★★更新日/番組★検索は「fcast」「嵐視聴率」「視聴率速報」

【日21】早海さんと呼ばれる日 松下奈緒主演 視聴率 感想 平均


【AD】
カテゴリー【松下奈緒】 アライブ がん専門医のカルテ
☆Amazon Music200万曲 ☆Prime Video
★TVerドラマ
早海さんと呼ばれる日 DVD-BOX
ポニーキャニオン (2012-08-15)
売り上げランキング: 227

早海さんと呼ばれる日
2012年1月15日 日曜午後9時フジテレビ
結婚を夢見てきたお嬢様・優梨子が4人兄弟の長男と結婚し、2人だけの新婚生活を送るはずが、夫の母親の失踪によって男だらけの家庭に入ることになる。価値観や育った環境の違いから家族になじめない日々が続くが、一緒に暮らすうち、家族に愛情がわき、夫の家族にとって欠かせない嫁となっていく姿を描くホームドラマ。
【キャスト】
金井(早海)優梨子:松下奈緒 一人っ子で火事をしたことがないお嬢様
早海 恭一:井ノ原快彦 早海家長男 おもちゃメーカー勤務
早海 研二:要潤 早海家次男 契約社員
早海 馨:中丸雄一 早海家三男 大学四年生
早海 優三:森永悠希 早海家四男
金井満智子:かとうかず子 優梨子の母
金井拡:中原丈雄 優梨子の父 会社役員
早海 恵太郎:船越英一郎 早海家家長 ダメ親父
早海 陽子:古手川祐子早海家母。失踪中
【スタッフ】
■脚本 大島里美
■企画統括 成河広明
■編成企画 水野綾子
■プロデュース 貸川聡子 山崎淳子
■演出 河野圭太 城宝秀則
【視聴率】
第一話 2012/01/15 *9.8% 夫婦になることは家族になること
■演出 河野圭太
第二話 2012/01/22 10.1% 家族のお世話してるつもりでいい気になりました
■演出 河野圭太
第三話 2012/01/29 10.0%「お義母さんは、なぜ家族を捨てたの?」
■演出 城宝秀則
第四話 2012/02/05 10.0% 馨さんが就職決まらないのは家のせい?
■演出 河野圭太
第五話 2012/02/12 10.7% 私も、死んでも帰らないから!
■演出 城宝秀則
第六話 2012/02/19 10.4%「家族に言えない研二さんの秘密」
■演出 河野圭太
第七話 2012/02/26 11.9%「父親としての責任はどうするんですか?」
■演出 城宝秀則
第八話 2012/03/04 *9.9% 「夫婦が壊れるなんて信じたくありません」
■演出 河野圭太
第九話 2012/03/11 10.7% 恭一さん、私の前で無理して笑わないで
■演出 城宝秀則
最終回 2012/03/18 11.3% 何より大事なものができました
■演出 河野圭太
早海さんと呼ばれる日最終回は、11.9と11.3%と報道がありますが、フジテレビの公式ブログに11.3とでているので、こちらを採用します

【AD】
第六話あらすじ
夕食の買い物帰りに優梨子(松下奈緒)は、研二(要潤)と商店街で会い、一緒に家に帰る途中、公園でボール遊びをしていた入江亜季(山口紗弥加)とその息子・陽(須田琉雅)と遭遇する。互いに驚く研二と亜季。2人は高校時代の同級生だったのだ。同窓会以来の再会をはたした2人は、ぎこちない会話を交わす。父親はいないと言う亜季だったが、ボール遊びの最中に転んでも泣かない陽を見て優梨子が「強いね、ママに似たのかな」と言うと、自分はパパに似ていて、そのパパはジュリーというのだと話す。研二との突然の再会にも、何とか動揺を隠しきった亜季。一方、研二はそんな彼女の心の内を知るよしもなかった。
早海家の晩ご飯には鯛のお刺身が並び、その豪華さに馨(中丸雄一)が高くなかったかと聞くと、優梨子は研二のおかげでおまけしてもらったと話す。いまだに商店街のヒーローなのだと、かつて高校野球で全国3位までいった輝かしい研二の過去を、誇らしげに恵太郎(船越英一郎)が続けて話した。しかし、契約社員である現状を心配する恭一(井ノ原快彦)からはそろそろ落ち着くべきだと言われるが、研二は早々に食卓を後にする。研二の活躍が取り上げられた新聞記事のスクラップを見る優梨子と恵太郎。顔が似ていることから、ジュリーと呼ばれていたことを明かし、優梨子の頭の中では陽が、パパはジュリーなのだと話していたことを思い出す。
一方、バレンタインにT.Kとイニシャルの入ったメッセージ付きのチョコレートをもらった優三(森永悠希)は、その文字から送り主が同じ野球部のキャプテン・岸本翼(松本隆志)からなのではないかと思い始め…。
感想
沢田研二と要潤をよく観察すると似ているといわれると似ているような感じはするが、なんかリアルだったな。こういう展開になるだろうな~とは思ってはいたが、まさか、最後に優梨子が亜希の息子陽の父親が研二とばらすとは、大家族を知らなかった、これも一人っ子の女子だった彼女だからなせる技だと思える設定の妙なのかも。過去の栄光にしがみつきたくても、今の自分にはその欠片さえも残ってない現実。栄光からの脱落、投げやりになり、どこまでも落ちて行きそうな気持ちにもなるが、彼は彼なりに踏ん張って生きているかんじもする。自分の身分を偽って、女の子に振られるとか、いろいろ言いたいだろうけど、彼なりには踏ん張っているんだろうなとか自暴自棄になったことがある僕にはなんとなくだが分かる。たしかに彼はクズ野郎ではあるし、亜希からぶっかけられて当然だが、再生してくれることを信じたい人が周囲にいることから、次週どういう展開になるのか期待。かき乱してしまった優梨子が、亜希と陽、そして、研二の仲を、男兄弟の微妙な距離感の常識を覆しながら、同ベタな店内に持っていくのか?絶対ホームドラマのベタな展開になってほしい。
第七話
優梨子(松下奈緒)から、亜季(山口紗弥加)の息子・陽(須田琉雅)が自分との間の子どもだと聞いた研二(要潤)は、このことは誰にも言うな、と優梨子に釘を刺す。そこへ、恭一(井ノ原快彦)と恵太郎(船越英一郎)が来るが、優梨子は仕方なく話をそらす。亜季と陽のことが頭から離れない研二は、仕事場で奇声を発したりミスを連発。いつもと違う様子に、周囲から不審がられる。そこへ、携帯に亜季からのメッセージが入った。亜季は、話がしたいから時間を取ってくれと言う。早海家では、馨(中丸雄一)からパソコンを教わった恵太郎がネット通販やオークションにハマり、買い物に夢中になっていた。
そんな日の夜、優梨子のところに研二が来て、他人のくせに人の人生を変えるようなことを言うな、と文句を付け始める。さらに、陽を息子だと言うのはDNA鑑定をしてからだ、とまで言い放つ。と、その瞬間、研二は傍に恵太郎が立っていたことに気づいた。研二はごまかそうとするが、恵太郎の猛烈な勢いに押され、事実を打ち明けた。
それを聞いた恭一、馨、優三(森永悠希)は、予想外の告白に驚愕する。
後日、研二は重い気持ちのまま亜季に会いに行く。亜季は、陽の父親は研二だが、関係があったのは昔のことだし、自分たちのことは気にしないでくれ、と伝えた。拍子ぬけした研二は、それでも何かできることはないか、と打診するが、亜季は研二に頼ることなどないと断った。
同じ頃、研二のことを気に病んだ優三が、家出中の母・陽子(古手川祐子)のところに相談に行くと言って家を出た。優梨子は慌てて優三を追うが…。
感想
今回のような話ではないが、長男である私もこれと似たような経験があるのでなんともシンクロしやすい話ではあった。本当は、こういう事って、長男の嫁優梨子がやることではなく、長男の恭一が解決しなくてはいけない事で、彼が次男である研二と微妙に距離をとっていたと優梨子に告白していたが、そういう距離感みたいなものを男兄弟はとりがちで、俺もだよ!とつぶやいてしまった。そういう時、僕は自らの弟への対応の仕方をまるっきり変えて取り組んだが、ここでは兄弟の仲を見事に、優梨子が修復していく。一人っ子だった彼女の中の好奇心ろも思える感じがするが、そういう兄弟間の触れない部分を分からないから大胆に行動できるのかもしれない。どう考えても、優梨子がズケズケと亜希と陽のことを研二に言うのは、おかしいが、彼女の置かれていた環境だから言えるのかも。遠慮がないというの感じなのかな。研二に斬り込む優梨子の天真爛漫?無鉄砲さ?がいい感じで家族の中にん溶け込み、膠着状態だった兄弟の関係を変えていくのは、面白い。久々に、アレだけ暴れまくる家族ドラマって見たけど、男家族という感じでいい。恵太郎は、ほんとうに役立たずの馬鹿親ではあるが、それでいて、家族のことは、何より思い、大切にしているところが、憎めない。今の研二では、亜希も到底受け入れられないだろうが、研二が生まれ変わって、百点取れる人間になったら迎えに行ってほしいのだが、其処まで描かないんだろう。けど、二人の女性によって、研二が変わって欲しいと思わせる話で、いい出来だったと思う。
第八話
かつて優梨子(松下奈緒)が所属していた企画部に異動になったばかりの恭一(井ノ原快彦)。新商品開発会議にチーフとして参加するが、慣れない環境もあり、アイデアが浮かばず、ただ他の人の意見をメモとるだけの自分に落ち込んでしまう。
「ガテマラ」では、恵太郎(船越英一郎)に常連客たちが“ガテマラ祭り”をやろうと持ちかけていた。ガテマラ祭りとは、恵太郎と陽子(古手川祐子)がガテマラをオープンさせた3月3日に、常連さんやご近所を誘って行われるパーティーで、30年以上続いている恒例行事だった。まったく気乗りしない恵太郎に代わり、優梨子は自分でやりくりをしてガテマラ祭りを実現させると宣言する。その日は優梨子と恭一の付き合い始めた記念日でもあった。夜、仕事があまり順調でなさそうな恭一を心配した優梨子は協力を申し出るが、恭一は自分で頑張るからと断った。ある日、パチンコ屋から出てきた恵太郎は優三(森永悠希)を見かける。声をかけようとするが、路地裏に入った優三は一緒にいた岸本翼(松本隆志)と手をつないで歩き出して…。
感想
なかなか難しい内容だな。一番愛してる自分のお嫁さんと比べられる現実が、日々待ち構えているというのも。気持ちの持ち方一つでなんとでもなるとは思うが、そうモチベーションを持っていけない人がほとんどだろうから、心の袋小路の中で、ハリネズミのようにもがいている。奥さんを力を素直に借りるというのも手だろうけど、そういうことはできないだろうな。一方、父親のほうがガテマラ祭りに、小さな期待をして、陽子を待ち焦がれていたが、来なかった。自分じゃ何もしないくせに、怒鳴ることだけ、一人前という父、この二人の早海家の男を見ると、表現の仕方は、全く違うけど、どこか似てる気がする。今までは逃げたばかりだった厳しい現実と戦わざるを得ない男たちを、優しく見守り、時に叱咤激励して、お節介のように見えて、本当の愛で、鼓舞してきた優梨子は、最愛の人をどう一人前の企画マンにしていくのか?恵太郎をどのようにして、お母さんを迎えにいける男にするのか?ハリネズミの奥さんがどう活躍するのか?かなり楽しみだ。
第九話あらすじ
優梨子(松下奈緒)はデザイナーの鳥谷秋彦(高橋一生)からの電話で、直接会って話したいことがあると言われる。恭一(井ノ原快彦)は、鳥谷に契約を断られたことで新商品開発のチーフから外されていた。家では仕事の話をしない恭一を励ますため、夕食に好物を作り続ける優梨子。
ある日、「ガテマラ」に恵太郎(船越英一郎)が送ったメールを見た、リフォーム会社の若い営業マン・椎名(尾上寛之)が訪ねてきた。椎名は店を見回すと、これまでの例をあげながらリフォームのアイデアを出す。さらに、モニターになればリフォーム金額の7割を会社が負担すると言い出した。優梨子は、呼び出されて鳥谷の事務所にやってきた。鳥谷は優梨子の夫とは知らずに恭一に対する愚痴をこぼし、そして…。
リフォームモニターの審査を受けることになり、椎名が作業員を連れて「ガテマラ」にやって来た。床下検査の結果、水道管やガス管の痛みが激しいことがわかり、補修工事を勧められた。リフォームモニターになれば補修工事額よりもはるかに多額の割引が受けられることもあり、迷う恵太郎。そんな中、仕事帰りの研二(要潤)は、喫茶店でポツンと時間をつぶしている恭一を見かけた。
感想
鳥谷さん!できる女優梨子の内助の功を言っちゃ~イカンだろうと見ながらつぶやいてしまったが、ついつい、アレだけ何でもできちゃうお嫁さんなら、鳥谷が悔し紛れに、恭一に言ってしまうのは、人間だからしょうがないかなとか思ってみてしまう。それに恵太郎のリフォーム事件、弟のホモ疑惑と、優梨子のようにはとてもできない恭一では処理できないので、それで暴発してしまうのはリアルだな。だいたい水道管だけでも数万だよ~それが、80万って、ボッタクリもいいところだし、三男が言うとおり、知り合いの信用できる業者か見積もりを複数取ることから、始めないといけないのに...こんな旦那で、お母さんもよく我慢してたな。やはり、恵太郎と恭一は似てるんだな。ほんとうに嫌なんだけど、自分に似てる父に向かっていいながら、自分自身に怒りをぶつけてしまう感覚なんだろう。優梨子は、出ていかざるを得なくなったが、彼があきらめず頭を下げ、戻ってきてもらえるかどうか?男たちの試練は続くが、その先にあるのが、母親が戻ってくることなんだろうな。しかし、陽子と不意に出会った恵太郎のダメっぷりは、ユーモラスと言うより男の俺から見ても悲しい。このドラマを見てると、先日見たコロッケさんのお母さんが言っていたという「あおいくま」あせるな、おこるな、いばるな、くさるな、まけるなという言葉が、思い出される。二人の女性を胸をはって、最後は、迎えに言ってもらいたいものだが、どうなんるんだろう。
第十話
優梨子(松下奈緒)が家を出て行った。恭一(井ノ原快彦)は、優梨子の実家や知り合いに連絡をとってみるがどこにもいない。研二(要潤)や馨(中丸雄一)や優三(森永悠希)も心配するが、恭一の様子もおかしく、不安を募らせる。その頃、優梨子は…。
ある日、ガテマラにリフォーム詐欺を仕掛けた椎名(尾上寛之)がヤクザ風の男たちを引き連れて集金にやってきた。優三から連絡を受け恭一が駆けつけると、男たちと恵太郎(船越英一郎)と研二と馨が対峙していた。恭一はすぐに50万円を渡し、これで引き取るように冷静に訴える。椎名が札を数え始めるが、研二はすぐさま封筒を取り返した。それでも封筒を渡そうとする恭一と取り返そうとする研二はケンカになるが、椎名は封筒を手にそそくさと出て行った。お金を渡したことを責める研二に、恭一は根に持たれる方が怖いと訴えるが、お金を払ったことで恵太郎が本当に詐欺にあったことになるという研二の言葉にハッとする。さらに優梨子との出来事に触れ、普段ガマンしているから最悪の言葉を最悪のタイミングで言うことになると言われた恭一は、兄弟の前では逆ギレしながらもすっかり落ち込む。
それぞれの方法で優梨子を探す早海家の兄弟たち。そんな中、優梨子の携帯に陽子(古手川祐子)からの着信があり、2人で会うことになる。一方、早海家には優梨子がいなくなったことを聞いた金井満智子(かとうかず子)が訪ねて来て…。
感想
最後はなんとなく丸く収まったように見えてたが優三に恵太郎がキスをするという荒業、「どうだ気持ち悪いだろう」って、凄まじいシーンだった。優三の森永くんの「はじめてのチュウ」が船越さんだったら、一生忘れられないものだろう。このドラマ久々に、男同士の肉弾戦が居間で展開されるドラマだったけど、たまにはこういうドラマも日曜の夜にはいいな。何しろダメダメな男たちをなんとか立ち直らせてきた優梨子だったけど、彼女が家出した理由が、恭一に嫌われたかもしれないからだったとは...やはり人の気持ちは分からない。あんな真っ直ぐな本音を愛してる人から聞いたこともなく、過ごしてきた彼女にとって驚きと戸惑いの中の行動だったのだろう。そんな彼女がとった行動が、同じように家出した陽子に話を聞くこと、そこで語られた耐える女の悲劇だったかも。言いたいことは黙っておかないでぶつけるって、家族ならでは。そこから新しい世界が見えてくるのかもしれない。陽子も優梨子と話して、早海家に立ち寄ってみようと歩み寄る過程は、なんとなく良かった。人の心なんかなかなかわからないが、家族になったからこそ、恭一も優梨子におもいっきりぶつけあっての本音。そこから生まれたドラマは、二人のこれからにとっていい一つのドラマだった。そして、研二が亜希と陽に会いに行ってくれたのも、良かった。「何度ふられてもあきらめない」という言葉が研二から聞けただけでも、暖かな気持ちになれた。それと最後までお母さんが本当に帰って来なかったのは、やはり、スペシャルに続けるためかな。ちょっと期待して待ちたい。
関連記事
【AD】



コメント

デキル女。
管理人さんのおっしゃる通り、あれ言っちゃダメでしょ~!!って思いながら観てました。
でも・・・。
私でも鳥谷さんの立場だったら言っちゃうかも。
いろんな意味で才能ある人を家庭に留めておくのはもったいない。
まぁ、少しずつ良くなってはいますが、早海さんちは不良債権だらけですからね(笑)
立て直しに優梨子さんは必要不可欠です。


優梨子さん、どこいっちゃんたんだろう。
家出したわけではないと思いますが、ポンコツ(失礼!)男性陣がどんな行動にでるのか、楽しみです☆

コメントの投稿

非公開コメント

最新コメント
データ取得中...
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
月別アーカイブ
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ

サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。