★★更新日/番組★検索は「fcast」「嵐視聴率」「視聴率速報」

【月20視聴率】SAKURA~事件を聞く女~仲間由紀恵【01】10/20開始


【AD】
カテゴリー【仲間由紀恵】
☆Amazon Music200万曲 ☆Prime Video
★TVerドラマ
月曜ミステリーシアター『SAKURA~事件を聞く女~』
2014年10月20日よる20時スタート
仲間由紀恵主演!あるときはDJ、そしてまたあるときは相談窓口係、しかしその実態は極秘潜入捜査官! 佐藤隆太演じる熱血刑事とタッグを組み事件の真相を聞き分ける「この事件、桜が聞きました!」正義の怒りで悪を成敗!
【キャスト】
水沢桜 仲間由紀恵 駒込中央署刑事課強行犯係究極の聞き上手 
竹内正人 佐藤隆太 駒込中央署刑事課強行犯係熱血刑事 
桐谷祐 相島一之 駒込中央署刑事課強行犯係係長
矢吹薫 木野 花 駒込中央署生活安全課防犯係
水沢ウメ 草笛光子
五十嵐恭子 高島礼子 駒込中央署署長
大野拓朗 森岡 豊 駿河太郎 文音
【スタッフ】
製作:TBSテレビThe icon
脚本: 松本美弥子 山岡潤平
主題歌: 『生きて』Aqua Timez(エピックレコード)
演出: 鈴木浩介 水村秀雄
プロデューサー:志村彰(The icon)関川友理(The icon)
【視聴率】見逃し無料放送がアリます
01 10/20【*9.9】 「特命潜入!婚活パーティーで殺人事件発生医師連続不審死の裏に怪しい美女…桜が聞く悲しみの声…難事件に最強コンビが挑む!!」
脚本:松本美弥子 / 監督:鈴木浩介 
第1話ゲスト:賀来千香子、升毅、三倉茉奈
02 10/27【10.0】「特命潜入!ゴミ女の復讐!謎の連続殺人!!」
脚本:松本美弥子 / 監督:水村秀雄 
第2話ゲスト:田中美里、羽場裕一、若葉竜也、川村ゆきえ
03 11/03【*8.5】「再就職でパワハラ殺人?熟年夫婦に迫る罠」
脚本:猪原健太 / 監督:水村秀雄第
3話ゲスト:かとうかず子、大谷亮介、安藤玉恵、水森コウ太、平沼紀久
04 11/10【*8.4】「温泉旅館に潜入!22年前の非情な夫婦殺人」
脚本:松本美弥子 / 監督:鈴木浩介
第4話ゲスト:大和田獏、左時枝、大河内浩、菜葉菜、舘昌美、榎本由希
05 11/17【*8.1】「骨肉の争いが招いた殺人連鎖!謎の言葉?」
脚本:来島麦 / 監督:加藤新
第5話ゲスト:松原智恵子、斉藤陽一郎、映美くらら、ミスターちん、三田村賢二、浜田学

【AD】
01
駒込中央署・生活安全課防犯係の相談窓口に勤務する水沢桜(仲間由紀恵)は遅刻の常習犯。それというのも、桜には別の顔があった。駒込の小さなFM局で“DJこころ”と名乗り、パーソナリティを務めているからだ。
朝の番組終了と同時に、署に駆け込む桜だが、いつも微妙に間に合わず、お局の矢吹薫(木野花)に怒られてばかり。しかしその実態は、“聞く捜査”をする桜の唯一無二の理解者で、“鉄の女”とも呼ばれている駒込中央署署長・五十嵐恭子(高島礼子)から命を受けた特命捜査員だ。
そんなある日、同僚の矢吹薫(木野花)に誘われて、桜は婚活パーティーに参加する。気乗りのしない桜だったが、パーティーに参加していた医師の男性が突然心臓発作で亡くなった。
警察沙汰となり、赴任したての熱血刑事・竹内正人(佐藤隆太)たちが捜査に乗り出した。正人は柔道の達人で、桜とは違い、人の話を最後まで聞かずに飛び出していくタイプ。正人たち刑事課は、すぐさま男性と一緒にいた女性・詩織を疑う。実は詩織には過去に同じ手口で男性を殺した疑いがかけられていたのだ。
しかし、鋭い観察力を持つ桜には疑問が残る。桜は五十嵐署長の許可を得て、正人たちにバレないよう潜入捜査を行うことになるのだが……。
小料理屋を営み、桜を優しく見守る祖母のウメ(草笛光子)にアドバイスをもらいながら、桜は事件の謎を痛快に解き明かしていく─。
02
駒込中央署生活安全課相談窓口に勤務する地味な警察官・水沢桜(仲間由紀恵)はいくつもの顔を持つ。ある時は駒込FMの人気パーソナリティ“DJこころ”、またある時は署長・五十嵐恭子(高島礼子)から命を受け、潜入捜査の中で市井の声に耳を傾ける“聞く捜査”をする特命捜査員だ。そんな桜が話を聞かない熱血刑事竹内正人(佐藤隆太)とタッグを組み、難事件に挑む!ある日、桜の元に近所のゴミ屋敷に関するトラブルの相談が舞い込んでくる。薫(木野花)は気にも留めない様子だが、気になる桜は、ゴミ屋敷を訪問。そこに住む祥子(田中美里)の様子を見て、桜は疑問を持つがー
感想】
何で、DJとかしないといけないのか?話を聞いたりする職業だからというのは分かるが、事件自体には関係はないのか?人が発する言葉で、事件の真実を聞き分けるみたいな感じの設定なのかと思ったら、その要素は少なく、事件解決にもさほど役に立ってるようにも見えない。いろんな設定はある桜だが、普通の昔っからある刑事物でしかないような気はする。潜入捜査も何でもありだが、警察署内でそのことを知るのは署長と竹内だけで、協力して、事件の周辺での聴きこみで、解決する普通の刑事ドラマじゃんとは思ったが、最後の最後に、強引だなと思うくらい犯人の手下が集まって来たのを、竹内と桜の妹が、アクションで潰していく!けど、桜はなにもしないで、最後の決めだけ、やっちゃうとは!まさしく、この枠の水戸黄門の流れを組んでいるのか!竹内と桜の妹は、完全に助さん格さんだった。物語は、女性がゴミ女になったのは、ゴミを出しに行ってくれた息子が、事故で、重体になってしまったというものだったが、その事件を隠ぺいするために、殺人事件を2つも犯してしまうところが、なんだか心理がよくわからない。それにしても、息子の交通事故の捜査をやった奴らは、明らかにおかしい現場の状況なのに、本気で無能なのか?なにしろ、刑事ドラマにしてはお粗末だし、へんてこりんな脚本だけど、もうちょっと、仲間由紀恵さんのために見てみるかな。それにしても、この頃、羽場さんは悪役しかしないね。
03
ある日、水沢桜(仲間由紀恵)が務める生活安全課防犯係の相談窓口へ、松永文代(かとうかず子)が訪れた。夫がケガをしたのだがその理由を言わず、事件に巻き込まれているのではないか調べてほしいと言う相談だった。それを受けて、文代の夫が勤める「キッチン・スーノ」というお店を訪れる桜。その店の社長・柏田真希(安藤玉恵)によると「高齢者の再就職、セカンドライフを照らす店作りを」を会社のモットーとし、高齢者を雇用して労使共ににメリットがある仕事を追及しているとのことだった。しかし、桜の耳に入って来た従業員の言葉は「あいつのせいで俺は…」というマネージャー吉岡周作(大谷亮介)の怒りの声だった。そして、たまたま皿を割ってしまった文代の夫・松永哲雄(水森コウ太)が、吉岡に裏へとつれていかれるところを目撃する桜…。
【感想】
しばらく見たらすぐ、犯人がわかってしまうドラマだね。どう考えても、マネージャー吉岡周作も、被害者になるんだろうな~と思ったら、意外とすぐに殺されちゃったりるし、水戸黄門的なお代官様が悪党パターンだなと思ったが、まさにその通りで、犯人は経営者だった。現在も若者とか高齢者支援と言いつつ、ブラック化してる企業を退治してしまうというわかりやすいものだった。そういえば、究極の聞き上手と思っていた水沢桜は、単に耳がいいだけの警察官でしかないのかという気もするのが残念かも。竹内正人も、アクション要員でしかないけど、彼が中心となって解決する話とかあるのかな。
そういえど、このくらいのテーストが、水戸黄門元枠にはいい感じかも。本当にわかりやすいから、考えなくてもいいし、最後はちょっとしたアクションがあって、気楽に見れるから、この数字をとってるのかも。
04
ある日、駒込中央署の管轄内にて、殺人事件が発生。ほどなく、現場へと駆けつけた刑事課の正人(佐藤隆太)は愕然とする。被害者は正人の知り合いの刑事、金森幸生(大河内浩)だったのだ。「金森さんを殺したヤツは絶対に許さない」と怒りを露にする正人。そんなとき桜(仲間由紀恵)は、正人の父・秀人(舘昌美)は警察官で、金森はその部下だったと五十嵐署長(高島礼子)に聞かされる。しかも、正人の父は22年前に、自分が逮捕した犯人の大木尚哉(宮里駿)に殺害されたという。当時18歳だった大木は秀人と金森に逮捕され、2年の実刑判決を受けた。その後、1年で仮出所した大木は、秀人から知り合いの祖父江駿(大和田獏)が営む、会社を紹介され更正したかに見えたのだが、逆恨みで竹内家に押し入り、正人の父・秀人と母の真弓(榎本由希)を殺害。それは、正人がまだ11歳の時だった。
一方、金森は、退職後に故郷の岩手に帰っていたが、出所者更正支援活動の講演で東京に出てきていて、その後、東京近郊の久瑠沢温泉へ泊まりに行き、昨日は、以前に金森が逮捕した強盗犯で2ヶ月前に出所した橋口康一(青柳尊哉)に会いに行くと言っていたことが調べでわかった。
正人を心配する桜は、金森の足跡を調べるために、金森が宿泊したという温泉旅館へ潜入。そこで桜は、22年ぶりに温泉へきたという大木芳江(左時枝)という女性が宿泊していたことを知る。その大木という人物は、正人の両親を殺害した犯人の母親だった…。
感想】
今回の話は、何故に、正人は刑事になったのか?そこには、深いわけがあったという話だけに、正人の無駄に厚いところも良いスパイスになっているように見えて、感情移入もし易い話に仕上がっていたし、裏ではいい顔の祖父江駿という今回のすべての殺人事件の殺人鬼を、大和田獏に演じさせるというスパイスも効いてなかなか面白いドラマになっていた。けど、あの旅館に何で潜入捜査をしないといけないのかよくわからないし、普通に、あの旅館の中居さんい話を聞けば、済みそう事件のようにしか思えなかった所はマイナスかな。あの耳で、まこと言葉を聞き分ける設定も、単なる耳がいいだけの人でしかないように見えるのは残念。祖父江駿の語る言葉に、引っかかって、捜査をするとかならいいけど、いろんな設定がいまだに宙に浮くような話しか作れないのは残念かも。正人のアクション展開は好きだけどね。できれば、妹もあの格闘シーンに呼べばいいのに!まあ、今回の事件、祖父江駿とつながりがある人ばかり殺されるので、犯人の特定はしやすかったかも。犯人と目をつけられた青年たちは、22年前は、子供だもんね。
05
駒込中央署生活安全課相談窓口に勤務する地味な警察官・水沢桜(仲間由紀恵)はいくつもの顔を持つ。ある時は駒込FMの人気パーソナリティ“DJこころ”、またある時は署長・五十嵐恭子(高島礼子)から命を受け、潜入捜査の中で市井の声に耳を傾ける“聞く捜査”をする特命捜査員だ。そんな桜が話を聞かない熱血刑事竹内正人(佐藤隆太)とタッグを組み、難事件に挑む!ある日、桜の元に「喧嘩の声がうるさい」という苦情が入る。気になった桜はトラブル元の老舗和菓子屋を訪問し、義弟と息子の喧嘩に困惑しているトミ(松原智恵子)に出会う。数日後、トミの義弟が遺体で発見され…
感想】
関連記事
【AD】



コメント

イマイチかな。この枠のドラマ(小泉さん主演の2本)が良かっただけに残念です。

コメントの投稿

非公開コメント

最新コメント
データ取得中...
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
月別アーカイブ
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ

サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。