★★更新日/番組★検索は「fcast」「嵐視聴率」「視聴率速報」

警視庁継続捜査班 木村佳乃主演 視聴率


【AD】
カテゴリー【木村佳乃】恋する母たち
☆Amazon Music200万曲 ☆Prime Video
★TVerドラマ
公式サイト
【出演者】
木村佳乃
筒井道隆、高知東生、
笛木優子、田島優成/
余貴美子
平泉成、伊原剛志
【脚本】 吉本昌弘、長坂秀佳 ほか
【演出】 猪原達三、常廣丈太、高橋伸之
【主題歌】 AI『眠れない街』(ユニバーサル シグマ)
【スタッフ】チーフプロデューサー:五十嵐文郎(テレビ朝日)
プロデューサー:船津浩一(テレビ朝日) 壁谷悌之(泉放送制作)

迷宮入りとなってしまった、凶悪未解決事件を専門に扱う専従捜査班『警視庁継続捜査班』の活躍を描く!!時を越えて展開する事件をめぐる、本格ヒューマンサスペンスドラマ!!
眠れない街木村佳乃メモリアルブック「YX(Yoshino's 10years)」


【AD】
第1話 2010/07/22 12.7% 未解決事件〜連続殺人犯の告白
金曜日の絞殺魔事件 《ゲスト》橋本じゅん
【脚本】吉本昌弘 【演出】猪原達三 
第2話 2010/07/29 12.7% 未解決殺人~盗撮
「雨の日の悪魔」事件《ゲスト》 橋爪功、矢島健一
【脚本】長坂秀佳【脚本】猪原達三 
第3話 2010/08/05 12.5%  未解決殺人~容疑者の告白!!
満月の訪問者事件 《ゲスト》上野なつひ 芦屋星 本田博太郎 梶原善
【脚本】吉本昌弘 【脚本】常廣丈太
第4話 2010/08/12 12.9% 未解決殺人~監禁された女刑事
【脚本】高山直也【脚本】 高橋伸之  
第5話 2010/08/19 12.6%疑惑の遺体解剖!残された皮膚片の秘密

第1話
プロファイリングのプロ・貴志真奈美が、継続捜査班と共に「金曜日の絞殺魔」を追う!
貴志真奈美(木村佳乃)は、警察大学校で教鞭を取るプロファイリングの専門家。そんな彼女を水城紀子(余貴美子)が訪ねてくる。紀子は、殺人事件の時効廃止を受け、未解決事件解決へ向けて組織された特別捜査班の班長を務める人物だ。紀子の求めで警視庁を訪れた真奈美は、継続捜査班のチームリーダー・新田明彦(伊原剛志)から、1本のネット動画を見せられる。そこに映っていたのは、首にロープを巻かれてもがく女性の姿だった。動画の投稿者名を見て、真奈美の表情に緊張が走る。「金曜日の絞殺魔」――6年前に発生し、金曜日を狙って4人の女性を次々と絞殺した未解決事件の犯人と同じ名前だったのだ。今回の事件の犯人は6年前の犯人と同一人物なのか? 紀子は真奈美に分析を依頼する。わけあって現場を離れた真奈美はためらうが、これ以上犠牲者を増やしたくないという紀子の訴えに心を動かされ、協力を決意。継続捜査班の刑事・矢吹慎一(筒井道隆)、岩瀬厚一郎(平泉成)らに加わって、捜査を開始する。 早速、矢吹と共に事件現場を訪れた真奈美は、被害者の頭部に被せられたポリ袋に注目。さらに、今回のネット動画を詳細に分析し、犯人の性格や心理状態を鮮やかに割り出していく。しかし、真奈美の分析で捜査が進展するかに見えた矢先、「金曜日の絞殺魔」から新たな犯行予告が出される!

第2話
十年の時を経て「雨の日の悪魔」が現れた!真犯人の正体と、失われた4つのボタンの行方は!?
貴志真奈美(木村佳乃)は、入院している父親・徳治郎(橋爪功)の見舞いに訪れ、「雨の日の悪魔」と呼ばれる殺人鬼の話を聞かされる。「雨の日の悪魔」は、十年前に4人の女性を殺害した。犯人の土蔵亀生は、事件当時、刑事だった徳治郎によって逮捕されて服役中に死亡し、事件は終わったはずだった。しかし、犯人が被害者女性たちの衣服から切り取った4つのボタンを発見できなかったことを、徳治郎は今もなお悔やんでいた。父の思いを目の当たりにした真奈美は、個人的に事件を調べようと決意する。
その矢先、「雨の日の悪魔」とまったく同じ手口の殺人事件が発生する。真奈美は事件現場に残された証拠からプロファイリングを行ない、今回の殺人には警察への抗議や挑戦の意志が込められていると分析する。そんな真奈美に対し、十年前に徳治郎と共に捜査にあたっていた刑事の福角恒男(矢島健一)は、土蔵は徳治郎の誤認逮捕だったと主張。潜伏していた真犯人が継続捜査班への挑戦として今回の事件を起こしたと言うのだが……。
果たして真犯人の正体とは? そして、失われた4つのボタンの行方は!?
感想
木村佳乃がかわいそうに見えてくる酷い脚本。いくらなんでも10秒で犯人がわかり、その目的さへも見えてくるというのは、ひどすぎる。ボタンのありかも、土蔵亀生の反応と名前からすぐ分かった。あの数字と右左の謎は解けなかったが、演出から脚本まで分かりやすすぎて、がっかり!それに、継続捜査とも言いがたい事件だよ。配役は、テレ朝らしいし、まったく問題もないのに、どうにかして欲しいよ。けど、主演の佳乃の設定だけは考えて欲しかったくらいの常識的な女性なんだよね。脚本と演出もわざと分かりやすくしているのかもしれないけど、この方向性だけはどうにかしてほしい。けど、ゲストはいいし、もしかしたらいい脚本に当たれば面白いものになるかもしれないので、もう少し見てみたい。
第三話
15年前にある夫婦が『満月の訪問者』と呼ばれる犯人に刺殺された。殺された夫婦の娘で、ただひとり生き延びた越坂奈月(芦名星)は音楽大学に入学し、著名なチェリストとして活躍。だが15年の時を経て、『満月の訪問者』から奈月にメールが届く。「ずいぶん探した。会いに行く」というメールの文面を読んだ貴志真奈美(木村佳乃)ら継続捜査班のメンバーは奈月の身辺を守るため、当日に行なわれる演奏会に潜入し、警護にあたることに。
 奈月の演奏が終わったその時、同じ大学の学生・神田幸恵(上野なつひ)がカッターナイフを手に奈月に突進してくる! 自分を差し置いて海外公演の権利をつかんだ奈月を妬んでの行動だった。だが、奈月にメールを送ったのは幸恵ではなかったと判明。継続捜査班は引き続き、メールの差出人を割り出すための捜査を続ける。一方、襲われた奈月のもとに元刑事の風間輝樹(本田博太郎)が現れる。風間は奈月の両親が刺殺された事件を当時担当していた刑事で、犯人に見つからないようにクローゼットに隠れていた5歳の奈月を助け出した人物だった。そして継続捜査班はついにメールの差出人を見つけ出す! ルポライターの小林玲吾(梶原善)。小林の部屋に向かった真奈美らは、15年前の記事のスクラップや奈月の写真を見つけ出す。だが、なんと小林は何者かに殺されたあとだった…!
 現場に駆けつけた真奈美と新田明彦(伊原剛志)は小林が携帯電話を所持していないことに気づく。小林を殺害した犯人が持ち去ったのか…? やがて小林が二通目のメールを奈月に送っていたことがわかる。なんと小林は殺害現場付近に奈月を呼び出していた! 真奈美は奈月が犯人だとは思えず
感想
今までの話の中では、ドラマもあったし、犯人がわかりやすいわけでもなかった。話自体はよく出来ているとは思うが、人情なまとま方が好き嫌いはありそうかな。それに何か、秘められた親子のお思いというのはわからなくもないが、ググッとこない。何か子供の頃見た刑事ドラマの話的な雰囲気がそうさせてるのかな。そういう匂いが随所にするんだな~。それがいいとは言い切れないけど、人によっては心地良くあるのかもしれないとは感じた。あまり期待せずに、メッケもんの話があればいいかなと言う感覚で見ているので、今回の話くらいならありか。この事件への風間元刑事の思いを絡めたのは、ありがちだが嫌いじゃないし、母親の犯罪を描いたのはドラマがあった。けどルポライターの小林玲吾の梶原善が、あっさり殺されたのは驚いたけど、本当にルポラーターってよく死ぬね。脚本家の人たちは、こういう人たちに恨みでもあるのか?とか妄想してしまった。
第四話
数日の間に、2人の男性が頭を撃たれて殺害されるという事件が発生する。鑑定の結果、犯行に使用された拳銃が過去の事件で奪われたものだとわかり、継続捜査班に捜査協力が要請された。10年前、警察官の森谷(半海一晃)は、何者かによって襲われて拳銃を奪われ、事件は未解決のままとなっていた。その拳銃が今回の犯行に使われたのだという。早速、真奈美(木村佳乃)は10年前の事件についてプロファイリングを開始。土地勘があり計画性も高いが、肉体的には劣る人物という犯人像を描き出す。一方、矢吹(筒井道隆)は、今回射殺された被害者の共通点を発見した。2人には経歴不明の空白の2年間があるのだ。岩瀬(平泉成)の調べで、2人は、未成年だった10年前、他の共犯者3人とともに、ある犯罪に関わって服役していたという事実が明らかになった。今回の事件の背後にはどんな事件が隠されていたのか?
さらに、第三の射殺事件が発生! 今回の被害者もまた、10年前の共犯者たちの1人だった。事件を追う継続捜査班を待っていた衝撃の事実とは!?
感想
10年前の共犯者の最後のひとりを何で、森谷の家に連れてこなくてはいけないのかね?ここらへんがテレ朝なんだよというか、2時間ドラマ?他の4人はあっさりやってるのに、何で最後のひとりだけ殺すのを躊躇するんだ!あの萩原達也が古川雄一の仕業に見せかけた過程なんか、最後に自供したということで、まとめて捜査員の誰かにしゃべらせればいい。何で最後をこんな脚本演出にしてしまうのか?相良その場ですぐやれ!そうすればもう少し見所もある脚本になっていたのに。
いやいや、真奈美に復讐がなんたらこうたらとか言わせるのも駄目だよな。萩原達也の復讐なんて、自分の中の香苗と彼女の父への贖罪気持ちを満足できたらと言う犯行なのに、脚本がなんだろな~。ここまで話が毎回どうかと思うということはプロデューサーがだめなのかな。あと一話見てみるかな。
第五話
1年前、ひとりの少女が誘拐され、その翌日に遺体となって発見された。その事件からちょうど1年後、再び少女誘拐事件が発生。香川紘一(神保悟志)と絵里子(三浦理恵子)の娘・亜紀(野口真緒)が通学中に姿を消したのだ。1年前の事件と同じ地区、被害者が同年齢で犬と遊んでいるところを目撃されていたことから捜査本部は同一犯の犯行と推測し、継続捜査班に捜査協力を要請。貴志真奈美(木村佳乃)らは香川の自宅へ向かう。1年前の事件では遺体が翌日に見つかっていたことから、今回も24時間以内に救出しないと生還率はきわめて低くなると予測。新田明彦(伊原剛志)、矢吹慎一(筒井道隆)らの緊張感は高まり・・・
 亜紀の部屋を捜索した真奈美は、亜紀が11歳という年齢に似合わず血液型の本を読んでいたことを不思議に思う。紘一と絵里子に最近の亜紀の様子を聞くと、どうやら親子関係はあまりうまくいっていなかったようで…? 一方、1年前の事件の被害者・田口明菜の家を訪れた岩瀬厚一郎(平泉成)と矢吹は、事件以来母親がいなくなり、父親だけがこの家で暮らしていることを知る。職場を訪ねてみるも、1ヶ月前に退職していたことが判明。そんな中、香川家に犯人から電話がかかってくる。1年前の事件と違い、身代金を要求した犯人。しかも「娘の値段は自分で決めろ」と言い残し、電話が切れてしまう!
 「1年前の事件と同じ犯人ではないのか…?」戸惑う継続捜査班だったが、田口家の通話記録を調べた真奈美によって、実は身代金の要求があったのではないか、という疑念がわいてくる。田口の自宅を再び訪れた真奈美と矢吹は、明菜の父・田口伸生(有薗芳記)と会い、自分たちのときも身代金を決めるよう指示されたことを明かす。裕福ではなかったため、妻の久美は100万円しか用意できないと犯人に通達。その後連絡がなくなり、翌日に明菜が遺体で発見された。久美は今でも娘の値段を100万円と決めてしまったことを悔やんでいるのだと語る。
 やがて誘拐されたふたりの少女の共通点が判明。それは継続捜査班のメンバーが驚がくするものだった!
感想
今までの事件に比べるとかなりまともな内容だったが、継続捜査班が仕切るような事件じゃ全くないよな。何でこの人達が動いているのか良く解らんし、一課の人たちって、何やってたのかな。
関連記事
【AD】



コメント

私も
管理人さんと同じで、1課の人たち何してたんだろ??って思いました。怒鳴ることないでしょ~何かおかしいって思っちゃいました。局の人(製作会社の人)は脚本にOK出したんですよね・・刑事ものが多い局にしては、なんか薄い脚本で、役者さんたちの演技がもったいない気がしてしまいます。
残念(涙)
この素材でどうしてこんなにぞんざいなドラマになってしまうんでしょう…。管理人さんの感想読ませていただきました。
プロデューサーですか…。何話までやるのか分かりませんが、このままのクオリティで終わってほしくないと思います…。

科捜研も観ていますが、こちらも変わってきて残念です。沢口さんが刑事のようにどんどん現場に出て聞き込みをしたり、犯人を説教(?)したりする。そこにストッパーが無い。
もともと主人公が科学的に事件を解明することに重点を置いていたドラマだったのにそこにいろいろな要素が入ってぶれてきた気がします。所長が肉親になったからか、土門さんが相棒になってから長すぎるのか…。深浦さんが出ていらした頃が懐かしいです。
今回も
面白いのかなんなのかわからない感じでした。犯人も別に意外な人でもなく・・・1話ではまあまあ許せる範囲のないようだったのになぁ。科捜研の女とこれはおなじ日じゃなかったらもっと観やすいのかも。どっちも女の人が主役ですから9係をやってる日に継続班をやってたらすこしは観やすいのかも?(私の個人的な意見です)科捜研の女も、やっぱり沢口さんの役がなんか違う気がしてもやもやしてしまい、木曜の2時間もちません。ちゃんと観なくて、ながら観だったらいいのかもです。。。
なにか足りない感じ…
2話ほどの残念な脚本ではなかったけれど、さら~っと終わってしまった印象でした。
出演者がみんな「普通の人」なのでストーリーをひねらないとインパクトがないです…。
ゲストで来る俳優さんのチョイスも(個人的には)面白いのに、このドラマにはあと一歩が足りない感じがします。
そして次回予告に一抹の不安が。刑事ドラマにつきものの「主人公の危機的状況」ストーリーを他とどう差別化するのか…。ながら視に近くなってますが、次も観るんだろうな~とは思います…。
全然関係ないのですが自分のコメントが連投状態でびっくりです。視聴率は安定してますがやっぱり注目度低いのですね、このドラマ(汗)。
・・・
2話にして脚本が崩壊してしまいました…。1話も突っ込みどころは満載でしたが…。
個人的に、結成してすぐでぎくしゃくしていた継続捜査班が徐々に結束していく展開なら多少事件に突っ込みどころがあっても長い目で見られると思っていたのです。
始まってすぐに犯人が分かってしまうあからさまな演出も残念だし、容疑者が女装癖のある少年というエキセントリックな設定なのに、そこもとってつけたようで…。元少年課にいたという主人公ともっと絡めれば…とか、いろいろ残念でした。
管理人さんがおっしゃるように脚本が変わるとはまるかもしれないので次回も観ようと思います。
それにしてもテレ朝刑事ドラマ…科捜研も観てますが…こちらもしっくりこないことが多くなってきて、なんだか歯がゆいです…。

コメントの投稿

非公開コメント

最新コメント
データ取得中...
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
月別アーカイブ
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ

サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。