★★更新日/番組★検索は「fcast」「嵐視聴率」「視聴率速報」

【土21視聴率感想】ど根性ガエル 見逃し配信!上昇。


【AD】
カテゴリー【松山ケンイチ】平清盛
☆Amazon Music200万曲 ☆Prime Video
★TVerドラマ
#2
#2
posted with amazlet at 15.07.24
(2015-07-19)
売り上げランキング: 3,228

公式サイト見逃し配信があります 
伝説漫画「ど根性ガエル」43年の時を経てついに実写化!ダメ男ひろしと平面ガエルピョン吉の笑って、泣いて、アクション満載の感動ドラマ
【キャスト】
松山ケンイチ/ひろし役 30歳を迎えた今では定職にも就かずにぶらぶらしているダメ男。
満島ひかり(声の出演)/ピョン吉役 “平面ガエル”として生きていくことになったガマガエル。
前田敦子/京子ちゃん役 ひろしの中学校時代の同級生で、彼の永遠のマドンナ。
勝地涼/五郎役 中学校時代からひろしを慕っている一つ下の後輩。
新井浩文/ゴリライモ役 ひろしの中学校時代の同級生で、かつてのガキ大将。
薬師丸ひろ子/ひろしの母ちゃん役 女手一つで、ひろしとピョン吉を育ててきた気丈夫で優しい母。
【スタッフ】
原作:吉沢やすみ「ど根性ガエル」(集英社)
脚本:岡田惠和
演出:菅原伸太郎 狩山俊輔
プロデューサー:伊藤響 河野英裕 大倉寛子
主題歌:エルビス(仮)/ザ・クロマニヨンズ
【視聴率】
01 7/11【13.1】伝説マンガが実写化! ダメ男と平面ガエルが大暴れ!
脚本:岡田惠和 【演出】菅原伸太郎 
02 7/18【*8.5】
脚本:岡田惠和 【演出】菅原伸太郎
03 7/25【*6.4】
脚本:岡田惠和 【演出】狩山俊輔
04 8/01【8.7】
脚本:岡田惠和 【演出】狩山俊輔

【AD】
01
2015年の夏、三十路を迎えたひろし(松山ケンイチ)は、働きもせずに怠惰な毎日を送っていた。一方、16年前にひろしのシャツに張り付き、“平面ガエル”となったピョン吉(声・満島ひかり)は、ひろしがだめな大人になったのは、手助けをしてきた自分のせいではないかと悩んでいた。
そんなある日、ひろしたちが住む東京・葛飾に、中学時代のマドンナ・京子ちゃん(前田敦子)がやって来る。離婚して町に出戻ってきたらしい。だが、偶然ひろしと再会した京子ちゃんは、彼に冷たい言葉を浴びせるなど、優しかったかつての面影をなくしていた。さらに、ピョン吉にもある異変が発覚。ひろしは彼らのため、かつてのど根性を取り戻そうとする。
【感想】
もうすぐ、このドラマが始まるということで、地元のFBSでアニメが放送されていたのだが、子供の頃の再放送で見たとはいえど、意外と覚えてるもんだね。少年ひろしは、喧嘩はあまり強くないがいざとなったら、ぴょん吉と組んでゴリライモを倒してしまうほど、祐希はあった。それにモグラなるゴリライモの家来みたいな奴もいたんだよね。それに、ぴょん吉の力で、杏子ちゃんと抱き合ったりもしてたが、ドラマの中ではさすがに、博士が自ら抱きついていたのには驚いた。なんだか成長したんだね。ドロをかぶったひろしが抱きついたために、京子ちゃんのシャツに、ぴょん吉の写ったシャツがくっきり写っていたのは、印象的だった。
そんなぴょん吉も、まさかの16年が過ぎ去って、ひろしの母ちゃんしか知らないが、危ない状態になってるとは!それにひろしは、単なる根性なしのぷ~太郎になったいたが、京子との再会が少し彼を変えていくという話だったが、ゴリライモは、いつのまにやら社長になってるが、京子ちゃんのことが好きらしい。大差がついた二人の関係は、どう変わっていくのかも期待したいかな。それにしても、ひろしのお母さんが、薬師丸さんとは、イメージが違いすぎるというか?美人すぎるだろううとか、弱虫だった吾郎が、警察官になって、梅さんは、何故かまだよしこ先生にプロポーズしてない。梅さんとよしこ先生はあんなに歳の差があったのかなとか思ったりもしたが、梅さんはどこかで、陣内孝則さんにやって欲しかったんだねよね。とか思いながら見た。まだ、これからどうなるのかよくわからないが、いまの所は、悪くないかなといったところかな。そんな中、ぴょん吉の声の満島さんが、いい感じだったのは、確かだ
02
「ど根性で京子ちゃんと結婚する!」とみんなの前で宣言したが、結局何も変わらずダラダラと毎日を過ごすひろし。母ちゃんとピョン吉が説教しても、「ど根性は、いざという時に出す」と屁理屈をこねて耳を貸さない。母ちゃんとケンカになったひろしは、家を出ていくと言ってしまう。しかし、ひろしには金がなかった。ひろしは五郎に金を借りようとするが、相手にされない。ついにゴリライモのパンの移動販売車を奪って旅に出るが…
【感想】
2話で、、大人のど根性ガエルと言う物語になったな~。どうも僕の中で、ひろしがタダ飯ぐらいの穀潰しというのはしっくりしなかった。ぴょん吉とともに、いろんな困難を解決してこそ、ど根性!が発揮されるし、未来も開ける。それに、京子ちゃんもひろしを毛嫌いしてるんじゃなく、どこかで、彼を人間として期待していて、それ故にツンデレをかましてくれてるほうが、期待持てると思ってたけど、それを見事を2話は描いていたよ。そしてゴリライモも、いい男になってるだよね。昔から、単なる乱暴者じゃなくって、どこかカッコイイ一面があったりしたのだが、ひろしの逃走を、追求しないで、影から見つめ、その上、雇ってしまうとは....かっこ良すぎるだろう!こんな正義感もゴリライモの一面だった気がした。それにしても、ひろしの逃走目的が福島の旨い米というのも泣かせる。
一話はなんだか言いたいことはたくさんあったが、2話があまりに良すぎて、すッカり、このドラマが楽しみになってきた。これぞど根性ガエルが、大人になった姿だよ!と納得しきりだった。それにしても、ぴょん吉は、かわいい女性たちに着てもらって羨ましいが、やっぱり帰る所は、ひろしの胸であばれるのが一番しっくりきたのだけは確かだった。
03
ゴリラパン工場で働き始めたひろし(松山ケンイチ)は仕事が上手くいかずクサリ気味。さらに深夜の工場に忍び込み警察に連行されてしまう。ピョン吉(満島ひかり)は仕事を手伝うと言うが、ひろしは助けてもらって仕事をするわけにはいかないと断る。一方ゴリライモは必死に働いて自分を育ててくれた両親への感謝に目覚め、まじめな人間が幸福になれる社会を作りたいと語る。ひろしは、自分が何のために働くのか分からなくなり…。
【感想】
なんのために仕事をするのか?なんて、自分のためだけなら、ひろしみたいになってしまうんかもね。おいひろし、プレゼントを渡すという行為で、「一瞬だけ周りの人に幸せになってもらったらいいのかよ」という気はするが、今のフーテンぶりでは、ああ考えてしまうのもしょうがないのかな。自分は欲しいものがないから、働かないひろしは、ぴょん吉と一緒に働くことで少しは目が覚めたと思ったら、そうでもない。まだまだひろしが目覚めるのは先の話なのかもしれないが、人として男として一人前になってるゴリライモは、自分の父の言葉と死から、大きく目覚めかっこいい男になってる。けど、まだそのかっこよさを、実感できないひろしは、大声で怒鳴りながら、騒ぎながら、ぴょん吉の力を借りながら、人を幸せにす術を手に入れるには、まだ時間がかかりそうだ。けど、ぴょん吉の命と言う期限は避けられそうにはない。お母ちゃんとぴょん吉しか知らない時間の縛りの中で、どんな変化を、ひろしは遂げるのか?次回はもぐらも登場らしいので、期待したい!
04
夏の花火大会が近付き、ひろし(松山ケンイチ)は京子ちゃん(前田敦子)と一緒に花火を見ようと張り切っていた。そんな中、ひろしは、頭に載せているサングラスをひったくりに奪われる。ひろしは、意気消沈。ピョン吉がひったくりを捕まえて取り返すが、サングラスは壊れてしまう。町には、花火職人がやってくる。その中の一人に、かつてゴリライモ(新井浩文)の子分だったモグラ(柄本時生)がいた。モグラと再会したひろしたち中学時代の仲間は、みんなで集まって昔を懐かしむ。花火大会当日、ゴリラパン工場は普段の3倍の稼働をすることに。ひろしは、しぶしぶ仕事に取り掛かるが「俺が頑張るとロクなことが起きない」と言い出す。その不吉な予言が、現実になり…。
【感想】
ひろしは、毎週毎週、別の人間になったかのように変わる。ほかのキャラが、ほとんどぶれないのに比べたら、ひろしだけは掴みづらいだろうな~と思えるくらいに、変に般化するような気がしてならないが、少しずつ成長してるからなのか?先週は、こいつはどうにもならないな~と思えるほどのいい加減なことをほざきまくるほどの穀潰しぶりだったが、今週は素直に働くし、怒鳴り散らしたりしない。演じる方の松山さんも大変だろうと思ったりもする。話もしみじみとしたものだったのもあるかも知れないが、あまりの激変ぶりに驚くしかない。ついにモグラも登場して、彼は生まれ変わって、トンビな花火職人になっていた。子供ももち、しっかりとした家庭を築いた彼にもこの町に対して、深い思いがあり、それをかつての仲間たちで、学校で語り合うシーンは、なんとも懐かしい思いがした。そして始まった花火大会だったが、それぞれの思いが展開されながらも、雨!けど、その仲間の熱い思いが届いたのか?晴れた中に、モグラの思いとひろしのサングラスの父の思い出が詰まった日のように思える花火が打ち上がるシーンは、ど根性ガエルの世界だった。この花火を見てひろしはまた変わるのかな?いい方に変わってほしいけど。
関連記事
【AD】



コメント

教師生活25年!
ドラマ内では、当然年数が増えてましたけど、
町田先生のインパクトが思いのほかなくて、ちょっと
がっかりしています。

ドラマの展開も、うーん、今のところ何も言えない・・・

唯一、ツボなのが、新井浩文さんのゴリライモで、
特にゴリラパンのあの歌が妙にはまっています。
あれって新井さんが歌っているのでしょうか?
ドラマ内のゴリライモは、ヒロシのお母さんも雇ってあげて、
しかも、ふふんと大人な感じだし、京子ちゃんにパンは
あげるしいいやつに見えるけど、これから、どんな嫌な奴に
変わっていくのか注目してます。

これからの展開に期待しています。
ど根性な演技にビックリ・・・!!
私は、アニメのど根性ガエルをJーCOMで毎回見ていました。ドラマのど根性ガエルはアニメが終了してから16年目の事を放送してくれています。私が初めてど根性ガエルを見た時は高校1年の夏休みの時でした。家でたまたまケーブルテレビをつけたらアニメのど根性ガエル1話を放送していました。それから毎週アニメ版を見ていました。それから16年後のど根性ガエルがまさかドラマで復活なんて凄いなぁと思いました。特にすごかったのが、カエルのぴょん吉の声優さんの「言葉の話し方」に注目して見ていたらなんとすらすら言葉を話せるなんて、自分だったらどこかでつまずいていました。やっぱり声優さんの仕事ってはっきり言葉を話すことが大事なんだなぁという事が分かりました。どのドラマもそうだけど、「言葉をはっきり言う」という事を自分はもっと生活の中に取り入れてみようかなと思いました。「しっかりと言葉を話す」を目標に頑張りたいです。
はらちゃん?
薬師丸さんと光石さんと空気感でものすごいはらちゃんっぽいと思ったら演出も脚本もはらちゃんの方で。
バラエティ版で現代設定と見てびっくり。
ヒロシの16年後というから昭和後期の設定かと思っていました。
皆、いまどきの人っぽくないです。
そんな色んなちぐはぐ感でストーリーに入り込めなかった。
満島さんのピョン吉がすごく上手いのとか、CGのピョン吉がすごくアニメを再現していたのとか、ピョン吉のいるTシャツを着ている時の松山さんの演技が上手いとか、感心するところはありましたが、そこだけで成立させているようなドラマで、ストーリー自体には興味は持てなかったです。きっと芯の部分ははらちゃんみたいな感じなんだろうな、という感想です。
面白い
何も考えずに見られるドラマですね。面白かったです。
昔見たアニメをなんとなく思い出しながら見てたけど、ゴリライモくん大人になったな〜。
エンディングの曲中流れるぴょん吉のいないヒロシが寂しげでこれからどうなるのか気になります。
ど根性
製作人は泣くなはらちゃん、妖怪人間ベムなど一見現代においてはナンセンスな題材をちゃんと作ってきた方々なのでそれなりに期待して、見ました。
面白かったです。
京子ちゃんがひろしに言った正論がこれから、どうひろしを成長させ、どういう結末を迎えるのか期待して見ていきたいです。
満島さん、すごい!
いや〜、期待値ゼロだったせいか、思っていたより良かったです。なによりぴょん吉の声がぴったりで違和感なく見れました。満島さん、素晴らしい!

コメントの投稿

非公開コメント

最新コメント
データ取得中...
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
月別アーカイブ
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ

サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。