更新日:番組名/検索「視聴率速報」「fcast」

【1/12視聴率】トリック「新作スペシャル3」



Artist category:【仲間由紀恵】


「人が消える…解くと必ず死ぬ暗号!欲望渦巻く遺産争いと呪われた財宝!!」
旧家で巻き起こる骨肉の相続争い…美しき三姉妹と謎の遺言状に端を発する連続殺人!一族の哀しい秘密と、恐るべき真犯人の正体とは!?奈緒子&上田コンビが超常現象のトリックに挑む!
【放送日時】2014年1月12日(日) 21:00 ~ 23:10
【出演者】
仲間由紀恵
阿部寛
生瀬勝久
野際陽子
【ゲスト】
飯島直子、藤田朋子、国生さゆり、福士蒼汰、朝倉あき
【スタッフ】
◇演出 堤幸彦
◇脚本 蒔田光治
◇音楽 辻陽
◇主題歌 ティーナ・カリーナ『いつかきっと』(デフスターレコーズ)
【エグゼクティブプロデューサー】桑田潔(テレビ朝日)
【プロデューサー】高野渉(テレビ朝日)、山内章弘、蒔田光治、佐藤善宏
【視聴率】15.1


【あらすじ】
 山間のいで湯の里、尾古溝村。一帯を取り仕切る旧家・水神家で、先だって亡くなった当主・公望(きんもち)の遺言が開封されるその日、上田次郎(阿部寛)が水神家に招かれ到着する。助手と称し山田奈緒子(仲間由紀恵)の姿もある。大座敷には、開封を待ちわびる一族が集結。長女の幸代(国生さゆり)、次女の月子(藤田朋子)、三女の華絵(飯島直子)の三人は、いずれも表には出せない事情があり、遺産を喉から手が出るほどに必要としていた。
 しかし、顧問弁護士の佐伯(上條恒彦)から発表された遺言は意外なものだった。公望に財産はほとんどなく、あるのは水神家の当主が代々受け継いできた財宝のみだという。その評価額は時価数百億円。一同が色めき立つ中、奈緒子も思わず身を乗り出す。しかし、財宝の在処を示すヒントが収められた箱には、呪いがかけられているという。佐伯によれば、財宝を見つけ出そうとしてそのまま行方不明になった歴代の当主もいるとか。だが、古い迷信や呪いを信じない三姉妹は、互いにいがみ合いながらも箱を開けることを要求。その役目を、使用人の千佳子(朝倉あき)に言いつけるが…。
骨肉の遺産争いの只中で幕を開ける不可解な連続殺人──
超常現象としか思えない仕業によって一族の人間が次々と命を奪われていく!
奈緒子&上田コンビが挑む前代未聞のトリックの数々!
因習に縛られた一族の哀しい秘密と、恐るべき真犯人の正体とは
感想
「涅槃で待つ」と山田はつぶやいて去ったが、そんなのお構いなしの煩悩全開の大活躍ぶり、どちらかと言えば今回の上田はかなりおとなしかったのだけは確か!今回の話のスジは、珍しくもない、3姉妹によっていじめられた女の怨念を心のなかに焼き付けた娘が使用人に化けて、復習するというストーリーは珍しいものではない。それ故なのか、何なのか?前半は、彼女が仕掛けていくトリックは、もしや千佳子と明のしわざだろうのは薄っすら分かったがなんか勢いを感じない展開だね~くらいで見ていたが、後半のトリックをズバズバと山田が解いていく展開、フォローするウエダと主コンビネーションもさすが!どんどん内容に引き込まれていく、ところどころに散りばめられた小ネタも冴えてきて、最終局面では、因習に縛られた一族の哀しい秘密と真犯人の正体や犯行の数々が、何しろ劇的だ。そして、千佳子の最終目的華絵を陥れていたのが、まさかヒ素で、自分の体を鳴らしていたとは...怨念の凄まじさがいい感じ!
だけど、もう一度見て感想は書きたいような~何しろ、なかなか面白かったので映画も見に行きたい。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
プロフィール Profile

管理人

Author:管理人
性別 男性 20歳以上
ペット 猫
趣味 ドラマ 映画 


free counters
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ

サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。