更新日:番組名 /検索は「fcast」/放送日情報掲載

【金24:孤独のグルメ8 】2019視聴率 あらすじ 大晦日SP好結果


【AD】


【松重豊 】孤独のグルメ8
【最新回の見逃し配信はTVerドラマ】
孤独のグルメ:テレビ東京
金曜24時12分
輸入雑貨商を営む主人公・井之頭五郎(松重豊)が営業先で見つけた食事処にふらりと立ち寄り、食べたいと思ったものを自由に食す、至福の時間を描いたグルメドキュメンタリードラマ
【最新予告】

【キャスト】
井之頭五郎…松重豊
久住昌之
【スタッフ】
原作「孤独のグルメ」 作:久住昌之 画:谷口ジロー(週刊SPA!)
脚本 田口佳宏 児玉頼子
音楽 久住昌之 ザ・スクリーントーンズ
演出 井川尊史 北畑龍一 北尾賢人
チーフプロデューサー 阿部真士(テレビ東京)
プロデューサー 小松幸敏(テレビ東京) 吉見健士(共同テレビ) 菊池武博(共同テレビ)
【スペシャル視聴率】
2018年12月31日(月) 22時00分~23時30分
【4.0】孤独のグルメ大晦日スペシャル 京都・名古屋出張編 生放送でいただきます!
京都編 鈴川江梨子…鶴田真由 食事処・女将…中村ゆり 食事処・大将…橋本一郎 常連客…中川家
名古屋編 喫茶店・ママ…高橋ひとみ 中華店・女将…坂井真紀 ほか
【Amazon.co.jp限定】孤独のグルメ Season8 Blu-ray BOX(L判ビジュアルシート12枚セット付き)
【Amazon.co.jp限定】孤独のグルメ Season8 Blu-ray BOX(L判ビジュアルシート12枚セット付き)
 
【孤独のグルメレギュラー視聴率】
01 10/04【3.4】神奈川県横浜中華街の中華釜飯と海老雲呑麺
【脚本】田口佳宏 演出 北畑龍一 /
肉まん /丸鶏の塩蒸し焼き(半羽) 腸詰め干し肉貝柱釜飯 香港海老雲呑麺 アヒルのパリパリあげ梅ソースつき 4710円

02 10/11【4.7】杉並区高井戸のタンステーキとミートパトラ
【脚本】田口佳宏 演出 北畑龍一 /
「チャーチャースープ」「自家製ドレッシングのプチサラダ」「タンステーキ」「ミートパトラ」3150円

03 10/18【4.2】「東京都中央区銀座のBarのロールキャベツ定食」
【脚本】田口佳宏 演出 北畑龍一
ロールキャベツ定食900円 ビール500円 ご飯大盛り0円

04 10/25【3.2】埼玉県新座市の肉汁うどんと西東京市ひばりが丘のカステラパンケーキ
【脚本】児玉頼子【演出】井川尊史

05 11/01【4.8】「群馬県藤岡市の一人ロースター焼肉」
【脚本】田口佳宏【演出】北尾賢人

06 11/08【2.8】「東京都台東区浅草のローストポークのサラダとチムチュム」
【脚本】児玉頼子【演出】井川尊史

07 11/15【3.1】神奈川県鎌倉市由比ガ浜のドイツ風サバの燻製とスペアリブ
【脚本】田口佳宏【演出】北尾賢人/

08 11/22【4.1】鳥取県鳥取市のオーカクとホルモンそば
【脚本】 田口佳宏 【演出】北畑龍一

09 11/29【4.0】東京都千代田区御茶ノ水の南インドのカレー定食とガーリックチーズドーサ
【脚本】児玉頼子【演出】井川尊史

10 12/06【3.0】東京都世田谷区豪徳寺 ぶりの照焼きとクリームコロッケ
【脚本】田口佳宏【演出】北尾賢人

11 12/13【3.4】神奈川県川崎市武蔵小杉の一人ジンギスカン
【脚本】 田口佳宏 【演出】北畑龍一

12 12/20【3.8】東京都台東区三ノ輪のカツ丼と冷し麻婆麺
【脚本】田口佳宏【演出】井川尊史

12月31日(火) 夜10時~11時30分放送!
12/31【4.7】孤独のグルメ 2019大晦日スペシャル 緊急指令!成田~福岡~釜山 弾丸出張編!

【AD】


07
ゲスト:ママ…かたせ梨乃 中村真治…パパイヤ鈴木
 五郎(松重豊)は、知己であるハンバーガーショップオーナー・中村(パパイヤ鈴木)との商談で、神奈川・由比ガ浜へ。転職した中村の雰囲気はすっかり変わっていた。商談を終え‘海鮮モード’になった五郎だが、周辺にはカフェしかない。ようやく見つけたドイツ家庭料理店には人けがなく、店を後にしようとした瞬間、現れたママ(かたせ梨乃)に席へと案内される。

感想
なんだか、片瀬さん演じるママさんの雰囲気が、日本人ぽくないぶっきらぼうな感じだったのは、久住さんのコーナーを見てわかった!ドイツ人女性がママさんだったんだ。3姉弟らしく、弟さんたちは、ちょい人当たり強めなママさんに押される感じがあったけど、それを表現するために、ああいう芝居になったんだなと、感心してみた。五郎さんもママさんのパワーにオサレ気味だったもんな。しかし、お昼から4000円超えの大食漢な五郎さんだったけど、ママさんにその食欲を抑制されるというのは珍しいけど、あのママさんならあるよね。しかし、ドイツ料理って、店で食べたことはないかも。しかし、ドイツ人の食卓を覗いたことがあるけど、ソーセージと芋なんだよね。しかし、ドイツにサバ料理があるとは思いもしなかった
08
ゲスト:渡辺えり 伊藤修子 遠山俊也
 五郎(松重豊)は仕事で鳥取へ行き、吉川(遠山俊也)に薦められた市役所名物「スラーメン」を堪能。輸入雑貨関連のパーティーではワインを断れず失態を犯す。翌日、昼食の店を探す五郎の前に現れたのは、お母さん(渡辺えり)と娘(伊藤修子)が営む繁華街から離れた鉄板焼き店だった。

感想
今回は、初っ端から、鳥取砂丘というレギュラー放送では珍しい遠出の出張!市役所名物「スラーメン」って、何だと思ってたら、なるほど、うどんつゆに、ラーメンの麺を入れるという食べ物だが、中華麺を買って、めんつゆに入れるばできるので、手軽かも。これは違和感はないかもね。しかし、今回は、本命の店に行き着くまでに、寝過ごして、鳥取の繁華街を漂流したりと、ドラマが有った。しかし、鳥取の飲食店は、昼近くても開いてないのかな。漂流の先に行き着いた店は、ロマンあふれる鉄板メインの店だった・。渡辺えりさんが女将さんだったが、娘さんが伊藤修子さんというのも、本当にこういう店はありそう。そこで出されるものは、ホルモンとかいいね。それに肉なら、手頃な価格かなと思わせる価格設定。サイコロステーキ770円、オーカク890円、ホルモンそば770円とか、ホルモン650円って、そそるかも。鳥取の方言はわからないが、渡辺さんがしゃべると、東北の言葉のように聞こえてしまう。しかし、この店の焼そばは、僕の理想な焼きそばに似てたな~行ってみたいけど、遠すぎるかな。
09
ゲスト:石橋けい 近藤公園
五郎(松重豊)は、壊れたバイオリンを修理してインテリアにしたいという得意先の要望で東京・御茶ノ水にある下倉(近藤公園)のバイオリン店へ。弓に使う馬の尾がある食べ物に見えた五郎は、空腹を覚え土地勘のない路地で店を探すが、ことごとく準備中。路地を抜けたところで、「南インド料理」の看板とメニューの「定食・軽食」の文字にひかれ、店に入る。

南インドのカレーって、食べたことがあるのか?福岡県には、ネパール人が多いらしいので、彼らが作るカレーの店はよくあるけど、食べたらやっぱり美味いのだけは、確かだ。しかし、見た感じ、あんまり違いは、感じなかったし、五郎さんも美味そうに食べてたな。しかし、ライスにすべてのカレーを混ぜて食べるとは、意外だった。美味しいカレーが混じっても、多分美味しんだろう。海老カレーバナナの葉包みに飯でフィニッシュしてたけど、一気に食べるところが、五郎さんらしい。けど、ラッシーって、インド系のカレー店にしかないよな。もっと、いろんな店で出してもいいとは思うし、作り方も簡単だもん。けど、このドラマを見てるとたしかに、カレーが食べたくなったのが、まるちゃんのカレーうどんしかなかったので、作って食べてしまった。
10
ゲスト:内田良夫…きたろうマスター…半海一晃 パート…新井郁
井之頭五郎(松重豊)は商談相手の内田良夫(きたろう)が待つ豪徳寺へ。依頼された書斎デスクのカタログを渡すと、内田は「もの凄いヤリ手と聞いている」などと五郎を煽りだし…。何かと面倒な内田との商談を終え疲れた五郎は、豪徳寺で早めの晩飯を食べて帰ることに。山下商店街を歩いていると「お食事処」ののぼりを発見。魚や洋食メニューが書かれた黒板と和なのか洋なのか“読めない”店が気になるが入口には「CLOSED」の札が…。

感想
毎回、ゲストの人選は見事だと思うけど、今回の店主の半海一晃さんは、ハマりすぎていて怖いくらい。あんな感じのマスターは、本当にいそうだ。今夏は特に、「お食事処」というノボリ!こういう日本食の定食店は、今回のシリーズで初かも。このお食事どころでは、ぶりの照焼きの焼かれる音が魅惑的だった。五郎さんも、島国日本の定食だと言い切っただけのことはある見事な食事に見えた。しかし、おっさんになると煮物好きになるよね。それに、あんな感じのクリームコロッケっていいよな。なかなかあん感じに作れない。途中、一心不乱に食す姿がいいね。そのためか?最後の最後に海鮮とろろごはんだった。パート役の新井郁さんは目を引いたな。
11
村井美咲…水野真紀 店主…高田延彦
井之頭五郎(松重豊)は、武蔵小杉のタワーマンションに引っ越したばかりの村井美咲(水野真紀)の所にリビングの内装の商談で来ていた。しかし優柔不断で悩みすぎて話が全く進まず、困った五郎はある提案をするが…。商談を終えるとすっかり夕飯どき。空腹で居酒屋メシ気分になっていた五郎だが、ジンギスカンというパワーワードと換気口から漂う匂いにつられ吸い込まれるように店内へ。そこには新たなジンギスカンの楽しみ方が…。
【最終回】
ゲスト:浅利陽介 春海四方
 五郎(松重豊)は、東京・三ノ輪でクリスタルアート店を営む広瀬(浅利陽介)にイベントの協力を仰ぐ。広瀬は快く受けるが、その代わりにむちゃなお願いをされてしまう。大きな代償を払うことになった五郎だが、腹が減り店を探し続けた末、1軒の定食店を発見する。「カラッと最高の油でどうぞ!ロースとんかつ定食」のうたい文句に誘われて店に入ると、中華料理や洋食と、五郎を惑わせるメニューが並んでいた。

感想
今回の話の最後、広瀬から、マドリットに言ってほしいと頼まれたが、次回は舞い戻って博多から釜山に行くことになるらしい。なんとも年末も忙しい五郎さんだが、年越しは、韓国なんてことになるのかどうか走らないが、去年みたいに普通に戻ってきて、成田での年末にまたもなるのかな?最終回の食事はカツ丼だったけど、夜中見ていた流石に腹が減っリかけるところに、カツ丼は厳しい!どう考えても美味しさは画面から伝わってくるほどの一品だった。それで終わらないのが、五郎さんマーボー麺に、更に、ソースを掛けたりと、やりたい放題の最後飯だった。
【スペシャル】
12月30日。海外出張を終えた井之頭五郎(松重豊)が成田空港近くの食堂で疲れを癒していると、翌日会うはずの福岡の商談相手・高橋正則から「今日来て欲しい」と連絡があり、急遽福岡へ。一瞬愕然となるが、用意した商品を褒められ、安堵した矢先…思わぬトラブルに巻き込まれ、翌朝釜山へ行く事態に!失意の中歩いていると、生簀(いけす)がある居酒屋を見つけ店中へ。そこには大将の雰囲気とかけ離れたワインセラーがあり…。
感想
12/30にいきなり自分の飲み会の時間を作るために、前倒しで、福岡に当日来いって、そりゃ無理でしょとは、思わずにはいられないが、ドラマの中なので、何でもありなんだろうな。そこから、大晦日に韓国に日帰りっていうのも強引だけど、韓国の料理は、行ったとき食べたものは、なかなか美味しかった。五郎さんも、名波がお気に入りだったみたいだけど、卵を自分で目玉焼きにするというのは、面白い。韓国なら、そういうこともありそうだ。福岡に帰ってきて、最後は屋台だったけど、さすがに有名な店だったが、ラーメン食べただけじゃなく、食いしん坊すぎる五郎さんは、次から次へと頼みまくっていたところが、彼らしい。しかし活海酒って、これまた何でもありの料理店だったな。全く知りもしないけど、美味しそうなものなら、なんでもある雰囲気がいい感じ、久住さんも、タコ刺し頼んでたけど、たぶん、美味しいもしかない店なのだけは、想像がつく。しかし、探してた茶碗は、ワゴンセールの3,000円って、まあ、わかりやすいオチだった。
関連記事


【AD】



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新コメント
データ取得中...
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
プロフィール Profile

管理人

Author:管理人
性別 男性 20歳以上
ペット 猫
趣味 ドラマ 映画 


free counters
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ

サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。