★★更新日/番組★検索は「fcast」「嵐視聴率」「視聴率速報」

【木22視聴率】東野圭吾ミステリーズ 第3話 「エンドレス・ナイト」松下奈緒


【AD】
カテゴリー【松下奈緒】 アライブ がん専門医のカルテ
☆Amazon Music200万曲 ☆Prime Video
★TVerドラマ
犯人のいない殺人の夜 (光文社文庫)
東野 圭吾
光文社
売り上げランキング: 1972

公式サイト
7月5日スタートの“木10”は東野圭吾の傑作短篇小説を11話厳選し、週替わりの“主演”と“ストーリー”の1話完結型のミステリードラマをお届けする。11人の豪華主演俳優がズラリと並び、シリアスあり、コメディータッチあり、ホラーテイストあり…とさまざまなミステリーを届ける。
【キャスト】
田村厚子 松下奈緒 洋裁学校の講師
番場十三 大杉漣 刑事
田村洋一 田中幸太朗 アパレルチェーン社長の御曹司
中井貴一(ナビゲーター)
【視聴率】
第一話 12/07/05 11.3% さよならコーチ
【監督・演出】河毛俊作 主演 唐沢寿明
第二話 12/07/12 *7.8%「犯人のいない殺人の夜」
【監督・演出】澤田鎌作 主演 坂口憲二
第三話 12/07/19 *8.8%「エンドレス・ナイト~哀しみのラスト…夫の死の謎に迫る女」
【監督・演出】河野圭太 主演 松下奈緒
【脚本】田辺満
第四話 12/07/26「レイコと玲子」
観月ありさ
第五話 12/08/02「甘いはずなのに」
反町隆史
スタッフ
【原作】東野圭吾「犯人のいない殺人の夜」(光文社文庫)
【脚本】田辺満
【企画・プロデュース】小池秀樹
【プロデュース】小椋久雄
【監督・演出】河野圭太

【AD】
第3話 松下奈緒主演「エンドレス・ナイト」

東京のマンションで寝ていた田村厚子(松下奈緒)は、電話の鳴る音で起こされる。受話器をとった厚子の耳に飛び込んで来たのは、夫の洋一(田中幸太朗)が殺害されたという警察からの連絡だった。
洋一はアパレルチェーン社長の御曹司。新しく大阪に立ち上げるブランドの経営を任されたため、単身で現地に行っていた。もちろん、当初は厚子も誘われていた。しかし、厚子は洋裁学校の講師を東京で続けたいこと、また、大阪が肌に合わないとの理由で断ってしまう。
大阪に着いた厚子を番場十三(大杉漣)たち刑事が出迎えた。洋一の遺体確認を終えた厚子は、自ら殺害現場に連れて行って欲しいと頼む。洋一は自分の店で刺殺されていた。検死報告などを話した番場は、厚子に洋一との最後の接触を尋ねる。厚子は一昨日、洋一から電話があり、大阪に遊びに来ないかと言われたが、断ったと話した。番場は洋一が殺された原因に心当たりはないかと聞くが、厚子はないと答える。厚子は手がかりを調べさせて欲しいと言う番場と、洋一が暮らしていたマンションへ。そこで初めて洋一が亡くなったことを実感し、涙を流す。その夜、洋一のマンションで寝ようとする厚子。と、玄関で物音が…。恐怖する厚子の前に、刃物を手にした男が現れた。
感想
今回の話は、微妙ではあるがドラマはあるけど、推理はない。番場刑事の犯人特定が被害者の後頭部の残り香だったとは...。厚子と出会った時点で解決した話だが、それを延々と犯人と大阪の街をデートして、過去の大阪での悲壮な思い出を自供させ逮捕。厚子が語る大阪での物語は、彼女の記憶の中に、深く刻まれ、その思いが幻さえも生んでいる。そして、嫌いな大阪が、彼女の最愛の夫を借金苦で苦しめ、自らが手で葬ることになるというところにドラマはあるが、だからと言って、推理も組み合わさらないと、ミステリーとしては弱すぎる。けど、今回の事件は、殺人ではなく、指紋を消したりはしていたが単なる事故だったからしょうがないかな。大阪の雑踏の中で輝くほどの美しさを放つ松下奈緒が見せ場というだけでは、なんとなく寂しいドラマだな。
関連記事
【AD】



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新コメント
データ取得中...
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
月別アーカイブ
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ

サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。