更新日:番組名/検索「視聴率速報」/感想を書いてるドラマはコメント返します

【スキャンダル専門弁護士 QUEEN感想あらすじ】



主演別カテゴリ:【竹内結子】 スキャンダル専門弁護士 QUEEN

スキャンダル専門弁護士 QUEEN - フジテレビ
【スキャンダル専門弁護士 QUEEN最新視聴率は】
【キャスト】
竹内結子 氷見江  大手法律事務所に所属する危機管理専門の弁護士。クライアントを社会的窮地から救い出すためなら、時にうそすら正義に変えて依頼を達成する。
水川あさみ 与田知恵 氷見の同僚弁護士。危機管理専門の弁護士で、氷見にとっての右腕的な存在。
中川大志 藤枝修二 氷見の同僚で、危機管理を専門にする駆け出し弁護士。
バカリズム 鈴木太郎 氷見が所属する法律事務所の副所長。生粋のおぼっちゃま。
斉藤由貴 真野聖子 喜怒哀楽をほとんど見せず、マイペースに仕事をこなす、法律事務所の事務員。バツイチの子持ち。
【スキャンダル専門弁護士 QUEEN全話あらすじ感想】
01
 法律事務所の危機管理部に勤める弁護士・氷見(竹内結子)は、政治家・林(山田明郷)が出席するパーティーに潜り込む。会場には従業員に扮した弁護士の与田(水川あさみ)や藤枝(中川大志)、事務員・真野(斉藤由貴)も潜入していた。仲間たちが騒ぎを起こして注目を集める中、氷見は、テレビ局の記者・東堂(泉里香)が林の息子・太一から受けたセクハラについて、林と駆け引きを繰り広げる。そんな中、鈴木(バカリズム)が副所長を務める事務所に、杏里(馬場ふみか)、桃子(中村ゆりか)ら4人組の人気アイドルグループ「フォレスト」の番組を担当するテレビ局のプロデューサー・深川(宇野祥平)から依頼が入る。
感想
今回の弁護士たちは、危機管理を扱う弁護士たちという設定。確かに、芸能人のスキャンダルで、痛みを最小限にするために、その対応を弁護士に任せる事務所も多く、今の時代の弁護士という感じもする。だが、初回は、アイドルを扱った物語だったが、その仲間内での不仲の話は世間にゴロゴロあるので、扱うテーマとしてインパクトがないかな。途中まで、氷見チームは、人気アイドルグループ「フォレスト」の見えない本音に翻弄されてるのはわかるのだが、彼女たちの意図するところが見えないままに、物語が進んでいくのが、、仲たがいをするのかというのも、裏に巨額の違約金があることで、解散の道をスキャンダルで解決しようとした浅はかな知恵だったのも、自分たちのことしか考えたない姿勢に共感できない。そして、杏里に男がいるというのは、写真を見たときに、これが女性というのは、線の細さで、わかったけど、LGBT絡みとは...。女性アイドルという仕事を、一番縁がなさそうな彼女たちが選ぶことあるのかな?と、どうしても引っかかる。どうも、すべての話が回りくどく、スーッと入ってこないのは脚本家の力量だな。しかし、彼女たちはスタッフの思いと重なって、解散を宣言するのだが、最終的な金銭的解決は、芸能界のボスの政治家との汚職とで相殺するというもので、見終わった後、もっとスカッとしても良さそうだが、いろいろと引っかかって、そう感じれない。
竹内さんは、好きなのだが、連ドラでの主演はストロベリーナイト以外はどうも企画がいまいちだな。次回、巻き返してほしい。
02
 氷見(竹内結子)らは、大手広告代理店の人気クリエーティブディレクター・谷のセクハラ疑惑を調査する。谷も、同席した代理店の人事部長・貴美子も事実無根だと主張。被害を受けたという元契約社員・瑠璃の話を聞いた氷見は、要求通り谷に謝罪させると言い、与田(水川あさみ)ら一同を驚かせる。そんな中、瑠璃が暴露本を出すことが判明。世間の批判が瑠璃に集中する。
感想
キャスティングは、いいと思うし、テーマも時代にあってる気もするのだが、やはり今回も単純に脚本が面白くない。確かに、用意されてる舞台は、スタイリッシュだし、竹内さん、水川さん、中川くん、斎藤さんを含めて、いいのだが、魂がこもってないので惹かれないのかな。上面だけの物語が展開されるし、まさかとは思ったが、今回の事件の決着は、またも週刊誌に谷と瑠璃の関係のリークって、つまんないな~。スキャンダルのもみ消しなんて、所詮そんなものかもしれないが、もっとドラマがほしい感じはする。相手の弁護士と対決するとか、氷見血チームが、いろいろと裏工作して、スキャンダルを解決するだけじゃ何しろつまらない。明確な敵がいないと厳しいだろう。
03
フィギュアスケートのオリンピック金メダリスト・紀子(白石聖)の婚約者・塚越(穂満佳佑)が刺殺される。犯行を疑われる紀子の依頼を受け、氷見(竹内結子)らは犯人捜しを開始。紀子のライバル選手・リナが塚越と男女の関係だったとつかみ、世間の疑いがリナに向くよう仕向ける。一方、藤枝(中川大志)は、大臣の息子からのセクハラ被害を公表しようとする記者・東堂(泉里香)の前に現れ…
感想
今回は、何しろ、事件の設定が全くだめだな。せめて、全日本選手権くらいにしておけばいいのに、オリンピックで、日本人が二人も表彰台ってなんだよ!その二人が一つの男を取り合うって、非現実的すぎて、馬鹿しい。無理やり一人の審判を抱きかかえても、フィギュアの採点方法は昔と違うし、芸術的印象点って、変わるもんでもないくらいは普通にフィギュアを見てる人なら知ってるんじゃいのかな。何しろ、ストーリーがフィギュア関係者を、リスペクトが感じられない内容もどうにかしてほしいよ。フジは一応、全日本選手権から世界選手権まで、放送してる局という自覚があるのか?とは思った。やたらお色気で、気を引こうと、Castに体を張らせてような話にしてるのもどうかとは思う。それにしても、この婚約者は、一体何だったのか?メダリストを両天秤にかけるような価値ある男という説明もなし、青山とその婚約者塚越との関係もわからない。事件の結末も、コーチが犯人というだけではドラマがなさすぎかな。「ラヴソング」や「突然ですが、明日結婚します」のは破壊的な視聴率しかとれない脚本家を使ったのが一番の失敗だな。
↓に続く




04「殺人未遂!?悪化するママ友いじめ 親子が隠す過去の罪」
 高層マンションに暮らす主婦の京子は、玄関前にごみがまかれる嫌がらせをされる。依頼を受けた氷見(竹内結子)らは京子のママ友との集まりに参加。すると京子の息子・怜が有名中学校に合格したことが話題に上る。そんな中、京子が階段から突き飛ばされる事件が発生。藤枝(中川大志)が京子の自宅前に現れた人物を捕まえる。その頃、氷見は記者・茂呂(佐野岳)といた。
【感想】
今回の案件は、始まりはママ友のいじめ問題のように見えたが、氷見はそのずっと先になるある教育問題をどうにかしないといけないという彼女なりの思いがあるのはわかる。京子に投げかけられた玄関前にごみがまかれる嫌がらせは、京子の息子・怜が有名中学校に合格したことやグループのラインから外されたことから、他の住人からの嫌がらせに見えたが、もっと根が深いものだったという展開だった。それに、教育改革や働き方改革を絡めて、裏で世間を動かすフィクサー気分で、弱みを見つけて、議員を操りという展開は、うまい脚本家が書けば、面白くなるかもしれないのだが、危機管理の氷見が見せる世界でもないかな~というのが個人的な結論だ。多くの人の弱みを握り、ギクシャクしていた関係を、精算した余波と見ればいいのかもしれないが、ここまでやらなくてもとは思う。一人の弁護士が都合よくやりすぎと、冷めてしまいそうになるが、それでも痛快ではあるかも。
04「殺人未遂!?悪化するママ友いじめ 親子が隠す過去の罪」
 高層マンションに暮らす主婦の京子は、玄関前にごみがまかれる嫌がらせをされる。依頼を受けた氷見(竹内結子)らは京子のママ友との集まりに参加。すると京子の息子・怜が有名中学校に合格したことが話題に上る。そんな中、京子が階段から突き飛ばされる事件が発生。藤枝(中川大志)が京子の自宅前に現れた人物を捕まえる。その頃、氷見は記者・茂呂(佐野岳)といた。
感想
今回の案件は、始まりはママ友のいじめ問題のように見えたが、氷見はそのずっと先になるある教育問題をどうにかしないといけないという彼女なりの思いがあるのはわかる。京子に投げかけられた玄関前にごみがまかれる嫌がらせは、京子の息子・怜が有名中学校に合格したことやグループのラインから外されたことから、他の住人からの嫌がらせに見えたが、もっと根が深いものだったという展開だった。それに、教育改革や働き方改革を絡めて、裏で世間を動かすフィクサー気分で、弱みを見つけて、議員を操りという展開は、うまい脚本家が書けば、面白くなるかもしれないのだが、危機管理の氷見が見せる世界でもないかな~というのが個人的な結論だ。多くの人の弱みを握り、ギクシャクしていた関係を、精算した余波と見ればいいのかもしれないが、ここまでやらなくてもとは思う。一人の弁護士が都合よくやりすぎと、冷めてしまいそうになるが、それでも痛快ではあるかも。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

コメント大歓迎
データ取得中...
Amazon

視聴率優良サイトリンク 
  • このブログをリンクに追加する
  • Fcastバラエティ視聴率記事
    サイドバー2下の追尾スペース
    ここに追尾させたいものを記載します。