更新日:番組名/検索「視聴率速報」

【土23視聴率】ファースト・クラス 沢尻エリカ 【全10話】 最終回二桁



Artist category:【沢尻エリカ】母になる

ファースト・クラス [DVD]
ポニーキャニオン (2014-11-28)
売り上げランキング: 165

フジテレビ
ファースト・クラス

沢尻エリカ8年ぶりの地上波連ドラ主演!女の格付け地獄開幕!虐げられるシンデレラが挑むバトルロイヤル!沢尻以外、全員悪女のキラキラ&ブラックな衝撃ドラマ
【脚本】渡辺千穂
【プロデュース】小林和紘 及川博則
【編成企画】太田大
【演出】水田成英 樹下直美
【音楽】野崎良太(Jazztronik)
【出演】
吉成 ちなみ 沢尻エリカ 「ファースト・クラス」アルバイト編集部員 から 「プエルト」副編集長
西原 樹 中丸雄一 静香に付くカメラアシスタント。
MIINA 佐々木希 No.1モデル。群馬県高崎市出身。
川島 レミ絵 菜々緒 正社員。「ファースト・クラス」編集部員。
ERENA 石田ニコル No.2モデル。アメリカ・ロサンゼルス出身。
松田静香 遊井亮子 フォトグラファー。樹の上司。
八巻 小夏 三浦理恵子 「ファースト・クラス」副編集長 → 「プエルト」編集長。
磯貝 拓海 平山浩行 スタイリスト兼ファッションディレクター。
木村白雪 田畑智子 契約社員。「ファースト・クラス」編集部員 → フリーライター。
大沢 留美 板谷由夏 「ファースト・クラス」編集長。東京都杉並区出身。カリスマ
【視聴率】
01 4/19【*6.5】女の格付け地獄開幕 虐げられるシンデレラ 沢尻以外、全員悪女
【脚本】渡辺千穂【演出】水田成英 りりィ
02 4/26【*9.1】沢尻VS泥棒猫悪女 盗まれた企画書!もう許さない!反撃開始
【脚本】渡辺千穂
03 5/03【*6.1】毒入りサンドの罠!殺す気…?沢尻もはや終了?いや大逆襲か
【脚本】渡辺千穂【演出】樹下直美
04 5/10【*6.7】今夜も悪魔の声炸裂 盗撮攻撃で性悪女逆襲 最狂の地獄絵図来た
【脚本】渡辺千穂【演出】樹下直美
05 5/17【*6.1】地獄の底辺泥沼決戦 セレブVS最下位女!最凶蛇女、牙を剥く
【脚本】渡辺千穂【演出】小林和絋
06 5/24【*8.8】ドロドロ第一章今夜衝撃決着!恋×友情=地獄!蛇女は見た!
【脚本】渡辺千穂【演出】水田成英
07 5/31【*7.8】お待たせしました!第二章開幕で黒い沢尻解禁!蛇女愛欲の罠
【脚本】渡辺千穂【演出】及川博則
08 6/07【*8.9】地獄の使者乱入で悪女肉弾戦!死ぬのは誰?
【脚本】渡辺千穂【演出】岡野広信
09 6/14【*9.2 】最終章は悪女W杯開幕!頂点も結局地獄
【脚本】渡辺千穂【演出】樹下直美
10 6/21【】さよなら沢尻エリカ!今夜の悪女W杯ドラマ歓喜のち地獄のち奇跡のち地獄のち感動のちやっぱり地獄の最悪最終回!
【脚本】渡辺千穂【演出】


【07】
「ファースト・クラス」のライバル雑誌として「プエルト」が創刊されることが決定。満を持して八巻小夏(三浦理恵子)が編集長となり、「ファースト・クラス」編集長の大沢留美(板谷由夏)と、ついにライバル関係に…。編集部内のエディターが振り分けられ、この時を待っていたとばかりに、豹変する編集長の八巻。さらに川島レミ絵(菜々緒)、吉成ちなみ(沢尻エリカ)をはじめ、驚きの“マウンティング”構図が出来上がった新体制…。新たな“マウンティング”が構築される一方、いくつもの波乱を乗り越えたちなみは、木村白雪(田畑智子)、MIINA(佐々木希)と新たな友好関係を築き、次の一歩を踏み出していた。しかしその翌日、その関係にまさかの展開が待ち受ける…。そんな中「プエルト」の創刊に伴い、あるインタビューが目玉企画として進んでいく。その人物は、八巻をはじめ、大沢、磯貝拓海(平山浩行)のよく知る人物だという。この企画から、ちなみはある過去の秘密を知ることに…。
【08】
大沢留美(板谷由夏)が編集長を退き、退職することを決意。吉成ちなみ(沢尻エリカ)は大沢から後任の編集長に任命される。引き継ぎを受け、「ファースト・クラス」編集長のちなみ、「プエルト」編集長の八巻小夏(三浦理恵子)の新たな対立関係が生まれる。そんな中、両編集長は詢香社の社長(高知東生)から、驚きの計画を発表される。編集部では、編集長に成り上がったちなみをねたみ、アシスタントのころから嫌がらせを続けてきた川島レミ絵(菜々緒)の“マウンティング”がエスカレート。さらには、新編集長のお披露目会でも各ファッション雑誌編集長から思いもよらない仕打ちをうけ、編集長の洗礼を受けるちなみ…。それでも、スタイリストの磯貝拓海(平山浩行)やカメラマンの松田静香(遊井亮子)をはじめ、ちなみの昇格を喜んでくれるメンバーも。しかし、カメラアシスタントの西原樹(中丸雄一)とレミ絵がキスしていたのを偶然見てしまったちなみ。樹との関係は、ぎくしゃくしたままに…。そんな激動の中で、ちなみは編集長としての第一歩を踏み出すものの、新たな問題が勃発し…。
【09】
突然起こった「詢香社」の買収…。超大企業の外資系出版社の面々が「詢香社」にのり込んでくる。そこにいたのは、なんと「ファースト・クラス」の元編集長・大沢留美(板谷由夏)と、「プエルト」編集長・八巻小夏(三浦理恵子)。状況を理解できない現編集長の吉成ちなみ(沢尻エリカ)や、川島レミ絵(菜々緒)そして編集部員たち…。そんな中、ちなみは今後ファッション編集部門が、再編・縮小を余儀なくされるという方針を大沢から伝えられる。ちなみに課せられたミッションは、各編集部の部員を3分の1に減らすリストラだ。モデルのMIINA(佐々木希)をはじめ、事あるごとにちなみを助けてくれた西原樹(中丸雄一)、カメラマン松田静香(遊井亮子)、スタイリストの磯貝拓海(平山浩行)にも「詢香社」の状況はすぐに伝わり、ちなみの心配をする。リストラという最大の課題と向きあうことになったちなみ。一方、自分の今後が心配でしかたがない編集部員たち。もはや編集部は崩壊寸前だ。そんな中、ちなみは大沢と八巻、そして新社長のリエコ(LiLiCo)に対し、ある宣言をすることに…。
【10】
突然起こった「詢香社」の買収。これまでとは大きく経営方針が変わり、吉成ちなみ(沢尻エリカ)に課せられたのは大幅なリストラ…。しかし、ちなみは編集部員を何とか守ろうと試行錯誤を繰り返し、ついに「ファースト・クラス」の売り上げを2倍にすると大沢留美(板谷由夏)、八巻小夏(三浦理恵子)そして新社長のリエコ(LiLiCo)に公言。ちなみは最後の賭けにでる。そんな中、暴走を続ける川島レミ絵(菜々緒)は、これまで“仲良しごっこ”を演じていたERENA(石田ニコル)にまで牙をむき、編集部はもはや崩壊寸前…。ちなみに「ファースト・クラス」を立て直す術は残されているのだろうか!?ちなみが下した決断は!?ちなみの幸せは!?ちなみの今後、そして「ファースト・クラス」はどうなるのか!?
関連記事

コメント

全話すべてリアタイで観ました!
この枠は高校入試の時にハマって以来です。
渡辺千穂さんの脚本好きです。
名前のない女神達も楽しんで観ました。
ドロドロしてるけどリアリティがあるし主人公が前向きでたくましいんで観てても重くならなくて続きが気になるドラマでした。
ちなみの「仕事に好き嫌いは関係ない。レミ絵さんは○○力に優れているから起用する」みたいなことを言ってて、あれだけひどいことされてて会社的にもマイナスに思える人を感情的にならずに取り入れる姿勢にしびれました。
ビジネスだから当たり前のことだけど、なかなか割り切るのは難しいんですよね…
私はただのパートだけど自分にも置き換えて考えさせられました。
最初は垢抜けなかったちなみ、沢尻エリカちゃんって可愛くなくなったな〜って失礼なこと思ってたら、どんどん美しくなっていきましたね。
ちなみの外見と内面の変化も楽しかったです。
楽しかったです
最終回まで楽しませてもらいました。

これが家庭とかもっと身近な設定なら、辟易としたと思います。
華やかで少し現実から遠い世界だからより楽しめたのかな。


ドロドロからのサクセスストーリーなのかと思ったら、心の声で「わかる!」と思いながら笑わせてもらったり、
仕事にプライドを持つかっこいい女性の姿が見え隠れしたりしてよかったです。

大沢編集長かっこいい。あのテンションの低い演技でどうなるのかと思ったら大事なところでいい言葉や行動を見せてくれて憧れる上司でした!

レミ絵さん。最後までやらかしてくれてありがとう!最高でした。
そのほかの出演者の方も演技のうまい方は意外な役だったり、演技がいまいちじゃない方はハマりのいい役でバランスとれていた気がします。

そしてちなみちゃん。世間ではマイナスなイメージがついてしまっている沢尻さんですが、イメージに関係なく「やっぱすごいな」と素直に思いました。
純粋な演技もちょっと悪い演技も好きでした。最後までとことん悪い役になったりいい人のままじゃなかったちなみちゃんを絶妙なバランスを演じてくれていたと勝手に思っています。
1リットルの涙で「え?沢尻エリカって誰?」と思っていてもとても感動する作品だったように、ファーストクラスで「沢尻エリカもう需要ないでしょ」と思っていたのを打ち破る面白さで満足させてくれました。

3か月楽しかったです。ありがとう。
毎週、楽しくみてます
ファーストクラス25万部
どうなるのか、気になります。
見逃せません :-)
私の予想・・・
私の予想。
レミ絵さまこそハリーポッターにおけるスネイプなんじゃない?
才能はあるものの優しすぎ、甘々すぎるちなみをトップをはれる本物の編集長にしていくための精神的な試練を与える、留美さんの最後の切り札・・・とか。
だって白雪さんにあれだけきついことを言っていた留美さんが、レミ絵を放っておくなんて何かありそうな気がしてならない。
で、なんだかんだ最後はレミ絵の財力でエレナを退け、ミーナ返り咲き!とか。
いや、それじゃだめか。考えすぎ?笑

・・・こんなふうにあれこれ妄想したくなる、今期結局一番リアタイで見てるドラマです。
あ~最終回が楽しみ~!
沢尻さんはもちろん、七々緒さんは意外と演技上手いですね。
ただ佐々木さんは相変わらずな演技で出た瞬間に萎えてしまいます。
見た目だけで選ばれてるのは分かりますが可愛くて演技上手い人はたくさんいるのに残念です。
内容はよくある女達のドロドロドラマ。
このドラマは前の番組からすぐ始まるからチャネルそのままって人も多いから前番組の数字が良ければこのドラマの数字も上げてますね。作戦成功ですね。
副音声も楽しめる
なんだかんだ今クールの一番気になるドラマになりました。

ちなみちゃんも業界の中でいい感じに染まっていって面白くなってます。
最終回に向け新たな敵が出てきてドキドキです。

副音声では結構厳しい言葉が飛んでいるかと思いきやブラックで思わずくすっとなりながら「怖っ!」と思ってしまうのが楽しい。
本編ではあまり見れなくなった白雪さんに会えるのも嬉しい。

個人的にはLilicoなどの新しい敵もいいですが、やっぱりレミ絵の陰湿っぷりが最高です。

最終回に向けどんなドロドロと結末が待っているのか楽しみにしています。

コメントの投稿

非公開コメント

コメント大歓迎
データ取得中...
Amazon

視聴率優良サイトリンク 
  • このブログをリンクに追加する
  • Fcastバラエティ視聴率記事
    サイドバー2下の追尾スペース
    ここに追尾させたいものを記載します。