★★更新日/番組★検索は「fcast」「嵐視聴率」「視聴率速報」

【水22視聴率感想】花咲舞が黙ってない  見逃し配信 独走!


【AD】
カテゴリー【杏】偽装不倫 花咲舞が黙ってない
☆Amazon Music200万曲 ☆Prime Video
★TVerドラマ
I am a HERO(初回限定 Music Clips DVD付 盤)
福山雅治
Universal Music =music= (2015-08-19)
売り上げランキング: 25

花咲舞が黙ってない 最新話動画あり
作・池井戸潤、主演・杏。東京第一銀行臨店班の花咲舞が、ベテラン行員・相馬健とコンビを組み、銀行で起こる様々な事件を解決していく、痛快オフィスストーリー!
【演出】南雲聖一 鈴木勇馬 佐久間紀佳
【脚本】松田裕子 梅田みか 横田理恵
【音楽】菅野祐悟 得田真裕
【主題歌】福山雅治「I am a HERO」(アミューズ/ユニバーサルJ)
【チーフプロデューサー】伊藤響
【プロデューサー】加藤正俊 柳内久仁子
【出演】
杏/花咲舞役 「東京第一銀行」本部・支店統括部臨店班に勤務する入社6年目の銀行員。
上川隆也/相馬健役 舞の相棒役を務める「東京第一銀行」本部・支店統括部臨店班の中堅銀行員。
塚地武雅/芝崎太一役「東京第一銀行」本部・支店統括部次長。
甲本雅裕/児玉直樹役「東京第一銀行」本部・秘書室次長。
大杉漣/花咲幸三役 舞の父。妻を早くに亡くし、男手一つで舞を育て上げた“頼れるお父さん”。
生瀬勝久/真藤毅役 「東京第一銀行」常務取締役。
【視聴率】
01 7/08【14.7】
【演出】南雲聖一【脚本】松田裕子 ゲスト 寺脇康文
02 7/15【12.9】
【演出】南雲聖一【脚本】松田裕子 ゲスト 金田明夫 成宮寛貴
03 7/22【14.7】
【演出】鈴木勇馬【脚本】松田裕子 ゲスト 内山理名 正名僕蔵 袴田吉彦
04 7/29【14.1】
【演出】佐久間紀佳【脚本】横田理恵 ゲスト 中越典子、山田純大、長田成哉

【AD】
01
舞(杏)と相馬(上川隆也)がコンビを組んで1年余りが過ぎた。ある日二人は、投資信託トラブルを起こした日本橋支店へ臨店する。顧客の諸角産業が、三千万円の投資信託を購入し半年後に解約したところ、三百万円の損失が出た。だが諸角社長が言うには、購入時に渉外課の北原有里(片瀬那奈)から「元本は保証する。損はしない」と説明されていたという。支店長の橋爪(寺脇康文)も、「そんなのは言いがかりだ」と取り合わず…。
【感想】
そういえば、僕が金融機関で働いていた頃、隣に座っていた何時も偉そうに説教していた先輩社員が、損失補てんの名目で、他人の預金を流用してたのを思い出した。某金融機関が、うちの母に勝手に自社関連の自動車保険を結ばせていたりして、問題にしようとしたりしたこともあった。僕が生きてる中でも、金にまつわる問題は、ほかにも多々見てきたので、こういう支店長って、普通にいるんだろうが、本来なら、今回のような、証拠がない事案を花咲は、どう解決していくのか工夫があるのかと思ったがが、今回は、同じ行員の共感による善意に、頼っている所は、今ひとつ、僕的には気になるところだった。あれだけ不確実な戦いを挑んで、自分の思いの丈が、人の心を動かし、悪を打ち破るという展開は、花咲が泣きそうになるほど痛快な逆転劇かもしれないけど、相馬には追求できる資料を持ってきて欲しかったかな。それがいつもの展開かと思ったが、今シリーズは違うのかな?
まあ明るく、少しお気楽な二人の活躍は、ちょい寝転んだくらいで、気楽に楽しみたい企業ドラマという感じは変わらないで、これはこれで楽しみみたい
02
舞(杏)と相馬(上川隆也)は、真藤(生瀬勝久)派閥の中北(金田明夫)が支店長を務める五反田支店へ臨店する。そこで二人は、相馬のかつての部下で融資課の松木(成宮寛貴)と出会う。松木は、担当するスーパー・あづみ屋ストアへの融資1億円を、中北から突然回収しろと指示され、悩んでいた。小さなスーパーを救おうとする松木の思いに動かされ、突然の融資回収の真相を調べ始める舞と相馬。そこには、不正が潜んでいた…。
【感想】
今回の話も、どいつが悪いのか一目瞭然で、もっと人工夫欲しいところだが、中北の悪の証拠を暴く方法は不法だとは思ったりもするのだが、その悪を解明するために、後ろ盾になってるのは辛島 伸二朗支店統括部部長というのがあるから、これも有りなんだろう。それにしても、まさかあの早朝の鍵探しで、3人のあとに入ってきたのが、掃除のおばさんとは!このドラマらしい味付けかも知れない。あまりシビアな展開にしすぎないところがいいのかも。真藤派閥って、どこまで腐りきった奴しかいないんだと思ったりもするけど、そこがやっぱり楽しいかな。本当にわかりやすい娯楽時代劇的な構図で、物語は展開していく。それにしても、数百万で、支店長という職権を利用して、取引会社を貶めるようなことをする銀行マンもいるんだろうけど、確かにスカッとする展開。しかし、こういうのの繰り返しで、今シリーズも乗りきれるのかどうかは、今のところ微妙な気もするが、数字はどう動くのかな?
03
六本木支店で300万円の現金が紛失する事件が発生し、舞(杏)と相馬(上川隆也)は緊急臨店を命じられる。営業課長・神田(正名僕蔵)によると、支店中をくまなく調べたが現金は見つからないという。やむを得ず行員たちの私物検査、ロッカーの検査までするが、それでも300万円は出てこない。舞と相馬は、もう一度防犯カメラの映像を調べることに。すると、テラーの恭子(内山理名)の動きに、不審な点がある事に気づく…。
【感想】
いきなりの呼び出しによる緊急臨店で、300万の現金が消えるという展開だが、その後、舞と相馬で、舞父の店で、食事をしている時点で、重要なヒントとなる「中身が違う」というところで、今回の300万が消えたトリックが、何だったのか?かなりわかりやすい展開だったが、いつもと違って、支店長が悪代官でなく、完全なる事件展開だった!けど、テラーの恭子の相手が、こう言う役をやらせたら天下一品の袴田さんが演じてるだけに、やっぱり!とは思ったが、結婚詐欺師だったところのベタだった。どこに、花咲の活躍の場所を見だすのかと思ったら、いきなりのビンタだったが、どうもそこは、今ひとつ引っかかった。花咲には、手をだしてほしくなかったからかな。しかし、確かに恭子の思いを考えると、どうしてもそういう行動に出てしまう気持ちがわからないでもないが、それは花咲がやるべき行為ではないような気がするんだよね。あの場面で、叩いていいのは、恭子だけだったかな。しかし、相馬の仕事は的確だな。まさか、あの社長の身辺まで調べているとは!話の流れはわかりやすく見やすいし、いつもと流れが違うのも良かったが、どうも花咲ひっぱたく行為だけが気にかかった。
04
町田支店で女性行員・美樹(中越典子)がストーカー被害に遭うという事件が発生する。同僚の行員による犯行の可能性があり、舞(杏)と相馬(上川隆也)は内密に調査することに。だが怪しい人物は見つからず、支店長・春日(山田純大)と融資課長・小見山(渡辺いっけい)は「思い過ごしだ」と、事態を終息させようとする。ストーカー犯を捕まえるため、美樹の帰り道を張り込む舞と相馬。すると、不審な男の姿が現れる…。
【感想】
やはり、このドラマの悪党は、やはり演技でるき人でないといけないけど、融資課長・小見山を渡辺いっけいさんというのは、見事なはまり役だった。憎々しいおっさんを、見事に花咲がきっちりやっつける所は気持ちいい。わずかに、支店長春日は犯人かもという匂いは残しながらも、悪のシステムを解明していく花咲と相馬だったが、今回は見事なまでに、地道な作業で、犯人の糸口を見つけるとは、納得の展開だった。しかし、この頃女性の知り合いの人から、ストーカーの話をよく聞くが、家にも帰れないで大変らしい。確かに、女性行員・美樹みたいな女性だったら、あのストーカーみたいにふらりと付いて行きたい気持ちは、分からないでもないが、相手の身になって、考えないとただ、怖がられて、嫌われるだけという悲しい結末しかないと肝に銘じないと、しかし、臨店という何でもありななように見える部署が銀行にあるから、このドラマは成立するんだろうけど、女性行員のストーカーを捕まえる仕事なんて、絶対やってないだろけど、花咲というキャラありきだね。
関連記事
【AD】



コメント

いっけいさん
もうちょっと京都地検の名取さんとの掛け合いみたいに、振り切ったキレかたしてほしかったですね。期待してたほどの回ではなかったです。

コメントの投稿

非公開コメント


最新コメント
データ取得中...
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
月別アーカイブ
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ

サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。