★★更新日/番組★検索は「fcast」「嵐視聴率」「視聴率速報」

【もみ消して冬 2019夏 ~夏でも寒くて死にそうです~視聴率】


【AD】
カテゴリー【山田涼介】セミオトコ
☆Amazon Music200万曲 ☆Prime Video
★TVerドラマ
もみ消して冬 2019夏 ~夏でも寒くて死にそうです~
山田涼介主演の“どコメディー”ホームドラマ「もみ消して冬」がスペシャルドラマとして復活!あの脅威の家族【北沢家】にAI(人口知能)がやってくる!

【キャスト】
山田涼介 北沢秀作 北沢家の次男。元エリート警察官。パティシエの道に
波瑠 北沢知晶 北沢家の長女。「美」と「知」を兼ね備えた敏腕弁護士。キャリア爆進!
小澤征悦 北沢博文 北沢家の長男。若き天才心臓外科医。AIドクターとして成功。
中村梅雀 北沢泰蔵 3きょうだいの父親。北沢家の当主。私立中学校「北沢学園」の元学園長。
小瀧望 恒松祐里 児嶋一哉 千葉雄大 浅野和之
もみ消して冬 ~わが家の問題なかったことに~  DVD BOX
バップ (2018-07-25)
売り上げランキング: 25,938

【スタッフ】
演出 丸谷俊平
脚本 金子茂樹
音楽 ワンミュージック
プロデューサー 櫨山裕子、秋元孝之
制作協力オフィスクレッシェンド
【視聴率】
2019年6月29日(土) 21時00分~22時54分
【10.1】もみ消して冬 2019夏 ~夏でも寒くて死にそうです~


【AD】

北沢秀作(山田涼介)が、犯罪者となり1年あまり。父・泰蔵(中村梅雀)は自らの経験を書いた著書がベストセラーとなり復活。博文(小澤征悦)もAIドクターとして成功、知晶(波瑠)は、AIが選んだ相手と交際順調。秀作だけがパティシエの面接に落ち続けていた。そんな中、泰蔵が次回作のゴーストライターを秀作に持ちかける。秀作は作文専門のAIサユリと一緒に書き上げるが、事実の捏造を疑われ再び北沢家が大ピンチ!
感想
レギュラー放送時も面白く見てたが、犯罪者となってしまって、罰せられてからが、このドラマの目玉だった。それにしても、話の中にAIとの恋愛模様があったり、最終的には、元カノとよりを戻すことにはなる。けど、その彼女が、秀作からどうしても、離れ慣れないのは、何やらかすのかわからない秀作に、ドキドキというのも、なかなか面白い設定だった。しかし、秀作は、ドラマの主人公らしい、面白い人生だよね。父親に、自分のゴーストライターになって、ベストセラーを書けと言われたかと思うと、その作品が面白くするために、誇張して書いたAIの文章が面白いと父親は認めているのに、捏造と言われるとすぐさま、秀作のせいにしてリ、いつもの追い込まれていく秀作が楽しい!それで、捏造であるものを事実にしようと、仲間の力を借りて、無茶苦茶やったりと、本当に何でもありな作品だよ。秀作は家族にいいように、人生を狂わせ荒れるけど、彼の仲間は、そんな彼を見捨てないと頃が、なんとも涙をそそる。秀作は幸せなのかわからないが、彼の人生は、漫画みたいで、非常に楽しい。また、新たなる姿の秀作を見たいけど、今度はどんなやつにされるのだろうか?期待だな。
関連記事
【AD】



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新コメント
データ取得中...
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
月別アーカイブ
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ

サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。