更新日:番組名/検索「視聴率速報」「fcast」

【11/18視聴率】「時計屋の娘」 沢尻エリカ



Artist category:【沢尻エリカ】母になる

文化庁芸術祭参加作品 
ドラマ特別企画「時計屋の娘」
視聴率:12.5%

脚本:池端俊策 
演出:山室大輔 
出演:
宮原リュウ 沢尻エリカ 自分勝手に思えるが、朗らかで芯が強く、憎めない女性
花村司 桐谷健太 秋山と同じ町内会の植木職人
若きに日の秋山守一 中村勘九郎 都内のデパートにある時計売り場に勤めており、評判の名工だった。
国木知花子 木村文乃 秋山の勤める時計店と同じフロアにある美容室で働く美容師。
友保 小林稔侍 秋山のデパート勤務のころからの知り合いで、ビルをいくつも所有する不動産屋。
秋山守一 國村隼 商店街で時計店を営む時計職人



地方のある時計店。店主の 秋山守一 (國村隼) は腕の良い時計職人だが、最近、視力に違和感を覚え店じまいも考えていた。そんな秋山の元に古い腕時計を修理してほしいと、宮原リョウ (沢尻エリカ) という若い女性が訪ねてきた。数日後、再び店を訪れたリョウは意外なことを秋山に語る。その古い時計は、石巻で美容師をしており、二年前、津波に襲われたリョウの母親の形見だという。時計は手巻きのビンテージもので、コレクターなら高価で買い取りたい品物だ。なぜかその時計に見覚えのあった秋山は、リョウの母の名が 国木知花子 (木村文乃) だと知り驚いた。知花子はかつての秋山の恋人だったからだ。
25年前、美容師だった知花子は 秋山 (中村勘九郎) と同じデパートに勤めていた。社員旅行で親しくなった二人は惹かれあっていく。リョウが持っていた時計はこの時期、秋山が知花子にプレゼントしたものだった。幸せな時間を過ごした二人だったが、秋山が上司の娘とデートをしたことをきっかけに、知花子の心は離れ、秋山の元を去った。それ以来、知花子の行方は分からなかった。そんなことを思い出していた秋山に、リョウは知人の保証人となっていた知花子の負債がもとで、取り立て屋に追われていると明かし、かくまってほしいと訴える。一旦は断った秋山だが、リョウの身に危害が及ぶことを案じ、しぶしぶ同居をすることになった。リョウは秋山が自分の父親なのではないかと期待しており、秋山はそんなはずはないと思いながらも複雑な心境だ。

その頃、町内では文化センター建築を巡り、人々の心の支えになっている欅を切るかどうかで意見が分かれていた。面倒見のよい近所の植木屋、花村司 (桐谷健太) は、町内会の見回りで時計屋に出入りしており、リョウに興味津々だ。 秋山はリョウを悩ませている母親の負債を返済するために、リョウが持ち込んだ時計を修理してコレクターの 友保 (小林稔侍) に売却することを提案し、難儀な仕事に取り組むのだったが…
関連記事



コメント

芸術祭参加作品とあったので、楽しみにしていました。
沢尻さん、プライベートで、スキャンダルならまだしも、ゴシップネタが多い女優だけど、私は、うまいなぁと見ていました。特に泣きの演技、唇震わせボロボロ泣くシーンは、感情移入してしまいました。
役に成りきっているし、悪役もなんでもできる若手では数少ない女優さんではないでしょうか?國村準さんと親子であって欲しかったけど。
見ていてホッコリするいい話でした。
個人的にはヤクザのシーンは必要ない気がしました。
だって、ヤクザとの約束を無視して、ドロンしたら、あの場所で、普通に時計屋は続けていけませんよ。

とはいっても、後味のいい、余韻の残る素敵なドラマでした。
もったいない
昔、あんなスキャンダラスな女優になってしまう前、沢尻エリカの演技(というか存在感)が好きでした。
今回は何となく興味がある内容だったので、とりあえず見てみて、演技云々より、やっぱりあの透明感は貴重だったな~と改めて思った。
透明な雰囲気と大胆な演技と両方できる貴重な若手。
その立ち位置が様々なスキャンダルで失われたのが残念でなりません。


國村準さん、とっても素敵な役どころでした。
素敵なお話でした。

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
プロフィール Profile

管理人

Author:管理人
性別 男性 20歳以上
ペット 猫
趣味 ドラマ 映画 


free counters
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ

サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。