更新日:番組名/検索「視聴率速報」

【ハラスメントゲーム視聴率】最終回UP



Artist category:【唐沢寿明】ボイス

ドラマBiz「ハラスメントゲーム」
テレビ東京系毎週月曜 22:00~22:54
唐沢寿明がハラスメント問題に真っ向から立ち向かう会社員を熱演!
【スタッフ】
原作:井上由美子「ハラスメントゲーム」(河出書房新社)
脚本:井上由美子
監督:西浦正記 関野宗紀 楢木野礼
プロデューサー:稲田秀樹 田淵俊彦 山鹿達也 田辺勇人 浅野澄美
主題歌:風をみつめて/コブクロ
ハラスメントゲーム
ハラスメントゲーム
posted with amazlet at 18.10.15
井上由美子
河出書房新社
売り上げランキング: 3,365

【キャスト】
唐沢寿明 秋津渉 大手スーパー「マルオーホールディングス」のコンプライアンス室室長。社内で起こるさまざまなハラスメント問題を、奇抜なアイデアと手法で解決していく。
広瀬アリス 高村真琴 「マルオーホールディングス」コンプライアンス室所属。しっかり者。
古川雄輝 矢澤光太郎 「マルオーホールディングス」の顧問弁護士。「B&T法律事務所」所属。
市川由衣 小松美那子 容姿端麗な「マルオーホールディングス」役員担当秘書。
滝藤賢一 丸尾隆文 父から経営を受け継いだ、「マルオーホールディングス」の3代目社長。
石野真子 秋津瑛子 秋津の妻。家族を支えているしっかり者。
佐野史郎 水谷逸郎 「マルオーホールディングス」広報&IR担当取締役。脇田派として、丸尾の失脚を狙って画策する。
高嶋政宏 脇田治夫 「マルオーホールディングス」常務取締役。本社に戻ってきた秋津と敵対していく。
【視聴率】
01 10/15【5.2】「炎上!一円玉パワハラ」
監督:西浦正記 【ゲスト】武藤譲…田中直樹 小川麻衣…志田未来 佐々部幸弘…尾上寛之
02 10/22【5.5】「勃発!パート一揆!」
監督:西浦正記 【ゲスト】 大竹満寿子…余貴美子
03 10/29【4.8】「イクメンパパの裏の顔」
監督:関野宗紀 【ゲスト】徳永悠馬…斎藤工 野村進次郎…近江谷太朗
04 11/05【5.0】「女の出世VS男の嫉妬」
監督:西浦正記 【ゲスト】貴島秀美…黒谷友香 岩熊義雄…山中崇 北川左近…麿赤兒
05 11/12【4.6】アルハラに隠れた不器用な恋
監督:関野宗紀【】結城三郎- 八嶋智人 関根かすみ - 岡本玲
06 11/19【4.9】被害者が加害者になる時
監督:西浦正記 【ゲスト】小泉光一 - 石井正則 浅村裕也 - 杉本哲太
07 11/26【5.1】秋津大ピンチ!セクハラ疑惑でクビ!?
監督:西浦正記 【ゲスト】熊沢咲子…松下由樹
08 12/03【4.6】会社を救え!最強の敵現る!!
【監督】西浦正記 【ゲスト】横手理市…加藤雅也 田端慎二…迫田孝也 出川哲朗
09 12/10【4.7】最終回!決戦の時は来た!!
【監督】西浦正記 【ゲスト】横手理市…加藤雅也 田端慎二…迫田孝也


06
 秋津(唐沢寿明)は丸尾(滝藤賢一)の指示通り、水谷(佐野史郎)をパワーハラスメントで訴える。しかし水谷は、真琴(広瀬アリス)と矢澤(古川雄輝)に事実無根かつ名誉毀損(きそん)だと話し、断固として認めない。そんな中、人事部の小泉(石井正則)がコンプライアンス室へ。リストラ対象者に会社が嫌がらせをして退職を促すのが「リストラハラスメント」だが、どうすればリスハラにならずに退職させられるのか指導してほしいという。
感想
このドラマは、4話以外は、毎週見ているのだが、月曜日は見る番組が多く、後で見て、感想を書こうと思ったけど、どうもできないらしい。それにしても、ミエミエのセクハラ作戦、あの秋津が罠にはなるとは思えないのだが、なんだか彼が別の人物を演じてるみたいで、来週どんな逆転劇があるのか?そうじゃないと、女性社員から夜中呼ばれて行く、コンプライアンス室室長なんて、ありえない展開だと思うので、期待したい。その前に、リスハラなんてものもあるのか!ハラスメントって多岐にわたるもんだ。そんなものと無縁に生きてると、鈍感になるので、興味深き見れる。今回は、かつての上司を人事部長になった元部下が、退職を促す話だったが、最終的に、元上司の浅村はやめることはなく、しぶとく会社に残ることを選択した。コイズミは目的を果たせなかったけど、秋津のイチかバチかに見えた正直に話すという手法は、確かに回りくどく言われるよりも、スッキリするし、遺恨を和らげる気もするのだが、人間なんて、本当にわからなんもんね。秋津が言う通り、なんとかうまく言った話なのかもしれない。
07
 秋津(唐沢寿明)は秘書・美那子(市川由衣)のわなにはまり、セクハラで訴えられる。全ては秋津を恨む水谷(佐野史郎)の策略だった。秋津は弁護士・咲子(松下由樹)から事情聴取を受けた際に無実を訴えるが、「証拠がない」と一蹴される。潔白を信じる真琴(広瀬アリス)は真相を突き止めるため、矢澤(古川雄輝)と内密に動き出す。しかし、決定的な証拠をつかむことができないまま時は過ぎ、役員の間で自主退職を促す声が高まる。
08
 辞表を提出した秋津(唐沢寿明)を、意外にも脇田(高嶋政宏)が慰留する。美那子(市川由衣)には買収ファンド会社勤務の過去があり、スパイの可能性をにらんだ脇田は、秋津に調査を依頼したのだ。その頃、真琴(広瀬アリス)に東京・世田谷店から、客の田端(迫田孝也)が店への嫌がらせ「カスタマーハラスメント」をしていると連絡が。一方で、丸尾(滝藤賢一)が突然、音信不通になる
感想
先週は少し遅れて、見逃し配信で見たので、感想を書き忘れたが、脇田がいきなり秋津を留意しだすとは面白い展開だったな。美那子も、買収しようとする企業のスパイという急転直下の展開で、秋津が彼女に、配慮した意味は、まったくなかったが、彼に対する嫌疑は晴れたが、秋津は、妻との話し合いで、きっちり、会社をやめることに。けど、秋津は素晴らしい女性と結婚したな、。気持ちいいほどの、夫婦二人、通じ合っていたのは、見ていて気持ちいい。
09
秋津渉(唐沢寿明)の交渉で丸尾隆文(滝藤賢一)を救出するが、横手理市(加藤雅也)による買収に向けたマルオーへの攻撃は日増しに激しくなっていく。高村真琴(広瀬アリス)にはカスハラ男・田端(迫田孝也)が品川店で暴れているの連絡が。SNSでは「マルオースーパーが全店閉店」というガセ情報が出回り大炎上。明らかに横手の仕業だ。しかも次の一手がすでに動き出していて…。果たしてマルオーはなくなってしまうのか!?ついに涙の最終話…
感想
ハラスメントゲームというドラマは、脚本も面白かったが、やはり、主演唐沢寿明という名優が、秋津渉という人物に、魂を吹き込んだ演技をしてるというのは大きいとは思う。「先輩はクズ中のグズだ!」と最後のバス停の場面で、別れのシーンにかれに言い放つが、情感豊かだった。ある意味、日本のドラマらしい終わり方で、横手理市の思うがままの金銭決着だったし、、丸尾隆文は最終的には社長職を誰よりもマルオを愛する脇田に譲った。そして、あれだけの働きをした秋津は、何故か地方って、僕なら、彼をうまく使ってこそ、脇田”社長”だと思うけど、流れてしまうんだな~。しかし、あのバス停でもわかれやすべてを引っくるめて、テレ東のドラマなのかもね。
関連記事

コメント

ハラスメントとは?
ハラスメントと呼ばれるものが多岐に渡っていて、
考え過ぎると身動き取れなくなりそうです。
それでもこのドラマが、ストレスのたまらない、痛快劇として
楽しく観れたのは、管理人さんの仰る通り、秋津渉という
昼行灯的に見せながら 実はやり手という味のある個性を、
唐沢さんが引き立たせていたからだと思います。
でも最後は、サラリーマンの悲哀を感じて、少し切なくなりました。
ここ最近の井上由美子さんの作品の中では、一番好きかも…


結構楽しみにしているドラマ
始めの頃よりドラマが進んで行く程、面白くなりました。
それにしてもいろんなハラスメントがあり、難しい時代になりました。
これによって仕事も遊びもつき合いも、本当の信頼できる仲間があることが大切かも。
秋津さんの奥さん、最高ですね。あっさりしているだけでなく、賢い方で夫婦の会話に味がある。
いい仲間がいても録音器をみせたのは奥さんにだけもステキすぎる。
最終回に向けてのストーリー楽しみです。
ちょっとスッキリしたかな~♪
セクハラ、パワハラ、モラハラ、リスハラ…どんだけ~ってくらいあるんですねー
ハラスメント‼
ちょっと行き過ぎ…では済まされない過剰な圧力、嫌がらせ等 受け取る側にもよるのでしょうけど なかなか成立させるのは容易ではないかも…
毎回、室長大変だー!と思いながら観てますが…両者が納得いく采配は難しそう
でも 唐沢さんや広瀬さん達の明るさで楽しく観れてますよ♪
リスハラ回では高額得ている役員勢に放った言葉はフフフフ ちょっとスッキリ‼
まぁ 面と向かっては言えないでしょうね
唐沢さん演じる秋津室長の思惑はわからないけれども敵多し!
ガンバレー♪

コメントの投稿

非公開コメント

コメント大歓迎
データ取得中...
Amazon

視聴率優良サイトリンク 
  • このブログをリンクに追加する
  • Fcastバラエティ視聴率記事
    サイドバー2下の追尾スペース
    ここに追尾させたいものを記載します。