更新日:番組名 /検索は「fcast」か「視聴率速報」

【コウノドリ2017視聴率3】最終回北海道高め


【AD】


【綾野剛】 コウノドリ
最新回の見逃し配信はTVerドラマ
【早期購入特典あり】コウノドリ SEASON2 DVD-BOX(ポストカードセット付)TBS系金曜ドラマ『コウノドリ』公式ガイドブック (ヤマハムックシリーズ185)【Amazon.co.jp限定】 コウノドリ DVD-BOX (特製オリジナルカード付)
【早期購入特典あり】コウノドリ SEASON2 DVD-BOX(ポストカードセット付)
金曜ドラマ『コウノドリ』
コウノドリが帰ってきます!主演・綾野剛、松岡茉優、吉田羊、坂口健太郎、星野源、大森南朋 「出産は奇跡-」産科を舞台にした愛おしい命の物語が、再び動き始めます。
【スタッフ】
原作:鈴ノ木ユウ「コウノドリ」(講談社)
脚本:坪田文 矢島弘一 吉田康弘
演出:土井裕泰 山本剛義 加藤尚樹
プロデューサー:那須田淳峠田浩
主題歌:奇蹟/Uru
プロデューサー:峠田浩
主題歌:あなたがここにいて抱きしめることができるなら/miwa
【キャスト】
綾野剛 鴻鳥サクラ ペルソナ総合医療センターの産婦人科医であり、BABYの名で素性を隠して活動するピアニスト。
松岡茉優 下屋加江ペルソナ総合医療センターの産婦人科医。
吉田羊 小松留美子 助産師。ペルソナ総合医療センターの助産師長。
坂口健太郎 白川領 ペルソナ総合医療センターの新生児科の医師。
星野源 四宮春樹 産婦人科医。同期入局のサクラとは正反対の性格だが、お互いに尊敬し、信頼し合っている。
大森南朋 今橋貴之 新生児科の部長で、周産期センター長も兼任。
【視聴率】金曜日視聴率
01 10/13【12.9】赤ちゃんは未来、生まれること、そして生きること
脚本:坪田文 演出:土井裕泰
早見マナ・・・志田未来 荻島勝秀・・・佐々木蔵之介
02 10/20【11.8】答えのない選択 二つの大切な命を守るために
脚本:矢島弘一演出:土井裕泰
土村芳 福士誠治
03 10/27【11.9】関西【13.7】母を救え 産後うつと無痛分娩
脚本:坪田文 演出:山本剛義
川栄李奈
04 11/03【13.6】自然分娩 "良い母親"になるためのリスク
脚本:矢島弘一 演出:山本剛義
安めぐみ
05 11/10【10.6】二人の母の友情と涙-
脚本:吉田康弘 演出:土井裕泰
篠原ゆき子、深水元基、矢沢心、平原テツ
北海道14.1%
06 11/17【11.0】突然の命の危機 母子の救急救命
脚本:坪田文 演出: 加藤尚樹
笠原秀幸
07 11/24【11.7】北海道【12.9】母になる人生 母にならない人生何が違うの?
脚本:矢島弘一 演出:山本剛義
須藤理彩 月影瞳
08 12/01【12.9】医師の決意 病院を辞めます
脚本:吉田康弘 演出:土井裕泰
芦名星 高橋努
09 12/08【12.3】関西【15.3】北海道【15.3】不育症 世界一の味方は誰?
脚本:矢島弘一 演出:韓哲
野波麻帆、高橋光臣
北海道11.3%
10 12/15【11.1】関西【14.2】北海道【14.9】【出生前診断 命についてのすべてのこと】
脚本:坪田文 演出:山本剛義
りょう 初音映莉子
11 12/22【10.8】北海道【12.8】最終回【チームが起こす最後の奇跡】
脚本:坪田文 演出:土井裕泰


【AD】


09
サクラ(綾野剛)は3回目の流産が判明した妊婦・沙月を診察する。原因を知りたいと思い詰める沙月は、不育症の検査を希望。サクラや小松(吉田羊)は沙月の苦しみに寄り添おうとする。下屋(松岡茉優)は、救命科に研修に来た吾郎(宮沢氷魚)と急患の処置に当たるものの、何もできず立ち尽くす。一方、石川に帰省した四宮(星野源)は、産科医の父・晃志郎(塩見三省)の受け持つ妊婦が早期胎盤剥離を起こしたことを知り…。
【感想】
本当に、妊娠というだけでも、いろんな題材があるものだと思わずにはいられないが、サクラが語ったように、医療が進もうとも、医師にできることは限られてるし、子供ができるなんて、本当に奇跡なのかも。ほとんど出産は、このドラマのなかで取り上げられるような、命の危機はないとしても、いろんなことが起こり、子どもたちは生まれてくるもんだということが、このドラマを見ていると思えるが、その前段階で、つらい気持ちで流産という宣告を受ける女性もいるということを、思い知らされる話だった。それにしても、お母さんの立場になると、流産してしまうと沙月が苦しい胸の内をやっと話したように、自分を責めてしまうのは避けられないのかもしれない。けど、彼女のまわりには旦那さんもサクラも小松も見守ってくれる。それだけでも、温かい気持ちで見れたし、最終的に、赤ちゃんの心音が伝わってくるように、僕も温かい命に触れた気がした。そんな世界とつながっている四宮親子だったが、産科医の父・晃志郎の倒れながらも、お前には負けないという言葉は、父を心配する息子に対する強がりではなく、医師として、全力で妊婦の命を救うという思いが、そう言わせたのかもと思えた。
10
 サクラ(綾野剛)は羊水検査を希望する妊婦・透子を診察する。透子は別の病院で出生前診断を受け、おなかの子がダウン症候群の可能性が高いと診断されていた。サクラはまだ現実を受け止めきれない透子と夫・光弘に、検査の結果が出る前に今後どうするかを話し合っておくよう語りかける。一方、やはりおなかの子がダウン症候群と診断された信英・明代夫妻。2人は長女のことや生活のことを考え、中絶を希望する。
【感想】
今回も辛い話だったが、サクラが医師たちの前で、話したことがすべてのように感じざるを得ない。妊婦・透子の母親が、おなかの子がダウン症候群の可能性が高いと診断されて、生むことを迷う我が子に、やめたほうが言ったのは、透子の強い意志を図りたいと思ったからだろう。生命の話なので、簡単に判断できないことだから、彼女が育てると決断することができたとき、母親はそれを認めた。信英・明代夫妻が、子供が埋めないと判断し、中絶を決めたことに、複雑な思いをサクラや小松が抱えながらも、それに寄り添って行くのも一つの生命に対する姿なんだろう。誰にも答えが出せない生命のあり方を見ながら、少しでも明るい未来が医療の進歩の中に見いだせたらとは思う。本題の話とは別だが、ついに四宮の父がなくなって、最終回を迎えるにあたって、大きな決断になりそうだ。白川も新しい道を歩み出しそうだし、ペルソナの新生児科も産婦人科も大きく変わるのかな。
【最終回】
中国人旅行者の妊婦が緊急搬送されてきた。サクラ(綾野剛)や小松(吉田羊)らが急いで対応に当たる中、懐かしい顔が病院に戻ってくる。赴任先が決定した白川(坂口健太郎)は、今橋(大森南朋)に報告。下屋(松岡茉優)は実習生時代から苦楽を共にしてきた白川がいなくなることに寂しさを覚える。そんな中、サクラたちは小松と同期の助産師で妊婦の武田(須藤理彩)を診察する。一方、故郷から帰ってきた四宮(星野源)は迷いの中にいて…。
【感想】
最終回、小松が約束していた同期の助産師武田のお産は、彼女の生死をさまようことになりなりはしたが、最終回らしく、彼女の命も救われた。このことと四宮の能登に行くことを決断したことが、彼女を新しい道に導いたのかもしれないが、早くから決まっていた白川の前向なペルソナから離れることを含めて、多くの人が新しい道を歩むことを選んだし、また多くの人が、ペルソナに帰ってくることとなった。けれど、サクラは「僕はここにいる」と言い切り、みんなを出迎えながらも、送り出していった。ペルソナに、彼がいると思っているから、他の人々は、この場所を去ることも、もう一度返ってくることも、苦にしないのかと思えた終わり方だった。四宮は、多くは語らなかったが、父のあれだけの生き様を見たのなら、彼の意思をつなぐことしか考えられなかったのだろう。そんな彼に、産科の道を決断した赤西を任せたのは、意外だったが、ペルソナへの思いとつながっていてほしいという思いと信頼できる人に預けたいと言う思いのあったのか?そんな彼がもう一度ペルソナに戻ってた時の姿を見てほしいという思いもあったりするのか?この展開は、次回のシリーズを見越しての展開だと思いたい。サクラは、出産は奇跡というが、添えと同様にこの時にあのメンバーが集ったのも奇跡。新しい奇跡を見てみたいと思いながら、新シリーズを待ちたい気持ちだ。
関連記事


【AD】



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新コメント
データ取得中...
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
プロフィール Profile

管理人

Author:管理人
性別 男性 20歳以上
ペット 猫
趣味 ドラマ 映画 


free counters
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ

サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。