★★更新日/番組★検索は「fcast」「嵐視聴率」「視聴率速報」

銭ゲバ2 松山ケンイチ ミムラ 全視聴率 あらすじ 感想


【AD】
カテゴリー【松山ケンイチ】平清盛
☆Amazon Music200万曲 ☆Prime Video
★TVerドラマ
さよなら(初回限定盤)(DVD付)銭ゲバ 上 (1) (幻冬舎文庫 し 20-4) 
銭ゲバDVD-BOX 
銭ゲバDVD-BOX 
セクシーボイスアンドロボBOX [DVD]
銭ゲバ 下 (3) (幻冬舎文庫 し 20-5)
銭ゲバ 上 (1) (幻冬舎文庫 し 20-4)
主題歌さよなら
公式サイト/相関図
「金のためなら、なんでもするズラ。」。 
脚本 岡田惠和
荻野宏:近藤公園  風太郎が少年時代に撲殺

【AD】
全九話 脚本 岡田惠和
放送回*放送日*視聴率*サブタイトル
第1話 1/17 12.0% 愛をください…金のためなら何でもするズラ!!
演出 大谷太郎  犠牲者 寺田(49):田口トモロヲ
第2話 1/24 11.3%  愛は金で買えるズラ!!!!
演出 大谷太郎
第3話 1/31 *9.0% 罠!美しい心が欲しいズラ
演出 狩山俊輔   犠牲者 白川正輝:田中圭
第4話 2/07 10.7% 僕の家族は母さんだけズラ
演出 大谷太郎
第5話 2/14 10.1% 友情も愛も必要ないズラ…
演出 狩山俊輔  
犠牲者 
枝野良夫:柄本時生
三國譲次(56):山本圭 枝野に殺害される
三國緑(24):ミムラ 再起不能状態? 

第6話 2/21 10.2% 逮捕…金が招いた不幸ズラ
演出 大谷太郎
第7話 2/28 *8.7% 命の値段も結局金ズラか…
演出 狩山俊輔  
第8話 3/07 *6.4%悪は静かに死んでやるズラ
演出 大谷太郎
最終回 3/14 10.5% 幸せはどこにあるズラ?
演出 大谷太郎
第6話
風太郎(松山ケンイチ)は、銃殺された譲次(山本圭)に代わって三國造船の社長の座に就いた。そして、有り余る金を手に入れたが、その使い道が分からずにいた。そんな折、風太郎は桃子(奥貫薫)にそっくりなホームレス・寛子(奥貫=二役)と出会う。風太郎は、母親孝行が何もできなかった埋め合わせをするように、大金を渡す。一方、荻野(宮川大輔)は風太郎に揺さぶりをかけ始め、風太郎はその追及をかわそうとある作戦を立てる。そして、風太郎のもう一人の敵・健蔵(椎名桔平)を社長室に呼び出す。
感想
今週も2転3転する展開で、ハラハラ見ているが、ドラマテックにどう展開するこのドラマ!俺が先週予想していた展開と合っているのかどうか採点しながら、どうなるんだどうなるんだって言う感じで見ていたが、緑は自分を守るためかなと言う展開は、予想がついたが、さすがに、母にそっくりな女性の顛末は凄まじい!そこまでやるのかという展開には参った!ついに落ちた風太郎だがこれからどう風太郎が復活するのか?彼が仕掛けた罠は、荻野を陥れそうだが、そこが早くみたい!もう一人に風太郎は罠を仕掛けていそうだが、どうなるのか?金に負けた感じさえした風太郎が、金とこれから、どう戦うのかって行くのか、そして、健蔵とどう決着をつけていくのか?緑と茜の運命は?何もが気に掛かる。けど、一つだけ不満なのは、エロ展開がないことだが、かなり惜しいけど、時間帯のためだからしょうがないし、それがない方がいいかもしれないなとも感じてきた。それは今松山ケンイチが特によかったからだな。人の怖さともろさをこうも表現できるとは、さすがだなといった感じだ。ミムラとの最後のシーンは劇的で、もりあがった。
第7話
▽風太郎(松山ケンイチ)は、荻野(宮川大輔)の妻・加奈江(宮本裕子)を襲った容疑で留置所へ入れられた。荻野は風太郎からこれまでの容疑を聞き出そうとするが、風太郎に金をもらった真一(松山・二役)が自首し、風太郎は釈放される。三國家に戻った風太郎は、これまでの罪を緑(ミムラ)と茜(木南晴夏)に明かす。
感想
今回、最後のシーンで、茜の変わり果てた姿を見て、風太郎は何を感じたのだろう?茜の心は、一途な風太郎への愛のみで、蘇生し、そして朽ちていった。その朽ちた姿は、風太郎の心に、彼女のはるかなる純粋な心が、どう見えたのか。金で、人の心は変えることを証明することのみに、金を使い続ける彼は、荻野も屈服させた。彼は愛する死んだ弟より、妻を選んだが、この命の選択は、果てしなく彼を苦しめ、彼にどんな方向に追い込むのか。そして最後の敵となるのか?10億を受け取った男健蔵との対決はどう動く?まだまだ見所が、満載だ。けど、本当の最後の敵となりえるのか?なぜに彼は緑にすべてを打ち明けるのか?自分を陥れようとする風太郎の思いとは、来週が気になる
木南晴夏は、今まで、多くの同世代の子に混じって、地味な感じで登場しているイメージだったけど、今回はおいしい役をもらって、そのチャンスを活かしている。日テレ3連発(RESET、銭ゲバ、20世紀)は怒濤の快進撃だ。
第8話
▽茜(木南晴夏)は、風太郎(松山ケンイチ)を愛し抜いた末に自殺した。緑(ミムラ)は、哀れな茜の胸の内を告げて風太郎を責める。風太郎は緑をドライブに誘う。向かった先は、風太郎が子どものころの、桃子(奥貫薫)との2人だけの秘密の場所だった。そのころ、伊豆屋の面々は、風太郎が真一(松山=二役)を雇い、刑事の妻(宮本裕子)を階段から突き落とさせたという驚きの事実を突き付けられる。そして真一には多額の借金があることも分かる。追い詰められた伊豆屋の面々は、行動を起こす。一方、健蔵(椎名桔平)もまた、ある決意を胸に三國家に向かっていた。
感想
この脚本を岡田惠和 はよく書いたな。見るだけでもつらくなるホンをよくここまで仕上げたと言う感じさえする。けど、感想を書く気力さえ湧いてこない。今週は見るのがかなりきつくて、3回にも分けて、何とか見終わったくらいだ。そういうすごい内容だった。
最終回
▽風太郎(松山ケンイチ)は死を決意し、ダイナマイトの導火線に火を付けた。なぜ彼は、自らの命を消そうとしているのか。チリチリと燃えていく導火線の炎を見ながら、風太郎はある夢を描きはじめる。
感想
このキャスティングでは、放送できないかもしれないけど、深夜に放送すれば、最終回は、もっと鮮烈に描けただろうな。今回の見所は、風太郎の最後の絶叫なのか。日テレに23時台のドラマ枠があればとは思うが、最終回は、この枠の限界を感じた。最終回に、風太郎の妄想展開を持ってこなくてはならないのは、どう考えても寂しい。自爆するのではなく、壮絶に他者の憎しみで散っていってほしかった。
関連記事
【AD】



コメント

最後まで1時間嵌って見てしまいました。
とても気楽に見れるドラマではないので
一般受けはしないでしょうが、私は深く
心に染みたドラマでしたので、何年経つても
忘れないと思います。色々考えて辛くもありましたが
このドラマで松山君が好きになりました。

(この脚本を書かれた方が「バンビーノ」を書いた方と
いうのが、ちょっと意外でした。)
最終回、少し残念に思えました。

こんなに鮮明に幸せを空想できる人が何故にあんなモンスターに成りえたのかな?とか・・・風太郎くんは幸せをちゃんと思い描けなかったからというのが彼が狂っていった原因の大きな一つだと思っていたので、不思議でしたので。

ちょっとというか物凄い肩透かし感が、、、、残念だなぁ。ここまだこんなに壮絶なシーンをゴールデンなのに描いてきたのだから最後まで貫いて欲しかったです。
最高の最終回。
最高のドラマでした。
なんか、とんでもない作品でしたね。いまだに感想をまとめきれないくらいです。想像の中の、ありふれた家庭のありふれた風太郎たちが、恐ろしいような気持ちになりました。ラストの独白のあと、叫んでしまいました…。こんなドラマ、あとにも先にもないでしょうね。松ケン他、キャストが今となってははまり役だった気がしてます。
世界は矛盾に満ちてるけど それは外側にあるから
なんとかやり過ごせるのであって
自分の内側に 抱えてしまったら 生きることが 
地獄のようになってしまうのかもしれない。 
…引き裂かれるか壊れるかして。
その矛盾を修正する機会は あったと思うけど
風太郎には出来なかった。か、しなかった。
だからこうするしかなかったのか、と思う。

もしも彼に、貧しいけれど満たされていた時間の記憶がなかったら…
矛盾を抱えることもなく 
「銭ゲバ」として生き抜いたのではないか、と思ってしまう。
そのことが幸せかどうかは分からないけど。
でも、彼は醜い化け物として 最後まで描かれていた、それが救いだった。
中途半端に 彼も可哀想な人だったなんて描かれていたら
これまでの時間返せって思ってしまう。
思い返したときの風太郎は笑っているか、泣いているか
殺しているか ひとによってさまざまだろうけど、
自分は間違っていない、という風太郎のかたちが 最後に迫ってきた。
ラストシーンにヤられました。
日テレさん有り難う御座います
このドラマは今の時代にマッチしてるドラマだと思います。
今までドラマは見た事無かったですが、とても見ごたえの
有る最高ドラマです。ただ沢山の殺人がでドラマが構成されていますので子供に見せたくない親御さんも沢山いると思います。元に私の廻りにも2回みたが怖いので見ないとかの意見もありました。私は犯罪者の心理状態を自分なりに分析してどんどん引き込まれて行きました。何話も見てる人は皆
良いドラマと楽しみにしてる人がサークルのメンバーさんに
何人もいました。私は松山ケンイチでなければ見なかったと思います。心を動かされる素晴らしい風太郎でした。子役の風太郎も最高です。
あと一話
このドラマって こんなに人が死ぬ話なの?
と いちいち驚きブルーな気分を繰り返しながら観ました。
フィクションとはいえ、覚悟して観ないと 後味が悪くて…(>_<)
だけど、最近のドラマには無い独特な世界観が癖になって続きを見る。

それもあと1話で終わってしまいますね
凄いですよね・・・・リョウさん、感服です。

来週どうなるんだろう。
このドラマを見るのはいつも少しの勇気(笑)と心構えが私には必要なので、第七話をやっと見終えました。

感想は「ふぅ~」です。本当に凄いドラマです。ありふれた奇跡とは別の意味で人間味のあるお話ですよね。日テレさん、いいドラマ作れるんじゃないですかぁ~。
今更ながらハードな土9
緑のグロッキー状態が演技だったら怖いなあ~と思って見ていたら本当に演技だったなんて…!もうびっくりしてしまいました。

あと3話で風太郎がどうなっていくのか、そして伊豆屋がどう絡んでくるのか。
個人的には2役の松ケンがどうなるかが一番興味があったり。
このドラマは行けるところまで行ってほしいなと思いますね。

コメントの投稿

非公開コメント

最新コメント
データ取得中...
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
月別アーカイブ
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ

サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。