更新日:番組名/検索「視聴率速報」/感想を書いてるドラマはコメント返します

【偽装不倫最新視聴率 1-6話ダイジェスト



主演別カテゴリ:【杏】デート 花咲舞が黙ってない

偽装不倫/日本テレビ」
水曜22時
杏、4年ぶりの連ドラ出演!「不倫」という嘘から始まる「純愛」ドラマ、禁断(?)の恋が今始まる!杏が恋愛に不器用なパラサイトシングルに。東村アキコ原作のラブストーリー
前期 白衣の戦士!視聴率
次期 同期のサクラ視聴率

【視聴率】
濱鐘子 - 杏 32歳、独身、彼氏なし。恋愛らしい恋愛をしたこともない
伴野丈 - 宮沢氷魚 鐘子が、一人旅の中で出会った年下のイケメン
吉沢葉子 - 仲間由紀恵 鐘子の姉。コンサルティング会社勤務のいわゆるキャリアウーマン
八神風太 - 瀬戸利樹 プロボクサー。甘え上手で人懐っこく、母性本能をくすぐるタイプ。
吉沢賢治 - 谷原章介葉子の夫。商社に勤務。長身でイケメンのうえ、温厚で人当たりがよい。
【スタッフ】
脚本 衛藤 凛
音楽 菅野 祐悟
チーフプロデューサー西憲彦
プロデューサー 加藤正俊 森雅弘 岡田和則(光和インターナショナル)武井 哲(光和インターナショナル)
演出 鈴木 勇馬 南雲 聖一
偽装不倫2 (BUNSHUN COMICS×YLAB)
東村アキコ
文藝春秋
売り上げランキング: 431

【視聴率】
01 7/10【10.1】本当は独身なのになんで!?ひとつの嘘から本物の恋が始まる
【脚本】衛藤 凛 【演出】鈴木 勇馬
02 7/17【11.2】もう会わないはずだった…人妻のフリして始まった恋、急展開
【脚本】衛藤 凛 【演出】鈴木 勇馬
03 7/24【*9.0】止められない恋心!…嘘で固めた結婚記念日に不倫相手登場!!
【脚本】衛藤 凛 【演出】南雲聖一
04 7/31【*9.8】ついに彼の秘密が明らかに!! 嘘から始まった恋、突然の終わり
【脚本】衛藤 凛 【演出】南雲聖一
05 8/07【*9.4】彼を追いかけて岩手へ!! 引き裂かれた恋の行方と新たな真実!?
【脚本】衛藤 凛 【演出】鈴木勇馬
06 8/14【*9.3】
【脚本】衛藤 凛【演出】森雅弘




01
 32歳の派遣社員・鐘子(杏)は父・幸一(伊沢弘)、母・みき子(朝加真由美)、姉・葉子(仲間由紀恵)、その夫・賢治(谷原章介)と二世帯住宅の実家で暮らしている。派遣契約が満了し、3年間成果のなかった婚活もやめる決意をした鐘子は、気晴らしに博多への一人旅を。葉子に借りたワンピースを着て出掛けた鐘子は、空港でポケットに結婚指輪が入っていることに気付く。その指輪を機内で落として慌てていると、拾ってくれたのは隣席のイケメン・丈(宮沢氷魚)だった。動揺した鐘子はとっさに既婚者のふりをしてしまう。

杏さん、久々のドラマだが、意外と彼女のドラマは好きだけど、今回のドラマも期待したが、まだ宮沢氷魚さんは、トドメの接吻、コウノドリ では見たことあったけど、見かけるレベルくらいで、ココまで、じっくり見たことがなかったが、見慣れてないのもあるのか?あんさんの相手役にしては、弱いような~もう少し育ち盛りでも良かったような気がしないでもない。姉に、仲間さんとか、その旦那さんには、谷原さんとか、強めなのに、なんだよなという気はする。それにモノローグがやたら多いのも、特徴的だった。杏さんの声は好きだけど、あそこまで多いと一人で芝居してるような。そんなこんなで、二人のデート心がちょっと間延びかな。
けど、設定自体は、どう見ても美人だけど、相手の話に合わせられずに、モテない女子が、必死に、既婚者になりきり、若い男性と遠く離れた土地福岡で、アバンチュールを楽しむという設定は楽しい。女性っていっても、なんだかんだ、男とたぶるような考え方をするところも納得かも。不倫でも何でもないのに、幸か不幸なのかわからないが、既婚者であるというところを偽装してる女性っていう心理状態を楽しむものとしたら、もうすこしみていたら慣れて、気楽に楽しめるかも。えkど、原作は羽島から体の繋がりができるのかもしれないが、それはなかったほうが良かったかな。それには笑いがもう少し欲しい気もするが、これからに期待かな。
02
 名古屋出張中のはずの葉子(仲間由紀恵)を見掛けた鐘子(杏)は、思わず尾行。待ち合わせた若いイケメン(瀬戸利樹)との不倫を確信し、動揺する。鐘子に見られたと知った葉子は口止めした上、結婚記念日までに指輪を返してほしいと念を押す。丈(宮沢氷魚)には連絡しないと心に決めていた鐘子だが、思い切って検索すると、彼のSNSにちょうど指輪の写真がアップされて…。

感想
このドラマの特賞はなんと言っても、モノローグ、鐘子の心のつぶやきの多さだが、男である僕にはこんなこと本当に思ってるのか謎だ?いくら状況が3年の婚活を失敗し続けたとしても、本当にあそこまで卑屈に、若い男が、人妻という遊びやすさだけで、一日中自分と付き合ってとか言わない。それに、丈は、自分が今住んでるところから、家族、仕事までオープンにしてるところから、もう、信用して、その愛を受け入れて、独身の真実を話してもいいと思うけど、鐘子は自分の中で、壁打ちのテニスを延々やり続けていて、辞めることをしない。まあそこがこのドラマの売りかもしれないが、さすがにその考えを2週もやってると、見ていてちょい面倒くさくはなってくる。丈の思いなんて、僕にもわからない部分はあるけど、同じ男からみると、これだけ自分を見せつけてるということは、単純に愛してると言ってるようなものだもんな。それにしても、同じ姉妹でも、葉子は、偽装独身だけど、夫吉沢賢治は、彼女の行動を気がついてるかな。あれだけ、葉子のことを考えてる旦那なら、気づかないことのほうがおかしい。葉子は、妹にもその事実を握られ、賢治にも見透かされ、どう動くのかも気になるところだ。
03
 丈(宮沢氷魚)から指輪を受け取った鐘子(杏)は全て終わったと感傷的に。一方、葉子(仲間由紀恵)が結婚記念日当日、鐘子に急病になれと言い出す。葉子は賢治(谷原章介)とホテルのディナーに行くが、不倫相手のボクサー・風太(瀬戸利樹)が入院したため、鐘子が急病と偽り食後に見舞うつもりだった。鐘子は葉子を非難するが、「鐘子だってうそついたことあるでしょ」と問われ…。

感想
今回は、鐘子の話というよりも、ほとんど、葉子の不倫の話で、最後に、伴野丈がちょっとだけ出てくるというイレギュラーな話だったが、意外と重要な話だったのかも。鐘子の不倫もどきの物語と姉の不倫は、にてるよ全く違う話だけど、同じように、愛が詰まってるんdなよな。しかし、微妙に、愛の形を作ってる嘘は、全く違う。本当は普通の恋でいいのに、不倫という自ら色付けをして、愛を作ってるが、そんな物いらないと築いていながらやめられない。自分の弱さ!それに対して、葉子は求めていたものが微妙に違って、その不満を求めて不倫してるのかな。女性の思いなんて僕にはわからないが、葉子は、なんだか男を育てたい人に見えた。検事のような完成された男にはない、未完成な男に、惹かれる女性もいるもんな。それは長女というのも、ありような。しかし、僕は賢治を見誤ってるような。あれだけ、彼女の愛を確認するような男の本当の気持ちを理解しろよとは思った。どうこれからさき、検事が描かれてるのかは知らないが、見かけと違って、彼は虚勢を張ってるようにしか見えん。その思いを受けてメルのを拒否したさきは、偉いことが起きそうな気がしてならない。ちょっと物語の先に興味が出てきた。ソレニシテモ偽装不倫旅行といっても、考えれば、単なる恋人との旅行。これって盛り上がるのかな?不思議なドラマだ。
04
 鐘子(杏)は葉子(仲間由紀恵)の指示通り、翌朝帰宅するが、賢治(谷原章介)を前に、後ろめたい。そんな中、丈(宮沢氷魚)からメッセージが届く。週末、岩手・花巻に行く約束をした2人は旅行についてやりとりをするが、ある時点から既読にはなったものの返信がなくなった。落ち込む鐘子は親友のまさ子(田中道子)に状況を話す。一方、丈はその日、病院で検査に臨んでいた。

感想
偽装不倫ということで、不倫ドラマではないと思いながら、見てきたけど、今回で、葉子の不倫が賢治のなかで、ぼんやりしたたものが確信へと変わり出したことで僕もこのドラマを見づらくなった。賢治もだけど、たぶん、自分奥さんが不倫してるなんて、思いたくもないんだけど、もう、ガバガバなくらい、葉子が自らの不倫情報をだだ漏れしてる時点で、もう賢治としても疑わないと、正常ではいられないのかもしれないという領域まで、あの電話は、決定的なものになった。それに、今回のキーパーソンである賢治は、本人の思ってもないところで、鐘子の夫にさせられていて、彼女の恋も壊してしまうとは、けど、それもこれも、彼女の落ち度。そして伴野丈は、まさかの脳腫瘍でピンチだし、彼の日本に帰ってきた思いもわかったが、なんだか物語は、もう良からぬ方向にしか行かない予感しかしないので、見るのも今回が限界かなという気はした。普段からフ不関連ドラマは見ないので、この程度の展開でも、」見ていてめんどくさい。本来は普通の恋愛ドラマに過ぎないけど、姉の不倫というファクターがあると、変な話になって、見る気が失せたかな。杏さんのドラマはスカッとさせてくれるものが多く好きで、ほとんど見てきたが、ココまでかな。
05
鐘子(杏)と賢治(谷原章介)の仲むつまじい様子を目撃して、待ち合わせ場所から立ち去った丈(宮沢氷魚)。以降、丈から連絡はなく、SNSも更新されず、鐘子は落ち込む。同じ頃、賢治は葉子(仲間由紀恵)に対し、疑いを抱き始めていた。岩手・花巻を訪れた丈は、絶景の中を走るSL列車を撮影し、その後「宮沢賢治記念館」へ。しかし、どこに行っても鐘子を思い出してしまう。

06
本当は独身だということを打ち明けようとした鐘子(杏)の前で突然倒れた丈(宮沢氷魚)。病院で目を覚ました丈は、医師の一之瀬(眞島秀和)に病気のことを秘密にするよう頼む。また本当のことを言えなかった鐘子は、このまま“偽装不倫”を続けていくことに…。葉子(仲間由紀恵)は風太(瀬戸利樹)の試合と同じ日に賢治(谷原章介)から熱海旅行に誘われピンチに陥る。どちらにも行くつもりで、嫌がる鐘子に協力を仰ぐが…。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

コメント大歓迎
データ取得中...
Amazon

視聴率優良サイトリンク 
  • このブログをリンクに追加する
  • Fcastバラエティ視聴率記事
    サイドバー2下の追尾スペース
    ここに追尾させたいものを記載します。