★★更新日/番組★検索は「fcast」「嵐視聴率」「視聴率速報」

【金曜ナイトドラマ『セミオトコ』前半視聴率感想】


【AD】
カテゴリー【山田涼介】セミオトコ
☆Amazon Music200万曲 ☆Prime Video
★TVerドラマ
金曜ナイトドラマ『セミオトコ』|テレビ朝日
テレビ朝日系毎週金曜 23:15~24:15
7/26(金)スタート
【スタッフ】
脚本:岡田惠和
監督:宝来忠昭:竹園元
プロデューサー:横地郁英:服部宣之:布施等:本郷達也
主題歌:ファンファーレ!/Hey! Say! JUMP
【キャスト】
セミ(せみ)山田涼介この夏、羽化したセミ。口癖は「なんて素晴らしい世界なんだ!」。好物はメイプルシロップ。
大川由香 木南晴夏 『うつせみ荘』に住むアラサー女性。とにかくこれまで生きてきた人生、ことごとくツイていない。
熊田美奈子 今田美桜『うつせみ荘』の住人。福岡から上京。思ったことは割とズバズバと口に出すタイプのイマドキ女の子。
大川健太 三宅 健 由香の兄。地元では有名な“伝説のヤンキー”。妹の由香に通報されて、逮捕された。
岩本 春 山崎静代 『うつせみ荘』に住む絵本作家。ベレー帽をかぶり、変わった服を着て過ごしている。
岩本マサ やついいちろう 『うつせみ荘』の住人。春の夫で、以前は春とお笑いコンビを組んでいた
小川邦夫 北村有起哉 『うつせみ荘』の住人。職業不明で部屋にいることが多い。
庄野ねじこ 阿川佐和子 『うつせみ荘』の大家さん。通称「国分寺姉妹」の妹のほう。
庄野くぎこ 檀 ふみ 『うつせみ荘』の大家さん。通称「国分寺姉妹」の姉のほう。
【視聴率】
01 7/26【4.0】【7日間、一緒にいてもいいですか?】
◇脚本 岡田惠和◇監督 宝来忠昭

02 8/02【4.4】6日間の命と恋の始まり
◇脚本 岡田惠和◇監督 宝来忠昭

03 8/09【3.3】残り5日の命と恋の物語!?夏休み職場パニック
◇脚本 岡田惠和◇監督 宝来忠昭

04 8/16【2.4】セミと人の恋…96時間の奇跡!?
◇脚本 岡田惠和◇監督 宝来忠昭

05 8/23【3.5】【残された時間はあと3日】
◇脚本 岡田惠和◇監督 竹園元

【AD】
01
都心から少し離れた郊外に立つ「うつせみ荘」の庭で、長い地中生活から羽化の時を迎えたセミ(山田涼介)。高まる期待とみなぎる気合で地上へと這い出たちょうどその瞬間、真上から女性が落ちてくる。下敷きになって死を覚悟したセミだったが、その女性・由香が鮮やかにセミを避けたことで、九死に一生を得ることに。しかし、その時の由香の寂しそうな表情が気になったセミは、「この人のために何かできないか」「この人を笑顔にしたい」と思うようになり、人間の姿となって由香の望みをかなえる約束をする。
セミが地上で生きることを許されるのは7日間だけ。命尽きるまで、セミは由香と一緒に暮らすことになる。
感想
深夜帯のドラマで、まさかの癒やしをメインにしたドラマという感じはいい。この時間帯に不倫がどうしたとか、必要ないかな。それにしても楽しいのは、樹液の匂いを嗅ぎつけ、メイプルシロップを一気飲みしてしまいそうになるセミくんの微笑みが、おっさんの僕でも癒やしだね。ストリーは今まで全く恵まれない人生を過ごしてきた女性が、7日間だけとはいえど、美少年にしか見えないセミくんと生活するという、意外性のある設定。脚本家の岡田さんが考えた世界なのかは知らないが、なんとも楽しくなるような設定。そしてセミくんは彼の地上での一生を大川由香にすべて捧げると宣言した後、全て受け入れたセミおくんは、彼女をやしく抱きしめるところはメルヘンだな。こう言う面白い設定のドラマ大好きだ。脚本家も岡田さんだし期待できそうだ。どんなセミとしての人生を過ごすのか?見逃したくない。
02
 人間の姿のセミ(山田涼介)と7日間暮らすことになった由香(木南晴夏)は、翌朝、夢ではないことに感激。彼を「セミオ」として、美奈子(今田美桜)や小川(北村有起哉)、マサ(やついいちろう)らアパート住民に紹介する。住民と話す喜びをかみしめるセミオ
は、マサの妻で絵本作家の春(山崎静代)の背中に引かれる。一方、「生まれ変われて幸せ」と明るく話す由香に周囲は…。
感想
 人間の姿のセミ=セミオと名付けられてからの彼の二日目は、意外なほど平凡だ。ごく普通に「うつせみ荘」の人々に、受け入れれられ、生活が始まったが、同居する由香にとっては、いままでにない美少年との同居に、いままででは考えられないほど、饒舌になる意味が、僕にもストレートに伝わってくる。彼女にとっては、歓喜のときであり、セミオはどこかに行ってしまうのではないかという怖さも感じながらの生活が、描かれていた。自分が仕事に行ったら消えていなくなってしまうかもという気持ちと戦いながら彼の待つ家にたどり着いたときに、ハグしてしまう気持ちは男女とも変わらないのかも。多分いてくれるだけで、幸せなときはあと6日とわかっていても、一刻一刻のときは、いままでに感じたこともない幸せの瞬間の連続以外の何物でもないのかも。しかし、過去の生活が悲惨だっただけに、天にも昇る気持ちだろうな。そんな彼の癒やし効果を、住民が共有してるところがまたいいね。特に大家コンビは見事に楽しんでる。春もすこしだけ恩恵にあずかってるのかも。しかし熊田美奈子 は微妙に距離をとってるが、彼女も虜になってしまうのかな?まだわからんが、いい雰囲気の2話だったことは、確かかも。
03
 セミオ(山田涼介)と暮らし始めた由香(木南晴夏)は笑顔が増え、セミオも幸せだ。一同で朝食を作る中、小川(北村有起哉)は余命が短いと話すが、何度も耳にしている美奈子(今田美桜)らに聞き流される。一方、前夜の出来事とそれに対するセミオの発言に驚く由香は、彼と離れ難く思いつつも出勤。職場見学に来た小学生の中に翔子(佐藤仁美)の娘(安藤結埜)がいると知り…。
感想
この頃、金曜の夜に、このドラマを見て、その次の朝、福岡では、「アルプスの少女ハイジ」を放送を見てるだが、この2つの物語は、全く似てないようで、どこか似ている。特別な事件が起きるわけではないが、日々の生活の中で、ハイジのようなセミオは、周りの人々に、幸せを運んできてるのだ。そういう意味では、おかゆさん=クララなのかもね。世間とは閉ざされたような生活をしていた彼女たちは、セミオやハイジが持ち込んだ幸せを堪能している!特におかゆさんの世界は、セミオのおかげで、今までとは別世界。ついでに「うつせみ荘」の人々も、生活が激変し、口々に楽しいと言う言葉が出てきた。しかし、幸せの絶頂のおかゆさんも、セミオがいなくなってからの先のことを考えだした。クララは、ハイジを追って、フランクフルトからアルプスに行って、最後は自分で立てるようになり自立したけど、セミオがいなくなったとき、どんな運命が待ってるのあろう。彼女も、セミオの手を握って、人生を変えられるのだろうか?そんな二人が、同情から恋に、思いが変わっていきそうなのも気になる。魔法のような7日間の行方が気になる。
04
 由香(木南晴夏)はセミオ(山田涼介)から、由香に恋をしていると告げられ、彼の正体や残り時間など考えず楽しむと決める。恒例のようになったアパート住民揃っての朝食でも、セミオの恋が話題に。一方、マサ(やついいちろう)は悲しい過去を思い出した春(山崎静代)の様子が気になる。そんな中、セミオは由香の職場に同行。小川(北村有起哉)は仕事先で以前の後輩に会う。
感想
今回から話が、由香とセミオだけじゃなく、多くの住人まで大きく広がりはじめた4話という感じで話が進んだ。前回までも、その雰囲気はあったけど、小川邦夫がもとは尊敬されるべき医師であったことや岩本夫婦の子供の写真が現れたこと、そして、熊田美奈子の学生としての生きたかも見えたのは、物語に広がりができた感じはする。それぞれにドラマが有り、それが次回で花開くのだろうか?そんな中で、由香とセミオに、おおp機な天気が、せきおがついに、由香に恋をしたし、由香は持てまくるセミオに嫉妬をしだした。今までに味わったことのない感情が溢れ出てくる中で、セミ男子k路に大きな変化が出てきた。それは、3日も一緒に入れるではなく、3日しか一緒に入れないという感情が芽生えてきたのは、大きなドラマだった。大したことのないような、言葉の違いは、これからのドラマを大きく動かすような巨大なパワーを感じさせる。
関連記事
【AD】



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新コメント
データ取得中...
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
月別アーカイブ
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ

サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。