更新日:番組名/検索「視聴率速報」「fcast」

【水22視聴率】ダンダリン 労働基準監督官 竹内結子2



Artist category:【竹内結子】 スキャンダル専門弁護士 QUEEN

TVerドラマ
ダンダリン一〇一 (モーニングKC)
鈴木 マサカズ
講談社 (2010-09-22)

【公式サイト】
労働基準監督署…全国5200万人の「はたらくひと」のために、 「安心してはたらける社会」を目指すお役所があることをご存知ですか?この秋の水10ドラマの主人公は、労働基準監督官=労働Gメン!!
【スタッフ】
原作:田島 隆「ダンダリン一〇一」作画:鈴木マサカズ
脚本 秦建日子
演出:佐藤東弥 中島悟
チーフプロデューサー:伊藤響
プロデューサー:三上絵里子 柳内久仁子(AXON)
【出演者】
段田凛 竹内結子 ルールを守るためなら曲がらない、止まらない…労働基準監督官。
松坂桃李
風間俊介
水橋研二
トリンドル玲奈
大島蓉子 渡辺いっけい でんでん
石野真子 大倉孝二 西田尚美
佐野史郎 署長
北村一輝
【視聴率】
01 2013/10/02【11.3】働く人を守りたい…ブラック企業に制裁を
【演出】佐藤東弥
02 2013/10/09【*7.8】女ナメんな内偵24時! セクハラ社長に唸れ!!
【演出】佐藤東弥
03 2013/10/16【*7.4】守るべきものは? 友情か法律か
【演出】中島悟
04 2013/10/23【*7.2】学生絶望!? 内定切り企業に唸れ
【演出】中島悟
05 2013/10/30【*5.1】嫌な会社を辞める方法
【演出】佐藤東弥
06 2013/11/06【*7.6】ニッポンは働きやすい国ですか
【演出】中島悟
07 2013/11/13【*7.2】働くことの壁とは…ダンダ化できない指導係
【演出】松永洋一
08 2013/11/20【*5.6】会社が嫌なら辞めればいい? 働く人の選択肢
【演出】中島悟
09 2013/11/27【*7.4】働いているのに労働者じゃない!? 法律のウラ
【演出】佐藤東弥
10 2013/12/04【*6.3】傷つけた労働者への代償!? 監督官を辞める時
【演出】松永洋一
11 2013/12/01【*8.6】
【演出】佐藤東弥



06
働く人を守るために働く、労働基準監督官のダンダリン(竹内結子)。不当な労働条件を強いられている外国人労働者を救う!「日本で働く外国人も助けるべき労働者」であると、調査に乗り出す凛たち西東京労働基準監督署の面々。しかし、外国人たちは凛たちを「自分たちの仕事を奪う悪のお役所」と、必死で抵抗し、ブラック企業を守る側に回っていた。凛は仲間たちと、監督官らしからぬ「奇策」で切り込む!!
07
働く人を守るために働く、労働基準監督官のダンダリン(竹内結子)の指導係・南三条(松坂桃李)が「ダンダ化」してきた!?亡くなった父親の労災保険申請をしたいという男性の相談に南三条は張り切り「労災はおりる」と断言するが、結果、労災保険は認められなかった。しかし、その父親が勤務していた「竹光製作所」の劣悪な労働状況に気付いた凛は「労働災害」の可能性があると指摘する。南三条はいつになく奔走するのだが…
08
働く人を守るために働く、労働基準監督官・凛(竹内結子)に「失望した」と言われた南三条(松坂桃李)は監督官としての自信を失い出勤しなくなってしまった。そんな中、署に南三条の同級生の母親(かとうかず子)が相談に訪れる。息子の航(石田卓也)がブラック企業に洗脳されているというのだ。凛は社長の七富(升毅)の元へ向かう一方、過労で倒れた航に南三条は「そんな会社辞めればいい」と言い放つ。
09
働く人を守るために働く、労働基準監督官のダンダリンの今回のターゲットは「偽装請負」!? 土手山(北村一輝)の息子が労基署にやってきた。母のみどり(西田尚美)が、勤務先の社長に騙されて給与を大幅に減らされてしまったのだ。みどりが勤めるホテルに向かった凛(竹内結子)は、彼女の契約が派遣社員ではなく個人事業主に変わったことに着目。法の裏をかこうとするやり口に、またまた奇策をもって挑むことに!!
10
「働く人を守るため」と労働基準監督官・ダンダリンがなぜルールにこだわり働き続けるのか…。 凛の過去、そして凛を狙う者の正体が明らかになっていく最終章に突入。 凛(竹内結子)の元に送られてくる不穏な手紙に南三条(松坂桃李)を狙うかのような内容が。 そんなある日、労働相談を受けていた美月(石橋杏奈)のために内偵をしていた南三条が、彼女への暴行未遂容疑で逮捕されてしまった。
11
「監督官としての段田凛を殺してやりたい」と宣言した飯野社長(柄本明)の策略で逮捕された南三条(松坂桃李)。凛の退職が、南三条を救うことだと条件を出された凛(竹内結子)は監督官を辞めようと決意する。
一方、西東京労働基準監督署のメンバーは、土手山を中心に、南三条の無実を晴らすために被害届を出した小西美月(石橋杏奈)を探そうと奔走。「働くこととは」「幸せとは」ダンダリンからのメッセージ満載の最終回!!
関連記事




コメント

切り口が良かった
労基問題は全国にごまんといる労働者にとってあまりにも身近な問題のはず、ですが・・・。
日常的に関わっていることなのに、実はよく知らないで何となくやり過ごしていたんだ・・と、このドラマで改めて知ったことも。そういう意味では興味深く、斬新で見応えのある現実的なドラマでした。作りは色々と惜しくもありましたが・・・。

キャストは良かったです。演技力も無いのに大人の事情やら人気やらで良い役を持ってくような大根俳優がおらず、邪魔されることが無かったのが大きな救いでした。

面白かったです。
2話からが特に面白かったです。
リーガルハイよりも楽しみにしてました。
続編もできそうな気がしますがどうでしょうか?
好きなドラマでした
視聴率の方は残念ながらリーガルハイにかなり持って行かれてたようですが、私はこちらの方が好きでした。
今までよく知らなかった職業の話でしたが、いろいろ勉強にもなりましたし、監督署の方々の人間くさいやり取りも結構面白く見させて頂いてました。まぁ、実際の公務員の職場があんなふうに熱いかどうかはわかりませんが。
きっと続編はないのでしょうね。
爽やかなラストで気持ちよかったです。

ここ何週かは最初の元気一杯変人ダンダリンとその仲間達物語から突然「魔王」か「べム」か?と思えるドラマに急速にかわってなんだかなぁと思ったりもしましたが、赤い手紙や高架下での男性二人のつかみ合いにデジャブーだとか思いながら違った意味での楽しみも見つけられました。今日どういう風なエンディングにもっていくのか楽しみです。

今期はフジも日テレも両方のドラマを追いかけるのがたいへんでしたが来期は一転して両方とも食指を動かされなくて困ってますw

コメントの投稿

非公開コメント

最新コメント
データ取得中...
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
プロフィール Profile

管理人

Author:管理人
性別 男性 20歳以上
ペット 猫
趣味 ドラマ 映画 


free counters
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ

サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。