検索は「fcast」「嵐視聴率」「視聴率速報」

【金22視聴率感想】コウノドリ 見逃し配信 二桁確保


【AD】

【綾野剛】 コウノドリ
【最新回の見逃し配信はTVerドラマ】
コウノドリ(11) (モーニング KC)
鈴ノ木 ユウ
講談社 (2015-10-23)
売り上げランキング: 39

金曜ドラマ「コウノドリ」
原作:鈴ノ木ユウ「コウノドリ」(講談社)
脚本:山本むつみ
演出:土井裕泰 金子文紀
プロデューサー:峠田浩
主題歌:あなたがここにいて抱きしめることができるなら/miwa
【キャスト】
綾野剛 鴻鳥サクラ ペルソナ総合医療センターの産婦人科医であり、BABYの名で素性を隠して活動するピアニスト。
松岡茉優 下屋加江 産婦人科医。後期研修医1年目の新米で、サクラが率いるチームの一員として奮闘する。
吉田羊 小松留美子 助産師。サクラと四宮が研修医だったころを知るベテラン。
星野源 四宮春樹 産婦人科医。同期入局のサクラとは正反対の性格だが、お互いに尊敬し、信頼し合っている。
大森南朋 今橋貴之 新生児科の部長で、周産期センター長も兼任。
【視聴率】
01 10/16【12.4】命にまつわる愛と感動の物語
脚本:山本むつみ 演出:土井裕泰
02 10/23【12.0】妻か子か?“正解なき選択”の先にはー
脚本:山本むつみ 演出:土井裕泰
03 10/30【*8.9】風疹で…2つの手が繋ぐ奇跡!!」
脚本:山本むつみ  演出:金子文紀
04 11/06【*9.4】あまりにも小さいその命…救うのは私 下屋の決断は
脚本:山本むつみ  演出:
【AD】


01
都内のライブハウスで演奏していた謎のピアニスト・BABY(ベイビー)は、満員の観客を残したまま開演10分でライブを終了し、立ち去ってしまう。BABYの正体は、ペルソナ総合医療センターの産婦人科医・鴻鳥サクラ(綾野剛)。妊婦受け入れの緊急要請の連絡が、研修医の下屋加江(松岡茉優)から入ったのだった。
受け入れ要請の妊婦は、産科検診を受けず、妊娠週数も不明というリスクの高い“未受診妊婦”。万が一、感染症などがあれば医療スタッフにとっても他の患者にとっても、極めて危険な患者となる。受け入れに悩む新生児科の医師もいる中で、サクラは「未受診なのは母親のせいで、お腹の赤ちゃんに罪はない」と強く訴える。
【感想】
産婦人科医のドラマは、今までにあったのかは覚えてはいないが、生命の誕生のドラマだけに、僕の心のなかでは、かなりドラマチックな話だった。ペルソナ総合医療センターというのはかなり設備の整った施設を持つ産婦人科みたいで、なかなか難しい妊婦さんも受け入れているようだ。僕も未受診妊婦と言われるものが、どれほど、リスクが有るというのは知らなかったので、勉強になる。言われいてみれば、感染症などのうリスクが付きまとうからなのか。そりゃ妊娠手帳というものがどれほど大切なのかよく分かる。そんな産婦人科の現場で、働いて頂いてる方々は、ある意味日本の未来の窓口なのかもしれない。そして、お母さんや子どもたちを守るという産婦人科医の仕事を感じれるドラマとして、貴重かも。物語は、誰にも頼ることのできない女性と子供を救う話だったが、なんとも、心が痛くなる話だ。ここで医師たちが語る言葉は、今日もどこかで起こってる現実なのかと思うと、物語が心を揺さぶる。
「未受診なのは母親のせいで、お腹の赤ちゃんに罪はない」
は、心して、考えなくてはならない言葉なのかも。本当にひとりでも幸ある子供が生まれてくることを願いたくなるドラマだ。
02
産婦人科医の鴻鳥(こうのとり)サクラ(綾野剛)、四宮春樹(星野源)、新米産婦人科医の下屋加江(松岡茉優)をはじめ、新生児科医の今橋貴之(大森南朋)、白川領(坂口健太郎)、助産師長の小松留美子(吉田羊)らが参加する周産期母子医療センターの合同カンファレンス中に、救命救急医の加瀬宏(平山祐介)が飛び込んできた。交通事故にあった臨月を間近に控える妊婦が5分後に運ばれてくるという。運ばれてきた妊婦・永井晴美は、頭部の外傷がひどく意識不明の状態だが、胎児の心音に異常はない。サクラは赤ちゃんが元気なうちに帝王切開に持ち込むことを提案するが、救命救急の加瀬にとって一番に優先すべきことは患者の命を救うこと。出産させることで母体の容態が急変するかもしれないと懸念しサクラの提案を跳ね除ける。そこへ職場から駆けつけた晴美の夫・浩之(小栗旬)は、加瀬から晴美の容態の説明を受けるが、あまりに突然のことで事態が飲みこめない。ICUにいる晴美の姿を見て呆然と立ち尽くす浩之。サクラは晴美とお腹の赤ちゃんの状況を冷静に説明し、浩之にある過酷な選択を迫る。ーー晴美とお腹の赤ちゃんの命は助かるのか?
【感想】
鴻鳥は、優しくも厳しい言葉を交通事故で、運ばれてきた妊婦・永井晴美の夫浩之に、投げかけた。
「奥さんかお腹の中の赤ちゃん、どちらかを選んでください」と
もし僕が、そんな言葉をぶつけられた、彼が言ったように、「そんなことできない」とも言えなず絶句するしかない。奥さんは瀕死の重体、必死に彼女が守った小さな命は、必死に生きようとしている。もし、赤ちゃんの命は救えなくても、妻が生き残れるのなら、妻を選ぶのだろうが、妻も瀕死という究極の状態。これほどの選択を、多分ドラマでの見たことがないかもしれない。そして、生まれてくる子供のため、やめていたタバコに手が行く、浩之の頭のなかは、混沌とした闇を手探りに、歩いているようなものなのかもしれない気持ちで手にとったのかもしれない。なにもできなかった自分に、判断をせまるように、晴海の容体は急変する。闇のかなで光の先にあった母としての彼女の言葉は
「自分お命よりも大切なモノ」
その言葉だけを頼りに、彼は、鴻鳥に子供を救うように懇願する。危険の状態の中で進む帝王切開。妻の命が消えそうな中でしか、男には判断できなかったのは、個人的には、嫌というほどわかる。本当は、赤ちゃんをはやく取り上げたほうが良かったのだろう...。しかし、そんな権利が自分にあるのか?という思いが心を惑わす。すべてが終わって、サクラは、謎のピアニスト・BABYになって、演奏した。その気持が痛いほど伝わる今回のストーリーだった。
03
鴻鳥サクラ(綾野剛)は、10年前出産に立ち会った瀬戸加奈子(石田ひかり)と、そのとき生まれた娘・遙香(山田望叶)に再会する。遙香は、ピアノを弾くのが大好きな笑顔の可愛い少女に成長しているが、加奈子が妊娠中にかかった風疹の影響で白内障を患い目が不自由。心臓疾患もあるため、この日も心臓の検査を受けに来ていた。遙香には、風疹の予防接種を啓蒙するためのテレビ出演依頼が来ているが、加奈子は出演するかどうか新生児の頃の担当医・今橋貴之(大森南朋)に相談。テレビに出ることで遥香が好奇の目にさらされるのではと懸念しているという。一方、ペルソナ総合医療センター近くでは、妊婦の木村法子(山田真歩)が喫煙中、激痛に襲われる。通りかかった四宮春樹(星野源)によって救急搬送されるが、子宮から胎盤が剥がれてしまう“胎盤早期剥離”で、母子ともに危険な状態だ。実は、法子は今まで四宮から喫煙が赤ちゃんに悪影響を与えるからと、幾度も禁煙するよう注意されてきた妊婦。緊急の帝王切開が余儀なくされる中、四宮には、ある妊婦の手術の記憶が蘇る。四宮の過去とは…?
【感想】
今回も、かなりシビアな妊娠中の喫煙と風疹の話だった。特に、四宮が何故にあそこまで患者に厳しく接するのか?という、彼の過去の悔し雲辛い思いが物語に織り込まれている。
毎日、彼が読み聞かせをする少女の上程に追い込むことは防ぐことはできた!お母さんも命を助けることができたのに、何故に、妊娠中の喫煙の恐怖を、彼女は伝えることができなかったのか?という思いが、彼をそうさせていると言うのが痛いほど、伝わる物語だった。しかし、あそこまで、妊娠中の喫煙というのが恐ろしいものだとは、僕も全くそういう場面に、接したことがないので分からなかったが、この物語で、強いインパクトを与えられた。それと風疹にかかった母親の元から生まれてきてからも、強い心臓疾患が残ってるために、その経験談を語ってくれと依頼されても、なかなか、行動に踏み切れない母親も気持ちには、なんとも言えないが、最後は彼女も決断して最後に人々に伝えようと決心する思いって貴重なものだった。しかし、どんな緊急の事態もいろんな経験を元に対処する鴻鳥のパワーになんとなく感謝してしまう。物語でも命が生まれる手助けをする人々は、なんだか尊く思える。
04
妊娠21週1日の妊婦・田中陽子(河井青葉)が、夫の淳(和田正人)に抱きかかえられるようにしてやってきた。異変を感じて病院へ来る途中に破水してしまい、流産しかかっている危険な状態だ。前日の健診でお腹の張りを訴える陽子に、担当医の下屋加江(松岡茉優)は問題ないと帰したばかり。どういうことかと詰め寄る陽子に、下屋は言葉が出ない。鴻鳥サクラ(綾野剛)が切迫流産は予測が難しいこと、そして赤ちゃんがとても危険な状態なことを説明すると、そのあまりの厳しい状況に夫婦は呆然とする。そんなふたりに、サクラはある過酷な選択を委ねる。一方、患者への説明ができなかった下屋は、苦しい判断を迫る役までサクラにさせてしまったと、医師としての自分の不甲斐なさに落ち込んでいた。さらに、新任の新生児科医・新井恵美(山口沙弥加)からは、産科と新生児科の合同カンファレンス中に激しく反論され、下屋は産婦人科医として壁にぶつかってしまう。過酷な選択を迫られた田中夫妻が出した決断とは?そして、産婦人科医としての在り方を問われた下屋は壁を越えられるのか?
【感想】
すべてが親の決断の連続の物語だ。この病院という空間を離れると、何もしてやることができない医師たちには、到底できない生まれてくる赤ちゃんの人生を、ともに歩むのは、まさに生まれてくる子供の親しか責任をとってやることができない。超未熟児として生まれるしかないし、傷害を背負うことになるかもしれない我が子に、田中夫妻は、なんとしても、生まれてくることを願い続ける。それが正しいのか、どうかなんて、この世にいる誰もわからないが、それでも、生まれてくることを願い誕生した本当に小さな赤ん坊の手のひらを触るときに、父親が感じた幸福感と真摯なる子どもと向き合う思いが父となった淳の表情から伝わってきた。鴻鳥は、その対面に行き着くまでに、担当医の下屋に何度も両親の確認取ることを怠らないように、くり返し聞き返すところが、強いインパクトを残した。そして、下屋が今の状況と処置の仕方を説明した先にあったのは、子供も親も助けるという決断があったからこそ、父はあの手のひらに触ることができたのかと思うと、これほどの苦渋の選択をしないとその先に、親子3人の未来はないと思うと、涙がこぼれた。母親も自分の子供のことを引き受ける覚悟を感じさせてくれたし、やはり、)姓名の誕生にはドラマがあると感じ時に入られない。
関連記事




コメント

超未熟児の赤ちゃん
普通に成長されることねがいます。 私の娘も2400の体重で、半日だけあの中に入りおまけに本当にあるけたのは弟が、誕生したその日、なんと1年7ヶ月かかりました(笑)
親戚にもそれぞれ言われましたが、検査は以上なし、今は健康そのものです。
こうして病院の先生始め、皆さんに助けられ応援して産まれる我が子を、虐待して小さな命をうばったりする親もありますが、是非こんな優しいドラマこそ観てもらいたいですね。
綾野さんの自然な優しい表情やっぱり癒されます。
多くの人に見て欲しい
私も2回ほどドラマ同様の周産期医療でお世話になっています。原作は勿論、ドラマでもよりリアリティーを求めた良い作品だと思います。ドラマ内でも産科医、小児科医、他科医、助産師、看護師、ソーシャルワーカー等とても仲も良く風通しの良いチームワークが描かれていますが、決してドラマの中だけではありません。一刻を争う現場で自分の為に一生懸命になってくれる病院、チームが現実にもあります。医療現場でのちょっとした会話や仕草、ドラマならではの演出もありますが、よく再現されていてお世話になったものとしては自分の事と重ね合わせ視聴してしまいます。吉田羊さんみたいな助産師さんいるいる(笑)

より多くの人にドラマや原作を知ってもらい、多くの人に改めて「生命」について考えるきっかけになってもらいたいな。と決して忘れることがない出産を手助けしていただいた医療スタッフの方々に感謝の気持ちを込めてそう願っています。

自分が自分のために一生懸命になる事は結構あるけど、ドラマみたいに他人が他人の為に一生懸命になってくれる奇跡もあるんだぞ!
毎週とても楽しみなドラマです。
もっと知ってほしい
以前、私は周産期医療(このドラマと同じ現状)の産婦人科医師秘書として従事していました。

コウノドリはよく取材されてる原作だったので、ドラマ化になると聞きとても楽しみでした。その反面、当時を思い出すかもと思いましたが、見るたびにその頃を思い出すぐらいリアリティがあるドラマになっていると思います。

現場はコウノドリと同じように、ハイリスクなお産ばかり扱うので、未受診で救急車に運ばれて来たり、どちらの命を取るかなどは現実として何度も遭遇しました。そしてフロアに響く夫婦の泣き声も。

産むことがどれだけ大変なことか。産まれてくることが必然ではないこと。健康で五体満足が当たり前ではないことも。
だからこそ、このドラマを見て今あることの幸せを感じてほしいなと思います。キャストも原作もとてもいいので、今後のストーリーにも期待しています。
よくぞ12%も行ってくれた
(若干星野さんが力不足かな、とは思うものの).誰一人としてミスキャストと思う人が無く、
奇をてらったキャスティングによるストレスも無く、
本当に丁寧な作りのドラマですね。

しっかりとした取材に基づいて作られているようですし、
役者さん達の役作りのほどが窺い知れます。
こういう誠実だけど地味なドラマが 、初回だけでも(今後も続いてほしいですが!)なかなか良い数字を出せたということに感動すらしています。

クールな吉田羊さんの、おばちゃん度の高い助産師さん‥新たな魅力で大正解!

狙い過ぎの日曜劇場より、私はこちらの方が好きだなぁ。
愛を感じる。
観て良かった…。わくわくとも、おそるおそるとも違う。不思議な気持ちでいっぱいです。初めて『家栽の人』に出会った時に近い衝撃。


未受診妊婦を、被害者と加害者の両方の立場で描いたことにも好感持ちました。フィクションの後ろにリアルが幾重にもオーバーラップしますが、同時に温かな愛もたくさん感じます。


とても丁寧に創られた作品なので一話一話きちんと受け止めていきたいです。
赤ちゃんが生まれたとき
1時間の中で、2回赤ちゃんが生まれたけど、そのたびに涙ぐんでしまいました。娘がうまれたときに、「何事もなく無事に生きてほしい。」と願ったことを思い出しました。
優しいドラマですね。
綾野 剛さん
赤ちゃん見る目がとても優しくて良かった!
身体も絞っていつもの綾野さんとは違い、爽やかな医師素敵でした。
お産という大事な重いドラマですが、新生児の赤ちゃんの色々表情も撮っていてくれていて、暖かい気持ちになりました。
俳優さんの努力の演技のギャップは拍手をおくりたいです。

コメントの投稿

非公開コメント

最新コメント
データ取得中...
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
プロフィール Profile

管理人

Author:管理人
性別 男性 20歳以上
ペット 猫
趣味 ドラマ 映画 


free counters
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ

サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。