更新日:番組名/検索「視聴率速報」「fcast」

【日21視聴率感想】天皇の料理番 更にアップ!↑



Artist category:【佐藤健】 るろうに剣心

TVerドラマ
天皇の料理番 (上) (集英社文庫)
杉森 久英
集英社 (2015-03-20)
売り上げランキング: 49

TBSテレビ60周年特別企画 日曜劇場 天皇の料理番
明治・大正・昭和という激動の時代を駆け抜け、天皇の料理番まで上り詰めた秋山篤蔵と、彼を支え続けた人間たちの愛の物語。たった一枚のカツレツが男の運命を変える!!
【出演者】
佐藤健 黒木華 桐谷健太 柄本佑 石橋杏奈 森岡龍 
鈴木亮平 武田鉄矢 伊藤英明
郷ひろみ 大島さと子 日野陽仁 麻生祐未 美保純 杉本哲太 小林薫
【音楽】
主題歌 「夢見る人」さだまさし(ユーキャン)
音楽 羽毛田丈史 やまだ豊
【スタッフ】
脚本:森下佳子 
プロデュース:石丸彰彦 
演出:平川雄一朗
【感想】
01 4/26【15.1】
脚本:森下佳子 演出:平川雄一朗
02 5/03【11.4】
脚本:森下佳子 プロデュース:石丸彰彦 演出:平川雄一朗
03 5/10【12.0】
脚本:森下佳子 プロデュース:石丸彰彦 演出:平川雄一朗
04 5/17【12.7】
脚本:森下佳子 プロデュース:石丸彰彦 演出:平川雄一朗



01
時は1904年(明治37年)、福井県武生、一人の男が戸板に乗せられて運ばれてくる。男の名前は秋山篤蔵(佐藤健)。法学部に通う兄・周太郎(鈴木亮平)とは違い、何をやっても長続きしない性格。そんな篤蔵の運命を変えたのは、軍隊のコック田辺祐吉(伊藤英明)に食べさせてもらった一枚のカツレツだった。料理に夢を見て、周りの人間たちに支えられ続けた男の愛の物語が今始まろうとしている。
【感想】
尾のドラマは、1980年に、ドラマ化されてるらしいが、記憶がない。堺正章さんが主演で、鹿賀丈史さんやさんまさんも出演していた作品らしい。調べてみると、主人公の妻だったのは、檀ふみさんらしく。黒木華さんも似た系統の顔なので、イメージされてキャスティングされたのかな。1話は、何事も続かない男が、結婚した先で、偶然にカツレツという食べ物と東京から来た料理人と出会い自分の進むべき道を見つけ、東京に行くという話だった。そこで、自分の道を切り開くのに兄が協力して、料理人の第一歩を歩み始めようとする所で、一話は終わるが、こういうサクセスストーリーは、見てるだけで、楽しくなる。こういう作品を連ドラって、女性物は朝ドラでやってるけど、男性のものは、連続ドラマではなかないのかもしれない。カツレツみたいなものと、明治末期に出会ったら?この秋山と言う男は、全てが料理中心になった。そして、人生のすべてが変わってしまったのは幸運のストーリーの始まりなのかもしれないが、道は険しいというのも分かる。それをこれからどのように、乗り越えていくのか?第2話から見どころだけど、1話は完全なる序章で、料理にのめり込むまではかなりいきいきと描かれていたとは思う。まあ、何しろ続きは見たくなる作品だったのだけは間違いない。けど、こういう人の人生を見ると、一度や二度の失敗でくじけなくても、いつか道は見つかるとは思うし、子供の頃見たほうがいい作品かも。
02
料理人になるべく全てを捨て上京した篤蔵は、華族会館の門を叩いた。料理長である宇佐美鎌市(小林薫)の元で修行を始める篤蔵であるが、厨房の厳しさを目の当たりにする。そんな中、住み込みで働く松井新太郎(桐谷健太)、山上辰吉(柄本佑)に出会う。少しでも早く一人前の料理人になると誓う篤蔵であるが、鍋の洗い直しを怠った事が宇佐美に見つかってしまい・・・
【感想】
実家を飛び出した少年が、16歳でぶちあった修行の過酷な日々。同じことの繰り返しで、つまらない毎日から抜け出したかった彼が行き着いた先は、まさかの料理長のレシピ帳を盗むことだったとは、なんとも大胆かつ短絡的だとは思うが、子供のやることなんてそんなものなのかもしれないとか思いながら見ていると、そのレシピを巡って、彼の中で、大きなドラマが生まれる。それには、宇佐美料理長という人物あってのことだが、敢えて、彼が大切にしているであろうレシピノートを盗めれても、騒ぎたてもしなかったのは、同じ料理の世界を目指す人なら、やってしまいそうになる愚かな行為を、自分も身にしみて体験しているからだと言い放ち、不問にしたのは、篤蔵にとっては、一番厳しい仕打ちだと自らも体験してるからなのかなとか思いながら見た。
篤蔵やってることはここまで、本当にむちゃくちゃだが、それを許す事が出来る人に出会った感動が、どやさって、言葉に現れてたのかもしれないが、意味がよくわからない。自分で自分を殴っているので、自分で戒めなくては、という感じなのかな。なにしろ、ここまでで、スカッとさせてくれる話になっていた。松井新太郎に、拐かされそうになりながらも、既のところで踏ん張って、簡単に逃げずに、正々堂々と謝罪するシーンは本当に心地よかった。こういう感じで毎回ドラマがあるのかわからないが、なかなか骨太な男のドラマになりそうな予感がする仕上がりだった2話だった。
03
篤蔵 (佐藤健) は上京してきた 俊子 (黒木華) と再会する。宇佐美 (小林薫) の計らいで料理を振舞うことになる。初めて篤蔵の作る料理を食べた俊子は、宇佐美が評価していること、料理に対する真剣な態度を知り 「離縁したほうがよい」 と切り出すが…。また、ひょんなことから拾った財布の縁で、英国公使館でシェフをしている 五百木 (加藤雅也) と出会う。
【感想】
人の倍働き、妻子を養うという命題にぶち当たった篤蔵のやったことはシンプルに、2倍働くという単純なことだったところが、彼という人の考え方が面白い。妻俊子と再会した篤蔵は、愛してるとかどうのこうのよりも、単純に妻子の生活を、なんとかしようという考えしかなく、お金をストレートに、稼ぐには、偉くなるからしかないと、財布を拾った縁で知り合った五百木に、お礼の代わりに、料理を教わるを頼むとは、なるほど、なんでも成長のエネルギーにして邁進する彼のパワーは、恐るべし。若いからどうとでもできるのかもしれない。けど、そんな夫を信じるは俊子との間に出来た見えない信頼関係は、この物語の一つの柱なんだろう。その料理と妻に対する思いが重なって、宇佐美に認められる展開になったりと、今のところすべてが上手く言ってる感じさえする。彼の快進撃は続きそうだが、そんな中で、彼の最大に理解者の1人である秋山周太郎の病の具合が気にかかる。華族会館の中でついた嘘とで、どんなドラマになっていくのか?次回は、大きな物語が生まれそうな感じで、期待したい。
04
篤蔵(佐藤健)は妻・俊子(黒木華)と産まれて来る子供を養うため、多くの料理を覚えようと、華族会館だけでなく、英国公使館の厨房を行き来する日々。そんな中、同僚の辰吉(柄本佑)は、先輩の荒木(黒田大輔)から、「病気の兄のお見舞いに行く」と度々厨房を抜け出す篤蔵を尾行するよう命じられる。英国公使館に入る篤蔵を目撃し、荒木に報告するべきか悩み…。一方、周太郎(鈴木亮平)の身体にも異変が・・
【感想】
ついに、華族会館との別れ。人の2倍の速度で、技術を修得するしかない篤蔵にとって、英国公使館での実戦も宇佐美や奥村の元で見た料理の数々とその調理の秘訣も、今の彼にとっては必要不可欠のものであったのは間違いないが、辰吉が見逃した条件を、自ら破り、手伝いに行ったしまった判断が、辰吉が必死に押せていた自らの彼に対する嫉妬心に、火をつけたのでしょうがないのかもしれない。まあ荒木を殴った篤蔵を蹴った宇佐美も泣いて馬謖を切るような心境だったのかもしれにが、確かに示しがつかない。いろんな人のドラマが詰まったシーンだった。そして、兄からの手紙は、篤蔵自らがついた嘘が、本当になってしまうという現実に、向き合わなけれならなくなった。妻のみにも大きなことが起きようとしている中で、彼はどう判断し、どのように生きていこうとするのか?詰まるところ、彼には料理しかないのだが、周りの環境の変化が、どう彼お変えていくのか気になる転機が次回には、待ってるようだ。それにしても、バンザイ軒の主人が佐藤蛾次郎さんというのには驚いた。篤蔵とどうからんでいくのかもちょっと楽しみだし、篤蔵が場末の食堂から、どう成り上がっていくのかも興味がある。あの客は関係あるのかな?
関連記事




コメント

今回もかなり見応えありました。
柄本さん演じる辰吉さん、切ないです。
本当に優しい人故にあの嫉妬は観て可哀想になりましたが、演技上手かったです。
あの意地悪なイヤな先輩ですが、あんな方がいてこそドラマ盛り上がって、この方も上手いなぁ~と思いました。
お兄さん役の鈴木さん、本当に痩せられ役ずくり流石です。手紙の健康体で夢ある辛さは羨ましい?でしたかの文、涙誘いますがその通りの有り難さはつい忘れそうです。
キャストの俳優さんすべてはまっていて、毎週楽しみにしています。
赤ちゃん無事に産まれてくれますように。
さだまさしさんの「夢見る人」声綺麗でドラマに凄くマッチしています♪
佐藤健くん、立身出世したら貫禄ある演技に変わるか楽しみです。
佐藤健さんと黒木華さん!
佐藤さんのどんな役でもこなす感の良い演技力に惚れ惚れとし
黒木さんの淡々とさりげなくそれでいてしっかりとこなす演技に
ただただ脱帽しています

テレ東のまほろ駅前というドラマでゲスト出演していた黒木華さんをみた時から若手のすごい女優さんだとは思っていました

ドラマもとても丁寧な演出と脚本だと思います
ベテラン俳優さん達がそれぞれの立場で若い二人を支えているのも
とても魅力的です

我が家は親子三代でこの上質なドラマを楽しんでいます




建君 可愛い
筋書きが解っているから安心して見ていれる 日曜劇場は昔から見ています。今回は久しぶりに見ごたえありますね。
ほんとに佐藤健くんに、黒木華さん?(笑)
役作りが素晴らしいですね。最初わかりませんでした。
むか〜し、子供のころテレビでやってて、多分うちの親が見ていたと思います。話の内容は全然4覚えていませんが。(汗)
引き込まれて見ています。が、これ、ワンクールですかね?原作は上下2巻ですし、主人公が成功を収めるまでの過程はさまざまあると思うのですが、あまり展開が速すぎるのは浅いドラマになりそうで・・・
今後の展開を見守りたいと思います。
黒木さんのファンになりました。
序盤の“のく蔵”っぷりにイライラしつつ、時折みせるキラリとした表情が気になって…ハマりました。何より俊子さんが素敵で。篤蔵の両親に「身勝手でいて」と言われてもぐっと堪えていたシーンには泣かされました。ジュテームてなんですの?の表情!すっかりファンになりました。



厨房での調理工程や職場の人間関係も丁寧に描かれていて、見応えあります。宇佐美料理長はじめ渋いオジサマ揃いなのも嬉しいです(笑)次週、嘘から出た真実がどうなるのかハラハラです。
黒木 華さん演技に涙!
蔦蔵さんからやっと届いた手紙読んで涙ぐむシーン良かった!
この方の台詞には一言葉が、頷いて聞いてしまいます。けして張りのある声ではありませんが、それが心地良くなるのかも知れませんね。
今のこの時代にもあの奥様のような心持ちの女性もきっとおられるでしょうね、なんて思ってしまいます。
佐藤健さんも、るろうに剣心と違った役柄ですが、破天荒で、ちょとズルさもある蔦蔵似合ってこれからもハラハラ感、楽しみです。
柄本さん、嫉妬する気持ちわかります(笑)、メッチャ腹立ちますよね。男の世界も女世界も同じ、やはり真心で頑張っていきましょう。私もいずれの仕事も女世界ですが、恵まれて有り難いです。
俳優さん皆さん上手くて楽しんでいます。
安心感あるけどね
今回はTBSしか見てない。
更にアルジャーノンと天皇の料理番とはTBSらしくて好きですが、視聴率は下がっちゃいましたね。でも早撮りしているから視聴率に関係なく、クオリティの高いものを期待したいです。俳優さんの数も質も豪華だし、セットも豪華で丁寧に作ってあります。
また佐藤健さんはオーバーリアクションですが、黒木華さんと演技すると両者が生えて凄く良く、でも今回は華さんの出番が少しなのが残念でした。まだ始まったばかりなので楽しみにしております。
視聴率下がりましたね
昭和で言うと、ど根性物語ですね。
ストリーはベタかも知れませんが、キャストの方、すべて役柄にはまっていて、何か落ち着いて観ていられます。
半沢から土下座流行ってますが、下駄で自分の頭を叩くのも清くていい(笑)
修行中は、教えてもらっている方の姿、動きを見て自然と身に着けていくものと言われ、厳しい言葉にも愛がありました。
今の若者の方達にも学べるドラマと思います。
次回も楽しみ♪
マチャアキ
これってむか~し堺正章さんが主役をしていたドラマ「天皇の料理番」のリメイクなんでしょうか?
楽しめそう!
今期ドラマで、期待です。
佐藤健さん始め、俳優さん皆さんの演技良かったです。
黒木華さんってごめんなさい知らなかった私ですが、役柄はまってました、古風な美人さんで、清楚で可憐さもあり役柄ぴったり。
番傘の夫婦のシーン綺麗な映像で素敵でした。
鈴木亮平さんも、鍵部屋の時のヤクザなお父さんさんとは全くちがった役、上手かったです。
特に、弟さんを見る目が優しくて、とても良かったです。来週から苦難の道に入りやがて天皇の料理番になるまで楽しみです。

コメントの投稿

非公開コメント

最新コメント
データ取得中...
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
プロフィール Profile

管理人

Author:管理人
性別 男性 20歳以上
ペット 猫
趣味 ドラマ 映画 


free counters
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ

サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。