命係に配属される。階級は巡査。
石坂浩二 甲斐峯秋 警察庁ナンバー2の警察庁次長のポストから、息子の逮捕の後、警察庁長官官房付に降格される。
川原和久 伊丹憲一 刑事部捜査一課 刑事・巡査部長。 仕事人間ゆえにプライベートは空疎。独身。
山中崇史 芹沢慶二 刑事部捜査一課 刑事・巡査部長。伊丹とコンビを組む。
浅利陽介 青木年男 警視庁サイバーセキュリティ対策本部 特別捜査官・巡査部長
杉本哲太 衣笠藤治 警視庁副総監
【スタッフ】
【エグゼクティブプロデューサー】桑田潔(テレビ朝日)
【ゼネラルプロデューサー】佐藤凉一(テレビ朝日)
【プロデューサー】伊東仁(テレビ朝日)、西平敦郎(東映)、土田真通(東映)
【音楽】 池頼広

【視聴率】
01 10/09【16.7】瞬間最高【20.1】「アレスの進撃」前編
【脚本】輿水泰弘【監督】橋本一 【ゲスト】船越英一郎、木村佳乃、北香那、団時朗

02 10/16【15.4】「アレスの進撃」後編「特命係vs最強の元レンジャー」
【脚本】輿水泰弘【監督】橋本一 【ゲスト】船越英一郎、木村佳乃、北香那、団時朗、柄本明

03 10/23【11.9】『少女』
【脚本】神森万里江 【監督】権野元/大島美優、三浦誠己

04 10/30【15.7】声なき声
【脚本】児玉頼子 【監督】権野元/長谷川朝晴、佐々木一平、クノ真季子

05 11/06【14.3】「さらば愛しき人よ」
【脚本】児玉頼子 【監督】 橋本一/佐藤江梨子、水橋研二

06 11/20【15.2】総合【22.8】「右京の目」
脚本:根本ノンジ 監督:橋本一/ゲスト:山崎一 佐藤寛子 山本道子

07 11/27【15.0】関西【15.3】総合【22.3】「ご縁」
脚本:斉藤陽子 監督:片山修 /ゲスト:河西健司 山口美也子 松井紀美江

08 12/04【13.3】関西【14.2】総合【19.3】前後篇スペシャル「檻の中 前篇」
脚本:神森万里江 監督:権野元 ゲスト:中村育二 山崎樹範 中村優子

09 12/11【14.0】総合【20.4】前後篇スペシャル「檻の中 後篇」
脚本:神森万里江 監督:権野元 ゲスト:中村育二 山崎樹範 中村優子

10 12/18【14.6】「杉下右京の秘密」
脚本:根本ノンジ 監督:片山修 ゲスト:遊井亮子 鳥越壮真 渋谷謙人 石井愃一

【AD】


01「アレスの進撃」
杉下右京(水谷豊)が消息を絶って1週間が経過していた。秋田の海岸に流れ着いたスマホを手掛かりに、冠城亘(反町隆史)は北海道の北に位置する最果ての離島“天礼島"に乗り込み、捜索を始める。そこで亘は、元レンジャー・岩田純(船越英一郎)が、娘のミナ(北香那)をある施設から連れ戻そうとする場面に遭遇し…
感想
正直今の時点で、犯人の確定は、できないような作りになっているとは思う。元レンジャー・岩田純が連続殺人が連続殺人犯として、怪しいというところまでが、今回の話だったが、正直、一時間半の放送枠拡大だったので、始まりから、一話完結と思いこんでいたら、なかなか事件が進まないので、2話も続くんだなと悟った。しかし、アレスとは、ギリシャ神話の戦闘の野性的側面に関与する凶暴な神が、“天礼島"と名付けられた礼文島を思わせるような島を舞台に、ロシア絡みの事件を匂わせる。そしてロシアンルレットと名付けられた怪しげな粉。その粉の威力に巻き込まれた右京と、彼を追ってやってきた亘が、初回終盤に揃い捜査を始める。見ていて思っていた以上に、興味はそそられる展開で、2話に期待!としか書けない。しかしなんの目的で?雛子が勧めてることが、今回の事件に、と関わってる?
02
最北の離島・天礼島の連続殺人に巻き込まれた右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、誰もが容疑者である元レンジャー・岩田(船越英一郎)を捜している間、舞台となった「信頼と友好の館」を捜索する。すると、岩田の娘・ミナ(北香那)がいた部屋から、片山雛子(木村佳乃)に関する記事が書かれた週刊誌を見つけ…。
感想
後半が始まってから、一応、岩田の行動は。話の筋はと通ってるのかもとは思ったが、非情にわかりにくい話だった。それに、ロシア側から渡されたのは、兵器とは思ったが、プルトニウムが入った箱とは、話が飛躍しすぎてる。それに、すべての罪が、岩田の娘・ミナに押し付けられてるような結末。しかし、あの四人組の3人も、テロリストであるし、ミナがあの館の人々を殺戮したのは間違いないが、あのボタンをおそうとしたのは、あの男であったのは間違い。それに恐怖で支配されてるようには見えない関係なのに、ミナが悪いと他人事のように、言いはるのは、違和感アリアリだった。環境保護のためなら、襲撃したり、テロをやってもいいと言う思想の人はいるが、話がプルトニウムというのは、ちょっととは思う気もする。けど、そういうながれの事件は、昔の日本で、共産主義に毒された人間が多数のテロを起していたので、否定し難い部分もあるのかもね。けど、今回の話の主役は、岩田だったのかもね。あの4人の会議を潰す暴走を止めたのは、最終的には特命ではなく、超人岩田だもんな。外見上、主犯となっていたミナを止めたのも、岩田だった。しかも、彼しか殺戮兵器ミナを止めることができない話になってた。右京が自分のことをぼんくらと言ってたが、超人岩田の娘殺しを止められると過信した自戒の意味もあった天才右京の言葉だったのかも。
03
 右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、鑑識課の益子(田中隆三)の猫を捜す中で会った小学生・明菜(大島美優)の自宅へ。すると同じマンションで飲食店経営者・沢木(三溝浩二)が殺され、明菜が犯人に連れ出されたらしいと分かる。指紋から浮上した逃亡犯・島村(三浦誠己)には自殺した恋人がおり、恋人は沢木にゆすられていた。その頃、明菜は島村に驚きの話を始めていた。
感想
3話は、通常回の相棒な話で、気持ちよく見れた。他の事件で、駆り出された特命が、事件に巻き込まれていく中で、解決の糸口をたどりるみたいな話だったが、前半の沢木と少女を追って、事件を解決するパートが物語の核ではなく、特命が沢木を確保してからの愛する者を失った二人の人間の心情、そこに関わっていった右京の少女への対応が、女性脚本家らしく細やかだ。犯罪者島村になぜに彼女が着いていったのか?この不可解な思いは、少女の母への不審によるものだったけど、それを子供相手でも、丁寧に諭すように話す右京は、気持ちよく見れた。しかし、前半の自暴自棄になった島村の行動自体は、復讐に命をかける狂気と少女明菜に対する優しさが混同してわかりにくかったかも。自殺をした島村の恋人の強姦されたことは分かったが、その県警星が回想でも描かれてないのは、ちょっと残念だった。けど、島村の犯罪も他の殺害者を用意し、殺人となったわけではないのは、相棒というドラマの特性なのかも。なにしろ、なかなかいい話だったとは思った。
04
 厚生労働省職員・片桐(山本圭祐)の転落遺体が見つかった現場で、右京(水谷豊)と亘(反町隆史)はジャーナリスト・中川(長谷川朝晴)に遭遇。週刊誌記者・楓子(芦名星)の知人だという中川と話をした右京は、彼が最近取材した学校遊具での児童死亡事故に着目し、小学校や遊具の設置業者を調べ始める。一方、亘は片桐が所属していた過重労働撲滅特別対策室を訪ねて…。
感想
なんだか、今回の事件は死亡した人たちはみんな自殺というなんとも言えない話だった。技能実習生の闇を扱った話はよくあるけど、国会議員が対策室に行って、一つの遊具メーカーのために官僚が圧力をかけるって、いくらなんでもな話でがっかり。心編の描き方が、巧妙でないと、物語に全く真実味がない。それに、厚生労働省職員・片桐も、あまりにもあいー日過ぎて、記者に責められたからと死んでしまうのは、なんだかな~。それに、家族を残して、海外から働きに来てる人は、家族のために必死に生きてるので、自分かどうかもわからない事故で、命を落とすなんてという気はする。女性脚本家の思いはわからないでもないが、いくらなんでもな、男としては納得できない話だった、
05
『スノウ』というペンネームを持つ人気覆面詩人の女性が毒殺され、なんと現場から亘(反町隆史)の写真が発見された。捜査一課に事情を聞かれた亘は、スノウの正体は別人で、竹田ユキ(佐藤江梨子)という元恋人だと証言。ユキが姿を消していることから、捜査一課は行方を追い始める。亘はユキと出会ったコーヒー店を数年ぶりに訪れる。事件に興味を持った右京(水谷豊)も、そこに合流し…
感想
今回の理不尽すぎる事件で、最終的に、。犯人に対して、右京が激昂するのも当然すぎる身勝手な時間だけど、だからといって、本当に、犯人の動機となったものが何なのか、全くわからない。そこにドラマ性があってこその相棒だとは思うけど、人気覆面詩人のユキさんは、なぜに、殺されなければならないのか犯人だった店主・金子からすると、彼女のヒミツを暴露することによって、詩人としての顔を失う事になって、詩の世界から離れるきっかけになるということらしいが、ある意味、それで、ユキを詩の世界から解き放つって!それに、ユキ代わりにスノウを名乗ってた女性も殺すって、よくわからない。金子=サイコパスかもしれないが、それにしても、何でもありじゃ行けないような。それらしく、実況見分でユキの死体を埋めた場所で、金子がニヤっとさせるところとか、わかりやすいけど、なんだかな~な作品だった。それにしても、ここ数年で、本当にこのドラマの脚本家って、入れ替えてるな~。
06
 右京(水谷豊)は物件の管理会社で働く旧知の和江(山本道子)の頼みで、亘(反町隆史)と共に空き部屋を調査。部屋に仕掛けられた装置によりけがをし、しばらく目が見えなくなってしまう。一方、マンション建設予定地から遺体が。被害者は不動産会社の社員で、右京がけがをした部屋も同社の所有だった。謝罪に来た和江と彼女の上司・真山(山崎一)に会った右京は怪しい足音の話を聞く。
感想
今回は、監察医朝顔の脚本でも、評価が高かった根本ノンジさんが、書かれた脚本だったが、物語りの面白さを存分に、存分に詰め込んだ脚本で、楽しめた。催涙ガスで視力を失った右京という時点で、面白いとは思ったが、目の見えない女の子との心の交流。彼女からもらったパンダのキーホルダーの犯人逮捕への大活躍には、感心した。あの緊張の密室での犯人を追い詰めるシーンに、あのパンダを利用するとは、面白いことを考えるもんだと、クレーバーな右京が浮き彫りとなったシーンだった。それでいて、亘もきっちり、動いて、犯人逮捕の一翼を担ってた。なにしろ、右京が解き明かした事件の謎も、うまく作られてた。犯人は山崎一さん演じる和江の上司というのはわかりやすかったが、あの怪しい雰囲気を漂わせていたケースワーカー女性も、絡ませるところも見事だった。今回は気持ちよく見れた作品だったかも。
07
 医師である息子の医療ミスをかたる電話を受けた母親・君枝(山口美也子)が‘アポ電強盗’の被害に遭う。警察が一丸となって詐欺のターゲット情報の出所を探る中、右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、親による代理婚活に着目。右京は青木(浅利陽介)を息子役に、親代わりとして会に潜入する。だが、過去に君枝と情報交換した津田(河西健司)らからは声が掛からず…。
感想
今回、被害者となった君枝を演じてた山口美也子さんは、昔からよく見かけてた女優さんだったが、彼女は、67歳で、水谷豊さんと同級生だったんだ。最後のオチで、右京さんに求婚するけど、意外に、演じてる二人の実年齢だけだと、ありえないこともないが、水谷さんは、今更ながらだが、本当に若く見える。事件の方は、アポ電強盗と代理婚活がテーマだったが、中国では、盛んに行われてるのは聞いたことがあるが、日本でもあるのか?底に潜む闇を解明していく、右京と亘だったが、事件の構造は、単純で、代理婚活の場に来てるような金持ちの情報を不遇な男から仕入れた半グレ集団が、強盗するというもので、いまいちな話だったが、中園参事官が囮になったり、青木が婚活させられたりと、面白い味付けはされてたかも。しかし、事件自体は、予想の範疇かな。
08
 研究費の横領容疑で起訴された大学教授・皆藤(中村育二)の保釈金を巡り、准教授・佳奈恵(中村優子)らが襲われ、金が奪われる。皆藤を知る右京(水谷豊)は、横領行為自体に疑念を抱いていた。一方、亘(反町隆史)は幼なじみの記者・桝本(山崎樹範)から皆藤の情報を求められる。皆藤と接見後、研究室で災難が相次ぐことを知った右京らは横領が仕組まれた可能性を探る。
感想
2話完結のはなしなので、さすがに、感想は書きづらい。しかし、匿名の丁寧な操作で、事件は解決したかのようには思えたけど、准教授・佳奈恵が、どうして、あんなに面倒な方法で、なぜ彼女は皆藤を檻の中に閉じ込めようとしたのか、動機がわからないし、皆藤の恐るべき“復讐計画”が動き始めるとのことだが、どんな展開になるのかは気になる。何しろ次回を見てからかな。
09
勾留中の教授・皆藤武雄(中村育二)の保釈金を奪った強盗一味を手引きしていたのは高瀬佳奈恵(中村優子)だった。一方、週刊誌記者・桝本修一(山崎樹範)は一切の調査から手を引いており、亘(反町隆史)は動きを気にかけていた。そんな中、皆藤がついに保釈され、右京(水谷豊)らも予想だにしなかった緊迫の事態が発生する!!
感想
なんだかな~。先週は、結末がどうなるのかと思ったが、なんかよくわからない展開で、見てるうちに、残念な気持ちが残る作品におついた感じかな。テロというわけでもなく爆弾ドローンという兵器を作った科学者の贖罪の意味を込めた自爆?正直、あの兵器を戦場に持ち込んで、悪用した企業を攻撃するのかと思ったら、皆藤武雄だもんな。それも、施設の中でやろうとするのもわけわからん。他に被害者がでてもいいと思ってるのか?なにしろ、高瀬もあんなに面倒な犯罪的なことしないで、あの自爆計画自体を警察に通報すればいいだけだと思う。なにか、物語として、あんまり理解できない話だった。
10
亘(反町隆史)は、右京(水谷豊)が何か隠しごとをしていると疑い、仕事帰りに尾行する。すると、右京が幼い子どもと母親と共にスーパーで買い物をした後、まるで家族のように過ごす姿を目撃する。翌日、亘に事情を聞かれた右京は、シングルマザーの里美(遊井亮子)と息子・裕太(鳥越壮真)とのなれ初めを語る。そんな中、雑木林から3億円の金塊が見つかったというニュースが入る。
感想
いきなり右京さんが、マイホームパパに!というトリッキーな場面を亘が目撃するところから始まる今回の話だったが、絶妙に3億円の金塊事件とシングルマザーと息子が襲われる話を、ミックスさせる話は、もしかしたら、あの巡査怪しいよな~とか、あの気のいいおじさん約でよくでてくる石井 愃一さんが演じる花屋の主人も、どこか臭うと思わせるなかなかうまい脚本だった。最終的に、巡査は、勝手に、シングルマザーに惚れて、ストーカーになってしまったのを、犯人に見られ、利用されてしまうのだが、いないとも限らないギリギリのところを攻めているのかも。彼女の息子は、重要な目撃者となり、現実と非現実の混じってような証言をするのだが、それがすべてを解く鍵になるのは、面白いとは思った。しかし、犯罪絡みとはいえど、3億の金塊って、どうなるのかな?あの花咲爺みたいな爺さんに取り分はあるのか?ちっと気になったかも。今回は、ゲストキャスティングも絶妙で、中々面白い話だった。
11
年の瀬。右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、山奥のゴルフコースで開かれる警視庁主催の親睦ゴルフコンペに、“準備係”として駆り出される。コンペには、副総監の衣笠(杉本哲太)をはじめとする警視庁上層部のほか、警察庁OBの蓮見恭一郎(長谷川初範)や、その息子で組織犯罪対策3課の係長・蓮見誠司(浅香航大)らが参加していた。コンペ終了後、参加者たちがそれぞれ帰路につこうとした矢先、ゴルフ場の地下駐車場で大爆発が発生! 出入り口が完全に塞がり、居合わせた人間が、地下空間に閉じ込められてしまう。さらに、爆発に巻き込まれたと思われた“被害者”の一人が突如、持っていた拳銃を発砲!! 男は、暴力団の構成員で、その場にいた人々を人質に、「収監されている会長と7人の組員を釈放しろ!」という要求を突きつけてくる。
関連記事




コメント

6話感想
右京さん、目が見えなくてもカッコ良い!
あの少女からもらったバンダと杖で犯人を検挙!
お礼にウサギにするとは!
洒落てるな。
事件そのものは、単純で分かりやすいけど、納得いくし、人間模様をきちんと描いていたので、不自然さはなかった。
福祉課の犯人もやっぱりだったし。
生身の相棒以外も意外と良いかもしれませんね(笑)
2話感想
うーん。ラストの展開は、あっさりし過ぎして、あれで終わり?とのガッカリ感。
裏切り者の始末ならもう少し理由が欲しいし、娘の犯行を止められなかった親のせめてもの殺人なら、それを訴える部分と右京さんの命の尊さと救えなかった懺悔の怒りをぶつける二人の対立を見たかったな。
玉手箱もなんか緊迫感に欠けるし、片山雛子の悪女らしさも薄くて全体的に物足りなかった正直な感想です。
初回感想
やはり前後半でしたか。
2話を見ないと感想は書けませんが、あの特殊犯の犯行なのかな?
怪しい人ばかりで、ロシア、片山雛子がどう繋がるのか?気になりますね。

コメントの投稿

非公開コメント

最新コメント
データ取得中...
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
プロフィール Profile

管理人

Author:管理人
性別 男性 20歳以上
ペット 猫
趣味 ドラマ 映画 


free counters
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ

サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。