更新日:番組名:内容 検索「視聴率速報」/感想コメント大歓迎

【特別ドラマ「僕が笑うと」視聴率】予告/キャスト/あらすじ



主演別カテゴリ:【井ノ原快彦】特捜9

特別ドラマ「僕が笑うと」
【井ノ原快彦&上戸彩、血の繋がりを超えた大家族物語】

2019年3月26日(火) 21時30分~23時18分
井ノ原快彦、上戸彩出演。血の繋がりを超えた大家族の物語。笑いと涙が家族を作った…ユーモラスな男が奇跡を起こす。
【スタッフ】
脚本 尾崎将也
音楽 白石めぐみ
演出 三宅喜重(カンテレ)
プロデューサー 河西秀幸(カンテレ)
【キャスト】
鈴木重三郎 - 井ノ原快彦 大阪理科大学助教授で植物研究者。
鈴木誠子 - 上戸彩 重三郎の妻。「母親になりたい」という思いが強い。
大沢徳子 - 真飛聖 重三郎の姉。
大沢和也 - 白洲迅 徳子の息子。
間宮君子 - 麻生祐未 孤児院を営む女性。
吉田史郎 - 竜星涼 重三郎の助手。
老婦人 - 吉行和子 70年前に鈴木重三郎・誠子夫妻に育てられた孤児の1人。
恵美 - 飯豊まりえ 老婦人の孫。
真一 - 高田翔 老婦人の孫。
【視聴率】
01 03/26【6.3】特別ドラマ「僕が笑うと」【井ノ原快彦&上戸彩、血の繋がりを超えた大家族物語】




昭和12年、大阪。鈴木重三郎(井ノ原快彦)は、大阪理科大学の助教授で、植物研究者。結婚して10年となる明るく優しい妻・誠子(上戸彩)とは子宝に恵まれなかったが、重三郎はそれを受け入れ、夫婦仲良く暮らしていた。 ある日、間宮君子(麻生祐未)が営む孤児院の庭で遊ぶ子供の姿を見た誠子は、重三郎に孤児を引き取りたいと相談する。はじめは難色を示した重三郎だが、誠子の熱意に押されて養子として迎え入れることに。 ぎこちないやり取りが続く重三郎だったが、次第に不器用ながらも叱ることや褒めることを学び、父親として成長していく。 昭和18年。鈴木家は5人の子供たちを育てる大家族に。太平洋戦争が始まり、生活は日に日に厳しくなっていくが、重三郎と誠子は常に笑顔を絶やさず、子供たちの表情も笑顔に満ちあふれていた。しかし、戦争は着実に鈴木家の未来にも影を落としていく…。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

コメント大歓迎
データ取得中...
Amazon

視聴率優良サイトリンク 
  • このブログをリンクに追加する
  • Fcastバラエティ視聴率記事
    サイドバー2下の追尾スペース
    ここに追尾させたいものを記載します。