更新日:番組名/検索「視聴率速報」/感想を書いてるドラマはコメント返します

【金曜ドラマ『凪のお暇』視聴率】5話



主演別カテゴリ:【黒木華】みをつくし料理帖 

金曜ドラマ『凪のお暇』(なぎのおいとま)|TBSテレビ
TBS系毎週金曜 22:00~22:54
黒木華の主演で人気漫画を連続ドラマ化! 幸せを目指して人生を“リセット”する物語
【スタッフ】
原作:コナリミサト「凪のお暇」(秋田書店「Eleganceイブ」連載中)
脚本:大島里美
演出:坪井敏雄 山本剛義 土井裕泰
プロデューサー:中井芳彦
主題歌:リブート/miwa
【キャスト】
黒木華 大島凪 都内家電メーカーで働く28歳。真面目で気が弱く優しい性格。他人に合わせて無理をした結果、過呼吸で倒れて人生のリセットを決意する。
高橋一生 我聞慎二 凪と同じ会社で働く営業部のエース。凪の元カレで、会社では完璧だが凪に対しては不器用。
中村倫也 安良城ゴン 凪が新たな生活先に選んだアパートの隣人。イベントオーガナイザー。
【視聴率】
01 7/19【10.3】7月19日スタート!! 恋も仕事もSNSも ぜんぶ捨ててみた!!
脚本:大島里美 演出:坪井敏雄
02 7/26【*9.5】凪と新しい恋と、リセットされた男
脚本:大島里美 演出坪井敏雄
03 8/02【*9.1】婚活パーティで人生大逆転!! 隣人の知られざる素顔
脚本:大島里美 演出山本剛義
04 8/09【*9.8】狂わされたリセット人生… 元カレ vs 今カレ
脚本:大島里美 演出山本剛義
05 8/16【*8.6】「号泣する男が救いたかったもの」
脚本:大島里美 演出




01
 東京都内の家電メーカーで働くさらさらストレートヘアの28歳・凪(黒木華)は、場の空気を読み、周囲に合わせることで日々を平穏に過ごそうとしている。しかし同僚からは面倒な仕事を押し付けられ、面と向かってその性格をいじられるなど、不遇な生活を送っていた。そんなある日、凪は恋人・慎二(高橋一生)の一言に心が折れてしまう。意を決した凪は会社を辞め、慎二をはじめ知人との連絡を絶ち、郊外にある6畳一間の安アパートに引っ越して、コンプレックスの天然パーマもそのままに人生の再起を図る。

感想
まだ始まったばかりで、なんとも言えない部分もあるけど、黒木さんが演じる凪はなかなか魅力的だったのは確かかな。つまるところ、凪も空気を読みすぎて、自分というものを失いながら、生活してたのだけは確かだけど、そういう人もいて、彼氏を含め周りがあんなだと、彼女にとっては、ああいう生き方をするしかないのかもしれない。その打開策は、唯一つ、違う世界に、自分を置くということだが、恋人・慎二は、ついてくるんだな。それも、勝手な思い込みで、ズカズカと、彼女の聖域に入り込んでいる。そんな彼女を守る存在が、あのアパートに居るというのが、面白い。しかし、隣の部屋の安良城ゴン は、どこか怪しげだし、まだなんとも言い難いけど、彼女に力にはなってくれるのかな。そんな彼よりも、同性である吉永緑のほうが頼りにはなりそうな気がしないでもない。それにしても、三田さんの変身ぶりには驚かされる。彼女の過去の活躍を微塵も見せない老婆ぶり。だが気品は保ってるんだよな。それに、あの女の子はどんな動きをするのか?その母の存在も気になりし、本格的な感想は、色んな人が登場する2話からかな。
02
 凪(黒木華)は、アパートの隣室に暮らす怪しい男・ゴン(中村倫也)のことが気になり始めるが、警戒心から彼と距離を取る。そんな折、凪は仕事を探すため、ハローワークへ向かう。そこで、窓口の職員から厳しい態度を向けられている女性・龍子(市川実日子)と知り合う。凪は龍子と意気投合し、友達ができたと喜ぶ。ところが、龍子は凪に怪しい石を売リ付けようとしてくる。

感想
このところ、高橋一生のヤル役いは、その人の思いが詰まっていんだけど、こう言うだめな輩もときどき見るのはいいかも。しかし、我聞慎二みたいなぶに愛しているのに不器用な男っているかもね。どこまで言っても、愛しすぎるほど、愛しているのに、素直になれないのは、仕事ができる男に配送だ。どこに出しても、自慢できる女性ではない凪だけに、仕事で完璧な彼は、信じられないほど彼女を愛しているのにうまく彼女を紹介することができな。そこから生じた二人の間の微妙なズレが、ものがチャリの味わいになってる。けど、どんどん日々進化する空気が読めただけの女凪は、まさかの怪しげなペンダントを売りつけようとした女、龍子も撃退して、自信をつけていく。それが、凪に対して不器用過ぎる慎二の悪癖を、見事に切り裂いていくところもいいな~。何しろ、凪が切り裂きまくって、彼のチンケな男のプライドを切り刻んでほしい。意外と、慎二がやられてるのを見るのは、男でも気持ちいよく見れる。
03
 ゴン(中村倫也)に心ひかれながらも住む世界が違うと感じる凪(黒木華)は、母・夕(片平なぎさ)から上京すると連絡を受け大慌て。一方、慎二(高橋一生)は他の女性といても凪のことばかり考えてしまっていた。そんな折、龍子(市川実日子)が勝手に申し込んだせいで、凪は婚活パーティーに参加する羽目に。男性に迫られ困惑する凪に助け舟を出したのは元同僚・足立(瀧内公美)で…。

感想
ついに、本性を表したメンヘラ製造機っていうけど、どうも、メンヘラの意味は掴みづらい。見たことないので、女性のタイプなので、僕にはわからない。何しろ、ゴンにかまってほしい女性の数は、とどまることを知らないらしい。それに対して、婚活パーティに行ったことで、慎二の対する思いとは何だったのか?出てきた答えは、外面しか見てない自分というものだったけど、彼をきっちりフッタことで、すぐに、ゴンに行くと、物語の楽しみが奪われたようで、つまらなくなるんだよね。3話で、身体がつながるのは、興味をそがれるが、どうも、原作通りらしい。 幸せを目指して人生を“リセット”する物語なら、ゴンじゃなく、うららとかおばあちゃんと物語を作ってほしかったが、違う流れなんだな~恋ももう少しお暇してほしかった。しかし、恋に進む彼女はどんな運命をたどるおか?物語は、見つけていきたい。
04
 慎二(高橋一生)の部署に、円(唐田えりか)が異動してくる。円は大阪支社時代に営業トップの成績を残した優秀な人材で、慎二好みのストレートヘアのかわいい容姿をしていた。一方、ゴン(中村倫也)と自分の関係が分からない凪(黒木華)は、幸せを感じながらもどこか不安を拭えない。そこでゴンに直接聞いてみようとするが、空気を読んでしまい、どうしても言い出せない。

感想
慎二は雨の中で泣いちゃうんだな。彼の涙は、愛してたものが壊れゆく姿を、間近で見て、どうにもできない自分に複雑な思いを抱いたため出会ったのかは、彼にしかわからない。しかし、彼の凪に対する愛はどこまでも、行動は嘘に見えてけど、本当は嘘はなかった。泣いてくれたり、心配してくれたりする人って大切だと思うが、その思いは、凪みたいになると言葉じゃ伝わらないのかもね。安良城ゴンは、あらしろごんと読むらしいが、やすらぎと読もうと思えば、読めるんだな。その部屋に行くと、あの数え切れないだけの歯ブラシがあろうと、みんなでシェアしようと思うようになってしまうのはすごいけど、そういう男って居るんだるな。目の前の人間だけに誠実だとエミィは、語っていたが、そんな彼女も、そういう男にハマっていた時期があり、その時期をクソと評してるのは分からないでもない。しかし、ゴンにハマってしまって、もう一話とか2話のとかの雰囲気は戻ってこないのかなと思ったら、5話では抜け出すのかもと思うと、次回も見ようかなとは思う。
05
 ゴン(中村倫也)との関係を巡って慎二(高橋一生)と口論になった凪(黒木華)は体調を崩し、隣人・みすず(吉田羊)に介抱される。おいしいご飯と温かい風呂のもてなしを受け、最近のわが身を振り返った凪は、ゴンへの依存を自覚し、危機感を抱く。一方、自宅に戻った慎二は、凪との思い出を全て捨て去る。そして仕事に打ち込む中、円(唐田えりか)に対する悪評を聞くが…。

感想
ゴン、捨てられて、凪に恋をするのか?そして、泣いて喚いて、慎二は、凪のすべてを消して、円と新しい恋に向かうとは、なるほどな展開。肝心の凪もゴンを切りすてることによって、自分を取り戻したけど、どこかで、この3人はどこかでつながって、物語を作っていくとは思うけど、その舞台は、バブルという名のスナックだった。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


コメント大歓迎
データ取得中...
Amazon

視聴率優良サイトリンク 
  • このブログをリンクに追加する
  • Fcastバラエティ視聴率記事
    サイドバー2下の追尾スペース
    ここに追尾させたいものを記載します。