更新日:番組名/検索「視聴率速報」「fcast」

【時効警察はじめました全視聴率】4話 中島美嘉



Artist category:【オダギリジョー】時効警察2019

時効警察2019
10月期テレビ朝日系列 金曜日 23:15分開始
伝説のコメディーミステリー『時効警察』が12年ぶりに復活!“逃げ切った犯人 VS 時効事件を趣味で捜査する男・霧山”のドラマ。殺人事件の時効が廃止された今だからこそ、霧山が“単なる趣味”として未解決事件に挑んでいきます!
【最新回予告】

【スタッフ】
監督・脚本三木聡 
ゼネラルプロデューサー横地 郁英(テレビ朝日)
プロデューサー 大江 達樹(テレビ朝日) 遠田 孝一(MMJ) 山本 喜彦(MMJ)
【キャスト】
霧山修一朗 オダギリ ジョー 総武署の“時効管理課”に配属された。独身でアパート住まい、部屋には驚くほど物がない。
三日月しずか 麻生久美子 時効捜査の“助手”総武署の交通課課長補佐。バツイチ。
彩雲 真空 吉岡 里帆 総武署・刑事課の新人刑事。「ガンバリマス!」が口癖で、とにかく何でも頑張る熱血女子。
十文字 疾風 豊原 功補 総武署・刑事課のエース。刑事として完璧かと思いきや、結構何も分かっていなかったりする。
又来 ふせ えり 総武署・時効管理課に所属。かつては小学生の息子を持つバツイチ
サネイエ 江口 のりこ 総武署・時効管理課に所属。手先・舌先が器用現在は妊娠中。
蜂須賀 緋田 康人 総武署・刑事課に所属。常に十文字とペアを組んでいるベテラン刑事。
諸沢 光石 研 総武署・鑑識課に勤める鑑識官。お金には細かい性格。
熊本 岩松 了総武署・時効管理課の課長。主な仕事は時効事件のファイルに「時効」の判子を押すこと。
【視聴率】
00 09/29【*9.2】時効警察・復活スペシャル
◇脚本・監督 三木聡
01 10/11【*7.7】“総武のウタマロ”
◇脚本・監督 三木聡
02 10/18【*6.1】“超人気ミステリー作家の密室殺人”
◇脚本福田雄一 田中眞一 監督 塚本連平
03 10/25【*5.9】“婚活の女神の恋の罠”
◇脚本小峯裕之◇監督 今泉力哉
04 11/08【4.9】“ゾンビ映画殺人事件”
◇脚本 小峯裕之◇監督 森ガキ侑大
【各話ゲストラインナップ】
趣里、染谷将太、檀れい、寺島しのぶ、中島美嘉、中山美穂、二階堂ふみ、別所哲也、松重豊、向井理、柳葉敏郎



00
【ゲスト】美魔王藤原…武田真治 九品仏さやか…菊地凛子 沢村加奈子…余貴美子
時効になった事件を“趣味"で捜査する男・霧山修一朗(オダギリジョー)が12年ぶりに時効管理課に帰ってきた。コンビの三日月(麻生久美子)、新人刑事の彩雲(吉岡里帆)と共に「浦島ガソリンスタンド火災事件」の捜査を始めることに。調べるうちに71歳にして40代の肉体を持つ男・美魔王藤原(武田真治)の存在が浮上。事件の被害者である沢村浩司の母・加奈子(余貴美子)や九品仏(菊地凛子)というライターも現れ…。
01
【ゲスト】小雪
 総武署時効管理課の霧山(オダギリジョー)は、25年前に水産加工会社の冷凍倉庫で新興宗教の教祖・絹枝(伊勢志摩)が凍死した時効事件に興味を抱く。ほぼ同時刻に、絹枝の元愛人で社長の玲蔵(村松利史)も自室で一酸化炭素中毒死していた。霧山と三日月(麻生久美子)は絹枝の娘・美沙子(小雪)の元へ。2代目教祖となった美沙子は、事件当時高校生で、玲蔵の妻でもあった。裏があると感じる霧山は、刑事・彩雲(吉岡里帆)からの情報で、美沙子の高校の同級生で信者の花崎(六角精児)が別の事件で取り調べられていたと知る。
02
【ゲスト】日下部秋斗…向井理 日下部光晴…古舘寛治 芝浜保…マギー 日下部秋斗(幼少期)…城桧吏
アイドル的人気を博すミステリー作家・日下部秋斗(向井理)。彼には、時効になった事件を“趣味"で捜査する男・霧山修一朗(オダギリジョー)が興味を抱く過去が。秋斗の父で、有名ミステリー作家だった日下部光晴(古舘寛治)は25年前、密室殺人事件で死亡していたのだ。しかし、犯人は見つからず事件は時効を迎えていた。この事件を調べることにした霧山は、助手の三日月しずか(麻生久美子)と秋斗のもとを訪ねるが…
03
【ゲスト】琴吹町子…中山美穂 城崎公彦…別所哲也 城崎圭介…結木滉星 後藤紗良…安藤聖
霧山修一朗(オダギリジョー)はある日、凄腕婚活アドバイザー・琴吹町子(中山美穂)に関する話に興味を抱く。町子が講師を務める婚活セミナーのプレミアム会員は、ほぼ全員が結婚。結婚できなかったのは時効事件で殺された女性だけらしい!その女性とは、町子の夫・城崎公彦(別所哲也)の当時の婚約者・後藤紗良(安藤聖)。“アリバイ証言者と被疑者の結婚"という事実に引っかかった霧山は町子から話を聞くためセミナーへ…
04
折原千香子…中島美嘉 唐沢浩一郎…津田寛治
撮影中に監督が殺されたゾンビ映画が同じ出演者で25年ぶりにリメークされる。映画に映り込んだ幽霊が犯人だという説があり、興味を抱いた霧山(オダギリジョー)は三日月(麻生久美子)と共に主演の千香子(中島美嘉)の元へ。当初、疑われた千香子には、カメラを止めずに撮影していたというアリバイがあった。霧山らはゾンビ役で撮影に参加することに。彩雲(吉岡里帆)も同行を志願するが…。

【帰ってきた時効警察視聴率】
第一話 2007/04/13【12.8】嘘は真実を食べる怪物だと言っても過言では無いのだ!
第二話 2007/04/20【11.9】好きな理由よりも嫌いな理由の方がハッキリしてると言っても過言では無いのだ!
第三話 2007/04/27【10.9】えっ!? 真犯人は霧山くん!?
第四話 2007/05/04【11.4】催眠術は、推理小説にはタブーだと言っても過言ではないのに…
第五話 2007/05/11【11.0】幽霊を見ても決して目をそらしてはいけないのだ
第六話 2007/05/18【13.5】青春に時効があるか否かは熊本さん次第!
第七話 2007/05/25【11.7】ごく普通の主婦がイノシシと間違えられるには、
第八話 2007/06/01【11.2】今回、三日月が大活躍する理由は深く探らない方がいいのだ!
最終回 2007/06/08【13.5】振り返らずに別れるか? 最後にもう一度振り返って別れるか?それが問題だと言っても過言ではないのだ!
関連記事



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
プロフィール Profile

管理人

Author:管理人
性別 男性 20歳以上
ペット 猫
趣味 ドラマ 映画 


free counters
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ

サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。