更新日:番組名/検索「視聴率速報」「fcast」

【ボイス 110緊急指令室視聴率感想】最終回 最高視聴率



Artist category:【唐沢寿明】ボイス

ボイス 110緊急指令室|日本テレビ - 日テレ
妻を殺された敏腕刑事×父を殺された声紋分析官。 通報電話の"声"が、二人を事件現場に駆り立てるー。 連続殺人鬼を追うタイムリミットサスペンス!
【スタッフ】
脚本:浜田秀哉
演出:大谷太郎 久保田充
プロデューサー:池田健司:尾上貴洋:後藤庸介
主題歌:バッドパラドックス/BLUE ENCOUNT
【メインキャスト】
唐沢寿明 樋口彰吾 港東署ECU緊急出勤班・班長。かつては捜査一課の敏腕刑事で、情に厚く後輩からも信頼される昔かたぎな男だった。

真木よう子 橘ひかり 港東署ECU・室長。ボイスプロファイラー。幼少期、事故で目にけがを負ったことで絶対聴感能力が身につく。
増田貴久 石川透 港東署ECU緊急出動班・捜査員。樋口も心許せる存在。腕っぷしは強い。
木村祐一 沖原隆志 港東署強行犯係・係長。樋口たちとしばしば対立する。
【視聴率
01 7/13【12.6】静岡【14.5】新チームがついに本格始動!新たな事件発生で、助けを呼ぶ声が再び…!
脚本:浜田秀哉 演出:大谷太郎
02 7/20【8.4】3年前の事件に隠された謎…。樋口をECUに呼び寄せたひかりの真の目的とは!?ついにECUが始動!
脚本:浜田秀哉 演出:大谷太郎
03 7/27【10.7】予測不能の第3話!!二つの拉致事件が同時発生し室長が生き埋めに⁉誰もが予想しなかった犯人の正体とは!?
脚本:浜田秀哉 演出:久保田充
04 8/03【*9.3】樋口とひかりの行く手に、さらなる巨悪が待ち受けていた……!!
脚本:浜田秀哉 演出:久保田充
05 8/10【11.9】被害者の生死を分けるクライシスタイムの戦いが始まる……!!
脚本:浜田秀哉 演出:大谷太郎
【ボイス 110緊急指令室前半視聴率感想】5話までのダイジェスト動画】
06 8/17【11.1】組織に巣食う悪を追う樋口とひかり、その先に待つ衝撃の別れとは……!!
脚本:浜田秀哉 演出:後藤庸介
07 8/31【10.9】関西【14.5】狂気の殺人鬼に撹乱される捜査網!亡き妻が抱えていた“ある秘密”が明らかに…!!復讐劇は新たな展開へ−。
脚本:浜田秀哉 演出:久保田充
08 9/07【11.2】団行方不明の謎を追う樋口とひかり……しかし、想定外の内通者の存在で、ECUは解散の危機に!
脚本:浜田秀哉 演出:後藤庸介
09 9/14【10.4】雫を追い詰める証拠を探す樋口とひかりの陰で石川の過去が明らかに……!?
脚本:浜田秀哉 演出:大谷太郎
最終回 9/21【12.9】ついに最終決戦の時!殺人鬼・雫による悪夢のクライシスタイムが始まる…
脚本:浜田秀哉 演出:大谷太郎


【ボイス 110緊急指令室前半視聴率感想】5話までのダイジェスト動画】
06
 樋口(唐沢寿明)は情報屋の瀬戸(水澤紳吾)に裏切られ、3年前の事件の真犯人の手下に襲撃される。ひかり(真木よう子)は携帯電話を通して異変に気付き、石川(増田貴久)に出動を要請。さらに、事態を知った強行犯係の沖原(木村祐一)らも捜索に加わる。ひかりが通話中の音声から監禁場所の特定を急ぐ中、拘束された樋口の前に上杉(手塚とおる)が現れ、3年前の犯人だと名乗る。
感想
今回で、ついに、カチカチ野郎本郷雫の正体が明かされたが、普通にドラマを見てる人にはあの独特な声は、伊勢谷友介さん以外に居るわけ無いとは思う。1話の時点で誰だかもうわかってるのに、いちいち記事化するのか?とは思うだが、これも儀式みたいなものなのかも。しかし、まだ今回の事件は続くとは、思いもしなかった。栞の妹の事件は、新田が殺されたことにより、一応終わったとはいえど、新田が殺されたのは上杉によるものだけど、その新田は、不動産で、事務次官とかと繋がりを持ってるという設定。そして、カジノ絡みって、もう使いつくされた設定だし、もっと、切り込み方はないのかな。それにこんなに一つのネタで、延々話がつながっていかなくてもいいとは思う。設定は異常な聴力を持つひかりの能力やアクションに力を入れてるところは面白いと思うドラマだが、事件がダラダラと続かないと、もうすこし面白く感じれるとは思う。けど、この作品はひかるのスーパー聴力設定だけかりて、日本独自の話にすればよかったかな。
07
上杉(手塚とおる)を追っていた沖原(木村祐一)の変わり果てた姿を発見したひかり(真木よう子)。病院で大樹(鳥越壮真)を襲った男・長坂(敬太)を確保した樋口(唐沢寿明)は、沖原の訃報を聞き凍りつく。そんな中、樋口とひかりは、一連の事件の残忍な
手口から真犯人は上杉の他にいると気づき始めていた……。その頃、本郷グループの社長にして真犯人の本郷雫(伊勢谷友介)は、暴力と恐怖で支配した義理の兄・上杉に濡れ衣を着せ、悠々と日常生活を送っていた。
08
殺された妻の3年前の行動を探る樋口(唐沢寿明)。そんな中、ひかり(真木よう子)の自宅内に真犯人の影が忍び寄る。そして樋口とひかり(真木よう子)は、警察署内で雫(伊勢谷友介)とついに顔を合わせる……!ひかりはその声を聞き、すぐに雫が真犯人だと気付く!
09
樋口(唐沢寿明)たちと緊急指令室のECUが連携し、地下トンネル現場では必死の救助作業が進む。しかし安否不明の最後の一人を探す樋口たちを、ガス漏れによる爆発が襲う! ひかり(真木よう子)は真犯人と内通の疑いがある石川(増田貴久)をチームから外すべきだと主張。 そんな中、意味深なメールを樋口に残し、石川が姿を消す。すでに石川の身に雫の魔の手が迫っていた!
【最終回】
 樋口(唐沢寿明)は連絡が取れない石川(増田貴久)が、別荘にいる雫(伊勢谷友介)と決着をつけに行ったと気付いて後を追う。そしてひかり(真木よう子)から地下室の存在を知らされ、そこで石川を発見。激高した樋口は、眼前に現れた雫と死闘を繰り広げる。一方、会社の黒いうわさを封じるべく動く本郷(伊武雅刀)の元に、別荘の様子を探る秘書・赤松(奥田洋平)から連絡が入る。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
プロフィール Profile

管理人

Author:管理人
性別 男性 20歳以上
ペット 猫
趣味 ドラマ 映画 


free counters
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ

サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。