更新日:番組名/検索「視聴率速報」「fcast」

【日21視聴率感想】天皇の料理番【3】最高値更新



Artist category:【佐藤健】 るろうに剣心

TVerドラマ
天皇の料理番 (上) (集英社文庫)
杉森 久英
集英社 (2015-03-20)
売り上げランキング: 49

TBSテレビ60周年特別企画 日曜劇場 天皇の料理番
明治・大正・昭和という激動の時代を駆け抜け、天皇の料理番まで上り詰めた秋山篤蔵と、彼を支え続けた人間たちの愛の物語。たった一枚のカツレツが男の運命を変える!!
【出演者】
佐藤健 黒木華 桐谷健太 柄本佑 石橋杏奈 森岡龍 
鈴木亮平 武田鉄矢 伊藤英明
郷ひろみ 大島さと子 日野陽仁 麻生祐未 美保純 杉本哲太 小林薫
【音楽】
主題歌 「夢見る人」さだまさし(ユーキャン)
音楽 羽毛田丈史 やまだ豊
【スタッフ】
脚本:森下佳子 
プロデュース:石丸彰彦 
演出:平川雄一朗
【視聴率】
01 4/26【15.1】「どうしようもない男が百年前に見た料理への果てなき夢…」
脚本:森下佳子 演出:平川雄一朗
02 5/03【11.4】 「料理はまごころ」
脚本:森下佳子 プロデュース:石丸彰彦 演出:平川雄一朗
03 5/10【12.0】「あいしてるの決断」
脚本:森下佳子 プロデュース:石丸彰彦 演出:平川雄一朗
04 5/17【12.7】 「愛し君よサラバ」
脚本:森下佳子 プロデュース:石丸彰彦 演出:岡本伸吾
05 5/24【14.5】おさな夫婦の結末
脚本:森下佳子 プロデュース:石丸彰彦 演出:平川雄一朗
06 5/31【14.1】愛と命の果てパリ
脚本:森下佳子 プロデュース:石丸彰彦 演出:平川雄一朗
07 6/07【14.9】パリと差別と結婚
脚本:森下佳子 プロデュース:石丸彰彦 演出:中前勇児
08 6/14【15.3】パリでの卒業式
脚本:森下佳子 プロデュース:石丸彰彦 演出:中前勇児
09 6/21【16.7】
脚本:森下佳子 プロデュース:石丸彰彦 演出:平川雄一朗



08
パリで3年が経過した頃、篤蔵はフランス料理の最高峰、オテル・リッツで働いていた。そんな中、明治天皇崩御の知らせが舞い込む。そして『天皇陛下の料理番』の要請が来ていることを告げる粟野。兄・周太郎との約束を想いながら葛藤する篤蔵であるが…一方日本では、周太郎の容態がますます悪化していた。死期を悟ったかのような周太郎は… そして俊子もまた別の道を歩んでいた。吉原の門の奥に消えていく俊子は…郷ひろみ24年ぶりの民放連ドラ出演!役作りでヒゲを蓄え、撮影一ヶ月前からフランス語を猛特訓! そしてANA全面タイアップのもと、長期に渡るフランスロケを敢行!!1900年代初頭のパリを映像で再現!!
【感想】
フランス、パリの下で、3人の男女が暮らす生活の中で、3年が経過して、一組のカップルが生まれた。その3人の運命、明治天皇陛下崩御という知らせの中で、大きく変わっていく。暮らし慣れたパリの地で、フランス料理の最高峰、オテル・リッツで働く篤蔵は、粟野の依頼に、思い悩ませることになる。まさかの天皇陛下の料理番になってほしいというオファーは、その当時の日本人なら、天命と捉えて、考えることなく、日本に帰国すると思うけど、そこには、やはり、劇的な演出は必要なのか?友との別れ、それに愛する人との別れを描き、盛り上げる。しかし、松井との別れは、清々しい物だったが、フランソワーズとの別れは、しっくりいかないね。下手に男女の関係とかにしてるし、お母さんとの約束を思い出して、フランスに残るのかよ!それなら、友人と恋人の間くらいのほうがわかりやすいかな。そういう別れのほうが、より劇的な気がして、良かったかもとか勝手に思ってしまった。それでも、厨房の中では、気持ちいいほどの成功をおさめる話は、楽しい。自らの積極的に、提案して、認められる話などは、彼の料理の感覚がさらに進化してるのが、わかりやすく伝わってくる。やはり、パリでの修行時代は、料理のことを中心に描いたほうが良かったんじゃないのかなとは思った。
09
帰国した篤蔵(佐藤健)は皇居・大膳寮を訪れる。大膳の長である大膳頭・福羽(浅野和之)に案内され厨房に赴く篤蔵を待っていたのは篤蔵よりも年上の大膳のシェフ達であった。そして、福羽から聞かされたあまりにも驚愕なご大礼の内容にいきなり窮地を迎える篤蔵だった・・・ そして、天皇の料理番になる事を誰よりも喜んだ兄・周太郎(鈴木亮平)は以前よりも明らかに痩せ衰えていた。一方、俊子が向かった先は・・・
【感想】
今回は、日本に帰国し、多くのあたらし出会いがあったが、篤蔵にとって、最も大切な人の1人である秋山周太郎とバンザイ軒主人がなくなるという時でもあった。兄の死は、かなりドラマティックに描かれていて、篤蔵の最大の成功であったご大礼を見事に、その場にいるかのように感じて、亡くなった所は印象的だった。ただ、その献立の内容をを聞くだけだったが、まるで篤蔵が指揮して、作った料理が、その場に有るように、兄も食しているかのような演出は、涙を誘った。食べたくても食べることのできない兄にとって、一番のごちそうだったのかもしれない。
しかし、宇佐美と言う存在は、その兄に勝るとも劣らない存在感があった。兄も篤蔵の人生を導く人ではあったが、彼も篤蔵に生きる道標となる人で、道に迷った徳蔵を軌道修正してくれる。彼のご大礼の食事のメニューを作る時に、世界に冠たる国であるということを指し示すために、パリの有名店での経験があるからこそ、彼が求められるという意味を指し示してくれたからこそ、あの成功を達成できた。彼が持ち込んだ本場のレベルを共有できたからこそ、達成できた。大膳頭との出会いも調理場の壁となった宮前の存在も力にして、突き進む若きシェフのパワーを感じれる内容となっていたのは良かった。すべてがいい方に進んでいく彼の前に現れた俊子も、自らの人生に引き込み成功していくからのパワーと物語に期待したくなってきた
関連記事




コメント

今回のドラマに限っては確実に脚本と鈴木さんのおかげ。

実はあまり鈴木さんを知らなかったけどあれだけの役作りで挑む姿には感動したしカッコ良かった。

主演の方が演技派の鈴木さんに食われてしまってる。

もし続編あるならぜひ鈴木さん主演で見たい。
をりはた
今回も引き込まれる内容でした。兄やんの死、穏やかでさり気ない演出に好感持てます。最期の陽が沈む。翌朝の日の出越しに篤蔵が兄やんに語りかける。夢枕に立ったのかな…。達成感と喪失感を同時に味わった篤蔵、その涙を見ないように横顔を向ける俊子さん。素敵なシーンでした。



ザリガニを巡る攻防。またいい所で辰吉さんが来るんですよねー。宇佐美さんの一言は相変わらず重くて、偉大で。許され育まれた人間は又、人を許し、生かす道を選んでいく。互いの誇りがぶつかり合い高め合うシーンが爽やかで眩しかったです。来週も観ます。
脚本、キャスト、音楽の全ての方に
拍手です!!

俊子さん、産ばさんのお仕事で安心!しました。
(予告編、上手く心配させてくれました)
お梅さん、え!?と一瞬腹立ちましたが、、、
有り難う♪

兄やん!本当に命尽きるまで引き込まれた演技力、
このドラマを尚更魅せる作品にして頂けました。

小林さん、柄本さん達脇の俳優さんの方々の静かなる演技の中、力強さも見えるのが気持ち良い、そして力みある演技でないといけない蔦蔵役、上手く噛み合ってやっぱり脚本、演出凄いと感じます。

今回も話のスピード感はありましたが、何故か納得して観ていました。

佐藤さん!似合って上手いです。
あと3話?波乱万丈まだ有りそうですが、最高の料理番になりました。
もう何があっても安心で楽しみです♪

(をりはたさま、有り難うございました)♪
いいドラマですね~
今夜も泣いてしまいました。
兄やん、障子を開けて、朝日を見たとき、篤蔵の大切な日に、生きていたこと感謝したのかな。まだまだ、生きていたかったという、無念さが、痛いほどわかるし、けれど、弟の夢を一緒に追うことができた幸せな気持ちも伝わってきた。
うまい役者さんばかりだから、本当に泣かされてしまう。 

また、としこさんと、再会できて良かった、今度こそ幸せにしてあげて。

天皇の料理番は、失敗ができないだけに、ザリガニがいなくなった時は、どうしようって、手に汗握ってしまったほど。

エンディングの、さだ まさしさんの、歌声が、より一層、ドラマを引き立てますね。とにかく、何から何まで、いいドラマです。
そういう愛情表現もあるのか…。
新太郎が可愛らしい(笑)ドラマにはああいうキャラが必要だと思った回でした。もう“浦ちゃん”にしか見えない(笑)



自分の夢を叶えたいフランソワーズさん、好きな人の夢を応援するため身を退いた俊子さん、どちらも素敵な好対照の女性像ですね。個人的には後者にシンパシーを感じてます。どうか彼女が拐かされてませんように。



篤蔵が昔の兄やんみたいになってる(笑)その兄やんは一瞬の出番で全てを持っていく。身体中から喜びと悲しみが溢れてくる。襖を閉めるシーン、私の中では伝説になりました。
兄やん!!
やっぱりパリでも悲しい別れはありました。
フランソワーズさんの存在は、蔦蔵のパリ生活には欠かせない貴重な方だったのでしょうね。
俊子さんの事、思うと複雑な気持ちも有りでした。
でも、今回一番惹き付けられたのは、兄やんとの再会シーンでした。
鈴木さんの今は元気で、立派な対格に戻っておられるのは分かっていても、頬が痩け、寝巻きの首筋から見える骨身が哀れで本当に涙しました、流石の演技力でした。
ドラマ始めに、俊子さんの手を引っ張ったのは蔦蔵さんでしょうか?
そして予告、とても気になっています。
楽しみです。

コメントの投稿

非公開コメント

最新コメント
データ取得中...
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
プロフィール Profile

管理人

Author:管理人
性別 男性 20歳以上
ペット 猫
趣味 ドラマ 映画 


free counters
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ

サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。