更新日:番組名/検索「視聴率速報」「fcast」

【木曜ドラマ『サイン─法医学者 柚木貴志の事件─』視聴率】最終回有終



Artist category:【主演俳優】

TVerドラマ
木曜ドラマ『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』|テレビ朝日
テレビ朝日系毎週木曜 21:00~21:54
前期 緊急取調室
次期 ドクターX〜外科医・大門未知子〜2019
【スタッフ 】
原作:「サイン」キム・ウニ、チャン・ハンジュン
脚本:羽原大介 香坂 隆史
演出:七高剛 山本大輔
エグゼクティブプロデューサー 内山 聖子(テレビ朝日)
プロデューサー 飯田 爽(テレビ朝日) 下山 潤(トータルメディアコミュニケーション
サイン ―法医学者 柚木貴志の事件―[DVD-BOX]
バップ (2020-01-15)
売り上げランキング: 337


【キャスト】
大森南朋 柚木貴志 「日本法医学研究院」の解剖医。権力に屈することなく“真実と正義”を追求する真っすぐな法医学者。
松雪泰子 和泉千聖 警視庁捜査一課の管理官。女性初の捜査一課長を目指す野心家。
飯豊まりえ 中園景 「日本法医学研究院」の新人解剖医。真摯に法医学と向き合う。
高杉真宙 高橋紀理人 警視庁捜査一課の警部補。千聖の部下。女たらしの一匹狼。
仲村トオル 伊達明義 国立大学の法医学教授。「真実とは勝者に与えられるもの」と言い切り、権力側に寄り添う危険な男。
【視聴率】
01 7/11【14.3】関西【14.1】
脚本:羽原大介 演出:七高剛
02 7/18【*9.5】都会の死体、田舎の死体
脚本:香坂隆史 演出:七高剛
03 8/01【11.5】隠蔽されたサイン
脚本 羽原大介 演出 山本大輔
04 8/08【9.5】法医研(そしき)の闇
脚本:香坂隆史 演出:山本大輔
05 8/15【10.7】見えない毒
脚本:香坂隆史 演出:片山修
06 8/22【9.9】殺人シナリオ
脚本 羽原大介 演出 山本大輔
07 8/29【10.0】私は殺してない
脚本 羽原大介 演出 七高剛
08 9/05【11.1】真犯人はここに
◇脚本 香坂隆史◇演出 山本大輔
09 9/12【12.1】真実のサイン
脚本:羽原大介 演出:七高剛



06
 通り魔に頭部を殴られた女性遺体の解剖を担当する景(飯豊まりえ)は、残された刻印や凶器から、意識不明で入院中の妹・優(黒崎レイナ)を3年前に襲った人物と同一犯だと推測する。紀理人(高杉真宙)は現場付近で金づちを持っていたゲーム会社元社員・落合(渋谷謙人)を取り調べるが彼にはアリバイが。思い詰めていく景の状況を柚木(大森南朋)が知る中、落合が釈放される。
感想
今回、柚木は前回までの流れもあって、「日本法医学研究院」の仕事から離れ、フラフラしてる設定とはいえど、全く解剖医として、遺体と接しない話が出てくるなんて、考えもしなかった。しかし、景の妹の話もいきなりだったな。彼女の妹が意識不明のママ入院してたという話って行っまでの中で語られていたかな。その話から、なぜか解剖医の柚木と景が犯人を追うって、なんだか、ドラマとして違うような~。テレ朝のドラマって、こんなに話の内容から逸脱することはなかったような気はする。しかし、今回の事件は、ピエロ野郎と落合で、ゲーム感覚で女性を殴り殺していたというのは恐ろしい。しかし、韓国ドラマは、殆ど見たことがなかったが、数本の刑事ドラマを見る限り、犯人が鉄球を使ったり、金槌を使ったり、他のドラマでも暴力シーンは残忍すぎるような。それにターゲットが女性ばかりというのも気にかかる。もう少し話を変えられなかったのかな。和泉千聖 を守る紀理人はいい動きしてるけど、警察に任しとけばいい話って、このドラマに必要あったのかな~という思いが残る話だったけど、ココで終わらないんだな。
07
 千聖(松雪泰子)の元に以前、歌手を殺害したとして自首した清花(柳美稀)から無実を訴える連絡が入る。清花は真実を話すから会いに来てと言う。柚木(大森南朋)は上司の指示で捜査できない千聖に代わり、清花と面会。だが、清花は様子がおかしく、無実の訴えも記憶違いと言い出す。柚木が刑務所で入れ違いに出て行った楓(森川葵)を気に掛ける中、不測の事態が起き…
感想
このドラマの視聴率の推移を見ると、一話ごとに、9%と二桁を行き来している。今回は、2桁になる番だが、そううまくいくのかと思える内容だった。始まって、5分も立たずに、景の妹絡みの事件は、あっさりと解決してしまう。それなら前回で物語を終わらせたほうが良かったと思ってしまう。それで、話は、一話の国民的人気歌手・北見永士の殺人事件に戻っていくのだ。それに、何事もなかったように、柚木も「日本法医学研究院」に戻ってくるけど、今回の話でやってることは、刑事なんだよな~。それにしても、やたらと事件の重要な人物とすれ違うドラマだよ!柚木は、北見事件の実行犯としか思えない楓とすれ違ってる!和泉千聖 と高橋も重要人物とやたらとすれ違うのは、なんだな~。けど、やりたい放題の楓が首相候補の娘って、大統領の親族やその側近が色々やらかす韓国の状況を見ると、真実味がある韓流的な話なのかもね~とか思ってしまった。それに、いい加減、柚木はなんちゃって刑事をやめて、解剖医としての仕事をしてくれよ。刑事と解剖医の線引をしっかり引いてやらないと、奔走する柚木を演じてる大森さんが何を演じてるのかわからなくなって、可愛そうになってくる。
08
柚木(と景(飯豊まりえ)が解剖した歌手・北見(横山涼)に関連する事件で、内密に真相を調べ始めた千聖(松雪泰子)と紀理人(高杉真宙)は、北見の所属事務所社長・会田(猪野学)に話を聞く。柚木らが一連の事件の真犯人に目星を付け、追い詰める証拠を探す一方、伊達(仲村トオル)は議員秘書・佐々岡(木下ほうか)に会う。そんな中、景に優(黒崎レイナ)のことで連絡が入る。
感想
このドラマも、なんとなく見て入るけど、その展開が面白いわけではない。だいたい歌手・北見が死んだ事件に、それほど興味を引くものでもないし、何話もかけて描くもんでもないような話だと思う。韓国なら強大な権力を持つ大統領、その候補者ともなると、何にごとも潰せるし、伊達が思いを遂げるために、決死の取引をするのもわかるが、どうもそれほどの権力がない日本じゃ現実味がないというのがあるからかな。それに捜査してるのも、管理官の千聖と紀理人って言うのもなんだかな~」・それに色々ともみ消すために、伊達のパワハラ全開の行動も、なんだか力だけで、巧妙さはないし、雑なんだよね。その上、待ってましたの青い生地の破片も、隠蔽の景の妹の取引材料にって、なんだかな~。本当に、毎回スッキリしない展開が続きまくって、物語に乗れない。大森南朋さんの地上波ゴールデンの初主演作だし、最終回ぐらいスッキリとした話になってくれるといいけど。、
【最終回】
 柚木(大森南朋)らは景(飯豊まりえ)が保管していた証拠品を使って楓(森川葵)の犯行を裏付けようとするが、行き詰まる。裏に伊達(仲村トオル)の策略があると疑う柚木は、彼の部屋へ乗り込む。一方、千聖(松雪泰子)に異動命令が下り、紀理人(高杉真宙)は憤りを隠せない。そんな中、事件当日の監視カメラ映像を調べ直した柚木は不審な点に気付き、紀理人と共に担当の元鑑識官を訪ねる。
感想
僕は、ほとんど、韓国ドラマは見たことがないけど、リメーク作品で、物語には触れているが、ほとんど、スッキリした話というのを見たことない。はっきり、この作品がどれくらい作り変えてるのかは、原作を知らないので、リメーク作品が再現してるのかはわからないが、スカッと気持ちよく終わるするドラマを見たことがない。もやもや感しか残らないドラマばかりだ。この作品も、主人公が犠牲となり、楓逮捕という結末だったけど、何話使って、この結果なんだよとしか思えない話だった。9話中4話も使って、この韓国的権力者の猟奇的な娘が引き起こした連続殺人を、解決できなかったのか?何しろ、このグダグダガタガタな連続殺人事件を、権力者の周りの大人が忖度しまくって、ここまで被害を増やし、引き伸ばすって、謎解きな楽しみもないし、ひどすぎる脚本だった。今話題の韓国の娘関連の疑惑満載の法相みたいな親がいるような国でしかウケないようなネタだった。それに、ココ数話、柚木は刑事にしか見えなかったし、伊達は何を守ってたのかわからないも、話がぶれぶれで、致命的だった。救いは、若手の景を演じた飯豊さんと紀理人を演じた高杉さんがなかなか良かったことかな。大森さんは、テレ朝で刑事役で、再度刑事モノで主演に挑んでほしい。そのほうが、遥かにしっくり来る。
関連記事




コメント

No title
リメイク版だからと言ってケチつけたくないが
予告編でさんざん飯豊まりえさんのすぐそばに犯人がいると流してるし、
犯人役がツィッタ-で出演情報名前も顔だしもしてご丁寧に挨拶してるし、
どこにサスペンスを味わえっていうのよ。
飯豊さんをじっくり観たからいいけど
ヒロインとしてがんがん出ずっぱりで頼む、演技は歳を重ねて落ち着いてくればきっとよくなるから!!

コメントの投稿

非公開コメント

最新コメント
データ取得中...
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
プロフィール Profile

管理人

Author:管理人
性別 男性 20歳以上
ペット 猫
趣味 ドラマ 映画 


free counters
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ

サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。