検索は「fcast」「嵐視聴率」「視聴率速報」

【スカーレット】2019-2020 全話総合視聴率  


【AD】

【NHK朝の連続テレビ小説】エール
【最新回の見逃し配信はTVerドラマ】
2019年度後期連続テレビ小説「スカーレット」
高度成長期にかけて、滋賀県信楽で陶芸家として成長する女性を描く
【放送予定】2019年9月30日~2020年3月

【キャスト】
川原喜美子 戸田恵梨香
【スタッフ】
【脚本】水橋文美江
【制作統括】内田ゆき
【プロデューサー】長谷知記
【演出】中島由貴、佐藤 譲
【音楽】 冬野ユミ
【舞台】 滋賀県信楽
【視聴率】全150回関東全話平均19.4
関西地区【18.6】名古屋地区【21.0】北部九州地区【15.8】
【15.1】もうすぐ!連続テレビ小説!スカーレット
【期間平均総合視聴率(全150回)】
25.2%【関西】26.3% スカーレット
【全話視聴率】
【10月】
月㉚20.2 ⑦19.7 ⑭18.0 ㉑20.2 ㉘17.9
火①19.2 ⑮18.3 ⑮20.4 ㉒13.9 ㉙19.1
水②20.6 ⑨20.8 ⑯20.3 ㉓19.6 ㉚19.5
木③20.7 ⑩19.9 ⑰19.7 ㉔20.1 ㉛19.0
金④20.0 ⑪20.3 ⑱20.3 ㉕21.3 ①20.0
土⑤18.1 ⑫22.4 ⑲19.2 ㉖18.3 ②19.1
関西初回【19.4】10/28 【18.8】29【17.3】30【18.4】31【17.8】
【11月】
月④20.1 ⑪21.7 ⑱20.3 ㉕18.8
火⑤19.6 ⑫19.3 ⑲19.8 ㉖18.8
水⑥19.7 ⑬20.3 ⑳19.6 ㉗20.5
木⑦20.4 ⑭18.9 ㉑19.4 ㉘20.1
金⑧21.4 ⑮21.1 ㉒19.5 ㉙19.9
土⑨20.0 ⑯18.6 ㉓17.9 ㉚18.7

【12月】
月②18.4 ⑨19.2 ⑯19.2 ㉓18.4
火③18.6 ⑩18.2 ⑰20.4 ㉔19.8
水④19.3 ⑪19.5 ⑱20.0 ㉕19.2
木⑤18.2 ⑫18.5 ⑳19.1 ㉖19.1
金⑥19.1 ⑬20.0 ㉑19.9 ㉗19.9
土⑦18.7 ⑭19.2 ㉒20.2 ㉘18.7
【1月】
月⑥17.3 ⑬17.5 ⑳19.1 ㉗19.2
火⑦17.7 ⑭19.2 ㉑19.3 ㉘19.3
水⑧19.3 ⑮18.7 ㉒20.2 ㉙18.0
木⑨18.6 ⑯18.3 ㉓18.3 ㉚19.6
金⑩18.4 ⑰19.0 ㉔19.5 ㉛19.4
土⑪18.0 ⑱18.6 ㉕19.3 ①19.2
【2月】
月③19.0 ⑩19.2 ⑰19.9 ㉔18.5
火④19.3 ⑪18.5 ⑱19.3 ㉕19.3
水⑤20.4 ⑫19.0 ⑲19.5 ㉖19.7
木⑥20.3 ⑬19.3 ⑳19.4 ㉗19.1
金⑦20.6 ⑭19.9 ㉑19.6 ㉘19.0
土⑧19.3 ⑮18.5 ㉒19.8 ㉙18.3
【3月】
月②18.8 ⑨19.6 ⑯19.8 ㉓20.7
火③19.2 ⑩20.1 ⑰19.9 ㉔20.8
水④20.1 ⑪19.5 ⑱18.5 ㉕20.0
木⑤20.0 ⑫19.1 ⑲19.0 ㉖19.7
金⑥18.8 ⑬19.3 ⑳18.7 ㉗20.1
土⑦18.9 ⑭19.5 ㉑18.7 ㉘20.5
最終回関西地区は20.6%
【AD】


01 【19.8】はじめまして信楽 中島由貴
02 【20.2】意地と誇りの旅立ち
03【19.7】「ビバ!大阪新生活」
04【18.9】「一人前になるまでは」
05【19.1】「ときめきは甘く苦く」
06【20.2】自分で決めた道
07【20.0】「弟子にしてください!
08【19.4】心ゆれる夏
09【19.5】火まつりの誓い
10【18.7】好きという気持ち
11【19.1】夢は一緒に
12【19.8】幸せへの大きな一歩
13【19.2】愛いっぱいの器
14【18.2】「新しい風が吹いて」
15【18.6】優しさが交差して
16【19.3】熱くなる瞬間
17【19.1】涙のち晴れ
18【19.8】「炎を信じて」
19【19.1】
20【19.5】
21【19.0】「スペシャル・サニーデイ」
22【19.3】「いとおしい時間」
23【19.5] 「揺るぎない強さ」
24【19.1】「小さな希望を集めて」
25【20.3】
関連記事




コメント

小説を読んでいるようなドラマだった
よく物語の行間を読めと言われるが、この朝ドラまさにコレ
息子が不治の病にかかり悲しまない親はいない。
だが喜美子の気丈な性格が逞しく、もう少し暖かい言葉があってもいいのにと思ったり、元夫、八郎とのやり取りも血の通った言葉かけてほしいと思ったり。

喜美子は自分に厳しい強くて逞しい女性だから、ホントは優しく暖かい女性なのに。
応援しなくても1人で強く生きていける人だったな。

可もなく不可もなくというより、可もあれば不可もある、そんなドラマだった。
見終わって、ものすごく苦い青汁を飲んだような、でも気分は爽やかな後味の小説を読んでいたような朝ドラでした。

脱落しそう
穴窯が終わってからのグダグダにもう限界。
喜美子も生気がなくなったような感じで、それが何週間も続くとさすがに見ていて疲れます。
小池アンリという謎の新キャラも違和感満載でした。
喜美子を通して何が言いたいドラマなのか、ここまで見てきてよくわかりません。
あと残り2ヶ月
やっと物語の本髄に入ってきましたね。
長年、朝ドラを見てきた者からすると半年間をほぼ毎日15分って難しいのではないかと思う。
飽きるというか、見たくない展開になっていく時もあるし。
実はいまがコレで見たくない展開。

喜美子の頑張り屋で小さい頃から家族の為に己を犠牲にしてきた子だから、負けるな、頑張れと応援してきた。
だが、八郎と弟子の内に秘めた恋心を見せられたらいくら喜美子でも壊れていくだろう。

朝ドラには元になるモデルがいるとのこと。それにしても、見ていて辛くなる日々が続くとしばらく視聴はやめて最終回近くなったら見ようという気にさせる。

喜美子は八郎より才能あるが、出しゃばりでもないし、夫を立てる良き妻。
なのに、八郎ばかりが悲観したり傷ついたり、なんでそんなに腐るのか不思議。またそのグチを弟子に喋る。
夫婦でいるのが辛い様子。

スカーレットは、丁寧に物語を描いているし登場人物もそれぞれ生かして描いている。ただ、楽しみになるドラマじゃない。
残念なのがお父さんの死。
嫌な親父だったけど、居なくなると寂しい。もっと昭和の典型のような頑固親父を見ていたかった。ちゃぶ台返しは、笑った。

息の詰まる展開を小刻みに見せられたら、見てる方も息苦しい。

やっと本髄に入ったのに。






期待していますが……
子役の頃の、活発で頼もしくてよく考えて大人にも負けずに物申す喜美子から、戸田恵梨香さんに変わっての喜美子が微妙な感じです。
見た目はしょうがないのでいいですけども、性格はある程度一貫していてほしいと思います。
今回は陶芸家の話。
昭和、しかも戦後の雰囲気が実にうまく表現されていた。
喜美子役の子役さん、うまいですね〜
どの朝ドラも子役の演技力に脱帽です。
長いスパンでドラマ作りしてもいいくらい。
おてんばで、勝ち気な子供って、朝ドラではありがちだけど、まわりの友達もなかなか個性的で、仲良くなったら一生の友達になる感じ。いいですね。

陶芸は、地味なイメージもありますが、戸田恵梨香さんは役づくりもうまいし、期待できますね。
個人的に、母親役の富田靖子さんがいい味出していて、素敵だな。

コメントの投稿

非公開コメント

最新コメント
データ取得中...
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
プロフィール Profile

管理人

Author:管理人
性別 男性 20歳以上
ペット 猫
趣味 ドラマ 映画 


free counters
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ

サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。