更新日:番組名/検索「視聴率速報」

【土23視聴率】ファースト・クラス 沢尻エリカ【全10回】



Artist category:【沢尻エリカ】母になる

ヘルタースケルター スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]
Happinet(SB)(D) (2012-12-21)
売り上げランキング: 1,573

フジテレビ
ファースト・クラス

沢尻エリカ8年ぶりの地上波連ドラ主演!女の格付け地獄開幕!虐げられるシンデレラが挑むバトルロイヤル!沢尻以外、全員悪女のキラキラ&ブラックな衝撃ドラマ
【脚本】渡辺千穂
【プロデュース】小林和紘 及川博則
【編成企画】太田大
【演出】水田成英 樹下直美
【音楽】野崎良太(Jazztronik)
【出演】
沢尻エリカ
中丸雄一
佐々木希
菜々緒
石田ニコル
遊井亮子
三浦理恵子
平山浩行
田畑智子
板谷由夏
【視聴率】
01 4/19【*6.5】女の格付け地獄開幕 虐げられるシンデレラ 沢尻以外、全員悪女
【脚本】渡辺千穂【演出】水田成英
02 4/26【*9.1】沢尻VS泥棒猫悪女 盗まれた企画書!もう許さない!反撃開始
【脚本】渡辺千穂
03 5/03【*6.1】毒入りサンドの罠!殺す気…?沢尻もはや終了?いや大逆襲か
【脚本】渡辺千穂【演出】樹下直美
04 5/10【*6.7】今夜も悪魔の声炸裂 盗撮攻撃で性悪女逆襲 最狂の地獄絵図来た
【脚本】渡辺千穂【演出】樹下直美
05 5/17【*6.1】地獄の底辺泥沼決戦 セレブVS最下位女!最凶蛇女、牙を剥く
【脚本】渡辺千穂【演出】小林和絋
06 5/24【*8.8】ドロドロ第一章今夜衝撃決着!恋×友情=地獄!蛇女は見た!
【脚本】渡辺千穂【演出】水田成英
07 5/31【*7.8】お待たせ致しました!ドロドロ第二章開幕で待望の真っ黒沢尻解禁!見たかったのはこの沢尻エリカ!新雑誌創刊で編集部は大奥状態!毒蛇女愛欲の罠で最新の攻撃!


01
ファッション業界で働くことを夢見ながら、下町の衣料材料店で日々地味にボタンや生地を売っていた主人公、吉成ちなみ(沢尻エリカ)は、ふとしたことから自分には縁のない世界だと思っていたファッション雑誌の編集部で働くことになった。見たことのないキラキラした世界・・・。そんな期待を胸に新たな世界の扉を開けたが、そこにあったのは日々女たちがお互いを捕食しあう恐ろしき伏魔殿だった・・・。一生雑用の底辺から雑誌や広告を自由自在に操る最高層まで、高低差が激しい業界。  ファッション業界のトップに君臨する鬼編集長の大沢留美(板谷由夏)以下、社員エディター川島レミ絵(菜々緒)と契約社員エディター木村白雪(田畑智子)の編集部内をはじめとし、MIINA(佐々木希)とERENA(石田ニコル)のトップモデル同士の争いが繰り広げられる・・・。そんな日々ランキングが変わる滑稽な女の世界“マウンティング"=“人間の格付け"の世界に引きずり込まれることになったちなみは・・・。
02
憧れだったファッション雑誌の編集部であらたな一歩を踏み出した吉成ちなみ(沢尻エリカ)。先輩エディターの木村白雪(田畑智子)に早くも嫌がらせをうけるも、めげずに一刻も早く仕事内容を覚えようと川島レミ絵(菜々緒)と白雪の2人の先輩と共に展示会へ積極的に出かけていく。
そこには「ファースト・クラス」のトップモデルの1人で、熱愛スキャンダルで時の人となっているERENA(石田ニコル)の姿も。そんな彼女とライバル関係にある現在ナンバーワンモデルMIINA(佐々木希)とのモデル同士の争いは激烈…。その余波は、ERENAと仕事のパートナーのレミ絵、MIINAとパートナーの白雪の間にも広がり、最悪の状況…。
そんな中、売り上げ部数が減っている「ファースト・クラス」で新企画を募集することになった。レミ絵からも企画提出を勧められたちなみ。意気込んで企画を考えるちなみだが、しかしそこにもまた壮絶な“試練”が待ち受けていた…。
03
吉成ちなみ(沢尻エリカ)の企画書を消した犯人が、木村白雪(田畑智子)だと判明し、編集部の状況は一転する。次号の目玉企画『ミランダインタビュー企画』は、副編集長の八巻小夏(三浦理恵子)とちなみが担当し、さらに白雪の企画だった『MIINA(佐々木希)企画』も、ちなみが担当するようにと編集長の大沢留美(板谷由夏)は指示を出す。ちなみは八巻と共に、企画を成功させるべく準備を始めるが、そのアシスタントについたのは白雪…。やりにくさを感じながらも、仕事をこなしていくちなみ。また、売り上げ部数が伸び悩んでいる雑誌「ファースト・クラス」は、センターモデルを読者投票で選ぶ、“総選挙”の実施を決定。編集長の大沢によって売り上げV字回復を狙う方針がたてられる。センターモデルはMIINAか…それともERENA(石田ニコル)か…。気持ちが穏やかでないMIINAに対し、“時の人”で余裕が見られるERENA。そんな中迎えた『ミランダインタビュー企画』当日。またしても白雪による嫌がらせでピンチを迎えることになったちなみは…。
04
雑誌「ファースト・クラス」のセンターモデル投票のトップ3には、MIINA(佐々木希)、ERENA(石田ニコル)、のツートップの他、“リメイク企画”で自分自身が紙面に登場した“編集者モデル”吉成ちなみ(沢尻エリカ)の名前もあがっている。そんな中、MIINAを起用した新たなプロジェクトが立ち上がり、現場の仕切りを任されることになったちなみ。編集部のメンバーも、ちなみの起用に驚きを隠せない。一方で、川島レミ絵(菜々緒)や木村白雪(田畑智子)からは、ねたみをかってしまうことに…。しかしその起用も実は、プロジェクトのトップである副編集長の八巻小夏(三浦理恵子)の下心が…。そんなこととは知らず、仕事を精一杯頑張るちなみだが、ちなみ自身は、偶然目にしてしまったダイエットピルを服用しているMIINAのことが気になってしかたがない…。
05
MIINA(佐々木希)の一件で、連載も契約も白紙になった吉成ちなみ(沢尻エリカ)は、再び木村白雪(田畑智子)のアシスタントにまわることになる。そんなちなみと白雪の構図を、おもしろがる川島レミ絵(菜々緒)とERENA(石田ニコル)。ちなみ自身は編集部での居場所がなくなり、助けてくれる同僚もいない。しかし、下心のある副編集長の八巻小夏(三浦理恵子)だけは、ちなみに対して恩を売ろうと必死に優しい言葉をかけている。窮地に追い込まれたちなみは、立場が逆転した白雪に再びワナをしかけられ、嫌がらせをされる…。
一方、張り切って仕事をする白雪の姿が面白くないレミ絵は、白雪を陥れる嫌がらせを思いつく…。白雪はちなみを、レミ絵は白雪を…。そのしわ寄せは最終的に、下働きを強いられるちなみのピンチへと繋がってしまう。そんな中、あるアクシデントも重なって、事態は編集部だけでなくカメラアシスタントの西原樹(中丸雄一)まで巻き込んでいくことに…。
06
吉成ちなみ(沢尻エリカ)は、木村白雪(田畑智子)と一緒にMIINA(佐々木希)が入院する病院を訪ねる。しかし、病室にはMIINAの姿はない。MIINAを追い込んでしまったと、今更ながら責任を感じてしまう白雪もまた姿を消してしまう。そんな中でも雑誌の校了は待ってはくれない。本来の仕事はもちろん、白雪の企画も担当することになる川島レミ絵(菜々緒)、そしてちなみも1人で業務をこなすよう副編集長の八巻小夏(三浦理恵子)から指示が出る。あらゆるところにしわ寄せが及ぶ編集部…。
そんなトラブル続きの編集部だが、一方水面下では、あるプロジェクトも動き出している…。姿を消したMIINAと白雪…。2人を探すちなみ…。いつもポジティブなちなみも、今回は自分のせいだと落ち込む。そんな弱気になったちなみに手を差し伸べたのは…。
07
「ファースト・クラス」のライバル雑誌として「プエルト」が創刊されることが決定。満を持して八巻小夏(三浦理恵子)が編集長となり、「ファースト・クラス」編集長の大沢留美(板谷由夏)と、ついにライバル関係に…。編集部内のエディターが振り分けられ、この時を待っていたとばかりに、豹変する編集長の八巻。さらに川島レミ絵(菜々緒)、吉成ちなみ(沢尻エリカ)をはじめ、驚きの“マウンティング”構図が出来上がった新体制…。新たな“マウンティング”が構築される一方、いくつもの波乱を乗り越えたちなみは、木村白雪(田畑智子)、MIINA(佐々木希)と新たな友好関係を築き、次の一歩を踏み出していた。しかしその翌日、その関係にまさかの展開が待ち受ける…。そんな中「プエルト」の創刊に伴い、あるインタビューが目玉企画として進んでいく。その人物は、八巻をはじめ、大沢、磯貝拓海(平山浩行)のよく知る人物だという。この企画から、ちなみはある過去の秘密を知ることに…。
関連記事

コメント

キレイな方ばかりでうれしい☆
録画してたの一気見したら結構面白くて見入ってしまいました。
後半戦も楽しみです!
毎週楽しみに観てます。
ドロドロのドラマで少し気が滅入ると思っていた頃に、ちなみと白雪の関係が良くなり(まだわからないけど笑)気持ちが明るくなりました。
このドラマはドロドロだけど救われるシーンもいくつかあるし、ちなみが強くて向上心があるのでまた次回も観たくなります。
目には目をって言うけど、意地悪には意地悪をじゃ悪循環になるんだな…
自分を見失わずに誠実な対応をすれば相手も変わってくれるんだなって思いました。
人を好意的に信じすぎてもいけないんでしょうけどね(汗)
こわ〜い(゚o゚;;
女はこわ〜いと思いながら見てます!れみえと白雪さんの心の声が超面白い!奈々緒の心の声上手い!何が起こるのか楽しみ(*^_^*)
脚本家の渡辺さんって、こういう女性の話、面白いですよね!
沢尻さんやはり演技上手いですね!
やっぱり役が合ってないよね
ドラマ内容も脚本もとても面白いと思うのですが
純な、吉成ちなみ役が沢尻さんになんとも合っていない
感じがしています

演技力に定評があるとの事ですが、馴れた風の演技がとても
苦手です
佐々木希さんや菜々緒さんの演技の方が初々しさ、清々しさを
そして一生懸命さを個人的には感じています


沢尻さんはあれだけダサい格好をしていたのにドラマの中で一番可愛かった。
ただやっぱり佐々木さんの演技は受け付けないです。
どうして演技の勉強をしないのか不思議ですが、それでも沢尻さんの抜群の演技力でカバーされてるのかな。
下線の文
面白かったです
期待していなかったのですが、1時間があっという間で引き込まれました。
先が読めるドラマなんだろうけれど、リアリティがある気がして、ドキッとさせられます。同性だからかもしれませんが…
沢尻さん、演技させると良いですね~~普段の印象がもったいないなぁーと、あらためて思いました。
今期は見たいドラマが多くて困ります。
女性向けのドロドロ劇
キャストの方々は華やかな方が多いですね。

やっぱり沢尻エリカはきれいだし演技も好きです。連ドラで毎週彼女が見れるのは嬉しい限りです。

視聴者は確実に女性よりで、大なり小なりどの世界にいても女性が自分のランキングを気にするのはあると思います。極端な世界だけどちょっと分かる。


最終回に向けてちなみちゃん達がどんな風になっていくのか、ドロドロの世界を楽しもうと思います。

キャストがみんなパンチのある方ばかりなので期待してました(笑)
面白かったです。
この脚本家は名前をなくした女神達(題名違ったらすみません)を書いた方なんでなるほど、女性のドロドロを描くのが上手だと思いました。
心の声が字幕にされてるのが面白いです。
中にはこれって演技じゃなく地でしょ?なんて思わせる方もいたりして…(笑)
中学生の息子と女って怖いよね〜って笑いながら観ました。

コメントの投稿

非公開コメント

コメント大歓迎
データ取得中...
Amazon

視聴率優良サイトリンク 
  • このブログをリンクに追加する
  • Fcastバラエティ視聴率記事
    サイドバー2下の追尾スペース
    ここに追尾させたいものを記載します。