更新日:番組名 /検索は「fcast」か「視聴率速報」

【水22:同期のサクラ】2019 最終回視聴率 関西大幅UP あらすじ 


【AD】


【高畑充希】同期のサクラ
最新回の見逃し配信はTVerドラマ
日本テレビ系10月期新水曜ドラマ「同期のサクラ」
水曜午後10時
日本テレビ系10月期新水曜ドラマ「過保護のカホコ」制作チームが再び集結!これは、絶対に夢をあきらめないサクラと、彼女を見守った同期たちとの10年間の記録。

【キャスト】
高畑充希 北野サクラ 離島生まれで、島の人々と家族同然の付き合いをしてきたため、他人との距離感が近い。島に橋を架けるために「花村建設」に入社する。
橋本愛 月村百合 「花村建設」に勤務するサクラの同期。クールで場の空気を読むイマドキの若者。
新田真剣佑 木島葵 「花村建設」に勤務するサクラの同期。厳格な父と優秀な兄に見下されてコンプレックスを抱いてる。
竜星涼 清水菊夫 「花村建設」に勤務するサクラの同期。応援部出身の熱血タイプ。
岡山天音 土井蓮太郎 「花村建設」に勤務するサクラの同期。二浪して大学を卒業。努力家で一級建築士を目指す。
相武紗季 火野すみれ 「花村建設」社員。人事部でサクラたちの面倒を新人研修から見ている。子育てと仕事の両立に奮闘中。
椎名桔平 黒川森雄 「花村建設」の人事部長。人の良さそうな上司に見えるが、サクラの敵か味方かは不明。

【スタッフ】
脚本: 遊川和彦「過保護のカホコ」、「家政婦のミタ」、「女王の教室」
チーフプロデューサー : 西 憲彦
プロデューサー : 大平 太 田上リサ (AXON)
演出: 明石広人 南雲聖一


【視聴率】
01 10/09【*8.1】1年1話で綴る初めての仲間との10年日記夢のために忖度しない女は会社組織で生き残れるのか!?
監督・演出 明石広人 原作・脚本 遊川和彦

02 10/16【*9.5】夢を諦めずに、入社2年目の試練と闘う忖度できない女は、仲間をパワハラ上司から救えるのか!?
監督・演出 明石広人 原作・脚本 遊川和彦

03 10/23【*9.3】入社3年目震災発生本気で叱ってくれた仲間が寿退社に逃げる時 魂の叫び声は、ブスッブスブス!
監督・演出 南雲聖一

04 10/30【11.5】関西【13.5】4年目の挫折に負ける奴は、会社も辞めて一生引きこもってろ
監督・演出 日暮謙

05 11/06【11.8】葵のメッキが剥がれる!サクラと葵がヒジョーに近い
監督・演出 南雲聖一

06 11/13【11.7】総合【20.5】6年目、遂に忖度!?女が自分らしく生きるのは無理?
監督・演出 明石広人

07 11/20【12.2】総合【208】7年目、夢は叶わず最愛の人の死!本当の試練と絶望
監督・演出 南雲聖一

08 12/04【10.8】総合【20.8】8年目、友からの5枚のFAX
監督・演出 明石広人

09 12/11【10.3】新潟【15.8】総合【20.3】忖度しない彼女が帰って来た!
監督・演出 南雲聖一

10 12/18【13.7】関西【15.7】総合【】さらば友よ…涙はいりません!
監督・演出 明石広人

【AD】


01
 2009年、大手ゼネコン「花村建設」の入社式に、幼い頃から故郷・新潟の離島に「橋を架ける」ことが夢だった新入社員のサクラ(高畑充希)の姿があった。式での突拍子もない言動で、人事部長・黒川(椎名桔平)や新人の世話役・すみれ(相武紗季)を慌てさせたサクラは、その後の新人研修で、事務職志望の百合(橋本愛)、野心家の葵(新田真剣佑)、応援団出身の菊夫(竜星涼)、設計士を目指す蓮太郎(岡山天音)と同じ班になる。班のリーダーを任されたサクラは共同作業の「模型作り」に一切妥協を許さず、他の面々は振り回される。
02
 意識が戻らないサクラ(高畑充希)を訪ねた同期の菊夫(竜星涼)は、入社2年目を思い出す。9年前の2010年、サクラは黒川(椎名桔平)に命じられ、すみれ(相武紗季)と共に「残業時間削減」を各部署に伝えて回る。菊夫は大学の先輩でもある横柄な部長・桑原(丸山智己)の下、心身共に疲弊していた。後日、桑原の元に単身、乗り込んだサクラは、菊夫を定時で帰すよう直訴する。
03
 2011年3月。入社3年目を目前に、サクラ(高畑充希)は‘ミス広報部’と評判の同期・百合(橋本愛)から、クライアントの会社の専務(小木茂光)にしつこく食事に誘われているので、同席してくれと頼まれた。サクラはレストランで百合が席を外した際、専務に‘百合の正直な気持ち’を伝えて、先方ばかりか、百合自身や広報部長の葦田(村田雄浩)も怒らせてしまう。
04
人事部で5年目を迎えたサクラ(高畑充希)は、社内表彰を受けた葵(新田真剣佑)を祝おうと同期を集める。しかし担当プロジェクトが国から急遽凍結され、問題を抱えていた葵は上から目線の言動で同期と溝を深めてしまう。会社では高級官僚の父親のコネばかりあてにされ、家では落ちこぼれ扱いされ、実は強烈なコンプレックスを抱いていた葵。そんな葵に手を差し伸べたサクラは、「俺と付き合わない?」と迫られて……!?
05
 2013年、入社5年目。葵(新田真剣佑)が「社長賞」を受賞し、表彰に立ち会ったサクラ(高畑充希)は、葵の父親が国交省の高級官僚だと知る。その夜、サクラの提案で、百合(橋本愛)、菊夫(竜星涼)、蓮太郎(岡山天音)がお祝いしようと集まったが、葵の皆を見下した態度にサクラ以外は怒って帰ってしまう。その直前、葵は部長の杉原(飯田基祐)からある要請を受けていた。
06
 すみれ(相武紗季)は、社長・花村(西岡徳馬)と親しい有名評論家・椿を招いての「女性活躍推進セミナー」のリーダーを任される。参加したサクラ(高畑充希)は、すみれが最近離婚し、8歳の娘・つくし(粟野咲莉)と2人暮らしだと知る。そんな中、打ち合わせに訪れた椿のマネジャー・米田が理不尽な条件を押し付けてきて、反発したサクラはプロジェクトから外される。
07
サクラ(高畑充希)の夢、故郷の橋の着工が始まった。直接は関われないものの、完成した橋を祖父・柊作(津嘉山正種)と渡る日を夢見ていた。そんな中、黒川(椎名桔平)から本社に呼び出されたサクラは、橋の安全性について不安を抱いている島民たちを現地の説明会で説得してほしいと頼まれる。同期たちと共に故郷の島を訪れるサクラ。そこで人生を揺るがす究極の選択と最愛の人との悲しい別れが待っていた・・・。
08
 2019年12月。百合(橋本愛)はサクラ(高畑充希)の主治医から、これ以上回復は望めないので転院するよう勧められ、葵(新田真剣佑)らに相談する。遡ること3年。サクラは公私に大きな不幸が重なり、心身共に疲れ果てて休職した。そして、1年余りが経過。同期の4人は、部屋から出ず、誰とも会おうとしないサクラを心配し、それぞれのやり方で元気づけようとするが…。
09
長い眠りから目覚めたサクラ(高畑充希)。花村建設を解雇されたものの、再び建設会社で夢を叶えようと頑張る前向きな姿に、百合(橋本愛)たち同期はかつてのサクラが復活したと安堵する。しかし、忖度できないサクラの就活は難航。貯金も底をつき心細さを感じる。一方、自分が知らない間に各々の人生の問題にきちんと向き合うようになっていく同期に孤独感が募り、サクラはふるさとの島へ帰る決心をするのだったー。
【最終回】
 2020年4月。満開の桜の下に、百合(橋本愛)、葵(新田真剣佑)、菊夫(竜星涼)、蓮太郎(岡山天音)が集まり、サクラ(高畑充希)の激動の人生を振り返る。その1カ月前、花村建設の副社長になった黒川(椎名桔平)に声を掛けられて会社に復帰したサクラは、新規プロジェクトのリーダーとして仕事にまい進する。黒川の理念に感化されたサクラは、同期からの悩み相談よりも仕事を優先させるようになってしまう。
関連記事


【AD】



コメント

全編 泣かされました♪
最後まで涙涙でした!
私より旦那の方が泣いてたかもしれません
建設系の仕事の為 諸々感じるところがあったのかもしれませんが…泣きすぎ‼
葵くん、やっと百合さん夢ちゃんと一緒に生きていけるねー 良かった良かった♪
社長まで上り詰めた黒川のサクラを見る目にはそんな過去があったんだ…
でも やり方がねー違っちゃったんだね~
じゃあ また明日♪
話を聞いてくれる誰かってありがたいね!
それが身内であっても友人であっても…
前向きになれる最後でしたが…
故郷に架ける橋を見たかったなぁ(>_<)
ハイ、同期♪
葵くんの最後の言葉はカッコ良かったな♪
サクラと葵がヒジョーに近いのもいいんだけどな…
でも同期の百合さんの子 夢ちゃんはア…くんとの子供なのかな?
そして 先輩のすみれさんを お母さん!って呼んじゃうサクラにちょっとホロリ…
幸せになってほしいな~って思ってたら
爺ちゃん‼
明日の放送がこ・わ・い(>_<)
嵌まりつつあります♪
ちょっとカホコっぽいサクラだけど…
何事にも忖度しないのか できないのか
自分の夢に向かって諦めない姿勢は好き!
そして爺ちゃん いいこと言う‼ いやいいこと書く♪ そして字が上手くてイイねー
この2話 3話はボロ泣きでした(TT)
もう…同期との距離の縮め方がねー独特‼
でも 本気でぶつからないと本音は解らないものね!
人事部長は敵か味方か… 味方だといいなぁ
サクラがなぜ意識不明なのかは 後半にならないと解らないのでしょうね

コメントの投稿

非公開コメント

最新コメント
データ取得中...
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
プロフィール Profile

管理人

Author:管理人
性別 男性 20歳以上
ペット 猫
趣味 ドラマ 映画 


free counters
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ

サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。