更新日:番組名/検索「視聴率速報」「fcast」

【金曜8時のドラマ「警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~4」視聴率】



Artist category:【小泉孝太郎】警視庁ゼロ係

金曜8時のドラマ「警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~SEASON4」
テレビ東京系毎週金曜 20:00~20:54
小泉孝太郎と松下由樹の“KY刑事&ベテラン刑事”迷コンビシリーズ第4弾
【スタッフ】
原作:富樫倫太郎「生活安全課0係」シリーズ(祥伝社)
脚本:吉本昌弘 船橋勧 田中眞一
監督:倉貫健二郎 竹村謙太郎 岡野宏信
プロデューサー:濱谷晃一 松本拓 加藤章一 松本桂子
【キャスト】
小泉孝太郎 小早川冬彦 警視庁杉並中央署の生活安全課なんでも相談室(通称・ゼロ係)所属の刑事で、階級は警視。
松下由樹 寺田寅三 ゼロ係のベテラン刑事。階級は巡査長。優秀だが、ゼロ係に飛ばされてきた。
安達祐実 本条靖子 ゼロ係の事務員。優秀だが毒舌で、一番偉そうに振る舞う。
木下隆行 桜庭勇作 ゼロ係の刑事で、カレーライスと犬をこよなく愛するぽっちゃり男。階級は巡査長。
戸塚純貴 太田文平 ゼロ係の刑事で巡査長。岩手なまりが抜けない、ゆとり世代の超マイペース人間。
岸明日香 鮫嶋弥生 いつも笑顔で、署のアイドル的存在の婦人警官。
石丸謙二郎 谷本敬三 杉並中央署の署長。下には厳しく、上にはすこぶる調子が良い、頼りがいのない上司。
加藤茶 国仲春吉 焼き鳥「春吉」店主。寅三の行きつけだったが、今はゼロ係のメンバーの行きつけに。
片岡鶴太郎 横山建夫 ゼロ係の係長。ムードメーカーだが酒癖が悪く、問題を起こす。
小田島龍美…斉藤由貴 警視庁管理官
前川俊也…吉田栄作 警視庁 刑事部 部長
神沼洋…中野裕太 “吸血鬼”という名の異名を持つサイコパス
今川兵馬…宮川一朗太 警視庁 捜査一課 警部補
【視聴率】
01 7/19 【6.7】人気シリーズ第4弾! 1億2680万人が標的!?死神ピエロの殺害予告 3つの連続殺人ゲームに隠された'罪と×'KY刑事VS脱獄死刑囚 完全犯罪トリック!
脚本:吉本昌弘 監督:倉貫健二郎
02 7/26【5.2】法廷で毒殺!? 100%不可能密室殺人の謎…空白120秒トリック
脚本:船橋勧 監督:岡野宏信
03 8/02【6.4】100%不可能殺人!? 透明人間VS週刊誌記者 殺意のスクープ写真
演出 竹村謙太郎 脚本 田中眞一
04 8/09【6.5】99人が毒殺を目撃!凶器の'殺人目薬'と美女の遺言トリック
【演出】倉貫健二郎【脚本】船橋勧【ゲスト】ダイアン(ユースケ、津田篤宏)ハマカーン(神田伸一郎、浜谷健司)
05 8/16【6.1】警察署長の刺殺体!鍵は血文字の'井'と消えた37秒の殺人動画
【演出】岡野宏信【脚本】渡辺啓【ゲスト】中田春介、阿南健治
06 8/23【6.2】相談者は爆弾魔!? 2000万身代金の真相…ラスト90秒の衝撃!
【演出】 竹村謙太郎 【脚本】 吉本昌弘
07 8/30【7.9】消えたDNA!半径3キロに潜む殺人鬼!?'裏切り者'は誰…
【演出】倉貫健二郎【脚本】船橋勧
最終回 9/06【6.8】最凶殺人鬼VSトマトシャツ刑事!7年前の復讐…黒幕は誰だ!
【演出】倉貫健二郎【脚本】吉本昌弘


01
厄介払いされたメンバーが集まる杉並中央署「なんでも相談室」、通称ゼロ係の冬彦(小泉孝太郎)は迷い込んだ倉庫で、無関係な二人の人間を拉致監禁した上に殺し合わせる遠隔操作殺人事件の第一発見者に。犯行声明などから「死神ピエロ事件」と呼ばれ、ワイドショーでMCや犯罪学者らが取り上げて大きな話題となる中、新たな被害者が…。

02
 ゼロ係の桜庭(木下隆行)が痴漢容疑で捕まった。犯行を否定する桜庭のため、冬彦(小泉孝太郎)と寅三(松下由樹)は痴漢冤罪を解決した実績のある弁護士・綾子(雛形あきこ)に弁護を頼むべく、裁判を傍聴する。その法廷で被告の化学会社営業本部長・青木(加藤満)が検察官の尋問中に持病の発作を起こした。綾子が許可を取って休廷し、薬を飲んだ青木だったが、直後に死亡してしまう。死因が毒物によると判明する中、綾子は桜庭の弁護を引き受け、嫌疑を晴らすため動き出す。一方、冬彦らは青木の事件を調べ始める。

03
 芸人・永野(本人役)がスキャンダル記事の掲載阻止をゼロ係に相談する。冬彦(小泉孝太郎)らはゴシップ誌記者・福永に会うため、女優・千晶のパーティーへ。作家・中谷、プロゴルファー・梶原ら著名人が集まる会場では、千晶と福永がもめていた。その福永が翌日、遺体で見つかる。死因は生き埋めによる窒息死で、襲われてから死亡するまでに4時間もあったと分かる。

04
 寅三(松下由樹)は刑事部長・前川(吉田栄作)から捜査一課への異動を打診される。喜ぶ寅三だが、冬彦(小泉孝太郎)らが心配で即答できない。そんな中、もめていたお笑いコンビの鶴田(アベラヒデノブ)と亀田(森崎健康)の漫才を見に劇場へ行った冬彦と寅三は、人気コンビのコースケ(ユースケ)が、ステージで相方の津村(津田篤宏)のツッコミ直後に死亡する場面に遭遇する。

05
厄介払いされたメンバーが集まる杉並中央署「なんでも相談室」、通称ゼロ係の冬彦(小泉孝太郎)らは、杉並南署の署長・広瀬昌平(中田春介)や民児党の葛城健三(阿南健治)が登壇する防犯イベントに参加する。 後日、広瀬が刺殺体で発見され、ダイイングメッセージが残っていた。5年前に広瀬が逮捕した半グレ・井藤大樹(山口翔悟)が容疑者として確保されるが、冬彦は疑問を覚える。そんな中、ゼロ係にオネエたちが相談に訪れ…。

06
 ゼロ係に「住宅街で遊んでいる子どもがうるさい」と苦情の電話が入る。だが、冬彦(小泉孝太郎)と寅三(松下由樹)が現場へ行っても誰もいなかった。その頃、ゼロ係に田崎(大和田伸也)という男が現れて、横山(片岡鶴太郎)と靖子(安達祐実)を人質に立てこもり、署内に爆弾を仕掛ける。田崎は自殺した孫の死の真相を知りたいとネット中継で語るが、衝撃的な情報が次々と寄せられる。

07
 高校生・葵(糸瀬七葉)が捨てられた子犬を連れてゼロ係を訪れる。冬彦(小泉孝太郎)達は子犬を歓迎し、桜庭(木下隆行)が飼うことに。その対応がうれしかった葵は、また来ると言って帰っていく。ところが、葵が神沼(中野裕太)の犯行と思われる遺体で発見される。寅三(松下由樹)は神沼の言動から警察内部に協力者がいると考え、管理官の龍美(斉藤由貴)に疑いの目を向ける。
【最終回】
 冬彦(小泉孝太郎)らゼロ係は、連続殺人犯・神沼(中野裕太)の模倣犯を追い詰める。だが取り逃がした上、寅三(松下由樹)が刺されて意識不明の重体に。捜査本部の管理官・小暮(山田純大)は模倣犯の存在を否定し、ゼロ係に捜査を禁じる。しかし、冬彦らはひそかに真犯人を特定。冬彦からその意外な人物を知らされた前川(吉田栄作)は、内密に捜査を進めるよう指示を出す。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
プロフィール Profile

管理人

Author:管理人
性別 男性 20歳以上
ペット 猫
趣味 ドラマ 映画 


free counters
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ

サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。